大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

薬は毒だ! ノバルティス、白血病薬不正の隠せぬ証拠

薬は毒だ! ノバルティス、白血病薬不正の隠せぬ証拠

医師主導臨床研究は「製薬会社主導」だった

岡田 広行 :東洋経済 編集局記者

◆2014年、白血病治療薬、臨床データーの改ざん事件

今年は、年頭から、世界第2位の製薬会社であるノバルティスファーマの日本法人を舞台にしたスキャンダルが大きな拡がりを見せてくれた。

いつものことだが、臨床研究データの改ざんの疑いが持たれていた高血圧症治療薬ディオバンだけでなく、慢性骨髄性白血病治療薬を用いた医師主導臨床研究でも、新たな問題がたまたま判明したのだ。

ノバルティス 二宮義奏社長 左

ノバルティスは2014年1月23日に二之宮義泰社長らによる記者会見を開催。


会見で、二宮社長は、東京大学医学部附属病院の血液・腫瘍内科(黒川峰夫教授)が中心になって実施してきた医師主導臨床研究「SIGN研究」で、同社の医薬情報担当者(MR)が不適切な形で関与していた事実があったと明らかにした。

東大病院など22の医療施設が参加した同研究では、医師が慢性骨髄性白血病治療薬の副作用に関する患者へのアンケート調査を実施。

副作用の軽減につながるなど医師が必要と判断した場合に、ノバルティスの従来薬グリベック(一般名イマチニブ)などから、薬価が3割近く高い同社の白血病新薬タシグナ(一般名ニロチニブ)に切り替える手順になっていた。

アンケート回収にMRが関与

ノバルティスによれば、患者に実施したアンケート内容が記載された書類を、ルールを逸脱してMRが医療施設から預かり、研究事務局を務める東大病院に運んでいた。

研究参加施設を担当していたMR18人のうち8人がこうした不適切な行為に関与していたことが判明。

東大病院の説明では「255例中の125例で(MRによる)関与の可能性がある」という。

◆薬を使わず体質を改善する方法
<<薬を使わず体質を改善>>

*************************************
◆知らないと損をする、ノバルティスの従来薬グリベック(一般名イマチニブ)の副作用
主な副作用として、嘔気・嘔吐、下痢、食欲不振、発疹、表在性浮腫(顔・まぶた・下肢など)、貧血、けん怠感、筋けいれん、発熱などが報告されている。

このような症状に気づいたら、副作用の初期症状である可能性があります。

・貧血症状、発熱、出血傾向 [骨髄抑制]
・頭痛、意識障害、片麻痺 [脳出血、硬膜下出血]
・下血・吐血、腹痛、腹部膨満感、貧血 [消化管出血、胃前庭部毛細血管拡張症、消化管穿孔、腫瘍出血]
・体重増加、胸痛、呼吸困難 [重篤な体液貯留]
・発熱、から咳、呼吸困難 [間質性肺炎、肺線維症]
・顔面蒼白、呼吸困難、意識障害 [ショック、アナフィラキシー]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません、出血は、白血病の末期症状のように思われがちですが、
治癒率が改善されたとして、頻繁に使われるようになったグリベック(一般名イマチニブ)の副作用であることを患者は知らなければならない。
しかし、担当の医師からも、製薬会社からも薬剤師からも、正しい副作用の情報は、伝えられることはありません。
それが、日本の医療なのです。
また、一般に薬剤師は薬は嫌いです!!!

◆本当の副作用一覧

1. 肝機能検査値上昇、ビリルビン上昇、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、ビリルビン値が施設正常値上限の3倍超、AST値が施設正常値上限の5倍超、ALT値が施設正常値上限の5倍超、好中球減少、血小板減少、好中球数1000/mm3未満、血小板数50000/mm3未満 記載場所: 用法・用量
頻度: 頻度不明

2. 好中球数500/mm3未満、血小板数10000/mm3未満 記載場所: 用法・用量
頻度: 頻度不明

3. AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇、肝機能障害 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%以上

4. 骨髄抑制、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%以上

5. 肺線維症、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、重篤な皮膚症状、心膜炎、胸痛、脳浮腫、頭蓋内圧上昇、麻痺性イレウス、嘔気、嘔吐、腹痛、便秘、深部静脈血栓症、肺塞栓症、息切れ、四肢疼痛、浮腫、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、横紋筋融解症、肺高血圧症、呼吸困難 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

6. 出血、脳出血、硬膜下出血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

7. 胃前庭部毛細血管拡張症、Gastric antral vascular ectasia、GAVE、貧血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

8. 肝不全 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

9. 重篤な体液貯留、心タンポナーデ、急激な体重増加、呼吸困難 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

10. 腫瘍崩壊症候群 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

11. 間質性肺炎、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、ショック、アナフィラキシー 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

12. 消化管出血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

13. 腫瘍出血、消化管穿孔、腹膜炎、下血、吐血、貧血、腹痛、腹部膨満感、嘔気、嘔吐 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

14. 黄疸 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

15. 胸水、肺水腫、腹水、心膜滲出液、欝血性心不全 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

16. 肺炎、敗血症、感染症 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

17. 急性腎不全、重篤な腎障害 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

18. 汎血球減少 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

19. 発疹、筋痙攣、嘔気、嘔吐、下痢、食欲不振、LDH上昇、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、リンパ球減少症、好酸球増多症、表在性浮腫、眼窩周囲浮腫、顔面浮腫、眼瞼浮腫、下肢浮腫、血清カリウム低下、血清リン低下、血清アルブミン低下、倦怠感 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%以上

20. 挫創、乾癬悪化、水疱性皮疹、血管浮腫、好中球浸潤、有痛性紅斑、発熱、皮膚障害、Sweet病、苔癬様角化症、扁平苔癬、点状出血、斑状出血、手足症候群、リビドー減退、錯乱、痙攣発作、失神、網膜出血、眼刺激、眼乾燥、黄斑浮腫、乳頭浮腫、緑内障、硝子体出血、坐骨神経痛、関節炎、逆流性食道炎、大腸炎、おくび、胃腸炎、食欲亢進、憩室炎、嚥下障害、LDH低下、末梢冷感、腎臓痛、頻尿、尿沈渣異常、尿中ウロビリノーゲン増加、乳房腫大、乳頭痛、性的不能、ACTH上昇、TSH上昇、血清リン上昇、血清総蛋白上昇、プロトロンビン時間短縮、APTT延長、フィブリノゲン増加、FDP上昇、低マグネシウム血症、頻脈、痛風、悪寒、寝汗 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明

21. 紅斑、脱毛、湿疹、皮膚そう痒、皮膚角化症、頭皮痛、疣贅、口唇炎、口唇ヘルペス、蕁麻疹、帯状疱疹、爪障害、皮膚色素沈着障害、皮膚乾燥、紫斑、皮膚色素脱失、光線過敏性反応、頭痛、感覚減退、錯感覚、眩暈、回転性眩暈、末梢神経障害、欝病、不安、片頭痛、記憶障害、不眠、頭重感、傾眠、流涙増加、眼そう痒感、結膜炎、結膜下出血、霧視、眼充血、関節痛、筋肉痛、骨痛、関節のこわばり、筋のこわばり、筋痙直、腰痛、関節腫脹、筋力低下、心窩部痛、腹部膨満、腹部不快感、腹痛、鼓腸放屁、味覚異常、口内炎、口渇、膵炎、消化管潰瘍、口腔アフタ、歯周炎、胃炎、血便、便秘、消化不良、胸やけ、総ビリルビン上昇、咳嗽、急性上気道炎、鼻炎、咽頭炎、呼吸困難、咽喉頭痛、鼻出血、白血球増多、血小板増多、血腫、舌血腫、潮紅、血圧上昇、血圧低下、BUN上昇、血清クレアチニン上昇、尿潜血、尿蛋白、全身浮腫、男性性器浮腫、女性化乳房、月経過多、血清カリウム上昇、血清ナトリウム低下、血清カルシウム低下、尿酸値上昇、尿酸値低下、血糖値上昇、CK上昇、CPK上昇、フィブリノゲン減少、CRP上昇、プロトロンビン時間延長、血糖値低下、血清総蛋白低下、血中アミラーゼ上昇、発熱、疲労感、体重増加、発汗、体重減少、脱水、耳鳴、疼痛、脱力、脱力感、難聴、胸痛、動悸 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満

22. 浮腫、心原性ショック、左室機能不全、重篤な好中球減少、重篤な血小板減少、トランスアミナーゼ上昇、高ビリルビン血症、一過性の肝毒性、急性肝不全、表在性浮腫、流産、奇形児、着床後死亡率増加、胎仔体重低下、初期胚発生への影響、外脳、脳瘤、頭蓋骨欠損、催奇形性、成長遅延、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、食欲減退、発疹、紅斑、疲労、筋痙縮、筋肉痛、脱力、腹水、頭痛、発熱、血清クレアチニン上昇、ビリルビン上昇、CK上昇、CPK上昇、好中球数減少、血小板減少症、汎血球減少症、骨壊死、甲状腺機能低下症、一般状態悪化、死亡、胸腺萎縮、リンパ節萎縮、リンパ系組織萎縮、リンパ球崩壊、リンパ球枯渇、マラリア感染悪化、精子形成低下、精巣重量低下、精巣上体重量低下、運動精子率低下、腎臓腺腫、腎臓腺癌、尿路乳頭腫、腎盂乳頭腫、膀胱乳頭腫、尿道乳頭腫、小腸腺癌、上皮小体腺腫、副腎良性髄質腫瘍、副腎悪性髄質腫瘍、前胃乳頭腫、前胃扁平上皮癌、陰核腺乳頭腫、包皮腺扁平上皮癌、包皮腺乳頭腫、心臓肥大、心臓拡張 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

23. 腫瘍出血、消化管穿孔、下血、吐血、貧血、腹痛、腹部膨満感 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

24. 体液貯留、胸水、肺水腫、腹水、心膜滲出液、心タンポナーデ、欝血性心不全、急激な体重増加、呼吸困難 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

25. 重篤な肝機能障害 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

26. 白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

それでも薬、???
日本人は世界一の薬好きな国民なのである!

********************************
◆薬を使わず体質を改善する方法
<<薬を使わず体質を改善>>

***** 予防医学セミナー講師陣  *******

■専任講師:酒向毅:元岐阜県立多治見病院外科部長
      
■専任講師:岡田恒良 元尾西市民病院外科部長 消化器癌
               名古屋おひさまクリニック院長

■専任講師:内海聡     医学不要論著者 東京DDクリニック院長 

■講師:辛 松峰    元北京中医薬大学大学院講師

■講師:田中佳     脳神経外科医

■講師:船瀬俊介   経済及び医療ジャーナリスト ベストセラー「買ってはいけない」の著者

■講師:大沼四廊   一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する 千早書房
    椎間板ヘルニアは確実に治る
    がんの盲点 白血病はがんではない
(アマゾンから購入できます)
■小雑誌 
    病気を治す体の仕組み
    鎖骨ほぐしで100まで健康
(本部で購入できます)
■予防医学セミナー&鎖骨ほぐしのインストラクター及び専門家養成講座 主幹
国際連合より日本で初めて特別功労賞を顕彰された実力は国際的に注目されています。

◆相談及び施術
 〒468-0002
  一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D 
  スーパーのフイール焼山店より徒歩1分  au焼山店の西隣
   TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179

  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可
  
  ◆研究所 〒468-0002
  自然医学総合研究所 所長 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
   TEL:052-80-7063
  焼山の交差点より西へ50m北側 
  マンションの入り口は中古車のプラザイトウの北側で 焼山橋より北へ30m右
  
  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可







スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード