大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

森下敬一先生を囲い、自然医学談義

≪森下敬一先生を囲い、自然医学談義≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年12月10日(月)のNRT通信より

森下先生、他5名の集合写真


 昨日は、恩師森下敬一先生を囲い、前岐阜県知事の梶原拓先生、新聞「健康と良い友だち」の代表市川玲子さん、外科医の酒向先生、元外科医の岡田先生のほかに、抗がん剤で殺されるの著者で地球環境問題評論家の船瀬俊介氏、プハンのKee,Jun-Sung氏、自然治癒力増進国際会議 事務局長の瓜生氏も参加され自然医学談義に大いに盛り上がりました。

 恩師森下敬一先生は、文明は反生命活動であるという持論から始まり、抹消血液細胞に見られたリンパ造血という新説についてミニ講演を始めました。

 空間論だけで時限論のないこれまでの西洋医学は、全く持って役にたたない理論であると指摘されました。

 これは、免疫疾患に罹患した患者の血液は変化しないとする「血液形態学」と「血液は生き物で変化するもの」だという私の持論「血液動態医学理論」と一致するもので、大いに盛り上がりました。

 森下先生は、日本赤十字病院や大学で活動してきましたが、あまりにも突出した研究のため当時の教授らに理解されず、排他された後、お茶の水クリニックを設立され食事指導に温熱療法と運動療法を加え、たくさんの患者さんを救ってこられました。

 また、今日に至ってもご健在で異論を放っております。

 梶原先生は、自ら前立腺がんを患い、西洋医学も受けたが患者不在の医療を痛感し、岐阜県知事の現職のころより、県民の意識の第一位が健康に関する関心事であったことから、西洋も東洋も民間も超越した「患者本位」の医療を実現するべきだと持論を主張され、現在新たに公益法人で「健康医療市民会議」を発足し、がん難民と呼ばれ、迷われている患者に正しい情報を提供する仕組みを構築したことを報告されました。

 船瀬氏はがんで亡くなる患者が増えたのは抗がん剤が開発されて使用され始めてから増えていて、死因の8割は抗がん剤の副作用であると持論を主張されました。

 また、北海道で講演会をした内容が毎日新聞に掲載された記事と笑いの免疫学という著書をいただきました。

 私は、名刺代わりに「がん・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する」千早書房刊と「がんの盲点 ~白血病はがんではない~」三省堂書店刊と中部経済新聞の掲載記事をさしあげた際に、大沼理論のストレスと三大障害について触れ、鎖骨の歪みが胸腺の循環障害を誘発していることが、がんや白血病ばかりでは無く心筋梗塞などの場合にも相当するという事を告げたところ大変喜んでいただきました。

 酒向先生からは、浜六郎さんの「高血圧症は薬で下げるな」角川書店刊を紹介され、長年続けて抗圧剤を飲むことで、がんや他の病気が誘発されることを紹介されました。

 岡田先生からは、元愛知県の尾西市民病院の外科部長として積極的に消化器がんなどを手術や抗がん剤治療をおこなってきたが、今になって思うと何もしないほうがよかった事が自覚されたと本音を吐露されました。

 昼の1時から始まった会議が、いつの間にか夜の9時になり、あわてて東京ドームホテルまで帰りました。

 今日の夕方は、文京区にあります、波越学院 日本指圧学校の石塚校長先生とお会いし、卒業生に就職活動の一環として自然医学総合研究医所で研究してきたことを紹介させていただく予定ですが、その前に午前11時にに再び高尾へ戻ることになりました。

 その理由は、11時に森下先生のところへ新潟大学の安保徹教授が初めて会い、対談をすることになっていて、司会を船瀬氏が担当するので時間が空いているならぜひ来てくださいとのお呼びがかかったからです。

 安保先生とは川田先生の結婚式以来の再開になります。

 今日も昨日以上に楽しい話題が飛び交うことになりそうでとても楽しみです。

 《***■12月の予防医学セミナー■***》

 12月16日 名古屋東区 ウイルあいち ⇒【詳細はこちらをクリック】
 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。

≪DVDによる体験談≫

 「白血病はがんではない」若林さんの体験談「DVD1」
 「白血病はがんではない!」能見さんの体験談「DVD2」
 「慢性膵炎・低血糖。頚椎ヘルニア・頚椎管狭窄症の改善」グラッパーさんの体験談「DVD3」

 体験談のDVDの予約先:yoshinori@nrt.ne.jp もしくは、TEL:052-801-7063 まで
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード