大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病で死亡事故!

宮崎市民病院、糖尿病の管理不行き届きで患者死亡!

市に2500万円賠償命令 宮崎・小林、市立病院ミス

事故・訴訟 2016年1月14日 (木)配信共同通信社


 糖尿病だった宮崎県の男性=死亡当時(60)=が昏睡(こんすい)状態になって死亡したのは、受診した同県小林市立市民病院(現市立病院)の血糖値の管理が不適切だったためとして、遺族が小林市に計約3900万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、宮崎地裁は13日、約2500万円の支払いを命じた。

 末吉幹和(すえよし・みきかず)裁判長は判決で「投薬後、血糖値の低下が異常な進度であると認識しながら、計測や対応を怠った。適切に血糖値を管理していれば昏睡状態は防げた」と判断した。

 判決によると、男性は2005年7月、市民病院を受診。血糖値を下げるためのインスリンを投与され、入院したが、翌日に昏睡状態に陥り、06年、誤嚥(ごえん)性肺炎で死亡した。

 小林市は09年、男性の遺族に医療費の支払いを求めて提訴。遺族側は反対に、医療ミスを指摘して市を訴えていた。判決は損害額を約3千万円と認定し、医療費計約500万円を差し引いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。