大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

◆セレキノン後発薬が販売中止へ

◆セレキノン後発薬が販売中止へ

サキオン錠、在庫終了は2016年1月を予定
2015年9月25日 (金)配信

一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

 ポーラファルマはこのほど、消化管運動調律薬「トリメブチンマレイン酸塩錠」(商品名:サキオン錠100mg)の販売を中止すると発表した。最終出荷ロットの使用期限は2017年11月で、在庫の終了は2016年1月となる見込み。

 サキオン錠はセレキノンの後発薬で1992年7月に販売を開始、原沢製薬工業が製造販売元、ポーラファルマが発売元となっている。

セレキノン


 効能・効果は慢性胃炎における腹部膨満感、腹部疼痛、悪心、噯気などの消化器症状と過敏性腸症候群。

 同社では、販売中止理由を「諸般の事情」としている。

トリメブチンマレイン酸塩(セレキノン)の添付文書
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。

副作用等

1.重大な副作用 AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、黄疸
              頻度不明

2.その他の副作用   便秘、下痢、腹鳴、口渇、口内しびれ感、悪心、嘔吐、心悸亢進、眠気、眩暈、倦怠感、頭痛、過敏症、
               発疹、蕁麻疹、そう痒感、排尿障害、尿閉

               頻度不明

 効能・効果は慢性胃炎における腹部膨満感、腹部疼痛、悪心、噯気などの消化器症状と過敏性腸症候群という事で、投与されるこのような薬が、2016年1月まで、在庫処理されることになるのですから、医者の言いなりになりやすい人は要注意です。

 西洋医学が保険医療を独占して依頼、生薬が化学薬品に代わり、化学薬品を主体に投薬するようになり、腸内細菌のバランスが崩壊し、血液も体液も汚染され、血管壁は死細胞や老廃物が付着し、血管の機能である、肝心な浸透圧が悪くなっています。

 そのため、早くから血栓体質になり、代謝が障害され、医原病という薬の副作用で作られる病気で薬が効かない耐性菌が発生し、より複雑で薬で改善できない病気が増え続けています。

 また、鎖骨が歪み、迷走神経が圧迫されることで、呼吸が浅くなり、珊瑚由来の真菌が増殖し、体内にたまった二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生し、関節を覆う、靭帯が石灰化することで、体は硬直し、薬が効かない、不妊症や、発達障害や、てんかんや、末期の糖尿病や動脈硬化症やがんなどの難病も増えているのです。

◆大動脈にできた動脈硬化症(白い部分がカルシウムの沈着)

動脈硬化

 戦後のどさくさに紛れて、西洋医学に保険医療が独占された日本の医療下では、患者は医療側の都合のいい、奴隷に過ぎません、原因不明と言われている多くの病気には、手術も投薬も、全く、安全性が確立されておりませんので、健康を維持するには、欧米のように自分の身は自分で守るしか方法はないのです。

◆ストレスは体液を汚し、「右側の骨盤を歪め」、さらに左の「鎖骨が歪む」そのため、心臓の出口で大血管が圧迫され、胸腺の循環も障害されます。

骨盤変位


 胸腺では、ガンや外敵から身を守るTリンパ球やNKT細胞を増殖と活性することで、必要に応じて、造血のためにヘルパーT細胞もつくるのです。

 その他、アレルギー反応を抑えるレギュラトリー細胞も作られます。

しかし、鎖骨が大きく歪むことで、これらの機能が損なわれ、病気を治すことができなくなるのです。

胸腺


◆また、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪めるため、骨盤内臓神経が圧迫され、直腸や膀胱や生殖器の機能から、体を支えている、大腰筋や股関節の循環も悪化し、腸の蠕動運動が弱くなることで、大腸内で腐敗し、日和見菌が悪玉菌に代わり、増殖して、感染症や他の病気を誘発する条件になっています。

大腸菌


◆つまり、過労の状態が長引くことで、体液が酸化し、白血球の動きも鈍くなり、瞬時に食菌作用ができなくなるのです。

悪い白血球 


◆風邪の発熱は、ウイルスの増殖を防ぐために起こる必要な生体反応です。

また、同時に、発熱を抑えるために、発汗作用が始まることで、体内に蓄積された、酸を分解して汗として、皮膚を通じて体外に解毒することで、体液が浄化されることで、白血球は活性化し、遺伝子情報の伝達が回復するため体は基に戻ります。

自然活性 e


◆ゆえに、薬に依存するのではなく、早めに休み、大根湯や、ニラがゆなどを軽くとり、体内の汚れや歪みを改善することが重要なのです。

******* 予防医学セミナーのお知らせ *********
◆予防医学セミナーのお知らせ!

病気になる前となってからのために!

日時:10月18日(日)
会場:ウイルあいち 2F 特別会議室
   名古屋市東区 市政資料館前
開場:am9:30 開講:am10:00

テーマⅠ:がん治療の過ち
講師:岡田恒良 医学博士 
   元尾西市民病院外科部長
   名古屋医療維新の会代表
   おひさまクリニック院長

テーマⅡ:ステージ4からの回復のために
講師:大沼四廊 
   一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
   がんの盲点 白血病はがんではない
   椎間板ヘルニは確実に治る
   病気を治す体の仕組み
   鎖骨ほぐしで100まで健康

pm1:30~16:30
テーマⅢ:初めての方の体験会
     鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
     子供や家族を守るためにしておくこと
     専門家養成講座


1018.jpg

◆本部URL:本部のURL

申し込み先
一-般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-807-2178
緊急連絡先:090-5861-4489 大沼 24時間対応可
本部のURL
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード