大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

西洋医学、最大の過ち、骨髄造血のウソ!

西洋医学、最大の過ち、骨髄造血のウソ!

≪骨髄造血のうそ!≫動画で見る:<<西洋医学の過ち!>>

◆一般社団法人 ナチュラルメディスンホームページ:本部のホームページ
 
めだか

 写真の魚は骨が透けて見えている。

 この魚の血液は骨髄ではなく内臓で造血されていることが肉眼でもわかる。

 人は魚類ではないが、両生類のカエルもおたまじゃくしを観察することで魚類と同じで、内臓で造血されていることが確認できる。

 人の胎児の場合は、卵黄の膜(腸の絨網組織)で始まり、次に胎盤絨網細胞で行われ、最終的に小腸の絨網細胞で造血される準備が出来て誕生する。

 つまり、第一造血の段階から、第二造血、最終的な第三造血に至るまで一貫して卵黄の膜と同じ絨網細胞であることが解剖学に詳しい方なら誰でも理解できるはずである。

 脈管学的にも証明できる。

 つまり、胎児の発生時は「受精卵」であるからこの時点では骨はなく、魚類も鳥類も哺乳類も類を超えて卵黄の絨網組織である事が容易に確認できる。

◆第一造血は、種を問わず、卵黄の膜で造血されている。

第一造血 卵黄

◆ 次に胎児の第二造血は母体の子宮動脈を栄養源にして成り立っている胎盤絨網細胞による造血であるが、解剖学的には肝臓であるなどとと重大な過ちを犯している。

 母体の子宮動脈血を胎盤絨網組織で溶血し、胎児の血液型にしてつくっている。

胎盤


 ゆえに母体がA型でも、胎児の血液型がB型やO型やABなどと変わって生まれるケースも出てくるのである。

 この造血の仕組みは、骨のない「くらげ」などの軟体動物や、はるか昔の微生物にまで逆登っても一貫して消化器造血であることが確認できる。

 哺乳類の発生も生物の発生のひとコマであるから他の種族と違う仕組みをもつことは不合理である。

 胎盤が剥がれることで流産となり成長が止まるのも、肝臓での造血ではなく胎盤造血であることの現れである。

 胎盤がなくては生きることが出来ないのであるし、脈間学的にも胎盤から胎児に向かうへその緒から「胎児の門脈」へと還流している事を指摘する。

 胎児の循環は、胎盤で作られた血液がへその緒から門脈を経由し肝臓へ流れ、次に大循環を行い、一周して静脈血は膀胱の直前で再びへその緒に戻り胎盤で母体側の絨網細胞で吸収し、母体に戻している。

◆胎児の造血

胎児の造血

 母体側の胎盤絨網組織は胎児から送られてくる使用済みの血液を溶かして体内へと吸収しているのである。

◆第三造血は小腸の絨毛細胞である!

消化器造血

 以上のように消化器造血は解剖学的にみても生命の発生学上から見ても脈管学上から見ても矛盾はないが、1800年代に行われた研究から誤って骨髄となったのである。

 その古い所見が未だに更新されていないのだ。


 さて、急性リンパ性白血病などのの場合に見られるように「芽球」が骨髄中に多くみられる場合は、メインの消化器造血がうまく出来無い時に、一時的に造血されてくるものと考えた方が自然であるし、怪我などの緊急時には全身のいたるところで造血されることが最近の研究で明らかになっている。

 しかし、血液内科などに勤務するベテランの医師でさえ、この問題を把握していない様である。

 科学が発達した現代に「通じない学問」が存在し、そのため骨髄移植など危険極まりなく無駄な医療を受けている患者が後を立たないのである。

 これは国際的にも重大な問題である。

 国際的に見て、代替医療の主体は食べ物を見直すことで共通しているが、アメリカから視察に来た専門医は日本のがんセンターの食事を見て驚いたという記事も出ている。

 アメリカのがんセンターでは食べさせてはいけない肉・卵・牛乳・砂糖が当たり前のように出されているからである。

 食べ物を変える事で体質が変わることは、もはや、国際的な常識である。

 その根拠に有るものが「消化器造血」であることは言うまでもない。

 ゆえに、患者は消化器造血の分からない医師に命を預けてはいけない!

 従って、急性リンパ性の白血病の場合であっても、また再生不良性貧血の場合であっても、さらに骨髄性の白血病の場合であっても消化器造血を回復させる様にすることを優先するべきなのである。

 その上に、ストレス対策として歪んだ骨格を正すことで血管や神経やリンパ管の圧迫を改善することが重要なのである。

 私の30年近くにわたる研究の中で200種もの病状から復帰できているだけではなく、再発も無く生活を続けていられるのは「消化器造血」という基礎理論を理解する事を”最優先課題”にしてきたからである。

 根拠の無い「骨髄造血」などに惑わされることはないのだ。

 患者よ病気と戦うな!勇気を出して安全な方法を選択するべきである。

 血液を浄化することでウイルスにも感染しない体が出来るのだ。

 血液を浄化することでポリープさえも消えてゆくのだ。

 疑う人も信じる人も救われているのだ。

 病気を「対症療法」でごまかすのではなく、消化器造血という基礎理論に沿った健康法を選択することで体質は向上し、精神まで安定するのだ。

 従って、信用できる医者であるかないかという判断は「食養生」に通じているか否かということになる。

 ところが、大病院では「薬事行政」に振り回され、間違った医療を提供しているため患者は治らず悪化するケースが多く、病人を増やして忙しくなり、医者が激務に耐えられず、辞めて行くことで「医療崩壊」が起こっている一因とみるべきである。

 西洋医学や東洋医学で不安や矛盾を感じている方はぜひ一度予防医学セミナーにご参加ください。血管が高速で若返るなど、自然治癒の原理が誰にも解る様に指導していますので即実践即成果が期待できます。

文責:一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
    自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

             《***■次回の予防医学セミナー■***》

◆病人を半減するために、名古屋予防医学セミナー 原則、毎月第三日曜日 
日時:2014年10月19日
午前9時30分開場 10時開講
会場:ウイルあいち 2F-特別会議室    名古屋市東区 市政資料館前

◆テーマⅠ:9割の癌に手術も抗がん剤も無用である
講師;岡田恒良先生 元愛知県尾西市民病院外科部長  おひさまクリニック院長

◆テーマⅡ:腫瘍が消える時
講師;大沼四廊 一般社団法人  ナチュラルメディスン 代表理事

◆午後;14時から、体験会及び実技指導 16時終了

  お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください

◆一般社団法人 ナチュラルメディスンホームページ:本部のホームページ

◆施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル 2F-D
TEL:052-806-21787
◆緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
 
◆研究所
自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊 
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:info@nrt.ne.jp

 処方箋の副作用を正しく患者側へ伝える為の、「処方箋開示法案」へのご協力をお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。

スポンサーサイト

テーマ : 白血病
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード