大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

殺虫剤が糖尿病にも関与!

殺虫剤が糖尿病にも関与!
HealthDay News
2015年9月29日 (火)配信

ギリシャのイオアニナ大学医学部のGiorgos Ntritsos氏と、英インペリアルカレッジロンドンのEvangelos Evangelou氏の両氏は、スウェーデン・ストックホルムで開催された第51回欧州糖尿病学会議(EASD)年次集会で、殺虫剤は、糖尿病全体で61%のリスクの上昇がみられ、2型糖尿病では64%のリスクの上昇がみられ、糖尿病の誘発する環境因子であると知見を報告した。

◆第51回欧州糖尿病学会議(EASD)年次集会

easd 51


両氏の知見によると、クロルデン、オキシクロルデン、trans-ノナクロル、DDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)、DDE(ジクロロジフェニルジクロロエチレン)、ディルドリン、ヘプタクロル、HCB(ヘキサクロロベンゼン)などの殺虫剤は、糖尿病全体で61%のリスクの上昇がみられ、2型糖尿病では64%のリスクの上昇がみられ、殺虫剤は、糖尿病のリスク上昇の環境因子の要因があることを、21件の観察研究で、対象者の合計は約6万7,000人の血液または、尿の分析で測定に基づくもので、信頼性が高いとされている。

 この知見は、スウェーデン・ストックホルムで開催された第51回欧州糖尿病学会議(EASD)年次集会で報告された。

◆人はなぜ糖尿病になるのか?

 人は穀物を食べて消化することで、澱粉をグリコーゲンに換えて肝臓に蓄え、それをエネルギーにして活動しています。
インスリンというホルモンは、人の活動のエネルギーの元となるブドウ糖を吸収するために膵臓のランゲルハンス島から十二指腸に分泌されることで糖代謝を維持しています。

◆すい臓の支配神経

すい臓の機能を支配している自律神経は、胸椎の5番から9番で、糖尿病を患う方は、例外なく背中が硬直し、神経の伝達に障害が見られます。
 しかし、糖尿病は内科医が担当するため、血糖値の測定が中心で、X線やCTやMRIなどの画像の検査で確認されることはほとんどなく、完全に盲点となっています。

すい臓の神経支配


 胸椎が癒着する生活習慣の問題として、深夜遅くまでの学習や仕事の過労による体の歪みから、見っ側の骨盤が歪み、それが波及して、脊柱全体が歪み、すい臓を支配している自律神経が障害されて、膵臓の機能が低下するため、インスリンの分泌量は減少するんです。

 さらに、毎日食べている食材の問題として、殺虫剤等による水や食材の汚染の影響は、血液を汚し、遺伝子情報を伝達している白血球に大きな負担を与え、免疫力の低下に合わせて、解毒や消化器の蠕動運動活が弱くなり、消化力が低下し、血液中の脂質が高くなることで、血栓ができやすくなります。
 
 血栓ができやすくなることで、血流が悪化することから目や頭部の循環も悪化し、ホルモンの合成にも障害が及び、インスリンがジ徐々に減少するため血液中の糖分が処理されず、高血糖の状態から糖尿病が誘発されるなど健康被害の重要な問題です。

◆DDTの構造

DDT


 殺虫剤にもいろいろありますが、例えばクロルデンは、シロアリ駆除剤として使用されていましたが、協力で慢性毒性の残効性が長く、クロルデン中毒など痙攣や中枢神経刺激症状などが出現しましたが、解毒薬はなく、対症療法のみしか方法はなく、また、
土や水中の微生物も死滅し、環境汚染の原因となることから、1986年に特定化学物質に指定され、製造も輸入もしようも禁止され、DDTは1971年に使用禁止されています。

 また、PCBs や, 生体内で DDT から転換されて生成されたジクロロジフェニルジクロロエチレン(DDE) は, 分解性に乏しく脂溶性も高いことから, すでに使用が中止されています。

しかし、途上国では、いまだにDDTが使用され、多くの食材を輸入に依存している日本では、その被害は、世代が進むにつれて、蔓延しているのが実情です。

 日本のように使用を中止した国でも, ,殺虫剤の毒性が食物連鎖を介してヒトの体の中に入り、脂肪組織に蓄積され、糖尿病に併発して、高コレステロール血症などが誘発され、糖尿病ばかりではなく、脂肪腫や脂肪肝や、さらに化学療法に依存することで、腸内細菌の善玉菌が滅亡し、悪玉菌が増殖し、それが栄養素と共に、腸から肝臓に流れるため、肝臓の代謝が狂い、肝硬変から肝臓がんへと進むことは明白です。

◆脂肪肝から肝臓がんへ

脂肪肝から肝臓がんへ


◆母乳も血液から作られる

 特に, 母乳も血液から作られ、脂質を比較的多く含むのでこれらが ppm のレベルで含まれることが, 世界の様々な地域に住む婦人についての調査から乳児の肥満や先天性の病気の誘発する一因となることも明らかにされているのです。
 故に、 授乳期には、一段と血液の浄化に気を付けなければならないのです。


◆病気の原因となる汚れた血液の画像

悪い白血球 

◆自然療法で、生まれ変わる白血球

自然活性 e


***** 対症療法ではなく、生活習慣の見直しと体質の改善が有効です。

五大免疫療法

◆鎖骨ほぐしで癌体質を克服する!

鎖骨ほぐしの実演

◆病気を治す体の仕組み(胸腺の働き)

胸腺

◆ストレスは体液を汚し、「右側の骨盤を歪め」、さらに左の「鎖骨が歪む」そのため、心臓の出口で大血管が圧迫され、胸腺の循環も障害されます。

鎖骨の歪みは、胸腺の循環障害を誘発し、胸腺の機能が低下します。

しかし、この胸腺では、ガンや外敵から身を守るTリンパ球やNKT細胞を増殖と活性することで、必要に応じて、造血のためにヘルパーT細胞もつくるのです。その他、アレルギー反応を抑えるレギュラトリー細胞も作られます。

しかし、鎖骨が大きく歪むことで、これらの全ての機能が損なわれ、病気を治すことができなくなるのです。

骨盤変位

◆また、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪めるため、骨盤内臓神経が圧迫され、直腸や膀胱や生殖器の機能から、体を支えている、大腰筋や股関節の循環も悪化し、腸の蠕動運動が弱くなることで、大腸内で腐敗し、日和見菌が悪玉菌に代わり、増殖して、感染症や他の病気を誘発する条件になっています。

大腸菌

◆大腸菌の改善には、骨盤の歪みを改善することは言うまでもありませんが、光の持つ光回復酵素の働きも欠かせませんし、発酵食品や酵素食品を取るようにすることと、腸内の酵素洗浄も重要な健康法ですし、子宮体がんや頸がんには、子宮の酵素洗浄も応用する事で、荒れた胃壁や肌がきれいに修復するように、改善することが期待されます。


******* 予防医学セミナーのお知らせ *********
◆予防医学セミナーのお知らせ!

病気になる前となってからのために!

日時:10月18日(日)
会場:ウイルあいち 2F 特別会議室
   名古屋市東区 市政資料館前
開場:am9:30 開講:am10:00

テーマⅠ:がん治療の過ち
講師:岡田恒良 医学博士 
   元尾西市民病院外科部長
   名古屋医療維新の会代表
   おひさまクリニック院長

テーマⅡ:ステージ4からの回復のために
講師:大沼四廊 
   一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
   がんの盲点 白血病はがんではない
   椎間板ヘルニは確実に治る
   病気を治す体の仕組み
   鎖骨ほぐしで100まで健康

pm1:30~16:30
テーマⅢ:初めての方の体験会
     鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
     子供や家族を守るためにしておくこと
     専門家養成講座


1018.jpg

◆本部URL:本部のURL

申し込み先
一-般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-807-2178
緊急連絡先:090-5861-4489 大沼 24時間対応可
本部のURL
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード