大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子の“鍵”を解明 

≪遺伝子の“鍵”を解明!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

 がん治療への応用も!!

 記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2008年9月4日】

 細胞分裂時に不要な遺伝子が働いて異常が起きないよう、DNAに化学変化を与えて“鍵”をかけておく仕組みを、京都大の白川昌宏(しらかわ・まさひろ)教授らのチームが解明し、英科学誌ネイチャー電子版に4日発表した。

 こうした仕組みは「メチル化」と呼ばれ、巧みな生命現象として注目されている。

 遺伝子が正しくメチル化されていないと、分裂細胞ががん化したり、多様な組織に成長する幹細胞に似た状態に戻ったりすることがある。

 白川教授は「この鍵を自由に開閉できるようになれば、がん治療や人工多能性幹細胞(iPS細胞)づくりなど、広い範囲に応用できそうだ」と話している。

 チームは、細胞分裂時のDNA複製にかかわるタンパク質「UHRF1」に着目。

 メチル化されたDNA領域をこのタンパク質が検知し、複製したDNAの同じ領域に化学変化を与えて、遺伝子が働かないようにしているのを突き止めた。




  京都大の白川昌宏(しらかわ・まさひろ)教授らのチームが解明した、細胞分裂時に不要な遺伝子が働いて異常が起きないよう、DNAに化学変化を与えて“鍵”をかけておく仕組みは、本来健常者のDNAに備わっている機能である。

 健常者のDNAはいつも活性型のマクロファージによって守られているからである。

 しかし、がんなどの病気に罹患している方は呼吸も睡眠も浅くストレスで体液が酸化しています。

 チームが着目した細胞分裂時のDNA複製にかかわるタンパク質「UHRF1」も強酸性下ではつくられないのです。

 体液が強酸化することでDNAの骨格となっている水素結合の部位が壊れてDNAが傷つくからです。

 強酸性は、病気の体が元の状態に戻りにくい条件でもあります。

 つまり、ストレスが解決せず強酸性の状態のままで新薬を開発し、遺伝子を回復しようとしても体液の酸化が邪魔をするためすぐに壊れてしまうため、化学薬品での対症療法では良好な結果を得ることはできません。

 その点、DNAだけにこだわらず、人間としていきいきとして生きられるようにしてあげることが優先されストレスを軽減することが重要です。

 壊れたDNAが自然に修復することは健康な方の体ではいつも行われていることです。

 それを新陳代謝と呼ぶのです。

 つまり、DNAの損傷がみつかり、なかなか治らない人は新陳代謝が悪いということになります。

 従って、局所の対症療法だけに限らず、ストレス対策も考慮しなければならないのです。

 しかし、DNAの研究者共通の盲点は、局所に限定していることにあり、重要な発見の割には成果が伴なっていないのが現状です。

 健康は自然の英知によって託されます。

 従って、新薬の開発に期待することは危険です。

 高齢化を迎えた日本には薬に依存してきた従来型の「薬事行政」ではなく「健康行政」に切り替えることが重要です。

 例えば、1年間無事故で無病の人の健康保険料を割り引くことやあるいは病気を克服した患者に厚生労動大臣賞を与えるなど幅広く意識を高揚することで病気が治るものというイメージを広めることです。

 このような政策が実行されるだけで10年後には高齢化のために50兆円もの医療費が必要になると試算されていますが、逆に半減し25兆円以下に抑えることが可能になります。

 病人が増えるから医者を増やし病院を増やし、医療費も増やせばいいという考えでは財政が破綻し解決できません。

 これからの医療を実現するために「予防医学セミナー」にぜひご参加ください。

 遺伝子の自然修復など新しい時代の健康法を学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

 また、西洋医学に矛盾を感じている方や他の代替療法にも限界を感じている方も「予防医学セミナー」にご参加ください。

 予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。