大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

医師ら34人処分 厚労省

≪医師ら34人処分 厚労省≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

2008年03月04日(火)のNRT通信より

 4人免許取り消し!

 人命を尊重する厚労省の決断!

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2008年2月23日】

 医師処分:厚労省、医師ら34人処分 4人免許取り消し--医道審答申

 厚生労働省は22日、刑事事件で有罪が確定した医師2人と歯科医師2人を免許取り消しとし、医師15人と歯科医師11人を3年から1カ月の医業停止処分にした。

 医師3人と歯科医師1人については、医業停止はせず、再教育だけを課す「戒告」処分にした。

 厚労相の諮問機関・医道審議会が同日答申したのを受けた措置。これら34人に対する処分は3月7日から発効する。(関係地域面に関連記事)

 処分者の中には、02年に東京慈恵会医科大付属青戸病院(東京都葛飾区)で起きた腹腔(ふくくう)鏡手術ミスで、業務上過失致死罪に問われ、禁固1年6月、執行猶予4年の判決が確定した前田重孝医師(36)=医業停止1年6カ月=らが含まれている。

   ◇

 医業停止1年未満の処分者は毎日jpに掲載します。【江刺正嘉】

 主な処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、年齢、処分理由。敬称・呼称略)

 《免許取り消し》千葉市、メリーナ歯科医院、藤木昭治(52)=大麻取締法違反▽無職、高橋孝広(36)=殺人未遂など▽福島県郡山市、太田綜合病院付属太田西ノ内病院、松本絢(28)=強姦(ごうかん)致傷など▽水戸市、秀聖美容外科、稲吉浩司(45)=所得税法違反など

 《医業停止3年》東京都大田区、伏見クリニック、伏見達夫(55)=強制わいせつ▽宮崎県延岡市、田中医院、田中英隆(56)=補助金適正化法違反

 《医業停止2年》広島市、イシハラ・クリニック、石原秀一(48)=覚せい剤取締法違反▽京都市、森歯科医院、森基厚(44)=強制わいせつ▽川崎市、日本鋼管病院、西野拓也(25)=準強制わいせつ▽横浜市、けいゆう病院、中田洋介(25)=同

 《医業停止1年6月》就業前、小石健(27)=麻薬及び向精神薬取締法違反など▽埼玉県朝霞市、朝霞台中央総合病院付属第二診療所、千葉卓修(47)=大麻取締法違反▽東京都葛飾区、東京慈恵会医科大学付属青戸病院、前田重孝(36)=業務上過失致死▽福島市、誉田歯科第一診療所、誉田雄一郎(77)=贈賄

 《医業停止1年》東京都新宿区、北新宿医科クリニック、申基泰(53)=傷害▽北海道紋別市、北海道立紋別病院、井野田智子(31)=業務上過失致死



 小医は病を治す、中医は患者を治す、大医は国を治すといわれてきたが、近年、小医は副作用を隠し病をつくり、中医は患者を傷つけ、大医は国の税金を無駄に使い国を滅ぼしている。

 慶応義塾大学医学部講師の近藤誠先生は「医者が増えれば病気も増える」と医原病:講談社+α新書に書いている。

 また、知人で環境問題評論家の船瀬俊介氏は「マフィアが患者を食い物にしている」とNPOがんの患者学研究所が主催した講演会で警鐘を鳴らしている。

 船瀬氏は「巨大化するがんのマーケット」で潤う医療産業の存在を指摘し、がんの3大療法(手術・抗がん剤・放射線)では、免疫力を落とすため耐性がんを生み出すことになり治せないのではないかと言っている。

 また抗がん剤の副作用では造血臓器の破壊が一番恐ろしいとも言っている。

 抗がん剤は毒物で副作用も強いことは康生労働省の技官も「その通り」と認めている。

 アメリカ国立がん研究所の所長は85年に「がんの化学療法は無意味だ」と”議会”で証言している。

 現代医学が崩壊する一因として「自然治癒力」の軽視がある。

 アメリカの癌センターが実証し、多くの患者が求めている自然で安全な医療を提供できない日本の医療は崩壊して当然である。


 06年2月に「急性悪性リンパ腫」で手術を受けた男性は「エンドキサン」という抗がん剤とオンコビン、ヒノルビン、プレドニンを8クール行った。

 しかし、07年1月に再発した。

 07年2月よりデキサメサゾン、VP16,エトポシド、ラステッド、イポスファマイド、カルポラチンを処方された。

 07年4月より、カイトリル、デカドロン、エンドキサン、アドリアシン、オンコビン、メソトレキセートが処方された。

 しかし、結局安定せず、07年7月には骨髄移植前の治療として「エンドキサン]を3400mgと大量に投与され07年8月に移殖した。

 移植後免疫抑制剤が投与されたが08年1月にpetと2月のCT検査で3cmの腫瘍が確認され、東京文京区にある免疫療法(安保理論)で刺絡療法を受けたが改善されず、清水坂クリニックの主治医より紹介されてきた。

 薬の副作用のため貧血と口内炎でおかゆしか食べれない状態であった。

 ”エンドキサン”(塩野義)抗悪性腫瘍薬の副作用を確認した。

 この抗がん剤は、多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、乳がん、急性白血病、真性多血症、肺がん、神経腫瘍、骨腫瘍などの他に、子宮頚癌、子宮体癌、睾丸腫瘍、卵巣癌、咽頭癌、胃癌、膵癌、肝癌、結腸癌、絨網性疾患、横紋筋肉腫、悪性黒色腫など様々な治療に用いられている。

 重大な副作用:ショック、アナフイラキシー様症状、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、骨髄抑制、汎血球減少、貧血、白血球減少、血小板減少、出血性膀胱炎、間質性肺炎、排尿障害、イレウス(腸閉塞)、胃腸出血、肺繊維症、心筋障害、心不全、SIADH(ADH不適合分泌症候群・排尿障害)

 その他の副作用:脱毛、頭痛、めまい、黄疸、肝機能異常とある。

 エンドキサンもまた、免疫を抑制する化学薬品ですので、病状の改善よりも益々複雑になるばかりで解決は出来ません。

 いずれ効果が期待できなくなると”再移植”が進められたり、「新薬」が使用されて人体実験の対象となるのです。

 従って、賢い患者は安全で実績のある代替医療を選択しているのです。

 癌や難病で病院の治療に矛盾や不満を感じている方や、将来代替医療を取り組みたい開業医の先生方はぜひ一度「予防医学セミナー」にご参加ください。

文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

 一日一回の応援クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●テーマ1:腹水の原因と脾臓の構造

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●テーマ2:がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  ボランテイア講師:酒向 猛 外科医師 千島・森下学説研究家 

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード