大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

◆日赤に2億円賠償命令  判断不適切 高松地裁 毎日新聞社

◆日赤に2億円賠償命令  判断不適切 高松地裁

2015年4月23日(木)配信毎日新聞社


損賠訴訟:帝王切開、判断不適切 高松地裁、日赤に2億円賠償命令


 高松赤十字病院(高松市)が不適切な判断で帝王切開手術をしたことで、男児(12)に重度の障害が残ったとして、男児と両親が同病院を運営する日本赤十字社(東京都)に損害賠償を求めていた訴訟の判決が22日、高松地裁であり、福田修久裁判長は原告の請求通り約2億1100万円の支払いを命じた。

 判決などによると、2003年2月3日、三つ子を妊娠し、妊娠30週目だった母親(当時29歳)が腹痛を訴え入院。

同7日の診察で胎児1人が死亡していることが判明した。

医師から「他の胎児に毒素が回る。至急手術する必要がある」などと説明を受け、その日のうちに帝王切開手術を受けた。

生まれた2人のうち、1人は脳室周囲白質軟化症(PVL)と診断され、脳に重度の障害が残った。

 裁判で、両親らは「胎盤の元となる『絨毛膜(じゅうもうまく)』がそれぞれ分かれている三絨毛膜の三つ子で、1人が死亡しても他の胎児に悪影響はなく、緊急に帝王切開をする必要はなかった」と主張。

病院側は「三絨毛膜での子宮内で胎児が死亡した場合のガイドラインはなかった」と反論していた。

 判決で、福田裁判長は「ただちに生存児の分娩(ぶんべん)を推奨する文献は見当たらず、様子を見るべきだった」と指摘。

「帝王切開に踏み切ったことによる早産が理由で男児がPVLを発症し重度の障害が残った」と医師の注意義務違反を認め、日本赤十字社に賠償を命じた。  【古川宗】

*************** 医者に命を預けるな!!!**********
◆病気の原因は患者が学ぶ!!!
◆予防医学セミナーで騙されない教育を!!!
◆5月の予防医学セミナーのお知らせ
◆日時:5月17日(日)
am:9:30開場、10:00開講
◆会場:ウイルあいち
名古屋市東区 市政資料館前
◆テーマ1:病気にならないために
◆講師:岡田恒良 元尾西市民病院外科部長  おひさまクリニック院長
             名古屋医療維新の会会長
◆テーマ2:西洋医学の終焉 時代の流れに逆行している日本の医療
◆大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
◆テーマ3:体験会&実技指導
はじめての方大歓迎です!
◆実技体験:鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
14時~15時
◆専門家養成講座14時~16時分
今年度より、実力の強化のため、エキスパートの上に、順講師とその上に講師のグレードができました。
エキスパートを終了された方は、全員順講師の資格を取るように心がけてください。
なお、グレードの詳細は、実技の際に報告致します。

*********************************************

◆鎖骨ほぐしの実演

鎖骨ほぐしの実演

※ 鎖骨ほぐしの実演は、予防医学セミナーにて行っています。

◆血液の汚れと自己免疫力の低下

自然活性 e
私たちの体を外敵から守っている白血球は、過剰なストレスによって、交感神経を使いすぎることで、攻撃力が低下します。病名に係らず、体調が不調な時には、血液が汚れ、白血球の機能も低下しています。しかし、通常の血液検査では、血液の数しか、みませんので白血球の能力でもある活性度等の質は見落とされています。

◆しかし、2011年度のノーベル生理学賞では、白血球が、おのずから動き出し、樹状細胞と化し、貪欲に寿命の尽きた血液死細胞やガン細胞など、不要な細胞も食菌し、リンパ球と連動して、解毒し、病変組織を除去し、遺伝子の修復酵素の働きで、健全な組織に修復することが実証されています。

◆日本医師会は明治以降、国際常識に反して、混合診療に反対の立場で、年間40兆円もの予算を独占し、80以上にも細分した学会を立ち上げたが、優秀なはずの医者が、どれほど学んでも視野が狭く、全体の問題は把握できず、日本は病人であふれているのです。

◆医療にかかわらず健康になるために・・・・・
予防医学セミナーで原因から学びましょう。
*********** ◆5月の予防医学セミナー◆  ********

※ 医療の常識は天動説と同様に恐ろしいほど間違っている!

健康のための正しい情報は、予防医学セミナーで学ぶことができます。

◆5月の予防医学セミナーのお知らせ
◆2015年5月17日(日)
◆会場:ウイルあいち  名古屋市東区 市政資料館前
◆会場:2F,特別会議室 am9;30 開講:am10:00~12:00

◆テーマⅠ:病気にならないために
講師:岡田恒良 元、尾西市民病院外科部長 名古屋維新の会代表 なごやかクリニック院長

◆テーマⅡ:西洋医学の終焉
講師:大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア 自然治癒を科学する
    椎間板ヘルニアは確実に治る
    がんの盲点 白血病はがんではない
小雑誌:病気を治す体の仕組み
     アトピー性皮膚炎はきれいに治る
     鎖骨ほぐしで100まで健康他多数
機関誌:けんこうじゃーなる 主幹
日本免疫学会会員 日本統合医療学会会員
社会文化功労賞、国際連合より特別功労賞授与

◆テーマⅢ:体験会:13時30分~ 1Fフイットネススタジオ②
        実技指導 鎖骨ほぐしの基礎講座    専門家養成講座

 20年後、2030年には、団塊の世代が80代になり、日本の高齢化率は45%と国際的にも例のない状態に突入します。
現状の医療でも、既に40兆円もの膨大な予算が毎年消耗されつつ、患者は増えています。

 予防医学セミナーでは、民間でできることは民間で、高齢者でも病気にならないための指導をしています。
また、難病の原因を解明し、具体的な対応の仕方も指導しています。

初めての方も是非お誘い合わせの上ご参加下さい。



◆お申込み先
一般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002  名古屋市天白区焼山 1-420 フジイビル 2F-D
TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179
ホームページから申し込む
■正しい健康法や医療情報との出会いで、8~9割のがんや難病でも救われます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード