大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★日本高血圧学会の陰謀!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本高血圧学会の陰謀!

★日本高血圧学会はガイドライン2009で厳格な降圧を求めた!

★基準地をさらに厳しくすることで薬漬けにしようという魂胆が見える!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★「高血圧治療ガイドライン2009」最終案取りまとめへ 日本人のエビデンス反映した実践的GL メタボ、CKD症例への積極的な降圧求める

記事:Japan Medicine 提供:じほう 【2008年10月17日】

★日本高血圧学会・JSH2009作成委員会は11日、札幌市で開かれた第31回日本高血圧学会総会で「高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)」の第2案を公表した。

★総会終了後には、第4回JSH2009作成委員会が開かれ、学会総会での意見やパブリックコメントを集約した形で最終案の取りまとめに入った。

★JSH2009案は、メタボリックシンドロームや慢性腎臓病(CKD)を新たに心血管イベントの危険因子に取り上げ、これらの疾患を合併した心血管イベントの“ハイリスク”症例に対する厳格な降圧の重要性を強調した。

★降圧目標などに大きな変化はない。

★ガイドライン(GL)の改訂は5年ぶり。

★最終案は来年1月5日、学会誌に掲載後、16日に発刊される。

★学会総会で報告されたJSH2009(第2案)は、<1>リスク層別化と高血圧管理計画を一致<2>130/85mmHg未満を軸とした厳格な降圧目標を設定<3>高齢者は140/90mmHg未満を最終目標とする<4>24時間にわたる血圧管理、家庭血圧を重要視<5>第1選択薬はCa拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬の5剤<6>臓器障害や他疾患を合併する高血圧(脳血管障害、心疾患、CKD、メタボリックシンドローム)の重要性を強調-が大きな特徴となっている。


★昨年8月から改訂作業に着手し、プライマリケア医が用いることを想定し、“プラクティカル”でありながら、国内外の最新エビデンスを盛り込み、“アカデミック”なGLを目指した。

★高齢者血圧の最終目標140/90mmHg未満目指して積極的な降圧を推奨

★診断基準については従来から大きな変更はなく、診察室血圧値140/90mmHg以上、家庭血圧値では135/85mmHg以上。

★自由行動下血圧値は、従来の135/80mmHg以上から130/80mmHg以上に改めた。

★降圧目標は、若年・中年者で130/85mmHg未満、糖尿病やCKD、心筋梗塞合併例では130/80mmHg未満、脳血管障害患者では140/90mmHg未満とし、厳格な降圧を求めた。

★議論となっていた高齢者の降圧目標は、最終目標140/90mmHg未満とした。

★日本人の高齢者を対象に行われた大規模臨床試験「JATOS」や「CASE-J」のサブ解析、80歳以上の高血圧患者を対象にした「HYVET」試験の結果などにより、収縮期血圧140/90mmHg未満に下げることの意義が裏付けられたと判断。

★従来指摘されていた血圧が下がるほど心血管イベントが増加する“J型現象”も見られなかったことから、時間をかけた“緩徐な降圧”を行うとともに、高齢者でも積極的な降圧を促すこととなった。

★リスクに応じた治療方針の確立求める

★治療に際しては、血圧値だけでなく、心血管イベントの危険因子に留意して治療方針を決定する。

★JSH2009案の脳心血管リスク分類では、血圧値と危険因子の数を掛け合わせ、「付加リスクなし」「低リスク」「中等リスク」「高リスク」の4段階で示した。

★血圧値は、「正常高値(130-139/85-89mmHg)」を新たに加えた4カテゴリ-。

★血圧以外のリスク要因は、危険因子の数により3層に分類した。

★血圧値だけでは、治療の対象とならない正常高値であっても、リスク第二層(糖尿病以外の1-2個の危険因子、メタボがある)であれば「中等リスク」、リスク第三層(糖尿病、CKD、臓器障害/心血管病、3個以上の危険因子のいずれかがある)であれば「高リスク」に位置付けた。そのため、糖尿病やCKD、心筋梗塞合併例では130/80mmHg以上の症例が治療対象となる。

★第1選択薬はβ遮断薬含めた5剤

★治療方針は、I度高血圧(140-150/90-99mmHg)で、ほかに危険因子のない“低リスク”症例では、一定期間(3カ月以内)の生活習慣の改善を求めた。

★リスク因子をもつ正常高値症例や、リスク因子のないII度高血圧(160-179/100-109mmHg)である“中等リスク”症例では、生活習慣の改善を1カ月以内行うとした。

★いずれの場合も降圧目標に至らないケースでは降圧薬療法を行うことを推奨する。

★一方、III度高血圧(≧180/≧110mmHg)など“高リスク”症例には直ちに(数日以内)降圧薬治療を開始するとした。

★降圧薬の選択について、脳・心血管疾患の発症予防効果は「降圧薬の種類によらず、降圧度の大きさに比例する」と明記し、降圧の重要性を強調した。

★第1選択薬は、Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬の5剤。α遮断薬は、効果を十分に示したエビデンスがないことなどから、第1選択薬から外れた。

★また、β遮断薬は合併症のない高齢者や糖脂質代謝異常合併例には第1選択薬としないことも明記された。

★単剤療法では降圧目標を達成できる頻度が高くないことから、併用療法を視野に入れることも重要になる。

★JSH2009案では、これまでに行われた「LIFE」や「VALUE」などの大規模臨床試験から「RA系阻害薬(ARBあるいはACE阻害薬)+Ca拮抗薬」「RA系阻害薬+利尿薬」「Ca拮抗薬+利尿薬」「Ca拮抗薬+β遮断薬」を推奨した。

★優位性を示すエビデンスがなく、インスリン抵抗性を増すことが指摘されていた「β遮断薬+利尿薬」は推奨から外れた。

★そのほか、併用療法の処方を単純化した「合剤」については、服薬アドヒーランスの改善などに有用とし、位置付けを明確にした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆人の血圧は交感神経の反射に伴い上下します。

◆高血圧症の方はそれに見合う無理をしています。

◆従いまして血圧が高いと診断されても薬に頼らず生活習慣を見直すことが重要です。

◆初期の段階では1時間早く寝るという風に生活習慣を見直す程度でも下がりますが、満性期には簡単には下がりません。

◆初期と満性期の違いは疲労の蓄積のため酸性体質に傾いて硬直していることが上げられます。

◆過剰なストレスから全身の筋肉が硬直し、骨格も歪み血管や神経やリンパ菅まで圧迫されています。

◆また、食生活では疲れ易いことから栄養主義からカロリー過食主義にかたより肉や脂肪や糖分を摂りすぎている傾向にあります。

◆2003年には、アメリカとカナダの栄養士会は合同で、牛乳や卵も摂取しない完全な菜食においても栄養が摂取でき、また菜食者はがん、糖尿病、肥満、高血圧、心臓病といった主要な死因に関わるような生活習慣病のリスクが減ると報告しています。

★さらに、認知症のリスクも減ると報告しています。

★また、20年以上の菜食者は平均余命が3.6年長いと報告されています。

★高血圧や糖尿病と診断された方は薬漬けになる前に菜食など自己管理をするべきです。

★日本の医者は2003年にアメリカとカナダの栄養士会が発表した内容を意図的に軽視しています。

★この情報は国民のためになるものものですからNHKに放映していただきたいものです。

★ぜひ患者の会からNHKに情報を流していただきたいものです。

★高血圧症や糖尿病には医療はいらないのです。

★しかし、日本高血圧学会の今回の指針はさらに厳格な数字に決め、健康診断で早期発見・早期薬漬けにしようとしているのです。

★患者は医者のいいなりになることで視力障害や軟調や痴呆症など副作用で廃人にさせられます。

★これが世界の常識で、日本人の常識は古いのです。






 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11/16(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

********************東京予防医学セミナー************************

●11月2日(日)東京港区八町堀ISビル3F 会議室

*********************京都予防医学セミナー***********************


●11月9日(日) 京都特別講演会が11/9(日)
           京都市中京区 ウイングス京都 「2Fセミナー室AB」

●予防医学セミナー専任講師


  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

**************  体験会  ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード