大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★大学病院が赤字で崩壊!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★大学病院が赤字で崩壊!

★28国立大病院が実質赤字!

★自然淘汰か生き残るか!

★28国立大病院が実質赤字 

記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年10月28日】


★全国の国立大病院は法人化後の運営費交付金削減などによって、2007年度は全体の62%に当たる28病院が実質赤字に陥り、09年度には33病院まで増えるとの試算を27日、国立大学付属病院長会議が公表した。

★82%の病院長がこうした経営悪化によって「医療の質や安全性が低下する」と危機感を抱いているという。

★会見した同会議メンバーは東京都で起きた妊婦死亡について「別の地域で明日起きてもおかしくない」と指摘。

★「国立大病院は地域医療の最後のとりで。

★崩壊すれば日本の医療崩壊につながる」として、不足する産科医や小児科医養成への予算措置や運営費交付金の充実などを訴えた。

★国立大病院の07年度決算については文部科学省が既に「16病院が実質赤字」と公表している。

★同会議は実態をより反映するよう現金収支に着目して独自に試算した結果、歯学部系病院なども含めた45病院中、28病院が総額76億円の実質赤字だった。

★病院建設時の借入金返済などが経営を圧迫する一方で運営費交付金は削られ、このままでは08年度は30病院、09年度は33病院が実質赤字に陥る見通しという。

★また同会議は歯学部系病院などを除いた42病院の病院長を対象としたアンケートを実施。

★こうした状況で「医療の質や安全性が低下する」との回答は82%、「医師確保が困難になる」は91%に上った。

=============================================
◆日本の大学病院のほとんどは薬事行政がらみである!

◆そのため、薬の開発にエネルギーを費やしてきた!

◆その薬の治療に期待できないことが一般に知られるようになったこともあり、一部の素直な患者以外は薬を処方されても飲まずに残すことが常識である!

◆病気の原因を聞いても解りませんという医者から必然的に遠ざかり、小さくても患者の望む医療を認めてくれる医院に変わることが少なくはない!

◆その上、患者数が多く、丁寧に診てもらうことも出来ず、忙しさに負けた医者達は憮然とした態度で対応してきたことも患者から嫌われてきた一因である!

◆一番の問題は、経営面を除外して予算請求して高額な医慮機器を導入してきたことにある!

◆国は国民に多額な借金を背負っているために、医尼までのようにはやすやすと大学病院に補助金を出すことが出来なくなっているのである!

◆それぞれの大学病院が自立して圭液をしなければならなくなったとたんにおおきな赤字が表面化してきたのである!

◆一般の社会では赤字に追いやった首脳陣を抗体させて新たな組織で対応するだろうが、大学病院では経営の感覚が狂っている院長が対応しているためこのずさんな結果をつくり、国民の負担をふやしているのだ!

◆このままでは大学病院は自然淘汰されることになるといって国から多くの補助金をもらうことで生き残ろうとするのだろうが、もっとも大切な信用が崩れている現状では多額な資金を投入したところで医者の実力が向上するわけも無く、衰退はやむを得ないのだろうと思う。

◆生き残るためには、アメリカのハーバード大学などのように患者の下Pめる医療も視野に入れて代替医療などの研究をおこない安全な医療が存在することを化学てきに証明しなくてはならないと思う!

◆しかし、頭が固くて融通の利かない経営陣ではとことん経営状態を悪化させ、さらに信用をなくして、どうにもならない状態まで反省もしないのだ!

◆従って自然淘汰される以外に方法は無いのだと思う!

◆役に立たない医療費のために患者も国民も犠牲になりたくないからだ!





 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11/16(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

********************東京予防医学セミナー************************

●11月2日(日)東京港区八町堀ISビル3F 会議室

*********************京都予防医学セミナー***********************


●11月9日(日) 京都特別講演会が11/9(日)
           京都市中京区 ウイングス京都 「2Fセミナー室AB」

●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。