大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

癌センターで代替医療の有効性を証明

≪癌センターで代替医療の有効性を証明≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

2008年02月27日(水)のNRT通信より

 ニューヨークの癌センターで代替医療を行った!

 The Journal of Urologyという専門誌(05・1743:1065)より

 記事によると、ニューヨークのスローン・ケタリング記念癌センターという、日本の国立癌センターに当たる施設で、元泌尿器科外科部長・泌尿器腫瘍学科部長のウイリアム・フエィア教授とカリフォルニア大学のデアン・オミッシュ教授等は、前立腺癌患者の標準的な治療である手術・抗がん剤・放射線を受けないことに決めた93例に対して代替医療を行ったグループと何もしなかったグループでランダム化比較試験を行っていた。

 代替医療のグループには、徹底したベジタリアン食として野菜・果物・全粒穀物・豆類・ビタミン・ミネラルなどへ変更させた他、ヨガ・エアロビクス・瞑想を週1回・グループミーテングによる励ましあいをしてライフスタイルの改善をした。(A群)

 そして、全く生活を変えなかった(B群)とに分け、ランダム化比較試験という最も水準の高い試験を行い、1年後の経過を観察したというものである。

 その結果、ライフスタイルを変えた(A群)ではPSAという腫瘍マーカーの値が低下したのに対してB群では上昇が見られた。

 またA群では腫瘍細胞の増殖が明らかに阻害されていたことも確認され、試験期間中に化学療法を受けたものは一人も出なかったのに対して、B群では6例ががんの進行のために標準的な治療の対象となっていた。

 その他A群では痛みなどの症状が顕著に減少していた。というものでした。

 この記事は、癌の治療で迷われていた人々にとっては大きな希望を与えるものとなり、アメリカでは今まで以上に代替医療に期待が寄せられているのが現状です。

 また、代替医療には必ず食事療法(玄米食)が入っていることも共通した特徴です。

 その根拠として骨髄造血などではなく「消化器造血」が行われているからですが、この点西洋医学は無頓着です。

 アメリカは代替医療先進国として確固たる地位を築き国際的にも期待されています。

 また、この報告以来、日本でも一部の個人病院では積極的に代替医療を取り入れるところが増えていますが、がんセンターや他の国公立病院ではこの情報が公示されなかった為か、標準治療に減速はなく副作用で患者は増加するばかりで、激務となり、条件が見合わないとする医師の退職が連鎖し、病院崩壊の一因となり、危機的状態が続いています。

 国際的に代替医療が見直されている中、日本の医療関係者もマスコミの関係者も情報を操作している様です。

 その背景には標準的治療(手術・抗がん剤・放射線)が”利益”をもたらすため代替医療への取り組みは行われてい無いのが現状の様です。

 つまり、日本の医療は「利益優先」ということの様です。

 代替医療関係者は、この情報を共有し、改革の促進剤にしてください。

 ゆえに、賢い患者は実績のある代替療法を選んでいるのです。

 西洋医学や東洋医学で不安や矛盾を感じている方はぜひ一度予防医学セミナーにご参加ください。血管が高速で若返るなど、自然治癒の原理が誰にも解る様に指導していますので即実践即成果が期待できます。

文責:自然医学総合研究所 大沼 善誉

 一日一回の応援クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック


 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第一日曜日 東京 予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒東京予防医学セミナー

 ※午後の実技では、西洋医学でも東洋医学でも盲点となっている「じん帯の骨化対策」など貴重な指導が受けられます。


◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

 ●テーマ1:腹水の原因と脾臓の構造

  講師:大沼 善誉 自然医学総合研究所所長 平成11年社会文化功労賞受賞

 ●テーマ2:がんを克服するために~千島学説からみた理想のがん治療~

  ボランテイア講師:酒向 猛 外科医師 千島・森下学説研究家 

 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談を承ります。

  講師:大沼 善誉先生はじめ、自然医学総合研究所の講師の先生方

 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

 自然医学総合研究所 所長 大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード