大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★消える病院!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★消える病院!

★千葉県の銚子市立総合病院が9月30日に休止し、事実上の閉院となりました。

★大学の派遣医師引きあげなどで2年前から医師不足の深刻化に加え、財政難もあり、岡野俊昭市長が7月、休止を表明していまたものです。

★市は来春をめどに、公設民営か、民設で診療を再開したいとしていっています。

★また、存続を求める約5万人の市民の署名が寄せられ、市議会でも「来春まで休止を延長して代わりの医療機関を探すべきだ」との意見が出されていました。

★しかし、約千人の通院患者がいる精神神経科の診療所を10月に設置するなどの措置で、市議会も休止を認めたのです。

★同病院は51年に開院し、約400の病床を持つ中核病院として、16科で40人を超す医師が診療した時期もあったのですが、半世紀の寿命で完全に消えることになったのです。

★また東京都葛飾区では民間病院が次々と姿を消しています。

★06年7月には128床の療養型病院が閉鎖し、無床の診療所に切り替えたのを皮切りに、07年には99床の一般病院が廃院となり、さらに08年9月には52床の病院が病棟を閉鎖し、外来のみの診療所に規模を縮小しています。

★昨年廃院となった病院は解体工事を終了し、マンションの建設用地となっています。


★日本は、国民皆保険医療制度のため誰もが病院を受診しやすく経営は優遇されているはずです。

★しかし、全国の病院で7割が赤字で、自治体病院の累積赤字は1兆8736億円にも上っているのです。

★勤務医は労働条件に合わない過酷な労働条件の中で過労死をするほど働かされているにも関わらず、赤字なのです。

★多くの方は医者が少ないことが医療崩壊の原因と見ておりますがそれだけが原因ではないのです。

★なぜならば、1950年には医者も少なくが患者も少なく、どの病院でも落ち着いた対応がなされていたはずです。

★しかし、現在は27万人ものいやを抱えて全国いたるところへ大病院が建設されているはずですが、患者もそれ以上に増やされ、さらに、大病院へ集中する傾向を容認しています。

★ドイツでは、大学病院には患者が自由にいくことが出来ません。

★必ずかかりつけ医からの紹介状がなければいけないようになっているからです。

★そのため大病院は暇で、研究や対応に集中できるのです。

★医者を増やす前に、ドイツ式の形式を採用するべきです。

★また、急に医者が不足したわけではなく、中小の病院が大病院に対抗して患者を獲得してきた背景には、高額な医療機器を分不相応に導入してきたことが揚げられます。

★要するにずさんな経営です。

★しかし、この問題に関してはどの議員も口には出しません。

★医師会からの企業献金が大きいのと団体氷河あるからです。

★しかし、今までは、そのようなことで、経営責任が取られることもなく、院長は院長として高級が優遇されてきたのです。

★一般の社会ではありえないことです。

★つまり、自治体病院や民間の中小病院の崩壊の原因となった、医者や看護師が辞める直接の原因は、採算も考えずに高額な医療機器を導入したことから、勤務医にノルマが高くかかるようになったからなのです。

★それ以外の要因として、勤務医をはじめ、看護師などの対応の悪さも挙げられます。

★医者は、原因が解らないと言って、生涯免疫を抑えて行くだけです。

★また、対症療法のみで取れるものはとり、取れないものは化学療法という手段しかとろうとしてきませんでした。

★そのため、解熱鎮痛剤が常用され、自己免疫力が抑制させられ院内感染など、感染症が誘発され、患者は医療不信に陥り次々と有名な大学病院へ転院して行くのです。

★しかし、大学病院でも患者が求める医療とはあまりにもかけ離れているのですが、患者はそこであきらめて生涯を送るか、あるいは一念発起して、代替医療へとかわるのです。

★それでも、自治体病院や中小病院の首脳陣は、高額な医療機器で患者を集客できると信じていたため、代替医療には無関心だった事もあげられます。

★もしも、日本に保険医療制度がなかったら、今赤字の医療機関はとっくに消えていたはずです。

★日本は国民皆保険医療が受けられるため、赤字でもすぐに解消できると過信し、病院は永遠に存続するという常識が災いしてきたのです。

★自然淘汰は必要のない病院から消えているのです。

★自治体病院や中小の病院から始まり、休診状態においやられるなどや完全に消える病院が後を立ちません。!

★中小病院は火の車!

★大病院に患者が集中!

★過酷な勤務のため医者も看護師も辞めてゆく。

★つまり保険医療であっても、原因は不明として100年前のような対応と変わらず、混合診療や統合医療にも反対し、役に立たない病院は崩壊するという事なのです。

★また、逆に、有名な大学病院に患者が集中し、勤務医は忙しく悲鳴を上げてやはり止めてゆく原因になります。

★ところが、代替医療といわれている医療を取り込み、ホリステック医療や統合医療など患者が納得する内容であれば保険が利かなくても集客がみこまれ、安定しているところもあるのです。

★ゆえに病院の首脳陣は将来を考えて現状の保健医療だけに拘って崩壊するか、代替医療を導入して患者を納得させて生き残るか選択しなくてはならない次期に来たと自覚するべきなのです。

★こんな状態でも日本医師会は混合診療や統合医療などの代替医療制度には反対しているのです。

★いつの間にか患者のための医療から医師会のための医療になっているのです。

★医は算術といわれる所以です。

★ゆえに賢い患者は充実した代替医療を選択しているのです。

★安心・信頼の代替医療をお探しの方は一度「総合免疫療法」を体験してみてください。

★どんな免疫療法よりも高速で回復することが理解できるからです。

★尚「総合免疫療法」および「血液動態医学理論」は自然医学総合研究所の登録商標として登録中で、予防医学セミナーにおいて体験が可能です。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11/16(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

*********************京都予防医学セミナー***********************

●11月9日(日) 京都特別講演会が11/9(日)
           京都市中京区 ウイングス京都 「2Fセミナー室AB」
**************************************************************

●11月16日(日) 名古屋予防医学セミナー
名古屋市東区 ウィルあいちで開催されます。


*****************************特別講演会 ***********************

●11月18日(火) 健康医療市民会議 定例会
         場所:国際医療福祉大学大学院
             東京サテライトキャンパス
             青山タワー5F

             東京の地下鉄 青山1丁目駅から3分

         時間:PM4時~6時まで定例会及び講演会
★ PM3~4時まで
             大沼先生の無料特別相談会
             スタッフの先生方より
血液画像分析器による血液の汚れ度チェック
腰痛から前立腺がんまで効果が期待されるといわれている
            自己療法の指導が受けられます。

講師: 帯津良一・帯津三敬病院院長 PM4時から5時

「統合医療臨床のパイオニアとして」

講師: 大沼善譽・自然医学総合研究所所長 PM5時から6時

「新血液学理論による統合医療の症例」


主催:健康医療市民会議

代表:梶原 拓 (前全国知事会代表 元岐阜県知事)

*******************************


●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。