大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨髄移植は無意味!?

白血病の方から相談がありました。

 患者側の正直な質問、

「胸に入れたカテーテルからの点滴で、なんで骨髄まで行きつき、生着するのか??」

 日本骨髄バンクの答えは・・・

「正直なところ、そのメカニズムに関してはまだ研究中で説明できないようです」

・・・・・・日本骨髄バンクさんからのご回答だそうです。

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします→【ランキングへ投票】←ココをクリックしてランクUPにご協力ください。

こちらもご支援お願いします⇒【FC2ブログランキング参加中】

 まず本日は、大沼善誉博士の6月1日NRT健康通信からの記事をUPいたします。

 昨夜、石川県から白血球が8万もあり、急性リンパ性白血病と診断された方の母親から相談がありました。

~引用開始~

 インターネットで白血病を検索すると、抗がん剤や骨髄移植の情報ばかりで落ち込んでいたところ、「白血病はガンではない」という自然医学総合研究所のHPに出会い、すぐに電話したということです。

 30万でも生きていられることや、細胞分裂による増殖ではなく、排尿障害で古い血液が滞留して多くなっていること、骨髄では造血されていないこと、血液検査の矛盾など西洋医学の盲点をお伝えし、白血病の基本的な矛盾について指導いたしました。

 不調で弱っている人の血液に抗がん剤治療を行うということの矛盾は冷静ならば誰でも理解できるはずです。

しかし、多くの主治医は、慌てて決断させようとします。

 慌てさせることで不安をあおり、地獄の迷路へと突き落とすのです。
そんな医者でも個人的には皆矛盾を感じているのです。真理を伝えることの出来ない勇気のない医者がこの国を蝕んでいるのです。

 うそをつき通すような悪質な医者が減少すれば国民は健康になりますが、逆に医師が不足だと主張して増員しようという計画です。病気の原因を理解できない無能な医者を増やすことよりも、予防医学を徹底することで患者を減らすことを優先するべきです。

 年金問題同様、官僚の常識が国家を滅亡においやっているのです。

 国民は勇気を持って改革に参加しなければなりません。

 安全で、まともな医療が受けられるように改革を断行しなくてはならないのです。このHPの情報を知人に紹介するだけで医療が変わります。
 
~引用終了~

 現在の骨髄移植では、ドナー側から採取した骨髄を患者側へ静脈注入して移植する方法を取っています。

 しかし、医療を詳しく知らない患者さんの中にも「なぜ骨髄を静脈からいれるの?」と思っている方々はたくさんいらっしゃいます。

 これは当然の質問だと思います。

 骨髄で骨髄液を採取したならば、患者に対しても骨髄に注入するべきではないのか、と当然そう思うわけです。

 しかし、日本骨髄バンクの回答は「研究中です。」との事です。つまり解明できていないと言うことです。

 現代医学において造血臓器の根拠となっているのは食物を与えずに観察したニワトリの骨髄脂肪が血液へと逆分化している現象を発見したと言う1800年代に行われたノイマンやピッツオゼロの研究発表から
やがて骨髄造血と認識されるようになりました。

 しかし、未だかつて健全な人間の骨髄から実際に造血されている現象を確認したという正式な論文は見つかっていません。

 と言うことは、「ニワトリがそうであるならば人間もそうだろう」という”仮説”に基づいて現在も骨髄移植が行われているのです。

 また、骨髄液(脂質)を移植するということで始まった「骨髄移植」方法が、まもなく「さい帯血(胎盤の幹細胞)移植」の方が採血しやすいばかりではなく安全性も高いと言うことが知られ、「さい帯血移植」へと変わり、近年は「末梢血」の中にも「幹細胞」が存在すると言うことから「末梢血移植」が盛んに行われる様になりました。

 移植法の急激な変化は当初「骨髄造血」という前提で始まったことを移植学会自体が完全に否定する行為とみなすことが出来ます。

 骨髄造血が正しいならば何が何でも骨髄移植で患者の骨髄へ「骨髄液(脂質)」を入れるべきです。

 俳優の渡辺謙さんも歌舞伎の団十郎さんも治ったのではなく、殺されなかっただけでとても不調なはずです。


参考情報:Creative Space
点滴で幹細胞がなぜ骨髄まで行き着く?

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

テーマ : 白血病
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。