大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

ドイツ健康保険データ、PPIで認知症4割増加!

PPIで高齢者の認知症リスク4割増

ドイツ健康保険データで有意な関連

2016年2月26日 (金)配信 消化器疾患精神科疾患神経内科疾患

PPI オメプラゾール

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)を日常的に服用する高齢患者では、認知症リスクが4割以上高まることが、ドイツ公的健康保険データを用いた前向きコホート研究から明らかになった。ドイツ神経変性疾患センターのWilly Gomm氏らがJAMA Neurology2月15日オンライン版に報告した論文で、動物実験や薬物疫学の結果を裏付ける内容という。

 研究では、ドイツ最大の公的医療保険Allgemeine Ortskrankenkassen から2004-11年の入院および外来における診断記録とPPI処方データを抽出。75歳以上でベースライン時に認知症のなかった約7万3,679人について、年齢、性、既往、多剤併用などを調整した解析を行った。

 その結果、日常的にPPIを服用する群(2950人、平均83.8歳)では、非PPI服用群(7万729人、83.0歳)に比べ、認知症発症リスクが44%有意に上昇することが分かった(ハザード比1.44 [95% 信頼区間1.36-1.52]; P < .001)。

 Gomm氏らはこの結果から、「PPIの服用回避が認知症発症を抑制するかもしれない」と結論。PPIによって脳内アミロイドβ値が上昇したというマウス実験や薬物疫学の一次データの裏付けにもなるとして、さらなる検討のため無作為化前向き臨床試験が必要と指摘している

◆薬が病をつくる
薬とは字のごとく、本来は薬草から抽出したものを言います、日本では、富山の漢方までが薬ですが、それ以降は、ほとんどの薬が利幅の多い化学薬品に入れ替わっています。
PPIとは、プロトンポンプ阻害薬のことで、以下の疾患の治療に用いられています。
①消化性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍)
②Zollinger-Ellison症候群(en)
③逆流性食道炎
④ヘリコバクター・ピロリの除菌補助:抗生物質であるクラリスロマイシン(商品名:クラリスなど)とアモキシシリン(商品名:サワシリンなど)と共に用いられる。

◆おもな副作用
アナフィラキシー、血小板減少、溶血性貧血、横紋筋融解症、劇症肝炎、低ナトリウム血症、視力障害[1]、血管浮腫
胃酸による殺菌作用が抑制される結果、腸内細菌叢の変化を引き起こし小腸の炎症が増強される事が報告されている[2]。
腹水を有する肝硬変患者で特発性細菌性腹膜炎のリスクが上昇する[3]との報告がある。
2004年、市中肺炎の発症リスクが上昇する可能性が報告された[4]が、肺炎の関連性を証明する十分なデータは不足している[4]。
これらの化学薬品は、病状を治すのではなく、病状を一時的に緩和するためにもちいられていますが、化学薬品特有の毒性のもので、外敵から身を守っている、白血球が食べては死に、毛細血管に詰まるなど血流の障害になるばかりで、自己免疫力が急激にダウンし、エネルギ代謝も新陳代謝も悪くなるものです。


プロトンポンプ阻害薬

オメプラゾール(製品の代表的なもの:オメプラール・オメプラゾン)
ランソプラゾール(製品の代表的なもの:タケプロン・タケプロンOD錠, 武田薬品工業製造販売)
ラベプラゾールナトリウム(製品名:パリエット[5], エーザイ製造販売)
エソメプラゾール(製品名: ネキシウム, アストラゼネカ製造, 第一三共販売)

消化性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍) も Zollinger-Ellison症候群(en) も逆流性食道炎
もヘリコバクター・ピロリ菌も腸の運動が弱く、消化酵素の欠乏が原因です。

まして、抗生物質であるクラリスロマイシン(商品名:クラリスなど)とアモキシシリン(商品名:サワシリンなど)と共に用いられますので、多くの善玉菌も殺されますので、長期間の服用では、必ず重篤な貧血においやられますので要注意です。
腸内細菌のバランスを維持するために独自に開発した「命潤」など 良質な酵素で回復することが賢明です。


◆認知症は血液の汚れと鎖骨の歪みによる頭部の血流障害が原因


◆鎖骨ほぐしで薬に頼らない健康法

鎖骨ほぐしの実演

3月の予防医学セミナーが決まりましたのでお知らせいたします。
専門家生を対象にアロママッサージ体験会も行います。詳細は本部までお問い合わせください。
ナチュラルメディスン:052-806-2178
313修正



◆テーマⅠ:『腸管造血について』
講師:岡田恒良 元尾西市民病院外科部長 なごやかクリニック院長

◆テーマⅡ:『ガンが消える時』
講師:大沼四廊
一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事

        著書 ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する(大沼理論の集大成)
            がんの盲点、白血病はがんではない
            椎間板ヘルニアは確実に治る
        小雑誌:病気を治す体の仕組み
             鎖骨ほぐしで100まで健康
             腰は万病のもと他多数
             けんこうじゃーなる  主幹

◆テーマⅢ:13:30~16:30
        体験会と技術指導 アロママッサージ体験会
        1階 フイットネススタジオ 2


◆お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
       代表理事 大沼四廊
  〒468-0002 
   名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-806-2178 Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間相談可能

◆お申し込みお問い合わせは本部まで:本部のホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード