大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

慢性骨髄性白血病 急性転換の改善 治癒

■慢性骨髄性白血病,急性期からの生還!!!

◆医者も驚く変わりよう!!!

◆2013年に骨髄性白血病を発症した、岐阜県在住のAさん

2014にナチュラルメディスンにはじめて来らた時には、白血病の治療薬グリベック他大量の薬の副作用で重度の貧血の状態で、やせ細り、階段を上るのも息切れがして、正座もできず、横になると起き上がることも大変な状態で、医者からは、この病気は治ることはなので、薬は死ぬまで続けるように言われ、不信に思い、知人から大沼先生の著書、ガンの盲点「白血病はがんではない」を教えて頂き読んで、藁おもすがる思いでこられました。

◆がんの盲点、白血病はがんではない!

ガンの盲点

◆著者 大沼四廊

 また、Aさんは睡眠も浅く、熟睡は出来ず、夜中に何度も目が覚めてはトイレに通う状態で、呼吸は浅く声は小さく、体中に薬疹ができていて、、軽く触れただけで紫斑ができ、体中に内出血を起こしていて、余命半年とも言われていましたが、病院の薬を半年くらいかけて全部やめた後から体力が徐々に回復し、自転車をこぐことができるようにまで回復し、階段も走って上ることもできるようになり、約2年で血液検査の数値がほぼ正常に回復されました。

その方の最新の血液検査の結果になります。

血液検査ー2


血液検査ー1


※諭より証人、医者も驚く変わりよう様!!

※緊急相談窓口:本部のTOPページ:<<本部のTOPページ>>

◆Aさんに処方されていた劇薬の束!!!

薬

■岐阜県在住 Aさん 慢性骨髄性白血病 急性期からの生還

Aさんは、10月19日(日)名古屋セミナーにおいて、発症から改善までの体験談を話して頂きました。
写真は病院から処方されていた薬です。(今は全く服用していません。)

白血病には抗がん剤が効く等、根拠のないことが医学界の常識です。

Aさんは、発症後、地元の病院で抗がん剤の治療を受けて、体力が無くなるのを肌で感じて、大沼理論を紹介され、五大免疫療法を受けました。

その結果、足腰や腕にも力が無く、自力で立ち上がる事も大変な状態から、わずか半年くらいからめきめきと力が蘇り、メディスンに来られて間もない頃は、身体を軽くぶつけただけで皮膚が裂けたり、紫斑が出来ていましたが、現在は、皮膚も丈夫になり傷にも強くなり、呼吸も睡眠も深くなり、笑顔が自然にあふれるようにまで元気になってきました。

※Aさんが体験談の中で、主治医から、「これらの薬を生涯飲み続け無ければ生きて行けない。」と言われたのが印象的でした。
Aさんが服用していた薬一覧

ツムラの漢方

ムコソルバン 
効果:肺や気道の分泌液の分泌を促進し、線毛運動を亢進することで、痰を出しやすくします。また、副鼻腔分泌を正常化し、線毛運動を亢進することで、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の膿を出しやすくします。
副作用:吐き気・嘔吐(おうと)、食欲不振、腹痛、胃部不快感のほか、薬によっては頭痛、のどの渇き、かゆみ、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症(発熱を伴う皮膚・粘膜の異常)、発疹・紅斑、じんましん、むくみ、発熱、呼吸困難、下痢、まれに血痰(けったん)。
ネシーナ
効果:血統が高い時にインスリンの分泌を促進し血糖を上げる物質を抑えて血糖コントロールを改善する薬です。
副作用:浮腫み、腹部膨満、便秘、鼓腸。
メトクルコ
効果:血糖値を下げる薬です。エネルギーとして消費される血糖の量を増やして血糖値を下げ、腸から吸収される糖質の量を減らして血糖値を上げないようにはたらくと考えられる。
副作用:吐き気・嘔吐(おうと)、下痢、便秘、食欲不振、腹部不快感、肝機能障害、黄疸、だるさ、頭痛、頭重、ねむけがおこることがあります。また、まれに乳酸アシドーシス(酸欠症)・ケトーシスがおこることがあります。
【注意事項】:低血糖症状(脱力感、空腹感、発汗、ふるえ等)が現れた場合には通常は砂糖をとると治りますが
α-グルコシダ-ゼ阻害剤を併用している場合にはブドウ糖をとってください。
低血糖を起こすことがありますので高所作業、自動車の運転など危険をともなう機械の操作には注意。

グリベック分子標的薬、抗がん剤
効果:細胞の増殖に関与するチロシンキナーゼ(Bcr-Abl、KIT、FIP1L1-PDGFRα)の異常な働きを阻害することにより、がん細胞の増殖を抑える作用があります。

副作用:吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状、むくみ(浮腫)、発疹やかゆみなどの皮膚症状、筋肉の痛みやけいれん、肝機能障害があげられます。また、血液系に関する副作用として貧血、疲労感や倦怠感、発熱)

■間違いだらけの西洋医学!!!
■抗がん剤は発癌剤です!!!

■どんな病気にも原因があり、五大免疫療法は、通常病院で行われている免疫療法とは異なり、病気になる前からの不調点を全て改善するという健康法です。

その結果、血液も、自律神経も回復し、胸腺の改善に伴い、造血反応が回復し、Tリンパ球やNKT細胞などが、自然活性され、体内で強力な抗がん剤をつくることが可能となり、また、リンパ管の圧迫まで改善するため、代謝が盛んになり、回復できるのです。

■がんの盲点、白血病はがんではない、という大沼先生の書かれた本を読まれ、これらの全ての薬を中止して、見事健全な生活ができるようになりました。

※そんな貴重な体験談を聞きたい方は名古屋予防医学セミナーにご参加下さい!!

*******************************

■施術及び相談窓口

◆お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
       代表理事 大沼四廊
  〒468-0002 
   名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-806-2178 Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間相談可能

◆お申し込みお問い合わせは本部まで:本部のホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード