大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸血の副作用や有害事象を収集

≪輸血の副作用や有害事象を収集≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


 2008年04月12日(土)のNRT通信より

 薬害肝炎、フイブリン糊556医療機関公表!

 厚生労働省はHPで公表!

 輸血にも副作用はある!

 問われる安全基準!

 ----------------------------

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会血液事業部運営委員会・安全技術調査会合同委員会は8日、輸血用血液に混入した病原体を不活化させる技術の導入をめぐり、第2回の会合を開いた。

 信州大先端細胞治療センター副センター長の下平滋隆氏が、オブザーバーとして招かれ「HIVの国内感染者が増加傾向にある中、安定供給に影響を及ぼす病原感染の脅威、副作用防止のために不活化技術導入について早期に結論を出す時期にある」と強調した。

 薬害を教訓に将来を見据えた対策を 下平氏

 HCVやHIVなど、献血血液中の病原体混入をチェックする体制として現在、核酸増幅検査(NAT)が行われているが、潜伏期間中に検査をすり抜ける感染血が発覚したため、厚労省は献血血液中の病原体を不活化剤や紫外線照射によって死滅させる不活化技術の導入検討に着手した。
 
 不活化技術をめぐっては、EU(欧州連合)の基準を満たしていることを承認するCEマークを取得している3技術を中心に欧州・アジア各国が導入。

 2007年3月にトロントで開かれた「病原体不活化技術に関するコンセンサス会議」で、「安全性の高い技術が開発された場合には、病原体不活化技術を導入すべき」との提言が示され、米国でも不活化技術の導入に向けた動きが高まっている。

 下平氏は不活化技術の国内導入について、「薬害の教訓を生かし、将来を見据えて今可能な対策を講じる必要がある」と強調。

 輸血副作用や有害事象を収集、解析するヘモビジランス体制の構築を前提として、「HIVの国内感染者が増加傾向にある中、安定供給に影響を及ぼす病原感染の脅威、副作用防止のために不活化技術導入について早期に結論を出す時期にある」と強調した。

 また、不活化技術の導入で新興・再興感染症の病原体不活化はもちろん、細菌検査やサイトメガロウイルス検査、放射線照射が不要となるため、従来の諸経費で不活化技術の導入費用が相殺されると説明。

 これまで廃棄されていた全血献血を血小板製剤に利用することが可能になるといったメリットも説明した。

 国内のヘモビジランス「欧州の水準に追いついていない」

 しかし、こうした下平氏の発言に対し、委員からは強い反対意見が相次いだ。

 「日本のヘモビジランスは欧州の水準に追いついていない。不活化の導入はもう少し双方の溝が狭まった時点で検討すべき課題」との意見が示されたほか、中には「HIV感染はかなり増えてはいるが、輸血後感染率はかなり少ない。

 HIV感染の増加をそのままパラレルに輸血後感染のリスク増加につなげて考えるのは事実に反するのではないか」との指摘もあった。
 
 また、「海外諸国の情報のみで判断するのは危険。

 従来とまったく違う方法の導入を検討するうえでメリットばかりを強調するのは非常に危険だし、危惧されるデメリットについて説明が少ない」といった指摘も出るなど、委員全体が不活化技術の導入に極めて強い反対姿勢を示した。


 ---------------------------

 輸血は骨髄移植や末期医療には欠かせない治療法である。

 しかし、他人の血液は自己の血液とは異なり、自己の血液が優勢の時には輸血した血液を攻撃します。

 また、逆に自己の血液が弱っているときには、自己の血液が攻撃されます。

 攻撃された血液は破壊され体内に余分な水分を蓄えることになります。

 それが腹水や胸水になることもあります。

 それ以外にも、輸血に用いられる血液の鮮度の問題もあります。

 輸液の鮮度を保つために冷凍したものが使われていますが、生の血液に比べて、冷凍食品と同様に酸化の被害を受けている可能性は否定できませんので輸血後の血液の寿命は健全な血液と比べてとても短いものと考えられます。

 健全な血液の寿命は赤血球で120日白血球で4~5日から10日といわれておりますが健全な血液の寿命とは異なり、はるかに短いものと考える必要がある。

 そのため、輸血後まもなく輸血された血液細胞が崩壊され細胞内容液が流出し輸血後に腹水や胸水が滞留することが十分考えられるのです。

 輸血は救急時の医療には欠かせない治療ですが、日ごろからの心がけを大切にし、日々の健康管理に気を使っていただきたいものです。

 小食で早寝早起きは三文の徳を得ることができ「難」を逃れることができるのです。

 「転ばぬ先の杖」を持ちたいものです。

◆◆予防医学セミナーは、薬を使わず、安全な方法で病気を克服した自然治癒の症例から原理を学び、健康を取り戻すことで、医療費を半減させ、末代まで子孫が繁栄出来る「安全で美しい生活環境」を取り戻す事を目的にしています。


文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


 一日一回の応援クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●テーマ1:腹水の原因と脾臓の役割(3)

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●テーマ2:がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  ボランテイア講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。