大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

副作用で毎年約20万人死亡

≪副作用で毎年約20万人死亡 中国≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

2008年03月13日(木)のNRT通信より

記事:共同通信社 提供:共同通信社【2008年3月12日】

副作用で毎年約20万人死亡 中国、賠償制度要求も

 【北京11日共同】中国紙、信息時報(電子版)は11日までに、中国で毎年、約250万人の入院患者が国の検査をパスした薬品で副作用を起こし、うち約20万人が死亡していると報じた。

 国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の委員で広東省人民病院副院長の王啓儀氏の話として伝えた。

 同紙によると、王氏は、検査に合格した薬品による副作用被害の場合、過失責任を特定するのが困難とした上で、早急に基金を設け、人道的立場から薬害被害者に賠償金を支払うべきだと提案した。

 中国では、過去2年間で有毒物質が混入した慢性胃炎などの治療薬により14人が死亡するなど、薬害被害が深刻になっている。



 賢い患者に薬はいらない!

 「生薬」が血液を浄化し、必要な薬は体がつくるもの!

 アメリカではフォード大統領の時代に薬の副作用で患者が増え続けた事から、「薬事行政」から「健康行政」へと移行している。

 そのアメリカでは今も大量の薬が生産されている。

 沢山つくられた薬は世界中の病院や薬局で販売されている。

 しかし、今アメリカの国立がんセンターまでも玄米を基本とした「マクロビオティック」が浸透し、病院サイドでの薬離れが雪崩現象として起こっている。

 あまった薬を日本へ売り込むだけではなく、高度成長をしている中国にも積極的に売り込んでいるのだ。

 開発した薬を在庫にしておくことは製薬会社にとって不利益だからである。

 製薬会社は患者のことなどみじんも考えてはいない。

 ラットの実験ででっち上げのデーターをつくり、認可さえとればそれでいいのだ。

 病状の意味も分からず、ひたすら抑えるための薬をつくることも重大な過ちであることは新潟大学医学部安保徹教授が言っている。

 それも「薬を止めれば病気は治る」と本にまで書いている。

 病状には重要な意味があるのだ。

 体の中枢まで壊れる前に腰痛が出たり、腹痛がでたり、頭痛が出たりするのでああって未病の段階で休んで回復させることが病状の目的である。

 知覚神経が健全であれば、後は無理をせず回復を待つことである。

 この基本が分からず、慌てて医者の思うがままに薬漬けにされていく。

 C型肝炎の薬害訴訟にみられたように薬事行政に関わる事務次官クラスの答弁がものがたっている。

 薬には必ず副作用がある。抗がん剤は劇薬だ。だからといって薬が死亡の原因と認める分けにはいかない。

 「薬の副作用で無くなったという事を認めると今後新薬の開発が出来なくなるからだ」というとんでもない答弁である。

 そこには、患者の「命を救う」という考えが全く存在していない。

 ステロイドでもホルモンでも体の中でつくられるものである。

 生活習慣が悪いと血液が汚れマクロファージの活性が弱くなる。

 そのため、細胞間同士の連絡のためにつくられる「サイトカイン」という液性のたんぱく質がつくられず自律神経がマヒ状態になる。

 結果として、体内で必要な薬が出来なくなるだけのことである。

 つまり、生活を見直し、血液を浄化し歪みを取り除いて循環を改善することでマクロファージは活性化し、必要な薬をつくりだすのだ。

 まして、体内でつくる薬には副作用はない。

 病気にならない人は知っているし守っている。

 従って、健康なヒトと不健康な人が存在しているのだ。

 また、良い医者の見分け方として薬の副作用を全て開示しているかどうかで判断できる。

 患者を食いものにする悪い医者は、決まって「薬の副作用をごまかしている」からだ。

 恐ろしいのは、病気よりも患者を食い物にしている医者の方なのだ。

 「命を医者に預けるな」とはがんの患者学の情報である。

 医療との関わりで苦労した患者の本音である。

 中国もまた、製薬会社の営業に振り回され、日本と同じ運命を選択しているのである。

 西洋医学に疑問を感じ、まともな医療、治せる医療を探している医療従事者の方や患者さんは「予防医学セミナー」にぜひ一度ご参加ください。

 偉大なる自然治癒力を共有できるからです。

 代替医療で医療問題を克服し、医療費を半減させ、末代まで子孫が繁栄出来る「安全で美しい生活環境」を取り戻すために国際的なウネリをつくり、奉仕しなくてならないのです。

文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

 一日一回の応援クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●テーマ1:腹水の原因と脾臓の構造

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●テーマ2:がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  ボランテイア講師:酒向 猛 外科医師 千島・森下学説研究家 

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード