大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

西洋医学は崩壊している!2

≪西洋医学は崩壊している!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

2008年04月04日(金)のNRT通信より

------------

 麻酔医、相次ぎ退職 10人が5人に、手術にも支障 国立がんセンター中央病院

 記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年4月3日】

 国立がんセンター:麻酔医、相次ぎ退職 10人が5人に、手術にも支障

 ◇厚遇求めて転籍

 国立がんセンター中央病院(東京都中央区、土屋了介院長、病床数600)で、10人いた常勤麻酔医のうち5人が昨年末から先月までに相次いで退職し、1日の手術件数が2割減る異常事態になった。より待遇の良い病院への転籍などが退職理由で、「がん制圧のための中核機関」を理念に掲げる日本のがん治療の“総本山”に、全国的な医師不足が波及した形だ。【須田桃子】

 がんセンター中央病院は常勤医師約150人、1日当たりの外来患者約1000人と、国内でも最大級のがん治療専門施設。これまでは、1日当たり約20件の外科手術をしてきたが、術中の麻酔管理を担当する麻酔科医が半減したことで、3月末から1日約15件しかできなくなった。

 手術までの待ち時間も今後、長引くことが予想されるため、特に急ぐ必要のある病状の患者に対しては、都内や患者の自宅周辺の病院の紹介を始めた。院内にも、麻酔医の不足を知らせるお知らせを掲示し、患者に理解を求めている。

 関連学会や各地の病院を通じ、麻酔医確保を図っているが、「すぐには解決のめどがついていない」(土屋院長)のが実情だ。

 土屋院長によると、退職の主な理由は、待遇の良い民間病院や都立・県立病院への転籍だ。同病院の職員は国家公務員で、30代の中堅医師の場合、給与は年間700万-800万円程度。一方、都立や県立病院は1000万円台、民間病院なら1000万円半ばから数千万円になるという。

 日本麻酔科学会が05年にまとめた提言によると、日本では約4000施設で全身麻酔が実施されているが、同学会の会員が常勤でいる病院は約半分にとどまる。手術中の患者の麻酔管理に加え、患者の痛みを除く「ペインクリニック」や「緩和ケア」などに麻酔科医の担当領域が広がっており、全国的な需要も高まっている。

 がんセンター中央病院も、「緩和ケア」研修を09年度から全研修医に義務付けることを決めたばかりだった。

 土屋院長は「中央病院は、医師が勉強する環境は十分整っているが給料は並以下で、施設の努力で確保するには限界がある。医師の絶対数を増やす政策が不可欠だ」と話す。

 乳がん患者団体「ブーゲンビリア」の内田絵子理事長は「国立がんセンターは全国の患者の精神的なよりどころでもあり、医師不足で手術件数が減ることは、患者にとって不安を駆り立てられる話だ。麻酔医不足は、緩和ケアの充実にも悪影響を及ぼす」と懸念する。

 ◇医療崩壊のサイン--医師不足問題に詳しい本田宏・医療制度研究会副理事長の話

 がん患者にとって最後のとりでとも言える国立がんセンターにまで医師不足の波が押し寄せた。大変憂えるべき状況で、医療崩壊が日本に起こりつつあるというサインだ。


-------------

 ≪日本のがん治療は異常に遅れている!≫

 がんは「がん体質」になって発症している!

 がん体質とは、老廃物や古い寿命のつきた血液細胞などを処分できないという体の不調を抱えている体質のことである。

 私たちの肉体は、過剰なストレスを持続して受けることで、血液が汚れ、体液が酸化します。また、骨格が歪みます。さらにストレスが持続することでじん帯など組織が癒着します。

 これを「ストレスと三大障害」と言います。

 自己コントロールできないほどのストレスを受けることで、骨盤が歪みます。

 その上に乗っている腰椎や胸椎も歪むことになります。

 特に第5胸椎から第9胸椎が歪むと支配下の脾臓の働きが低下する。

 脾臓の働きは、寿命の尽きた血液を選択して破壊している。

 また、脾臓のフィルター作用の大半は脾索にあるマクロファージによるものであることが知られている。

 老化したり、異常または損傷をうけた血液細胞や血小板の破壊は、赤脾髄の脾索のなかでマクロファージにより貪食されている。

 しかし、過労から脊柱が歪み、脾臓の神経が圧迫されると脾臓の循環が障害され、その機能が低下する。

 そのために、古い細胞や老廃物が滞留しやすい体になる。

 その上、骨盤が歪むことで骨盤内臓神経の伝達も低下する様になると、骨盤の内臓が低下する。

 そのため排泄も悪く老廃物を処分できない体になっている。

 さらに「血液画像分析」によって白血球の動きを確認することで自己免疫力が低下していることが確認されている。

 しかし、強力な葉緑素やミネラル療法を行うことで体液の酸化が中和されるため白血球は動き出す。

 私のこれまでの研究では、半数以上のがん患者は、食事療法や光線療法を行うことで免疫細胞が活性化し、自己免疫力は回復する。

 その結果一時的に腫瘍が大きくなる事も予測されるが、あわてず自然療法を続けることである。

 がん細胞を最終的に処分できるのは手術や抗がん剤や放射線では無く、「活性型のマクロファージ」の仕事だからだ。

 このことは、東京大学医学部付属病院の中川准教授も3月30日の中日新聞の日曜版でも言っいる。

 しかし、西洋医学も東洋医学にも免疫力を調べる方法がないのだ。

 その点、生の血液を直接調べる「免疫画像分析」では、白血球の動きや質が確認出来るので大変便利である。

 がんの体質改善や予防のために学びたい人は「予防医学セミナー」にご参加ください。

 「予防医学セミナー」では、西洋医学の盲点や具体的な体質改善について学ぶことが出来ます。


文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉


 一日一回の応援クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●テーマ1:腹水の原因と脾臓の役割(3)

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●テーマ2:がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  ボランテイア講師:酒向 猛 千葉セントマーガレット病院外科医師 千島・森下学説研究家

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード