大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

うつと乳がんの原因

≪うつと乳がんの原因!!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


 2008年06月17日(火)のNRT通信より

 
 今日は和歌山から夕方ごろに、7~8年前からうつの症状が出て地元の診療内科に行ったが薬漬けになり、さらに今年、右側の乳がんを温存療法で乳房の4分の1摘出手術した方が、あまりの不調で医療不信になり代替医療を求めてきました。

 血液画像分析器で免疫力を調べるとほとんど白血球が元気が無く動きが鈍い状態でした。

 内臓機能測定では肺・心蔵・肝蔵・胆嚢・脾臓・腎臓・膀胱・胃などの自立神経(脊髄神経)の伝達の状態を経絡を基にして確認する方法で画期的な手段です。

 その結果、膀胱系の働きが弱いことが確認された。

 次に体全体の歪みを調べたところ、右側の骨盤が2cmほど上前方に狂っており、乳がんが出来た右側の鎖骨は胸骨と癒着していたことがわかった。

 そのため長年頭部の循環が悪く不眠状態が続き、無理をして仕事に行きストレスが過剰になり、

 体力以上の仕事をこなそうと必死になるが仕事も集中できず落ち込む。

 焦りがでて、自分を責める。

 益々悪循環になってしまいます。

 結局、横向きになって寝ることが多くなり、下になっていた鎖骨が癒着し、乳房を支配している胸動脈や静脈が圧迫されほとんど血液が回らない様な状態であった。

 一般の病院では免疫抑制ということで白血球の働きを抑えようとしますが、反対に白血球を活性化するために高濃度のミネラルや還元力の強い水などを飲んでいただきその後でリラックスさせるため光線療法をおこなった。

 また、鎖骨や膀胱の問題を解決するために癒着の部位に浸透圧の高い光線を照射した。

 その結果、腕も足も腰も軽くなり、呼吸が深くなった。

 熟睡ができたら鬱もパニックも消える。

 鎖骨が改善されることで頭部の循環が回復し、脳細胞の新陳代謝が復活し、新しい脳細胞に変わる。

 問題は気質である。

 いつもいいヒトでいようとする。

 いつも精一杯以上に努力している。

 何事も手が抜けない。

 しかし、熟睡ができなかった。

 このようなケースで鬱やパニックは起こり、慢性化して化学薬品に依存し、免疫が抑制され感染症や究極な結果、がんの発症となる。

 それが骨盤と鎖骨の障害を改善することで全ての症状は消えるのだ。

 傷を治す遺伝子、おできを直す遺伝子も与えられているからだ。

 それらの鍵やスイッチをいれるのは患者の血液であり、活性型のマクロファージの働きである。

 病気を治すのは、医者や薬の仕事ではないと東京大学の渥美名誉教授は口癖のようにいっている。

 彼女は、熟睡ができるようになることで3~4ヶ月後には完全に自分を取り戻すはずである。

 心も体も魂までも4次元にまたがる全ての問題を解決できるからです。


 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※注:7月6日の東京会場は、「五反田ゆうぽうと(5Fカルチャープラザ)かたくり」です。
             東京都品川区西五反田8-4-13 5F ℡03-3494-8099

●テーマ1:癌を克服するために
   
   講師:酒向猛 医学博士
      
   元岐阜県立多治見病院外科部長・千葉セントマーガレット病院外科医
   千島・森下学説研究家

●テーマ2:(仮)風邪は万病の元、腰痛は万病の元!
      
      内蔵機能測定の有効性について
      
   講師:大沼善誉 自然医学総合研究所 所長
        
 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード