大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

がんの病理診断

がんの病理診断≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年12月18日(火)のNRT通信より

 がんの病理診断 病理医はどう診断するの。 医療ナビ

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2007年12月18日】

医療ナビ:がんの病理診断 良性か悪性か。病理医はどう診断するの。

 ◆良性か悪性か。病理医はどう診断するの。

 ◇経験から異常見極め--細胞の色、並び方、大きさなど観察

 写真<1>と<2>を見てほしい。いずれも乳房にできた組織の一部を切り取って作った標本だが、どちらが悪性か分かるだろうか。答えはいずれも、左が悪性の乳管内がん、右が良性の乳管内乳頭腫だ。素人にはよく分からない細胞の配列。病理医はこれを見極めて診断を下す。

 「良性の場合は細胞の組織構造に同じ傾向がある。それから外れているものが悪性。

 色や並び方、大きさなど『顔付き』をみて診断する」と横浜市立大付属市民総合医療センター病理部の佐々木毅・准教授は話す。数値で測れるものではなく、さまざまなタイプのがんの知識を蓄積して診断していく。

 ■治療方針の前提に

 診断には、大きく分けて「細胞診」と「組織診断」がある。細胞診は、子宮頸(けい)部や内膜からこすりとった細胞などを、細胞がばらばらの状態で見て、明らかに悪性でないものをはじく。組織診断は、内視鏡で臓器の一部を切り取ったり、太い針を刺したりして、細胞が集まった状態の組織を観察し、診断を確定して治療方針を決定する。

 手術中に採取された組織を10分ほどで診断し、その結果をもとに執刀医が切除する範囲などを決める「術中迅速診断」や、摘出した組織を観察して追加治療が必要かなどの情報を提供するのも病理医の仕事だ。

 乳がんや消化器がんなど多くのがんで、ホルモン療法と化学療法のどちらが適しているか、どのような薬剤を用いればよいかなども判断する。

 ■深刻な医師不足

 しかし、病理医は不足している。日本病理学会によると、日本の全医師の中で病理が専門の医師の割合は0・8%(03年現在)にすぎず、3・2%(同)の米国より大幅に少ない。

 同学会が把握する病理医数は2905人(今年9月現在)。全医師に占める割合は、50代は1・9%だが、30代では1%を割り込み、20代では0・4%と、今後を担う若手が少ない点も問題だ。がん拠点病院でも、1割の病院には常勤の病理医がおらず、1人だけの病院が4割に上る。

 ◇病院間の連携広がる??各臓器の専門医に依頼

 昨年8月下旬。癌(がん)研究会癌研究所の坂元吾偉(ごい)・乳腺病理部長(当時)は、関西地方の総合病院に大急ぎで電話をかけた。「これはがんではない。すぐ取りやめて」。乳がんとされていた30代の妊娠中の女性への手術は、あと数時間で始まるところだった。

 坂元医師を慌てさせたのは、この女性の組織診断用の標本だ。女性はその総合病院で、画像診断ではがん、細胞診と針による組織診断では良性とされた。

 病理医が一部を切り取る組織診断をもとにがんと診断したが、外科医が疑問を感じて坂元医師に診断を求めていた。

 女性は無駄な手術で乳房を失う寸前で救われた。

 坂元医師は癌研で約40年間、乳がんの病理診断に携わった。病理診断では、意見が食い違ったり判断に悩むケースも多く、臓器別の専門の病理医に診断を求めることも多い。

 坂元医師は「悪性か良性かは考えて分かるものではなく、長年の蓄積で体が反応する」と話す。

 坂元医師は同研究所を退職後、坂元記念クリニック乳腺病理アカデミー(東京都新宿区、03・5225・3301)を設立し、全国の病院からの診断依頼を受け付けている。

 「良性か悪性かで患者には天と地の差がある。正しい情報を伝え、病理診断についての理解も広めたい」と話す。

 国立がんセンターは昨年10月から、「病理診断コンサルテーション・サービス」を始めた。

 診断に悩む全国の医師に、各臓器ごとに詳しい病理医を紹介する。利用は無料。

 セカンドオピニオンを希望する患者は、主治医を通じて頼むことができる。

 推進室長の長谷部孝裕医師は「病理診断の悪性度の評価などが治療法選択のかぎとなり、再発や生命予後にも大きくかかわってくる。

 しかし、病理医が1人の病院では、臓器ごとの最新の研究をフォローし、最先端のレベルを保つことは難しく、そこを補いたい。患者も自分の病理診断に関心を持ち、セカンドオピニオンなどを求めていけば、病理医の診断力も向上するはずだ」と話す。

 各地の病院では、病理医が患者に直接説明する「病理外来」を開設するところも出始めている。【柴田真理子】



 悪性がんの定義の矛盾!

 欧米では良性の腫瘍でも全身病と認識されていますので、生活環境やストレスや食べ物のほかに歪みも対象に対応することが標準です。

 ところが日本では、がんは未だに局所の病気として認識され手術、再発、抗がん剤やホルモン療法が標準です。

 がんの専門医制度が導入されることで充実した医療が行われることは有効なことです。

 しかし、悪性か良性かを調べる病理医の能力の個体差もさることながら、悪性でも良性腫瘍でも自己免疫力で消えたり、手術をせずにコントロールできるケースが有ることが知られています。

 免疫学的にはマクロファージが活性化することで「TNF]という腫瘍壊死因子を産生し、腫瘍を除去することが知られていますし、この因子は健全な細胞は攻撃しないことが知られています。

 重要なことは、患者側の体調が悪く、免疫細胞も不調なことを見落としている点です。

 この点、画像分析は従来の数のみの検査に比べて血液の状態が把握しやすいのです。

 しかし、医学的には本格的な研究がなされておらず、盲点となっています。

 がんはがんにあらず、されどがんですから、細胞のみの対応ではなく、全身の代謝を高めるためにも、全身病として対応することを選択しなくてはなりません。

 病理医の教育問題以前に、免疫学の実践教育を推進するべきだと思うのは私だけではないだろうと思います。

 免疫細胞の応答反応は、疲れに比例して鈍くなります。

 従って、疲れを除去することが重要なのです。

 疲れをとれば患者の力で回復します。

 患者の疲労を増すような治療では解決しないのです。

 欧米では、手術しなくても抗がん剤を受けなくても10年生存率に大差がないことが報告されています。

 先進国では、日本の医者だけが手術、抗がん剤療法以外に選択肢はないなどと言っているのが現状です。

 これは日本では常識ですが、国際的には非常識で、正確にいえば間違った説明をしていていることになります。

 アメリカでは、10年生存率で比較して、代替医療と呼ばれている鍼灸や整体やカイロプラクティックやアロマ療法などが主流となってがん患者ばかりか他の慢性病患者も減少しています。

 一部の誠意ある医者を除き、大学病院や大病院の若い先生方は、教科書で学んだ治療法を人体実験して見たいのと、データーを集めて学会で発表することを目的にしているのです。

 慶応病院の近藤誠先生は、がん専門医は真実を語れと著書に書いています。

 浜六郎先生も薬のチャックは命のチェックという言葉で危険を訴えています。

 新潟大学の安保徹先生も医療が病をつくるといっています。

 しかし、ほとんどの病院では正直に説明がなされておりません。

 ですから、先進国では日本だけが、医療費も増やし、医者も増やし、病人も増やしているのです。

 この問題を速やかに解決する方法が「処方箋開示法案」の樹立です。

 医療現場では、本来薬剤師が薬の副作用を正確に指導しなければならないようになっていますが、実際に受け取る処方箋の内容にはほとんど重篤な副作用の部分が記載されておりません。

 18年後には、老人医療費がかさみ、現状の医療システムでは医療費だけで50兆円もの予算が必要になると言われ、その方向に加速をつけて直進しています。

 怪しいと思われる処方箋をお持ちの方は、名古屋本部までお送りください。

 医療の中でごまかしがあるという証拠になるからです。

 《***■予防医学セミナーの予定■***》

 毎月第1日曜日 東京五反田 ゆうぽうと5F ⇒【詳細はこちらをクリック】

 毎月第3日曜日 名古屋東区 ウイルあいち ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。

≪DVDによる体験談≫

 「白血病はがんではない」西山さんの体験談「DVD.1」
 「白血病はがんではない!」能見さんの体験談「DVD.2」
 「慢性膵炎・低血糖。頚椎ヘルニア・頚椎管狭窄症の改善」グラッパーさんの体験談「DVD.3」

 体験談のDVDの予約先:yoshinori@nrt.ne.jp
 TEL:052-801-7063 まで


≪年末年始のお休み≫

 12月30日~1月3日までお休み致します。

 年内は12月29日までですが午前中のみ予約にて行います。

 1月は4日午前中に予約にて行います。

 年末年始の予約はお早めにお願いいたします。

 予約電話052-801-7063 恒川 石田
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード