大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★茨城県の発熱対策はまちがっている!

●アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー疾患やがんやリウマチなどの免疫疾患やのほかにてんかんやリー脳症などの遺伝子疾患の3大疾患以外に頚椎ヘルアや椎間板ヘルニアなどでお困りの方はご相談ください。

●TEL:052-801-7063
●Email:shizen@nrt.ne.jp




一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

~~~~~~~~~~~~~~~~ 新着情報 ~~~~~~~~~~~~~~~~
★インフルエンザの対策!

★インフルエンザは予防できる!

★発熱外来で医師ら訓練!

★茨城県の発熱対策はまちがっている!

★新型インフルエンザの大流行を想定し「発熱外来」で患者診察訓練 を行った!

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社

【2008年11月27日】

新型インフルエンザ:大流行想定、「発熱外来」で患者診察訓練--つくば /茨城


◇医師「防護服ではしづらい」--県内初

★つくば市内で新型インフルエンザが大流行したという想定で、臨時の外来施設「発熱外来」で多数の患者を診察する訓練が26日、つくば市天久保1の筑波メディカルセンターであった。

★8月に県がまとめた対応マニュアルに沿ったもので、大量の患者を想定した訓練は県内で初めて。

★医師から「防護服では診療しづらい」などの声が上がるなど課題も浮かび上がった。

★つくば保健所や同市内の6病院や医師会から医師、看護師ら約70人が参加。他の病気の患者から隔離するため、病棟の外の倉庫を診察場所に使用した。

★訓練は知事名の非常事態宣言を受けて始まった。

★発熱外来前に並んだ受診者20人が問診票に記入。

★防護服を着た医師が新型インフルエンザの治療が必要かを判断し、必要な患者だけを診察室に入れ、残りは帰宅させた。

★次に、別の医師が血圧や聴診などから症状の重さを判断し、重症者を指定の医療機関に救急搬送するよう指示し、軽症者には治療薬のタミフルを処方した。

★軽症者役を務めた市職員の女性は「診察まで暖房のない屋外でずいぶん待たされた。

★発熱していたらつらかったと思う」と話した。

★県つくば保健所地域保健推進室の竹内弘係長(46)は「医師からは『周囲がうるさくて聴診器が聞こえにくい』『防護服を着ての診察はやりづらい』などの声があった。対応マニュアルの改善に役立てたい」と話した。

★県は新型インフルエンザが大流行した場合、県民の4分の1が感染し、最大1万5000人が死亡、1日に最大入院患者数は3000人と推定している。

★県保健予防課は流行時に3000床の新型インフルエンザ専用病棟を確保するため、3年前から保健所を通じて医療機関と交渉しているが、2500床分にとどまっている。

★また、県内の発熱外来の設置場所も未定だ。同課は「医療機関と協力協定を結んで、早く対策を整えたい」と話している。【原田啓之】

*******************************
◆麻生総理大臣は同窓会に出席した経験を引き合いに出し「(学生時代は元気だったが)よぼよぼしている、医者にやたらにかかっている者がいる」と指摘した。

◆その上で「今になるとこちら(麻生首相)の方がはるかに医療費がかかってない。

◆それは毎朝歩いたり何かしているからだ。

◆努力して健康を維持している人が払っている税金が、努力しないで病気になった人の医療費に回っているとの見方を示した。

◆さらに「努力して健康を保った人には何かしてくれるとか、そういうインセンティブ(動機づけ)がないといけない」と話した。

**********************************
●総理は本音の会話をしたのである!

●総理は自分で病院を経営している立場でもあり、医師の常識の欠落や人格の問題など総理としてはふさわしくない発言が続いている都市的されている!

●これだけ指摘されても繰り返し発言するということは「本音」なのだと思う!

●政治家というよりは本音で話す普通のおじさんである!

●ゆえに信用できる発言かも知れない!

●一部の医者を除き本当に能力のなさを感じることが多すぎるのだ!

●茨城の「発熱外来」はその象徴かもしれない!

●風邪で一山当ててやろうという程度の発想の様にしか思えない!

●県が県民の健康を本気で考えるならば自己免疫力を高める生活習慣を指導するべきだからである!

●自己免疫力を下げる様な生活習慣を改善する様に保健所でも対策を採れば完全に予防が出来るはずであるからだ!

●原因を考えずに対症療法でまかなおうとしていることに今の医療界に問題があるのだ!

●その点、マスコミも勉強不足である!

●風邪の予防は早く寝ることである!

●部屋の湿度を高くすることである!

●疲れを感じたら温泉やマッサージを受けることである!

●家族でマッサージが出来たら最高の予防になる!

●後は安全な食材で小食を保つことである!

●ラバーストレッチなら自分でこりをほぐすことができます!

●風邪の予防には骨盤ストレッチや肩ストレッチが有効である!

●また、日ごろから玄米菜食を実践している人にはインフルエンザはかかりにくいはずです!

●県は発熱外来などお医者さんごっこでタミフルに依存していては県民の健康など守れるはずがないではないか!

●インフルエンザはこれからが本番である!

●紛らわしい情報に惑わされず、自己免疫力を発揮してこの時期を乗り越えるべきである!

●疲れを感じたら早く寝ることである!

●タミフルよりは睡眠が大切だ!

●睡眠が浅くなることで体液が酸に傾き、免疫の細胞が不機嫌になることが感染の第一要因だからである!

●しかし、発熱は自己免疫力が働くことでウイルスを攻撃するためにとった手段で自己性の温熱療法なのである!

●マッサージをして3かも寝ていれば収まるはずです。

●収まりそうもない人は相当疲れているだけです!

●津j彼を取れば病気は治るし、病状は病気でなく病気を治す重要なヒントなのです!

●やたらと止めればいいというものではないのです!

●ゆえに総理は病院に行かず「タミフル」も飲まない様に健康管理をしているのです!



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************予防医学セミナーのお知らせ***********************

●12月7日 東京予防医学セミナー
         会場:東京都中央区八重洲 井門八重洲ビル「4階」で開催されます
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます。

**************名古屋予防医学セミナー***********

●12月21日(日)名古屋市東区 ウイルあいち 特別会議室にて行います。
 
         開演:午前10時~12時
         体験:午後1時30分より4時30分まで
         費用:会員無料
             非会員は初回のみ無料
         得点:先着30名まで椎間板ヘルニアはj確実に治るを贈呈させていただきます
             参加者全員に「病気を治す身体のしくみ」を贈呈いたします。

*******************************************
              
●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード