大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

後絶たぬ患者の死亡 腹腔鏡手術、医師有罪も

後絶たぬ患者の死亡 腹腔鏡手術、医師有罪も

共同通信社 2014年11月14日(金) 配信


 群馬大病院で14日、同じ医師による執刀で8人の患者が死亡していたことが明らかになった腹腔(ふくくう)鏡手術。

開腹手術に比べて患者への負担が少ないため実施が広がっているが、熟練した技術が求められ、ミスによる患者の死亡が後を絶たない。

医師が業務上過失致死罪で有罪判決を受けたケースもある。

 千葉県がんセンター(千葉市)の消化器外科では今年4月、膵臓(すいぞう)や十二指腸などを切除する腹腔鏡手術を受けたがん患者が相次いで死亡していたことが判明。

県は第三者委員会を設置し、2008年以降の手術で死亡した11人について経緯を調べている。

 山口大病院(山口県宇部市)でも13年12月、腎臓がんの女性患者から腹腔鏡手術で腎臓を摘出する際、本来切断するのとは別の動脈を切断。止血処置も誤り、女性が2日後に死亡した。

 02年11月には、東京慈恵会医大青戸病院(現葛飾医療センター)が、腹腔鏡による男性患者=当時(60)=の前立腺摘出手術中、静脈を傷つけ大量出血し、患者は脳死状態に陥って1カ月後に死亡した。医師3人は業務上過失致死罪で起訴され、東京地裁が06年6月「手術を行う最低限の能力がなかった」として、いずれも執行猶予付き有罪判決を言い渡した。

 昭和大藤が丘病院(横浜市)でも02年10月、女性患者の腹腔鏡手術で、医師が膵臓の一部を誤って切断して死亡させ、業務上過失致死罪で執行猶予付き有罪判決を受けた

◆進化したはずの腹腔(ふくくう)鏡手術で次々と患者は亡くなっているのはなぜか?

病気は、腹腔(ふくくう)鏡手術で、病変組織だけを切除しても、治るものではないのです。

◆むしろ、大きなストレスを受けることで、体力が消耗されることもありますし、執刀医の経験が浅いと言う問題も否めません。
◆したがって、手術を受ける前に、体質改善を試みることが重要です。

◆体質改善の問題で、一番大変なことが、関節の癒着です。これは、関節を覆う、靭帯が循環障害により、石灰化しているからです。

◆つまり、治りの悪い病気には、必ずこの問題が深くかかわっているのですが、通常の画像検査では、そこまで見ることはありません。何度、CT検査しても、見落とされ、異常なしとみなされるケースが大半です。

◆よって、欧米のように、自分の健康は、自分自身で守るという方向に転換するべきだと思います。

病気の原因は、予防医学セミナーで詳しく学ぶことができます。

******************************

◆12月21日(日)名古屋予防医学セミナー

会場:名古屋市東区のウイルあいち
開館:9時30分
開演:10時~
午後:14時~体験会と鎖骨ほぐしの技術指導及び専門家養成講座

初めての方のご参加お待ちしております。

◆テーマ
◆9割のがんに3大療法は無効である!
◆輸血も骨髄移植も、戦後最大の医療過誤
◆医療が病を蔓延させている!

12月予防医学セミナー
※血液の自然活性

自然活性 e


また、過剰なストレスは、右側の骨盤を上前方に歪め、腰椎が歪むことで、全身の骨格が歪み、特に鎖骨の歪みは、胸腺で産生されるヘルパーT細胞の産生にも影響し、コロニー刺激因も産生できない、さらに、骨格の歪みは自律神経を圧迫し、神経伝達物質が、機能せず、脳内ホルモンの合成もできず、そのため、消化器の機能が低迷して腸の内容物が腐敗する。

※鎖骨ほぐしの実演

鎖骨ほぐしの実演


※この点、骨格の専門である整形外科学でも、ストレスで歪む事実を把握していないので、病気は突然発症するなどとあいまいな教育をし続け、患者を不安に陥れ、社会を混乱させている。

③また、残業大国で、超過労型の社会のため、体の不調から、恐怖心や心配事が尽きず、交感神経が過剰に働き、糖代謝を盛んにする。そのため、最終生成物である乳酸の解毒が、肝臓で追い付かず、体液は酸性に傾き、よごれている。
そのため血液細胞は機能を失い不活性になる。これも、また、血液形態学の弊害が存在する。
優秀なはずの医者に病気の原因が理解できないのは、このような事実があるからである。

④自律神経が狂い、24時間交感神経が働くことで、糖代謝が止まらず、肝臓は疲弊し、解毒が追い付かず、体液は急激に汚れ、遺伝子の水素結合にも障害が及び、活性型のマクロファージやTリンパ球が作るインターロイキンという遺伝子の伝達物質が産生できずに、体の全ての機能が低下する。

⑤Tリンパ球やマクロファージが不活性になり、IL-3や6や11という遺伝子の伝達物資であるサイトカインも産生されず、当然だが、造血反応も低下する。

⑥白血病の骨髄移植から、間もなく、臍帯血移植に代わったのも、骨髄造血は真っ赤なウソだからである。

⑦健全な人の造血は、消化器で食べものを消化しつつ、腸内細菌が蛋白源となり、集合して血液細胞を作っている。

⑧ゆえに、腸内細菌のバランスも大変重要なテーマなのである。

■このような条件下で人は貧血になっているのだが、視野が狭すぎる、専門医には、到底これらの原因を改善出来るはずはなく、輸血に依存しているのである。

■その被害者は、毎年120万人を超えている。

※健全な造血を維持するために、何をなすべきか?

****** 正しい知識は、予防医学セミナーで学びましょう ********

命を守るためには、病院や薬を選ぶ前に、安全な健康法を選ぶべきである!!!

********  予防医学セミナーで学んで病人を半減させよう *******

※セミナー申し込みはこちらから:<<本部のTOPページ>>


■お問い合わせ先:052-806-2178  一般社団法人 ナチュラルメディスン

■緊急相談窓口:090-5861-4489   大沼四廊 24時間対応可

*******************************

■施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン

代表理事 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル 2F-D

■研究所
自然医学総合研究所;052-801-7063

所長 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

■緊急相談窓口;090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
  






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード