大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!

高齢者への抗うつ薬、薬剤の種類により有害転帰の出現率に差

BMJ2011年8月5日 (金)配信 精神科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題


Coupland C et al.Antidepressant use and risk of adverse outcomes in older people: population based cohort study.BMJ 2011; 343:d4551.

 65-100歳のうつ病患者6万746人を対象に、抗うつ薬と有害転帰との関連を集団ベースのコホート研究で調査。

三環系抗うつ薬に比べ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と他種の抗うつ薬は、転倒、全死因死亡などの有害転帰リスクの有意な上昇と関連していた。

個々の薬剤では、トラゾドンやミルタザピンなどが有害転帰の高リスクと関連していた。

◆うつ病の原因について
人はなぜうつになるのか?
その答えは単純である!

◆私たちの体を支えている骨格は、過剰なストレスを持続して受けることで、例外なく右側の骨盤が上に前に捻転する構造を有している。

そのため、初期には、左半身に体重を乗せて生活をすることになり、特に就寝時には左側を下にして横向きになって寝むる習慣がでる。

その結果、左の鎖骨と胸骨の関節である胸鎖関節がずれて、鎖骨と鎖骨の下にある第一肋骨の間隔がせまくなり、鎖骨下動脈や静脈が圧迫されることで、頭部の循環障害が誘発され、長寿のホルモンや幸福のホルモンとして知られているメラトニンが減少し、逆に拮抗している短命のホルモンであるセロトニンが分泌されることになる。

さらには、迷走神経という血管の脈動や肺や心臓等の運動を支配している神経まで圧迫されるため、呼吸も睡眠も浅くなり、脳内の低酸素状態で目がさめるのである。

よって、うつ病や心身症や不眠症の改善には、ストレスで歪んだ骨格を正すことで血管や神経やリンパ管の圧迫を改善する事が優先して行われるべきであり、セロトニン再取り込み阻害薬ではホルモンのバランスが崩壊し、解決するはずはないのです。

睡眠障害など初期の段階で異常を感じたら、医者にかかる前に、特に鎖骨の歪みや骨盤の歪みなど体のバランスを冷静に確認することが大切です。

◆すい臓がんで抗がん剤の治療中に肝臓に無数に転移が認められた方の脊柱管の歪みです。
 歪みが膵臓や肝臓の支配神経に影響していることが確認できます。

すい臓がんと歪み

◆すい臓と脾臓の支配神

すい臓と脾臓の支配神経


◆その結果、当然鎖骨にも歪みが進行し、脳内の循環が障害されるため、メラトニンが減少し、逆にセロトニンが分泌され、睡眠障害からうつになって、辛く悲しい時間が多くなることで、交感神経が優先して働き、体液が酸化し、細胞が傷つき、発狂し、自殺など企てて寿命が短くなるのです。

◆鎖骨の歪みと大血管の圧迫

鎖骨の歪み

◆血流の障害と免疫疾患

自然活性 e

◆血液が汚れることで、白血球の動きは鈍くなり、遺伝子情報の伝達にも障害が及び、新陳代謝が狂い出します。


◆戦後の日本は、先進国では最悪の自殺大国となった背景には、誤った生活習慣が蔓延し、精神と共に鎖骨や骨盤が大きく歪み、ストレスとの関わりが、低年齢化し、長引くことで癒着まで進行させていることに起因しているのです。

◆しかし 88 にも細分化した医学会では、選択した科目以外に意識が及ばず、原因不明とする医学教育が行われているため、体質の改善まではできるはずはなく、医療の研究費の多くを製薬会社に依存している体質から、医学界全体が、化学薬品に依存した売薬医療という最悪の構造になっているのです。

◆病気の体質と五大免疫療法

五大免疫療法

◆予防医学セミナーで鎖骨ほぐしの実演と指導

鎖骨ほぐしの実演



***  専門医も注目の体質改善  ***


◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!

**********  予防医学セミナーのお知らせ!
1018.jpg


<◆10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。

会場:ウイルあいち  2階特別会議室
 
   名古屋市東区  市政資料館前

◆開場:am9;30分 開演:10:00~

◆テーマⅠ:食べ物で変わる体質  講師:岡田恒良
元尾西市民病院外科部長、名古屋医療維新の会代表

◆テーマⅡ:ステージ4からの生還について 講師:大沼四廊
一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事

著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学するほか、ガンの盲点、白血病はがんではない
や鎖骨ほぐしで100まで健康、等多数、

◆テーマⅢ:午後13:30~16:30 1階フイットネススタジオ
体験会及び鎖骨ほぐしの体験会と専門家養成講座

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

◆お問い合わせ先

一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼 四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!











スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード