大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

血液内科の過ち

≪血液内科の過ち≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

●2008年07月06日(日)のNRT通信より

 今日は東京の五反田ゆうぽうとにて「予防医学セミナー」を行いました。

 午前10時より元岐阜県立多治見病院外科部長で現在は千葉県のセントマーガレット病院にて統合医療外来を始めた酒向猛先生より「癌の精神療法」というテーマで講義していただきました。

 酒向先生によると患者の潜在意識が治癒率を大きく左右しているということでした。

 私は、「血液内科の過ち」というテーマでお話をさせていただきました。

 12年前に名古屋記念病院にて「血小板減少症」と診断され以来12年間治らず抗腫瘍薬(抗癌剤)を服用され、心不全全を誘発した後急性骨髄性白血病と診断された方の症例を報告し、血液内科で行われている「医療事故」ではなくまともな診断が間違っていることを報告いたしました。

 白血病と診断され余命幾ばくもないと診断され、12年間服用してきた抗がん剤を中止して1ヶ月がたちましたが主治医が驚く結果が出ています。

 1991年に血小板が37.3

 93年には70.7

 94年には90.3

 95年には141.3

 08年6月6日181.7H

 と抗腫瘍薬のハイドロカプセルを飲み続けてきたにもかかわらず心不全を併発し挙句に急性骨髄性白血病と診断され、一時は自殺も考えたとのことです。

 それが6月6日に病院を退院し、自然医学総合研究所にて指導を受けてから順調に下がり始めたのです。

 6月18日:134.8 H

 6月23日:109,3 H

 7月7日:   56,0 H

 一般的には50~60万/μlまでは治療の必要はないといわれておりますので事実上改善が成功したことになります。

 またこの調子では正常値(15~35×104/μL)の範囲に入るのも時間の問題の様です。

 この変化を主治医はなんと思って見ているのだろうか!

 日本にはこのようにして正しいと思われている医療のなかにもたくさん間違いがあることを指摘するものです。

 医者は万能ではありませんし、何でも知っているわけではありません。

 むしろほとんどの医者は病気の原因すら知らないのです。

 ゆえにマニュアル医療とよばれているのです。

 血液内科の盲点は沢山あります。

 西洋医学の診断や治療の仕方に過ちが潜んでいるのですが、それを棚に上げて「治らない病気」だと洗脳し、薬漬けにして医療経済の片棒をかついでいるのです!

 原則として病気治しに医者はいらないのです!

 自然治癒力を破壊するような医療を選択してはならないのです!

 仮に血小板増多症と診断されても改善が可能なのですから。

 問題は治癒実績のある医療を選択することです。

 つまり、医者選びの前に医療の選択が重要なのです。

 西洋医学の治療に疑問がある方や、自然治癒力に関心のお持ちの方はぜひ「予防医学セミナー」にご参加ください。

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ●次回の東京予防医学セミナーは9/7(日) 八丁堀「I/Sビル(3階)」で開催されます。

 ●午後からは、SST骨盤理学調整、血液画像観察による独自の免疫活性療法を主体に、健康指導会を行っています。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●次回の名古屋予防医学セミナーは、9/21(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード