大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

抗がん剤の副作用一覧(ア~イ行)

≪抗がん剤の副作用一覧(ア~イ行)≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 わが国では40年ほど前から急劇に癌に罹患する人が増え、それに合わせて抗がん剤の開発が急激に進みました。しかし、これらの薬の開発に伴い癌でなくなっている人は年々多くなっています。この現実に矛盾を感じない人はいないと思います。

 そこで、ア~イ行の抗がん剤の種類をしらべてみました。

☆アクチノマイシンD / 別名ダクチノマイシン / ACT-D アクプラ アクラシノン アクラルビシン / ACR アフィニタック アドリアシン アナストロゾール アリミデックス アルケラン アンチセンス薬剤

☆イダマイシン イダルビシン / IDR イフォスファミド / IFM イホマイド イマチニブ イムノブラダ イムノマックス-γ イリノテカン / CPT-11 イレッサ インターフェロンα(アルファ) / IFN-α インターフェロンβ(ベータ)/ IFN-β インターフェロンγ(ガンマ) / IFN-γ

☆ウドロキシウレア / HU

☆エキセメスタン エグザール エトポシド / VP-16 エノシタビン / BHAC エスキノン エピルビシン / EPI エンドキサン

☆オーアイエフ オーガンマ オキサリプラチン / L-OHP オダイン オンコビン

■適応症など

☆アクチノマイシンD / 別名ダクチノマイシン。ACT-D(コスメゲン / 萬有)
治療対象の癌: 精巣ガン、子宮肉腫、絨毛上皮ガン、膣ガン、骨・軟部肉腫、ウィルムス腫瘍
作用・特徴: RNAの合成を阻害する。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、吐き気・嘔吐、脱毛、肝臓障害。


 と記載されていましたが、実際に調べて見ますと「劇薬」と記載され驚くような副作用が隠されています。

「重篤な副作用」骨髄抑制、アナフラキシー様反応、再生不良性貧血、無顆粒球症、肝静脈閉塞症、呼吸困難、汎血球減少症、

「その他の副作用」血液・肝臓・腎臓・胃腸障害、皮膚、精神神経系症状、不快感、筋肉痛、発熱、倦怠感などとあります。

 患者は善良な市民で薬の知識が無く、主治医の説明を信じて薬を飲みます。しかし、現実は、隠されている重篤な副作用が沢山あるのです。一品一品詳しく確認してほしいものです。

☆アクラルビシン / ACR(アクラシノン / メルシャン-山之内)
治療対象の癌: 胃ガン、肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、悪性リンパ腫、急性白血病
作用・特徴: 日本で開発された薬剤。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、吐き気・嘔吐、脱毛、口内炎,下痢。


 上記のように記載されていました。実際に調べてみますと「劇薬」と記載されています。

 「重篤な副作用」として心筋障害、骨髄抑制。 「その他の副作用」として食欲不振、嘔気、嘔吐、口内炎、下痢、肝機能異常、全身倦怠、発熱、心電図異常(不整脈)消化管出血、静脈炎、脱毛、発疹などと記載されています

 この薬では、心筋障害や消化管出血という重篤な副作用が記載されていませんでした。日本における処方箋対策として、よほど慎重に対応する必要がある様に思います。

☆アナストロゾール(アリミデックス / アストラゼネカ)
治療対象の癌: 乳ガン
作用・特徴: 選択性の高いアロマターゼ阻害剤。
注意事項・副作用: ほてり


 上記のように記載されていただけです。実際に調べてみましたところ、抗悪性腫瘍薬 アロマターゼ「劇薬」と記載されています。

 「重篤な副作用」として皮膚粘膜眼症候群(フックス症候群とも言われ、高熱、全身倦怠、頭痛などの激しい全身症状と共に、皮膚・粘膜症状を生ずる。皮膚症状は、多形滲出製性紅班に相当する皮膚が全身に多数みられ、水疱、血性水疱、びらんをつくる傾向が強い。粘膜では、口渇・口腔内・眼瞼・外陰部などからだの開口部にびらん、腫脹、血痂(かさぶた)・潰瘍・膿苔を生じる。結膜充血、多量の眼脂、角膜潰瘍(予後不良の場合もある)

 「その他の副作用」ほてり、頭痛、無力感、嘔気、脱毛、性器出血などと記載されていました。

 抗悪性腫瘍薬で内臓出血を伴うものが少なくありませんが、それは副作用というよりも酵素を阻害することで当然出てくる作用と考えられます。

☆アンチセンス薬剤(アフィニタック / イーライリリー)
治療対象の癌: 肺非小細胞ガン
作用・特徴: 異常細胞を引き起こす特定野たんぱく質の増殖を抑制する。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制。他の薬剤に比べて副作用は少ない。

☆イダルビシン / IDR(イダマイシン / ファルマシア・アップジョン-協和発酵)
治療対象の癌: 急性骨髄性白血病
作用・特徴: ダウノルビシンより脂溶性があり、すみやかに細胞内にとり込まれる。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制に注意が必要。心筋障害によるうっ血性心不全(ドキソルビシンよりまれ)、吐き気・嘔吐。

☆イフォスファミド / IFM(イホマイド/塩野義)
治療対象の癌: 肺小細胞ガン、前立腺がん、子宮頸ガン、膣ガン、外陰ガン、骨肉腫
作用・特徴: シクロフォスファミド(アルキル化剤)に似ているが、この薬剤に耐性となったガンに効果が得られる可能性がある。シクロフォスファミドと同等の効果を得るには約4倍の量が必要。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、吐き気・嘔吐、脱毛。シクロフォスファミドより出血性膀胱炎を起こしやすい(水分を十分とる。メスナ〈ウロミテキサン〉を投与)肝臓障害、軽度の意識障害。ペントスタチンとの併用で心毒性の可能性がある。

☆イマチニブ(グリベック / ノバルディスファーマ)
治療対象の癌: 慢性骨髄性白血病、消化管間質腫瘍
作用・特徴: チロシンキナーゼ(※注1)を阻害し、白血病細胞を抑える。インターフェロンαに耐性の患者にも効果がある場合も。
注意事項・副作用: 吐き気・嘔吐、下痢、けいれん、浮腫、腎臓障害

(※注1)チロシンキナーゼ:細胞の増殖などの情報伝達をする

☆イリノテカン / CPT-11(トポテシン / 第一、カンプト / ヤクルト)
治療対象の癌: 悪性リンパ腫、肺ガン、胃ガン、大腸ガン、乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、皮膚ガン、神経芽腫
作用・特徴: トポイソメラーゼのはたらきを妨げ、DNA合成を阻害する。(※注2)脳血液関門*を通過する。日本で開発された薬剤。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制。吐き気・嘔吐、脱毛、間質性肺炎、★下痢による脱水症状に注意が必要。

(※注2)脳血液関門:脳にとっての異物が侵入するのを防ぐシステム

☆インターフェロンα(アルファ) / IFN-α(スミフェロン / 住友、IFN-α / 持田、オーアイエフ / 大塚)
治療対象の癌: 慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫、腎臓ガン
作用・特徴: 免疫作用に関係するが、くわしいメカニズムは不明。直接・間接に抗ガン作用を発揮する。
注意事項・副作用: 発熱、全身倦怠感、★抑うつや自殺衝動、錯乱、ショック症状、造血作用の抑制、心筋障害、眼底出血、★間質性肺炎、紅斑、脱毛、めまい、自己免疫疾患(甲状腺異常など)。

★はとくに注意が必要な副作用です

☆インターフェロンβ(ベータ)/ IFN-β(フエロン / 東レ、第一、IFN-β / 持田)
治療対象の癌: 脳腫瘍(膠芽腫、星細胞腫、髄芽腫)、メラノーマ
作用・特徴: 直接・間接的にガン細胞に作用して増殖を抑える。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、間質性肺炎、注射部位の痛み、抑うつ。

☆インターフェロンγ(ガンマ) / IFN-γ(イムノマックス-γ / 塩野義、オーガンマ / 大塚、ビオガンマ /サントリー、マルホ)
治療対象の癌: 腎臓ガン、菌状息肉症、成人T細胞白血病
作用・特徴: 直接・間接的にガン細胞に作用して増殖を抑える
注意事項・副作用: 発熱、間質性肺炎、造血作用の抑制

☆ウドロキシウレア / HU(ハイドレア / ブリストル)
治療対象の癌: 慢性骨髄性白血病
作用・特徴: DNA合成酵素の阻害
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、吐き気・嘔吐、脱毛、巨赤芽球症

☆エキセメスタン(アルマシン)
治療対象の癌: 乳ガン
作用・特徴: 他のホルモン剤と併用しても耐性がない。アロマターゼ阻害剤
注意事項・副作用: 皮膚の障害

☆エトポシド / VP-16(ベプシド / ブリストル・マイヤーズスクイブ、ラステット / 日本化薬)
治療対象の癌: 急性白血病、悪性リンパ腫、甲状腺ガン、肺小細胞ガン、膀胱ガン、精巣ガン、子宮ガン、卵巣ガン、膣ガン、骨肉腫、網膜芽腫、神経芽腫、ウィルス腫瘍、ユーイング肉腫
作用・特徴: チョウセンアサガオの成分からつくられた薬剤で、DNAに作用するトポイソメラーゼを阻害する。DNA合成期、細胞分裂準備期にはたらく
注意事項・副作用: ★アレルギー反応、血圧低下、造血作用の抑制(おもに白血球減少)、吐き気・嘔吐、脱毛、ショック症状、間質性肺炎。非常に脱毛しやすい薬剤。

★:とくに注意が必要な副作用です

☆エノシタビン / BHAC(サンラビン / 旭化成)
治療対象の癌: 急性白血病
作用・特徴: ガン細胞内でシタラビンに変換し、ガン細胞の増殖を抑える。日本で開発された薬剤。
注意事項・副作用: 吐き気・嘔吐、脱毛、ショック症状、発疹。造血作用の抑制が顕著。

☆エピルビシン / EPI(ファルモルビシン / ファルマシア・アップジョン-協和発酵)
治療対象の癌: 急性白血病、悪性リンパ腫、乳ガン、卵巣ガン、胃ガン、肝臓ガン、膀胱ガン
作用・特徴: RNA、DNAの生合成を抑制する。ドキソルビシンと同様の効果がある。
注意事項・副作用: 造血作用の抑制、吐き気・嘔吐、脱毛、膀胱萎縮。心筋障害によるうっ血性心不全(ダウノルビシンよりはまれ)

☆オキサリプラチン / L-OHP
治療対象の癌: 大腸ガン
作用・特徴: フルオロウラシルに耐性を示す大腸ガンに有効をされる。経口薬。
注意事項・副作用: 血便、血尿、神経障害、視覚の異常、排尿障害、心拍の異常。



白血球減少に起因する敗血症での死亡例が報告されています。

・発熱,せき,呼吸困難などを伴う間質性肺炎がおこることがあり,死亡例が報告されて
います。
・呼吸困難などのアナフィラキシー様症状
・心筋梗塞,うっ血性心不全,肺水腫,気管支けいれん,成人呼吸促迫症候群など
・肺水腫,気管支けいれん,成人呼吸促迫症候群
・腎不全,溶血性尿毒症症候群

 がおこることがあります。

<その他副作用>
 ・ おこることがある副作用…
アレルギー症状(発疹,かゆみ)/頻脈,心室性期外収縮,発作性上室頻拍,狭心痛,動悸/呼吸困難,高炭酸ガス血症,PIE(肺好酸球浸潤)症候群,喘鳴,せき,喀痰,息切れ/血尿,乏尿/食欲不振,悪心・嘔吐,下痢,胃部不快感,便秘,潰瘍性口内炎,歯肉炎/頭痛,知覚異常,めまい,不眠/脱毛/疲労感,発熱,むくみ,無力症,インフルエンザ様症状(無力症,発熱,頭痛,悪寒,筋痛,倦怠感,発汗,鼻炎など),体重減少・増加,関節痛,疼痛,悪寒,眼底出血,体温低下,ほてり,耳鳴り,めやに,胸部不快感

 ・検査などでわかる副作用…
心電図異常(ST上昇),血圧・血圧上昇/低酸素血/総タンパク・アルブミン低下,BUN・クレアチニン上昇,電解質異常,タンパク尿/AST・ALT・AL-P・γ-GTP・LDH・ビリルビン上昇,A/G比低下,ウロビリン尿/血小板増加,好酸球増多/CRP上昇,尿糖陽性


 これは抗がん剤の一部の資料ですが、どの抗がん剤にも重篤な副作用として骨髄抑制(貧血)があります。つまり、がん細胞に血液を与えることでがんが成長するという見方が一般的となったことから、対症療法で貧血に追いやることを第一選択としたのです。

 しかし、投与される側の患者は悲惨です。

 大腸ガンの抗がん剤では、血便、血尿、神経障害、視覚の異常、排尿障害、心拍の異常の他に白血球減少に起因する敗血症での死亡例が報告されています。

 悪性リンパ腫、肺ガン、胃ガン、大腸ガン、乳ガン、子宮ガン、卵巣ガン、皮膚ガン、神経芽腫にしようされているイリノテカンは、トポイソメラーゼのはたらきを妨げ、DNA合成を阻害することで、がん細胞の増殖を防ぐための薬です。

 この薬の注意事項や副作用は、造血作用の抑制(重篤な貧血)吐き気・嘔吐、脱毛、間質性肺炎、下痢による脱水症状に注意が必要。(下痢はとくに注意が必要な副作用です)

 私のこれまでの研究では、癌は細胞分裂で増殖はしていません。食べ物を見直し、有機の食材にし、就寝時間の見直しなど生活習慣を見直すことでコントロールができるているからです。

 また、疲れが取れて血液が活性化することで、マクロファージといわれている白血球が元気を取り戻すことで、自らの遺伝子に照らし合わせ、TNFといわれている腫瘍壊死因子をつくり、腫瘍やウイルスなど不要な細胞をすべて除去する様になっているのです。

 ストレスの多い現代人は、体を十分に休めることもできず、夜遅くまであくせくと働き続けています。癌を患う多くの人の体質は、冷たくて硬い肉体に気がついていません。それゆえに、自己管理ができていないのです。

 抗がん剤の正しい副作用やがん患者の体質改善については各地でおこなわれている「予防医学セミナー」にご参加ください。

《***■11月の予防医学セミナー■***》

 11月4日 東京五反田 ゆうぽうと5F⇒【詳細はこちらをクリック】
 (東京セミナーでは、重症の頚椎ヘルニアで歩行困難で睡眠障害だった患者さんの生々しい体験談を聞くことができます。)

 11月18日 名古屋東区 ウイルあいち⇒【詳細はこちらをクリック】
 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 西洋医学に矛盾を感じている方、あるいは病気の原因を知りたい患者さんや医療従事者の皆さんはぜひ一度体験をしてみてください。

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード