大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★解散相次ぐ健康組合

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★9割赤字、解散相次ぐ恐れ

★健保組合の08年度見通し

★高齢者医療へ負担増


★記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月11日】

★健康保険組合連合会は10日、65歳以上の医療費を賄うため各健保組合が拠出する負担金の増大に伴い、2008年度は約1500組合の9割が赤字決算になるとの見通しを明らかにした。

★09年度以降も財政状況はさらに悪化することが懸念されるという。
 
★トラック輸送大手の西濃運輸健保組合や持ち帰りすしチェーンを展開する京樽健保組合など計13組合が4月以降、負担増に耐えられず解散する。

★中小企業のサラリーマンらが加入する政府管掌健康保険(政管健保)に移るなどしており、今後も健保組合の解散が増える可能性がある。

★75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度の4月スタートに伴い、同制度への拠出に加え、65-74歳の医療費も加入者数に応じて負担する仕組みに変わったことが主な理由。

★新制度導入前の07年度は、全体の45%に当たる680組合が赤字決算になるとしており、導入後の08年度には赤字組合が倍増することになる。

★健保連は、06年度の医療制度改革の前に、政府側から65歳以上の医療費を賄うための負担増は1100億円程度と説明を受けていたが、実際には約4000億円に膨らみ、増加分のうち74歳以下が約3200億円を占める。

★健保組合が負担増に対応するには、保険料率の引き上げなどが必要。

★しかし、西濃運輸健保や京樽健保などは労使合わせた料率が政管健保の8・2%を超えることになり、解散に踏み切った。

★移行先の政管健保は医療給付費の13%を国庫で負担しており、解散が増えれば国庫負担も増大する。

★政府は、健保組合の負担増の激変緩和措置として本年度予算に約148億円を計上しているが、健保連は不十分として今後大幅な増額を求めていく方針だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆日本は、国民皆健康保険に加入し、どんな場合でも保険で対応してくれるようなイメージでした!

◆しかし、この仕組みを作った時代からは考えられないほど少子高齢化が急速にすすみ、この制度の盲点として大きな赤字を背負うようになりました。

◆また、国民皆保険の制度は、学校給食のようで、便利ではあるが、「質が悪い」ということで悪評です。

◆西洋医学では原因がわからないとして手術や化学療法で対応するばかりで、完治することはまれです。

◆つまり保険で適応される医療では病気は治せず、むしろ薬の副作用で病状が増えることになり、高血圧症や糖尿病などでも、10年20年30年と薬を飲み続けるケースが多発し、医療費を持ちあげ
て赤字を増大してきた一因です。

◆日本が赤字財政から完全に脱出し、長期安定を図るには、国民が皆健康で自立した経済力を有することです。

◆そのためには化学療法に依存せず自力で健康管理をおこなうことです。

◆どんな病気にも原因はあり、その原因から改善することで病人は半減し医療費も減少するのです。

◆従って、賢い患者は医療を選ぶのです。


◆遺伝子の自然修復に対して詳しく学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★西洋医学の治療法に矛盾を感じている方や自然療法に関心おある方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

★★予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

★テーマ1:癌を克服するために

★講師:酒向猛
    元岐阜県多治見病院外科部長
    自然医学総合研究所顧問医
    現在千葉県セントマーガレット病院外科医&統合医療医

★テーマ2:完全なる治癒のしくみ
★講師:大沼善誉
    
    自然医学総合研究所所長
    2000年5月上海中医薬大学主催の国際シンポジウム    にて数多くの自然治癒の症例と理論を発表
    平成11年度社会文化功労賞受

★テーマ3:午後実技の体験
血液画像分析、自律神経の測定、光線療法のポイント
SST骨盤理学調整の指導など

◆費用:会員無料、非会員初回のみ無料


★予防医学セミナーでは自然治癒のプロ「NPOプロサポート」が支援いたします。

★また健康医療市民会議では全国の自然治癒の症例を収集し厚労省など国会議員に情報を流し、医療改革を推進し地球の緑化運動を推進しています。

★皆様のご参加をお待ちしております。

◆自然治癒の症例はhttp://www.nrt.ne.jpをご参照ください。

◆緑化運動や自然治癒のお問い合わせは

電話相談:052-801-7063

Email:shizen@nrt.ne.jp まで


午後実技指導: 講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。