大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

抗がん剤よりコーヒー

≪抗がん剤よりコーヒー!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


 抗がん剤よりコーヒーが効く!

 抗がん剤は重篤な貧血を誘発しますがコーヒーには抗がん剤ほどの副作用はない!

 しかし、カフェイン中毒として睡眠障害がある!

 厚労省によると毎日コーヒーを飲むことで子宮体癌の発症率が4割も減少するという報告されました。

 「毎日コーヒー」で子宮体がん減 1-2杯で効果、発症率4割低く 厚労省調査

~記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年9月2日】 ~

 子宮体がん:「毎日コーヒー」で減 1-2杯で効果、発症率4割低く--厚労省調査

 コーヒーを毎日1-2杯飲む女性は、週に2日程度しか飲まない人に比べて、子宮体がんの発症率が4割少ないことが1日、厚生労働省研究班の大規模調査で分かった。

 飲む量が多いほど、発症率は低い傾向がみられた。

 研究班は、9府県の40-69歳の女性約5万4000人を05年まで追跡調査。

 約15年間に117人が子宮体がんを発症した。

 コーヒー摂取量と発症率との関係を調べると、コーヒーを毎日1-2杯飲むグループは、週2日以下しか飲まないグループに比べ、子宮体がんの発症率は4割少なかった。

 毎日3杯以上飲むグループは6割も少なかった。

 緑茶の摂取量も調べたが、発症率に関連はみられなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆子宮の入り口にできる子宮頸(けい)がんは、ウイルス感染が原因と考えられています。が、本当の原因は総腸骨動脈など大血管が緊張し細く硬くなっているため子宮まで血液が十分循環できずに免疫力が低下し発症しています。

◆一方、子宮の奥の内膜にできる子宮体がんは、女性ホルモン「エストロゲン」や血糖値を調節する「インスリン」との関連が指摘されていますが、子宮体がんの場合にも循環障害とリンパ管の圧迫は関わっていますがいずれも医学的には理解されておりません。

 担当した国立がんセンター予防研究部の島津太一研究員は「コーヒーを飲むと、エストロゲンやインスリンの濃度が下がることが知られている。

 この作用が発症率に影響している可能性がある」と話す。

 (この作用とは、コーヒーの苦味成分が消化器を刺激し、消化液の分泌反応を推進する反応のことです)

 欧米ではコーヒー摂取と子宮体がんの関連がみられないとの研究が多い。

 その理由として、ホルモン補充療法が日本より広く行われ、コーヒーの影響が表れにくいと考えられているという。
~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~

●コーヒーは、生豆の時には香や味はありませんが、焙煎という工程によって香りができます。

 つまり豆を加熱するという工程で香りが生じるのです。

 コーヒーの香気の成分は油脂、クロロゲン酸類、ショ糖、セルロース、たんぱく質、アミノ酸。これらに熱が加わる事により香と味が形成されます。

 コーヒーの成分はたんぱく質、油分、粗繊維、カフェイン、タンニン、有機酸、ミネラルです。この中のカフェインは適度の量をとると交感神経を刺激し寝ぼけた体に良い効果を与えます。

 また、血行を良くし、強心作用、胃液の分泌を盛んにし、利尿作用や眠気を取る覚醒作用が知られています。

 コーヒーの入れ方や飲み方にもよりますが、がんを予防する効果として考えられるのは「タンニン」という苦味成分の働きです。

 この苦味成分の刺激で内蔵機能が盛んに働き消化液を出すことで糖分が分解され血液が浄化されるからと考えられるのです。

●従って日本人にはカフェイン中毒になりやすいコーヒーを大量に飲むことよりも苦味のあるお茶やキダチアロエのエキスなどを飲む方が睡眠障害などの心配もありませんが、体温の低い人派蹴りを起こすことがありますので注意する火地洋画あります。

●とにかく日頃から苦味のあるものを摂取することが血液を浄化しがんばかりではなくあらゆる病気の予防につながります。

◆ さて、女性がんには乳がんや子宮がんや卵巣がんなどがあります。

 昔は乳がんや卵巣がんを手術によってリンパ節まで幅広く摘出する郭清術によって摘出することが標準的な治療でしたが、小さく摘出した場合と大きく摘出した場合での比較試験の結果、10年による生存率は変わらないと国際学会で公表され、近年は小さく摘出することが多くなりました。

 しかし、手術後2~3年後のあいだに再発が多く、再発すると抗がん剤治療が余儀なく行われています。

 抗がん剤治療は重篤な副作用があり、継続した治療を行うことはできませんので、患者の回復にあわせて繰り返し抗がん剤治療を受けることになります。

 しかし、原因は改善されませんので治ることは決してありえません。

 そのため、純粋に病院の治療を受け続けている患者は確実に体力を消耗することになりますので、生命の危険率が高くなります。

 重要なことは、どの癌も生活習慣病であるということです。

 従って、医療に依存する前に、生活習慣の見直しが必要になるのです。

 また、子宮頚癌は、30代の女性に近年最も多く発症しています。

◆ 医学的には「子宮頚がん」の原因をウイルス性として手術し、その後、抗がん剤治療が行われています。

◆ しかし、ウイルスが本当の原因ではありません。

◆なぜならば、血液を川の水に例えると、川の水の流れが正常なところにはマイナスイオンが多くウイルスは発生できませんが、池のように流れが弱くなることで水が酸化し「ぼうふら」などが発生します。

◆私達の体の中にある血液の成分は90%以上が水分ですので循環障害によって酸化が進みます。

◆ そのような環境の下でウイルスが発生するのです。

◆子宮頚癌はこのようにして発症しているのですが、西洋医学の過ちは、がん細胞しか研究の対象にしていませんので、循環障害を見落とし、ウイルスが原因であるとして大きな過ちを犯し続けているいるのです。

◆この考えは、鳥インフルエンザやエイズウイルスやノロウイルスなど全てのウイルスに通じることです。

◆従って、体調がよく自己免疫力が正常に働いている人には間違っても肺炎すら感染することは有り得ません。

◆時代が2000年以上も前で生活環境が恵まれていた時代にジェンナーがワクチンで成功した環境とはまるで生活環境も習慣も異なっていることに気が付かなければ無駄な薬を開発して捨てることになります。

◆しかし、無駄と知ったところで、現状の医療対策は病院や保健所が化学薬品の専売所のようになって利益をあげる仕組みですので捨てられるような風邪薬でも毎年10億円ほど収益を上げているのです。

◆これが薬事行政の面白いところで、多少の犠牲はしょうがないとして認可され投資家は次々と新薬の開発に力を注ぎでいるのです。

◆しかし、どんな薬が開発されようとも、深刻なストレスも原因も解消できません。

◆パニック症候群がいい例です。

◆薬漬けになりやがて本当の廃人にさせられてしまうのです。

◆この分野に落ちる医療費も完全に無駄といえます。

◆なぜならば、鎖骨の歪みをほんの少し改善するだけで、酸素を含んだ新鮮な血液が脳細胞の隅々まで循環できるようになるからです。

◆その結果どんなストレスを抱えていたとしても、熟睡ができるようになり、10年ぶりに熟睡したとか20年ぶりに熟睡したという結果が出て、朝をすがすがしく迎えられるようになるのです。

◆また、骨盤も鎖骨と同様に、過労や冷えなど強いストレスで歪みます。

◆このストレスで右側の骨盤が大きく上に前にねじれるようにして歪みます。

◆当然子宮の循環も悪化することになります。

◆骨盤の歪みは、女性の癌ばかりではなく、男性の前立腺がん内臓の循環障害にいたることで、肝臓がんや肺がんにも影響を与えています。

◆手術や抗がん剤などに依存する前に、根本的な生活習慣を改善し体の疲れを取り除くこととリンパや血管の圧迫を改善し、冷えを克服することが重要です。

◆その結果、マクロファージが活性化しNK細胞に遺伝子情報が伝達され、かつ酵素が活性化されることで壊れた遺伝子も修復に導供養に生体反応が始まります。

◆ 癌は暖めることで解けますが、リンパ管が圧迫されている時点で暖めて溶かすことは大変危険です。

◆初期や上皮に近いところにできたがんまでは暖めることで消えることも考えられます。

◆ しかし、深部にできた中程度や末期がんの場合は、無理に溶かしても、リンパが対応できず、体外へは除去されず、転移するばかりか、腹水や胸水の原因となり、命を落とすこともあります。

◆ まして、肉や動物性の油や卵や白砂糖などの取りすぎは、血栓のもとになり増すので、そのような食事をしながら暖めてもがん細胞は位置を変えて体細胞に取り込まれ、完全に除去されることはありません。

◆ その点、食べものを見直すことは大変重要です。

◆ 有機の食材や季節の野菜などや納豆や漬物など発酵などを摂取することで血液が浄化されるからです。

◆ しかし、病気に罹患している方のお腹は緊張して硬くなっていますので食べるだけでは消化されず腐敗することになります。

◆ その問題を解決するのが骨盤をはじめ全身の骨格の歪みを改善することで自律神経の通りを安定させることです。

◆ 自律神経は脳の下部から出て背骨の中を走って全身に分布しているからです。

◆ また、解けたがん細胞を吸収する器官がリンパ管ですが、このリンパ管も骨格の歪みの影響を受けています。

◆ 従って、癌を確実に治そうと思うならば、食事と同時に歪みも含めて改善する必要があるのです。

 その上で体温の調節を行うことです。

◆ 私はこの方法を「総合免疫療法」と呼んでいます。

◆ 薬を使わず本人の血液を浄化し、さらにマクロファージを活性化することでNK細胞に遺伝子の情報が伝達され腫瘍が分解されますので、自然・安全・安心な方法で怪我が治るように治るのです。

◆ 遺伝子の自然修復など新しい時代の健康法を学びたい方は「予防医学セミナー」にご参加ください。

◆ また、西洋医学のに矛盾を感じている方や他の代替療法にも限界を感じている方も「予防医学セミナー」にご参加ください。

◆ 予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない「自然治癒の原理」を学習できます。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード