大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★体には病気を治す仕組みがある!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★病気を治すからだの仕組み!

★体には病気を治す仕組みがある!

★投薬は命がけ!

★投薬は自己免疫力を抑制する!

★免疫が抑制されると肺炎を起こすなど感染体質になる!

★現代は汚染社会である!

★中国から黄砂が飛来し、洗濯物は汚れ車の屋根は砂だらけになる。

★これは酸性雨が原因で、この雨は日本でもいつも降っている。

★農業に使用される農薬は30年前の数十倍といわれている!

★私達の子供の頃には田んぼでフナやタニシをとって食べたものである!

★しかし、いまや田んぼに魚は住めません!

★他の微生物も住めません!

★生き物が即死するほどの農薬を散布しているからである!

★農薬とは殺虫剤のことであり、毎日「事故米」を食べている様なものである!

★この農薬は田畑場仮ではなく山野にまで虫の駆除のために散布されている!

★これらの殺虫剤は雨に流され川へ流れ川底に積もる!

★従って川の水も汚染が激しい!

★この水を安全な物にしようとして浄水器が開発された!

★しかし、ほとんどの浄水器が完全ではないことがわかった!

★そんな危険な水を「汚染水」と呼び、ほとんどの人安全だと信じて毎日飲んでいる!

★また、食べ物の汚染は家畜の肉や卵やや魚の養殖にも広がっている!

★一言で言えば「汚染食品」を乱食していることになる!

★その結果、90%以上の国民は、体温が下がり、血圧が下がり血糖値まで下がり、自己免疫力も低下し、反病人どころか完全な病人になっている!

★若者の体力の低下が話題になっては消えて行くが「環境汚染」に始まりすでに「体内汚染」まで進んでいる!

★「体内汚染」とは私達の体の中にある体液が汚染されて酸化することを指す!

★健常者の体液は動脈血でpH7,36から7,44までと狭い範囲になくてはならない!

★しかし、現代人の体内は汚染されているため7,35を下回っている!

★そのため自律神経は乱れ、ホルモンバランスも乱れ、消化能力も吸収能力も低下して体力が弱っている!

★そんな若者に無理を強いる事はできない!

★みんな弱っているからだ!

★結婚も自立もふたんになる!

★当然子孫の反映はない!

★体内汚染で卵子も精子も元気がないからだ!

★こんな状態で病院へ行って薬漬けになることは「体内汚染」を促進することである!

★このような時代の健康法は昔のようにはいかない!

★しかし、病院は昔ながらの手当てしかない!

★このギャップに患者は嫌気をさしているのだ!

★しかし、他に方法はないとあきらめる!

★あきらめきれない人が「医療難民」になり病院を止めて安全な健康法を探し出ている!

★「体内汚染」が原因で発症しているところに病院の投薬されてさらに「強酸性体質」にされて行く!

★「強酸性体質」になると遺伝子の水素結合が破壊する!

★昨今、遺伝子疾患が多いのはそのためだ!

★しかし、体には遺伝子を治す仕組みもある!

★「体内汚染」を解毒し、体液を弱アルカリに還元することである!

★しかし、過剰なストレスは骨格を歪め、無理をして骨の癒着まで進む!

★生活習慣病や慢性病には必ずこの問題が深く関わっている!

★ゆえに食事だけ温熱だけ運動だけでは歯が立たないのだ!

★これらの問題を速やかに解決するために「総合免疫療法」を開発した!

★「総合免疫療法」は体液の酸化から身を守るだけではなく、睡眠から排泄や不妊などの問題まで全ての健康問題を解決する方法である!

★体液の汚染が浄化されると白血球は復活する!

★この点、西洋医学は100年前の思想で進化していない!

★だから、弱って病気になった人に抑制剤を投与し、がん患者に平気で抗がん剤を当てるのだ!

★日本ではがん患者だけで毎年30万人以上がなくなっている!

★これは病死ではなく「医療の選択の過ち」による人災による死である!

★ゆえに人命を尊重する欧米では「自然療法」を選択し、使用率が7~8割を超えている!

★しかし、日本はほとんどの医者が反対して実現できないでいる!

★哀れな国民なのである!

★医者に命をあずけるな!

★健康は自分の手で!

★健康は環境から!

★健康は自然の摂理で保障されるのだ!

★従って、賢い患者は代替医療を選択し、中でも極めて安全で確かな「総合免疫療法」を選択しているのだ!

★不妊症から発育不全、転換から小児麻痺、脳梗塞から糖尿病、アレルギーからアトピー性皮膚炎、椎間板ヘルニアから神経痛、癌や難病まで幅広く治っている!

★体には病気を治す仕組みがあるからだ!





 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、10/19(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病は癌ではない
         執筆中:医者に命をあずけるな

  講師:酒向 猛  医学博士 自然医学総合研究所顧問医
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             千島・森下学説研究家
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード