大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

医者は薬を飲ませない

≪医者は自分の子どもに薬を飲ませない≫

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

2007年10月28日(日)

☆6歳未満の風邪薬中止を 米医薬品局諮問委が勧告

記事:共同通信社 提供:共同通信社 【2007年10月22日】

 【ワシントン19日共同】米食品医薬品局(FDA)の小児医療に関する諮問委員会は19日、医師の処方なしに買える風邪薬やせき止め薬は、子どもへの効果が確認されていないとして、6歳未満の子どもに使うべきではないとFDAに勧告した。AP通信などが伝えた。

 FDAは薬の販売中止や表示の変更、効果確認のための臨床試験の実施などを製薬会社に求めるかどうか検討する。

 米国では今月中旬、主要な製薬会社が「飲み過ぎにつながる恐れがある」との理由で、2歳未満の乳幼児向けの風邪薬14種類を自主的に回収していた。

 専門家22人からなる諮問委は、せき止めや去たん剤、抗ヒスタミン剤などを含み、風邪の症状を抑えるとされる一般的な市販薬について、6歳未満への効果を裏付ける研究成果はないと結論付けた。大人を対象にした研究からの推論しかなく、この年齢層は薬の副作用を最も受けやすいとの意見が出された。

 FDAによると、この50年間で子どもを対象にした薬効の研究は11しかなく、効果を確認したものはないという。

 製薬会社側は、年間38億回も使われており、用法用量を守れば安全だとしている。

 昔から「風邪は万病の元」といわれています。

 どこの国でも予防に薬が開発されていますが、今回は、薬の開発が最も盛んなアメリカのFDAが、6歳未満に対して市販薬の効果が証明されていないため使うべきではないと勧告したものです。

 風邪を引くということは、疲労困憊の状態です。

 しかし、私の研究によれば、風邪こそ万病の進行を防ぐための免疫反応ですから、慌てず、3日も寝てれば治るものです。

 なぜなら、風邪のウィルスは高熱には弱いからです。

 実際に医師の子供たちはほとんど薬を飲まされることはありませんが、その理由は汗が流れるまで寝かされて自然免疫力で治しているからです。
 
 自然免疫力はウイルスを薬で殺すよりも効果的です。

 その理由は、一度克服した菌には即座に抗体が出来るため、二度と同じ菌には感染しなくなるのです。

 医者はそれを知っているから自分たちの子供には薬をのませないのです。

 そして、風邪の予防には、小食にして早く寝ることですが、こじれた時には、全身軽いマッサージをしてあげるといいです。

 特に、下肢が冷えているときは、股関節(足のつけね)の周辺で循環が障害されていますので股間を緩めると早く安定するものです。

 頭は氷で冷やすよりも、ジャガイモをすって水分をしぼりだし、ジャガイモパスタをおでこに貼ると落ち着きます。

 体力の回復には酵素系の食品が効果的ですし、疲れが抜けて排泄が起こるとたいてい治るものです。

 従って、6歳以上の場合でも薬は必要ないのです。

 各地で行われている「予防医学セミナー」では、風邪やストレス対策も学習できます。

《***■11月の予防医学セミナー■***》

 11月4日 東京五反田 ゆうぽうと5F⇒【詳細はこちらをクリック】
 (東京セミナーでは、重症の頚椎ヘルニアで歩行困難で睡眠障害だった患者さんの生々しい体験談を聞くことができます。)

 11月18日 名古屋東区 ウイルあいち⇒【詳細はこちらをクリック】
 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

 西洋医学に矛盾を感じている方、あるいは病気の原因を知りたい患者さんや医療従事者の皆さんはぜひ一度体験をしてみてください。

 申し込みは・・・yoshinori@nrt.ne.jp
 電話での申し込みは・・・052-801-7063
 FAXでの申し込みは・・・052-807-0675
 ご意見、ご感想は・・・090-5861-4489 大沼まで


 処方箋開示法案へのご協力もお願いいたします。
 ⇒【処方箋開示法案樹立に向けてのお願い 】

 この情報を多くの方へお知らせする為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 自身の自然治癒能力をフル活動させ、自然医学総合研究所が行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【自然医学総合研究所】
 所 長:大沼 善誉
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目101 東山イーストC-202
 TEL:052-801-7063
 携 帯:090-5861-4489
 メール:yoshinori@nrt.ne.jp

*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。



 【自然医学総合研究所ホームページ】で、大阪での予防医学セミナーの様子を収録したページをアップしました。セミナーでお話をされた急性リンパ性白血病を克服した能見さんの体験談も載せました。

 ご本人のお話とご主人のお話は、今後の日本の医療への要望も含めた、とても熱意のあるすばらしいお話でしたので、ぜひ多くの方にお読みいただきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード