大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

点滴は毒である!

≪点滴は毒である!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


●2008年06月11日(水)のNRT通信


 整形外科の点滴で死亡者が出た!

 三重県伊賀市の谷本整形で5月下旬から6月9日にかけて「鎮痛薬」の点滴を受けた60代~80代の男女14人が相次いで発熱や嘔吐を訴え女性一人が死亡13人が入院した。

 搬送患者を受け入れた市立上野総合病院では「感染症が起きた」と推測しており、県や県捜査一課が調べている。

 谷本整形外科の説明によると14人はいずれも腰などの痛みや痺れを抑えるため「ノイロトロピン」3ml、ビタミン剤「メチコバール」1ml、生理食塩水100mlを混合、攪拌した点滴液を静脈注射で投与した。

 その結果、1~2時間後に腹痛や発熱、嘔吐、ふるえなどの症状が出始めた。

 うち11人は現在も入院中である。

 県警は谷本院長ら関係者事情を聞き、11日に司法解剖して原因を調べることになっている。

 搬送先の上野総合病院の村山卓院長によると、いずれの患者も白血球が正常値以下に低下していたが鎮痛薬の濃度や量で起こる症状ではなく、感染症が起こったと考えるのが妥当という。

 腰痛で通院して無くなった73歳の女性は、腰痛が持病で長年ステロイド剤を服用してきた可能性あるかまたは、糖尿病や高コレステロール血漿など他の疾患をもっていた可能性があり、血糖値やコレステロールを下げる薬を長年服用してきた可能性が考えられる。

 亡くなられた患者さんにも痺れはあったはず。

 痺れは、健康なヒトでも正座を長くすることで起こる循環障害による症状である。

 つまり、痺れがとまらないほどの循環障害の患者さんに痛みや痺れをとめるため「ノイロトロピン」という薬と「メチコバール」を投与している。

 「ノイロトロピン」にはショック症状、過敏症、嘔吐、めまい、顔面潮紅などのほかに、胃部不快感、眠気、浮腫などがある。

 「メチコバール」には重大な副作用としてアナフィラキシー様反応があるほかに過敏症、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、疼痛、頭痛、発熱感などがある。

 血圧降下剤など長年化学薬品に依存してきた高齢の患者には様々な化学薬品が体内に滞留している可能性を否定できない。

 そのような患者は通常の濃度や量では効果が出ない。

 効果を出すために余分に入れた可能性も否定できない。

 また、作り置きで酸化した薬物を投与した可能性も否定できない。

 酸化した化学薬品は体内に入り遺伝子を傷つける。

 遺伝子は強い酸で水素結合の部位が切断されるからだ。

 いずれにしても、腰痛や痺れは循環障害が起因であり点滴よりは温泉や光線療法などで暖めて循環を回復させることが効果的である。

 またストレスによる骨盤のゆがみが起因となり腰や坐骨神経が圧迫されて症状がでているため歪みを改善することも重要な手当てとして対応するべきだったのだ。

 しかし、西洋医学では、腰痛もしびれも原因不明として薬付けにするだけである。

 こんな医療が蔓延しているから医療費が増えて患者はさらに増えてるのだ。

 ゆえに、賢い患者は医療を選んで回復しているのだ。

 一番の問題は薬漬けにしている「保健医療」では治る見込みは無いということを国民は知るべきである。

 「保健医療」はなぜ原因から治そうとしないのか、国の政策や構造にも問題がある。

 薬事行政にのみ予算をとっている現状では今後も同様の被害者が出てくるに違いない。

 日本でも欧米並みに薬事行政から健康行政へと進路を変えてほしいものである。

 腰痛や痺れは暖めて歪みを改善することで消える症状であるからだ。

 医者選びも寿命のうちである。

 どんな病気にも原因があり、病状をとめることだけに手中するのではなく、生活習慣から見直し根本から治すことを選択するべきだったのだ。

 腰は万病の元である。

 血液をきれいにし、骨盤の歪みを改善するべきだったのである。



 文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 次回の名古屋予防医学セミナーは6/15(日) 名古屋市東区 ウィルあいち「2Fセミナールーム5」で開催されます。お間違いないようご注意下さい。

 ●テーマ1:(仮)「がんという病気の特性と対策について」
         がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●テーマ2:(仮)「遺伝子疾患のなぞを解く」

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード