大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

生活習慣病は生活習慣改善を

≪生活習慣病は生活習慣改善を!!≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年11月16日(金)

生活習慣病やがんの年代間伸び、「40-50代」最大 1人当たり医療費

記事:毎日新聞社 提供:毎日新聞社 【2007年11月15日】

医療費:生活習慣病やがんの年代間伸び、「40-50代」最大----1人当たり /東京

◇都福祉保健局発表

都民1人当たりにかかった医療費のうち、生活習慣病やがんの年代間の伸びは、「40代から50代」が最も大きいことが、都福祉保健局が発表した医療費分析報告書で分かった。

「40代からの予防の取り組みが重要」と結論づけており、来年3月までにまとめる都の医療費適正化計画にこうした分析結果を生かす方針だ。

都が都民の医療費を詳しく分析するのは今回が初めて。

都国民健康保険団体連合会から昨年11月分のレセプト(診療報酬明細書)437万6664件▽被用者保険2組合からレセプト計7万5360件--の提供を受け、双方を比較したところ、年齢階層別の疾病構造が同様の傾向だったため、国保の医療費データを使って特徴を探った。

40代以上の1人当たりの医療費の伸びを年齢階層別に見ると、生活習慣病の一つの高血圧性疾患は「40代から50代」が3・3倍に上ったが、50代以上では「50代から60代」(1・7倍)をはじめ、1倍台にとどまった。

脳梗塞(こうそく)も「40代から50代」が3・3倍、胃がんも2・8倍と伸びが大きくなる傾向があった。

一方、05年度の都民医療費の総額は2兆8124億円で、このうち70歳以上の老人医療費が約4割の1兆1344億円に上った。

都の人口の将来推計では、75歳以上の高齢者は05年の98万9000人から、25年には2倍超えの205万5000人になり、老人医療費の激増が予想される。

また、都民1人当たりの医療費は23万5000円で全国32位、入院医療費は8万2000円で同43位、入院外医療費は13万1000円で同13位だった。

都内は人口比の病床数が全国平均より少なく、一般診療所が多いことなどから、入院医療費が低くなったとみられている。


 医療大国日本がこのままの医療政策で進むと、18年後の2025年には老人が2倍になり、医療費も2倍近く膨らむことになります。

 今回、東京都が初めて調査した結果、都の場合には約40%が老人医療費だと確認されたからです。

 従って、国民健康保険団体連合会として18年後には、全国でも単純に2倍近くの医療費が必要になるため、財源となる消費税を上げてようという計画のようです。

 医療大国日本の異常は、生活習慣病と認定されている高血圧症まで薬漬けにして、5年、10年と血圧降圧剤を飲ませ続けるうちに、副作用として貧血や認知症などの病状を増やしていることに患者も国民も意義を申し立ててこなかったことです。

 血圧降圧剤に依存することは、生活習慣を変えずに無理を続けることになるため、体質は確実に悪化してゆくことになります。

 つまり、高血圧で医者任せでは日本国中が認知症の患者であふれることになるのです。

 認知症の患者には介護保険が適応されますので、介護保険の対象者が増えることになります。

 ところが、アメリカでは、がんも糖尿病も高血圧症も生活習慣病として、肉・牛乳・卵・魚をできるだけ食べないよう公表されて以来、病人は急激に減少しています。

 その点日本では、病院食や学校給食でも従来の栄養学がいまだ浸透しているため、肉・牛乳・卵・魚のない日は無いといっても過言ではありません。

 国民の健康は国家大計の一つであり重要課題のはずですが、本気で対応しているようには思えないのは私だけではないように思います。

 がんもリウマチもヘルニアも糖尿病も高血圧症もアトピー性皮膚炎もアレルギーも皆生活習慣病として患者自身が生活習慣の改善に目覚めて自衛することが先決なのです。

 しかし、現実公共の放送や新聞などのマスコミに掲載される健康情報は、従来の栄養学や医療情報の延長線上のものばかりが目立ちます。

 その点、日本のマスコミも正しい情報を公開していないように思います。

 あのアメリカ大国から急激に病人が減少した最大の武器は、正義感を失っていないマスコミが健全な状態で機能していたからかもしれません。

 また、日本の取り組みで遅れをとっているものは、国立の大学医学部の姿勢です。

 研究者は、患者からの情報を真摯に受け止めて、多くの患者の求めている医療を研究し、安全で確かな医療の開発に勤めなければならないはずです。

 患者は、治れば何でもいいのですから。

 がんや難病で生活習慣を考えようとしている方は、各地で行われている「予防医学セミナー」にご参加ください。

 予防医学セミナーでは、様々な病気の原因や具体的な対応の仕方を学ぶことができます。

《***■12月の予防医学セミナー■***》

 12月2日 東京五反田 ゆうぽうと5F ※詳細は後日UPいたします。

 12月16日 名古屋東区 ウイルあいち ※詳細は後日UPいたします。
 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード