大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

インスリン投与で意識障害 11月8日セミナー酒向先生のテーマ 近藤誠のガン理論は正しいか?

◆インスリン投与で意識障害! 

静岡県立ガンセンターで患者死亡!
事故・訴訟 2015年9月30日 (水)配信共同通信社

 静岡県立静岡がんセンターは29日、糖尿病の既往歴がある60代のがん患者の男性に必要以上のインスリンを投与し、意識障害に陥る医療事故があったと発表した。男性はその後、死亡。センターは「医療事故との因果関係は明らかではない」と説明している。

 センターによると、男性は上顎がんで入院していた。
4月に血糖値を改善するため、医師が看護師に指示してインスリンを投与。

その際、電子カルテに記載した指示内容が正確に伝わらず、短時間に必要量以上を投与、男性は低血糖状態による意識障害に陥った。

 医師らは当日夜に異変に気付き処置をしたが、男性の意識は回復せず、肺炎や脳梗塞も併発して8日後に死亡した。
 センターは院内調査委員会を設置して検証。

4月末「男性はがんの進行や、その他の複合的な原因で死亡した。
情報伝達については病院組織としての過失だ」とする報告書をまとめた。
家族に謝罪しており「同様の事故を起こさないよう再発防止に努める」とのコメントを出した。

◆上顎がんは、他の頭頸部がん(咽頭がん、喉頭がん、口腔がんなど)と同様に大部分が扁平上皮がんと呼ばれるがんです。
多くの他のがんと同様に明らかな原因は不明とされ、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)(蓄膿(ちくのう))を発症している人に多く見られていると言われています。

◆上顎がんが小さいうちは自覚症状がなく気づきませんが、他のガンと同様に、
がんが大きくなってくると(ステージIII以上になると)以下の症状が見られます。

◆鎖骨の影響を受けやすい上顎骨!

上顎骨


1. 片方の鼻がつまる。
2. 片方の鼻から鼻血が出る。
3. 片方の鼻から臭い鼻水が出る。
4. 物が2重に見える。
5. 片方の目から涙や眼ヤニが出る。
6. 歯茎が腫れて治らない。
7. 歯の痛みが治らない。
8. 頭痛が続く。
9. 片方の頬が痛い。
10. 顔がだんだん腫れてきた
11. 蓄膿症がある。

◆ストレスとの関わりが病気の引き金!
 これらの症状の原因は、深夜遅くまでの学習や過剰なストレスとの関わりで、体液が汚れ、酸性の体質になり、免疫の細胞が不活性の状態になり、代謝ができず、さらに、骨盤や鎖骨や頸椎等の骨格が歪み、心臓の出口の大血管やリンパ管が圧迫される事により上顎周辺の代謝が悪化してガン化したものと考えるべきです。

◆鎖骨の歪みと血流障害!

鎖骨の歪み

 また、上顎がんの場合には、蓄膿症の併発が見られていますが、蓄膿症にも鎖骨の歪みや胸椎の歪みが深く係っていて脂肪の代謝が悪い状態です。
しかし、88の学会に細分化され全身を学ぶ機会のない専門医には、それらの原因は理解できるはずはありません。

◆蓄膿症の原因!
 蓄膿症の原因は、胸椎の癒着により胆嚢の機能が低下し、脂肪を分解する胆汁の分泌が不安定で、未消化の脂肪が多くなり、水分を含む体液よりも軽いため、頭部や頸部や上顎部に蓄積されやすく、血流の障害と共に、酸化し、化膿して蓄膿になります。
上顎がんの場合にも、同様の問題が併発されていて、上顎内部の上皮が荒れてくると考えられますが、直接上皮細胞を荒らすウイルスは、腸内要物が腐敗して、アトピー性皮膚炎を引き起こしている「カンジダ菌」が増殖して係っていると考えられます。

◆大腸の機能が悪く悪玉菌が増殖

ストレスと大腸の腐敗


詰まり、骨盤が歪み、骨盤内臓神経が圧迫されているため、腸の運動が微弱になり、腸内細菌のバランスが崩れている状態です。

◆病気をつくる血液と改善する血液

自然活性 e

◆どんな病気にも白血球の不活性は係っています。また、病気の進行度よりも、体液の浄化に伴い白血球は活性型になり、自己を守るために、外敵や不要な細胞を攻撃し除去します。

◆体液が浄化され、pHが安定することで、壊れた遺伝子を修復する、ポリメラーゼという酵素が働き、怪我が治るように、遺伝子に基づき、元の状態に限りなく自然治癒を導くのです。

◆T5~9 脾臓とすい臓の支配神経

歪み

◆胆嚢の支配神経は肝臓の支配神経と重なる!

◆糖尿病の原因!

 また、糖尿病の原因は、胸部の中心に無感覚で強度の硬直があり、すい臓の支配神経が圧迫されて、膵臓の機能が低下していますし、胸椎の上部には肺の神経の分岐点があり、その下部には心臓の支配神経の分岐点があることから、亡くなった男性は、この周辺の胸椎の癒着も内包していた可能性が十分あるが、担当が内科の為、胸椎の癒着は見落とされ、医学的には重大な盲点になっているのです。

◆歪みによって圧迫されるすい臓の支配神経

すい臓の神経支配


◆健康の条件!
故に、健康を維持するためには、日ごろから、早寝早起きを習慣にし、食生活では動物性の脂肪を減らし、体をあたたかくして骨盤や鎖骨や頸椎などの関節を柔軟にし、歪みを改善するべきなのです。

これらの複合的な問題が、世界中の医学者や免疫学者の盲点なのです。

よって、鎖骨ほぐしは、免疫向上には欠かせない健康法なのです。
鎖骨ほぐして病名に関係なく、風邪の予防からがんの予防や対策までできるのです。

鎖骨ほぐしの実演

◆鎖骨の重要性を解く大沼先生!

◆詳しくは 予防医学セミナーで学びましょう

◆お申し込みお問い合わせは本部まで:本部のホームページ

********** 予防医学セミナーのお知らせ **************

 日時:11月8日(日) am:10~00

会場:ウイルあいち 名古屋市東区    名古屋市東区 市政資料館前
    2階 特別会議室
開場:am9:30
開講:am10:00~12:00

テーマⅠ:近藤 誠のガン理論は正しいか?

講師:医学博士 酒匂猛 元岐阜県立多治見病院外科部長 
           著書:がんを克服するために 隠された造血の秘密

テーマⅡ:癌体質を解明する

講師:大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書 ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する(大沼理論の集大成)
    がんの盲点、白血病はがんではない
    椎間板ヘルニアは確実に治る
小雑誌:病気を治す体の仕組み
     鎖骨ほぐしで100まで健康
     腰は万病のもと他多数
けんこうじゃーなる  主幹

テーマⅢ:体験会及(13:30~16:30)
      鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
      専門家養成講座 
      技能試験その他、 

◆お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
       代表理事 大沼四廊
  〒468-0002 
   名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-806-2178  Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間相談可能

◆お申し込みお問い合わせは本部まで:本部のホームページ

118.jpg



**********************************

********** 12月の予防医学セミナーのお知らせ ********

日時:12月20日午前10:00~
会場:ウイルあいち 2階 特別会議室  名古屋市東区  市政資料館前
開場:am9:30
開講:am10:00

◆テーマⅠ:肝機能と脂肪代謝について p2
講師: 岡田恒良 医学博士 元尾西市民病院外科部長 東区 お日様クリニック院長

◆テーマⅡ:すい臓がんから肝臓がんまで、癌体質を解明する
       
        講師:大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
        著書 ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する(大沼理論の集大成)
            がんの盲点、白血病はがんではない
            椎間板ヘルニアは確実に治る
        小雑誌:病気を治す体の仕組み
             鎖骨ほぐしで100まで健康
             腰は万病のもと他多数
             けんこうじゃーなる  主幹


◆テーマⅢ:13:30~16:30
        体験会と技術指導
        1階 フイットネススタジオ 2

◆お問い合わせ先
  一般社団法人 ナチュラルメディスン
       代表理事 大沼四廊
  〒468-0002 
   名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-806-2178 Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 大沼 24時間相談可能


◆お申し込みお問い合わせは本部まで:本部のホームページ

②12月12202015.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード