大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リウマチ薬で79人死亡

リウマチ薬で79人死亡≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年12月07日(金)のNRT通信より

中日新聞H19年12月7日朝刊

中日新聞によると7日朝リウマチ薬「エンブレル」の投与後に薬との因果関係が否定できないとされた患者が79人に上ることが、製造販売元のワイスの調査で明らかになった。

 エンブレムは、関節リウマチの痛みや炎症を抑える薬で、ほかの治療薬で効果がない場合に使われている。

 ”免疫抑制効果”があり、添付文章で、結核や敗血症などの感染症が悪化するなどして、致命的な経過をたどる恐れがあると警告している。

 厚生労働省安全対策課は「情報収集し、必要な対策を検討する」としている。

 ワイスによると、2005年3月の販売開始後からこれまでに2万人が使用、約840件の副作用報告が寄せられていた。

 因果関係が否定できない死者は、11月30日までの報告で79人。

 20~80代の男女で大半は60代以上だった。

 ワイスは「「エンブレル」を投与した場合の死亡率は一般の1.3倍だが、関節リウマチの死亡率は1,5倍~2倍との解析結果があり、予想された範囲だ。今後、情報提供のあり方を検討する」としている。


 リウマチ薬には他にも「リウマトレックス」など元々白血病の抗がん剤として開発された物が使われて死亡者がでているなど多くの問題を抱えています。

 効果が高い反面、いろいろな副作用がでやすいため安易な使用は要注意です。

 事前に医師から十分説明を受けなけばならない危険な薬です。

 重症なものは、あまり多くはないと言われながら必ず亡くなっている人もあるのが現状です。

 とくに注意が必要なのは、骨髄抑制に伴う血液障害、肺障害、肝障害、腎障害、腸炎、それと感染症です。


 異常なだるさ、皮下出血など出血傾向、発熱やのどの痛み、から咳、息苦しさ、皮膚や白目が黄色くなる、口内炎、腹痛、下痢といった症状に注意してください。予防のために、頻回な検査が欠かせません。

◆【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください

 アナフィラキシー・ショック..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。

 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や歯肉からの出血。 

 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。

 感染症..発熱、のどの痛み、咳や痰、息苦しい、皮膚がピリピリ痛い、皮膚の発赤・水ぶくれ・できもの

 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

 腎臓の重い症状..発熱、発疹、だるい、吐き気、むくみ、尿の濁り、血尿、頻尿、尿が少ない・出ない、側腹部痛、腰痛。

 重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。

 腸炎..激しい腹痛、下痢、下血(血液便、黒いタール状の便)。

 膵炎..上腹部~背中の強い痛み、吐き気、吐く。
骨粗鬆症..骨がもろくなる、背中や足腰の痛み、骨折。

◆【その他】

 吐き気、食欲不振、腹痛、下痢、口内炎、頭痛、脱毛、発疹、かゆみ、光線過敏症、腎機能・肝機能値の異常


 医者も製薬会社も死者がでる事は想定内です。

 「何人亡くなっても死亡率が少なければいい」ということでこの体質は変わらないことに注意するべきです。

 治療効果よりも利益を優先しているからです。

 また今回の問題となった「エンブレル」もリウマトレックスも免疫抑制剤という薬で白血球の働きを抑えたり殺したりする作用が売り物ですから、長く飲み続けることで免疫力が低下するため肺炎などの感染症に罹患しやすくなる他に重篤な貧血や排尿障害に至り、心不全となるケースもあるのです。

 賢い選択は、リウマチの原因を明らかにしていくことです。

 どんな病気にも必ず原因はあるはずです。

 当然リウマチにも原因はあるのです。

 リウマチの原因はがんや糖尿病と同じ問題で「生活習慣病」なのです。

 アメリカでは、30年前に食生活を改めるように議会が決定して以来10年後から急激にがんばかりではなく、糖尿病、リウマチ、アレルギーもエイズも減少しています。

 がんやリウマチや他の病気で相談されたい方は、各地でおこなわれている「予防医学セミナー」にご参加ください。

 《***■12月の予防医学セミナー■***》

 12月16日 名古屋東区 ウイルあいち ⇒【詳細はこちらをクリック】
 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。

≪DVDによる体験談≫

 「白血病はがんではない」若林さんの体験談「DVD1」
 「白血病はがんではない!」能見さんの体験談「DVD2」
 「慢性膵炎・低血糖。頚椎ヘルニア・頚椎管狭窄症の改善」グラッパーさんの体験談「DVD3」

 体験談のDVDの予約先:yoshinori@nrt.ne.jp もしくは、TEL:052-801-7063 まで
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。