大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

医師23人を業務停止

聖マリ医師23人を業務停止 指定医資格不正で

行政・政治 2015年10月2日 (金)配信 共同通信社


 厚生労働省は1日、精神障害がある患者の強制入院の要否を判定する「精神保健指定医」資格の不正取得に関わった聖マリアンナ医大病院(川崎市)の医師23人を、業務停止1~2カ月とする行政処分を決めた。

9月30日に医道審議会の答申を受けた。発効は10月15日。

◆聖マリアンナ医大病院(川崎市)

聖マリ


 厚労省によると、指定医資格の不正取得行為を医師法に基づき処分するのは初めて。

同じ問題で一度に23人が処分されたのは過去最多といい、同省は「組織的な不正で社会的影響が大きいことも考慮した」としている。

 診断や治療に十分関与していない症例をリポートとして提出し、指定資格の審査を受けたとして業務停止1カ月処分になったのは、前泊味音(まえどまり・みおと)医師(37)や柳田拓洋(やなぎだ・たくよう)医師(35)ら11人。

一方、不正なリポートに署名をしたとして指導医の貴家康男(さすが・やすお)医師(50)や宇田川至(うたがわ・いたる)医師(51)、田中大輔(たなか・だいすけ)医師(40)ら12人が業務停止2カ月の処分を受けた。

 同省担当者は、指導医の処分が重い理由を「既に指定医資格を取得し医師を指導する立場にあり、新たに資格を申請しようとしていた医師より責任が重い」と説明。

 同省はこの23人の指定医資格を既に取り消している。

 また、厚労省は他に24人の医師と歯科医師の行政処分も決定。

 うち免許取り消しは1人で、医療用注射器を無許可転売したとして旧薬事法違反罪で有罪判決が確定した今井直昭(いまい・なおあき)医師(65)。

 業務停止は22人で、最も重い3年の処分を受けたのは、麻薬取締法違反罪などで有罪判決が確定した山田孝俊(やまだ・たかとし)医師(58)と駒谷周希(こまや・しゅうき)医師(31)、清水洋利(しみず・ひろとし)歯科医師(48)、詐欺罪で有罪判決を受けた高岡典子(たかおか・のりこ)医師(55)の4人。

 他の行政処分は戒告が1人。

◆医者の9割は算術が得意で、倫理観の欠乏症である!

 このような問題は、どこの病院でもあることで、珍しいことではありません。
 実際に病院の診断と治療を受けたことのある方は、医師の倫理観が異常に欠乏していると感ずることは、多かれ少なかれ体験しているはずです。 
 
◆つまり、患者側の希望を聞き入れてくれないなど、患者の人権を無視していて、医療の選択を認めないケースがほとんどで、望んでもいない、いやな治療を強要されることは日常茶飯事のことです。

 それも大学病院や大病院ほど、横柄な対応がみられるようです。

◆進学教育の最先端が悪医を育てている!

 それらの原因を考えてみると、幼少のころから医学部への進学を意識した教育の裏側にあると考えられるのです。
つまり、物心がつないうちから、点取り物語の中での生活を強いられ、それも、医学部進学まで20年近くも梗塞され、自由に生きる事が許されないという非人道的ともいえる環境の中で成長させられ、医学部進学者の多くは、人情という人間らしい心が失われた者だけが、進学しやすいという現実からも、医療従事者として不適切な人間が医学部に入り、医者という職業につきやすいという厳しい現実があるからと考えられます。

 つまり、欧米のように個性を尊重し、職業の自由選択がしやすいシステムなら別ですが、自由選択の道が険しく乏しい日本では、多くの医者の適材適所などはほとんど期待できません。

 学習は医学部へ進学するための学習であり、治すための学習とは無縁ですし、又医学部へ進学してからも、病理学という授業が中心となり、病状に病名を付けて対症療法を学ぶだけで、欧米のように統合医療などが選択できるシステムがあればいいのですが、日本では一部を除き、残念なことに、治す為の原因療法などの授業は皆無と言っても過言ではありません。

 日本の医学部での中心的な教育は、手術して切れるものは切る、切れないものは化学薬品で毒殺する、化学薬品で毒殺できないものは放射線で焼き殺すという内容で終始しているのです。

◆医者の「医」という文字の意味
医者の「医」という文字は、周りが壁の中で「矢を打つ人」のことという意味を表しています。

◆患者の「患」という文字は「心に串を刺される人」という意味です。
 ですから、病院で医者の治療を受けるという事は、患者は、必ず心に串を刺されるために行くと言う事になるのです。

◆治療という言葉の意味は治す療法という意味がありますが、納得できる医療を探している方は、手術がどうしても必要と思われる緊急時のみ西洋医学の治療を受けるようにして、あとは、民間療法で疲れを取り除き、先生が適材適所で仕事をしているか確認するべきです。
  
◆医者は、患者の心に串を刺すことが仕事なのですから、文字に表われているように、医療の選択には十分時間をかけて選択したいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード