大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★保険制度の限界!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★保険制度の限界!

★保険医療制度には限界がある!

★東京地裁は07年に混合診療の禁止を違法とする判決を出し、国は控訴中である!

★日本の保険医療は手術、薬、放射線である!

★昔ながらの安全な生薬は認めない!

★欧米では保険医療として認可されているハーブ療法やホメオパシーも認めていない!

★なぜか手術と薬と放射線のみの対応である!

★患者は安全な医療を求めているのだ!

★日本の政策は遅れている!

★日本の医療政策は本当に遅れすぎている!

★現代病は「汚染社会」の中で「汚染食品」や「汚染水」を飲み、血液がよごれて発症しているのである!

★すでに「生活習慣病」から「体内汚染」へと進んで発症しているのだ!

★その上、数え切れない食品添加物で固めた食品を常食し、さらにジャンクフードを食している!

★酸化した油で揚げたフライドキンやドーナッツをおいしいと思う人が増えている!

★酸化した油は血管を溶かし出血やチアノーゼの原因になる!

★ジャンクフードには必要なミネラルはなく食べてもまともな血液はできないからだ!

★さらに過剰なストレスを受けて骨格は歪みリンパンや血管や神経が圧迫されて発病している!

★明治から戦時中の時代の病気の原因はほとんどが栄養不足と過労であった!

★しかし、現代病の原因はすでに「体内汚染」や「脳内汚染」に加え「過剰なストレス」である!

★従って病院でいくら薬をもらって飲んでも免疫は抑制されて感染症にはなっても解決にはいたらない!

★こんな時代の患者が求める健康法とは、解毒であり、安全な食事であり、歪みの改善など癒されることである!

★中国から日本の医学を学びに来た知人の医者は、日本の有名な医学部の学長の病気を日本の医者が治せない事を知って「漢方薬」と気功法で治したという経緯がある!

★しかし、日本の医療の恥となるということでなかったことにされている!

★その中国医師は日本での勉強は役に立たないことを知って、日本に正しい東洋医学を伝えるために孤軍奮闘している!

★保険医療は遅れている!

★ゆえに賢い患者は安全な医療を求めて医療離れをおこすのだ!

★体には病気を治す仕組みがあるからだ!

★遺伝子疾患でも怖くない!

★遺伝子の仕組みを知れば自然治癒が理解できるはずだ!

★環境の変化で遺伝子はかわるからである!

★肉骨粉を食べさせられた牛は皆狂牛病にされた!

★海水の汚染で魚の骨は歪み奇形魚が生まれている!

★悪い餌で遺伝子が壊されたのである!

★こんな時代に狂った牛に薬を与えてどうなるか!

★奇形魚に薬を与えてどうなるか!

★安全な環境を取り戻すことが健康の手段なのである!

★こんなことも解らない医者に命を預けてはならないのだ!

★人は安全な環境の中にいるだけで遺伝子は修復し100歳まで現役で生きられるのだ!

★保険医療は保険料を稼ぐ目的である!

★ゆえに利幅の少ない本物医療は認めないのだ!

★けしからんのは国の政策を決める一部の官僚だ!

★保健医療はほっとけないのだ!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆保険外費用 患者が寄付

記事:読売新聞 提供:読売新聞 【2008年10月22日】


◆福島県医大付属病院 混合診療禁止で

◆福島県立医大(福島市)が、付属病院で大動脈瘤(りゅう)の治療を受けた患者30人から、公的な医療保険が適用されない材料費に相当する約1000万円を、研究費名目の寄付金として受け取っていたことがわかった。

◆大学は「患者の同意を得て保険適用外の材料費に充てた」としており、東北厚生局は、原則禁止されている「混合診療」の疑いがあるとみて調査に乗り出す。

◆しかし、混合診療の禁止自体を疑問視する声もあり、今後の調査の行方が注目される。

◆混合診療は、保険診療と保険外の自由診療を併用するもので、国は先進医療など例外を除いて認めていない。

◆一部でも自由診療を受けると、保険診療分も含め全額が患者負担となる。

◆これを避けるため、大学などは研究費で患者負担を肩代わりするケースが多い。

◆福島県立医大は、大動脈瘤の破裂を防ぐ治療を受けた37人のうち30人について、保険外のステントグラフト(人工血管)の材料費を研究費から払った形にし、2001年12月-今年3月に寄付を受けていた。

◆寄付台帳によると、10人が寄付金と人工血管の材料費の金額が一致し、19人もほぼ同額で、1人が半額だった。

◆関係者によると、06年5月に材料費が56万8575円かかった女性(06年10月に死亡)は、56万9000円を大学理事長あてに寄付した。いずれも大学が治療前に寄付を依頼した。

◆付属病院は、約120人の治療実績がある。材料費の負担が1人数百万円に上ることもある。

●がん患者が国を相手取った訴訟で、東京地裁は07年に混合診療の禁止を違法とする判決を出し、国は控訴中。政府の規制改革会議は同12月、範囲を拡大するよう答申した。

●福島県立医大の関根宏幸企画財務課長は「研究費で賄えなかったが、寄付がなくても治療している。

●今後、誤解のない方法を検討したい」と話している。

◆[解説]患者全額負担を回避

◆保険がきかない治療費を患者が寄付するという今回のケースは、混合診療禁止の中で高度医療を求められる大学病院など医療現場の矛盾を示している。

◆国は、混合診療を認めると、高価な投薬・検査や効果が疑わしい治療が横行したり、患者の経済力で受けられる医療の質に差が出たりし、患者負担も増すと指摘する。

◆しかし、大学の研究費にも限界はあり、研究費名目の寄付は、患者全額負担とならないための苦肉の策だったのだろう。

◆また、最新治療が保険適用になるまで時間がかかり過ぎる問題もある。

◆ステントグラフト治療は1994年ごろ始まり、手術手技料が保険適用になったのは02年。

◆材料費はいまだ一部適用外だ。

◆国は混合診療を例外的にしか認めておらず、現実に即した診療のあり方を考える時に来ている。(福島支局 藤原健作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●日本の医療は狂っている!

●国は、混合診療を認めると、高価な投薬・検査や効果が疑わしい治療が横行したり、患者の経済力で受けられる医療の質に差が出たりし、患者負担も増すと指摘しているが、現状の医療はいかがなものか!

●保険医療こそ殺傷力の強い劇薬を抗がん剤などとして販売して大きな利ざやをかせいでいるのではないか!

●混合診療を禁止する国の本音は薬の収益が減ることを恐れているからだ!

●欧米のように「健康行政」に変えるべきなのである!

●この仕組みを変えることで日本は本当に住みよい国に変わるのだ!

************************************

★西洋医学に矛盾や不満をお持ちの方は「予防医学セミナー」にご参加ください。
********************東京予防医学セミナー************************

●11月2日(日)東京港区八町堀ISビル3F 会議室

*********************京都予防医学セミナー***********************


●11月9日(日) 京都特別講演会が11/9(日)
           京都市中京区 ウイングス京都 「2Fセミナー室AB」

*********************************************
●次回の名古屋予防医学セミナーは、11月16日(日)名古屋市東区 ウィルあいちで開催されます。

************************************

●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

●名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。

●今すぐ申し込み

●Email:shizen@nrt.ne.jp


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11/16(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

********************東京予防医学セミナー************************

●11月2日(日)東京港区八町堀ISビル3F 会議室

*********************京都予防医学セミナー***********************


●11月9日(日) 京都特別講演会が11/9(日)
           京都市中京区 ウイングス京都 「2Fセミナー室AB」

●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード