大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■首都圏の子供、被ばく後7割に異常!!!

■首都圏の子供、被ばく後7割に異常!!!

■首都圏の子供の被ばくを調査した医師が高知市で講演

子どもの血液に異常も 首都圏被ばくを調査した医師が高知市で講演
高知新聞 2014年10月14日(火) 配信

3号機の爆発

■首都圏の子供、被ばく後7割に異常!!!

 福島第1原発事故の後、東京で子どもの血液検査をしてきた医師の三田茂さん(54)=岡山市=が12日、高知市で「放射能から子どもたちを守るために」と題して講演、原発事故の影響が首都圏に及んでいることを訴えた。

 三田さんは東京都小平市で、父親の代から続く医院の院長を務めていた。原発事故以降、放射能の危険性や行政の対応に疑問を感じ、今年4月に岡山市に移住して医療活動を続けている。

 東京に住んでいた2012年1~10月に、首都圏の約600人を対象に血液検査を開始。データを分析した結果、1~15歳の子どもは白血球の数が少なかった。特に体内に侵入した細菌や異物を取り込んで消化する白血球内の食細胞「好中球」は測定した7割の子どもで基準値より低かった。

 三田さんは「首都圏の子どもに血液の異常が出ている。『(原発事故以降)今までに感じたことのない体の異常を感じている』と訴える人もいる。被ばくの影響を考えざるを得ない。首都圏に住むのは適切なのか」と疑問を呈した。

 移設した岡山市の病院にも首都圏から診察に来るという。「医師と教育者が必死になって勉強し、国や学会がどう言おうと、被ばくの危険を社会に問い掛けないといけない」と強調した。

 講演はグリーン市民ネットワーク高知の主催で、高知市旭町3丁目のこうち男女共同参画センター「ソーレ」で行われた

■首都圏の子供、被ばく後7割に異常!!!

■7割の子共が白血球減少症!!!

■『(原発事故以降)今までに感じたことのない体の異常を感じている』と訴える人も少なくはない!!!

■直接被曝と関節被爆

その原因は、放射能を直接受ける直接被曝と、被爆すると白血病になると言う恐怖感という間接的被爆と言える要因である、過剰なストレスが、持続的に働くことで、交感神経の作用を高め、糖代謝は盛んになり、最終生成物である乳酸の解毒が追い付かなくなり、体は緊張し、筋骨格は委縮する、これが持続することで、三大障害を招く、①骨盤から鎖骨など全身の骨格の歪み、②交感神経の過剰な反応による体液の汚れ、造血障害や免疫力の低下③呼吸や睡眠の障害による石灰化による体の癒着が進みます。

※これらの三大障害が、白血球病ばかりではなく、あらゆる病気の原因にもなるのです。

■論より証拠!!! 急性リンパ性白血病と脳腫瘤の完治!

■詳しくは本部のページへ:<<本部のTOPで詳細を見る>>

脳、腫瘤 RI7月2日


※人の血液は、骨髄ではなく、小腸の絨毛細胞で、食べ物を消化しつつ、腸内細菌の働きを得て造血されているのですが、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪め、その影響から、骨盤内臓神経が圧迫され、腸の蠕動運動や文節運動や蛇行運動が制限され、消化液の分泌に障害が及び、消化も吸収も消化器でのB細胞の造血にも被害が及びます。

※また、右側の骨盤が大きく歪むことで、夜な夜な横向きになって就寝し、そのために下になって体重を支えている鎖骨が歪みます。鎖骨が歪むことで、胸腺の循環が悪化することで、造血に係るTリンパ球が産生されず、Tリンパ球とB細胞で作る、コロニー刺激因子として知られている造血の指令が弱くなり、次第に重症化するのです。

※ゆえに、白血球の減少症は、被爆だけではなく、恐怖感という大きなストレスによって生じる、体の歪みも大きな一因として対応するべきなのであるが、この点、90以上に分裂した医学界の現状から、専門医はパーツのエキスパートではあっても病気を治すエキスパートではなくなり、今になって、総合医を育てなくてはならないと、言われ始めているのが現状です。

※つまり,多くの病気は、不安や心配屋恐怖等の過剰なストレスによっても進行するのであるが、世界中の医学教育には、この問題との関わりが欠如しているため、有能なはずの医者をどれほど増やしても、対症療法ばかりが行われ、原因から改善されることはなく、病気を治すことはできず、究極は、抗がん剤の副作用などで悪化させられているのです。

※ゆえに、ストレス社会の日本の現状では、大学病院等、大病院で治療を受けたとしても、体質歯改善されず、多くは悪化し、治るという事は、ほとんど期待できず、究極は寝たきり老人の地獄行きとなっているのです。

※アメリカでも半数の医学部で統合医療教育が行われ、13の州では、自然療法に保険が適用され、患者は、年々減少の傾向にある中で、日本はダントツ増え続けているのです。したがって、医療の見直しは、絶対必要条件なのです。

※どんな医療が理想化といえば、安全で確実に改善出来る方法ですが、それを実現したのが、大沼式健康法として、国際的に注目を浴びている、五大免疫療法なのです。

※詳しくは、予防医学セミナーで・・・・・・・・。
*************■予防医学セミナーで 病気の原因を学びましょう ■**************<
■予防医学セミナー
■日時:2014年10月19日 
■会場:ウイルあいち 2F 特別会議室   開場am9:30~ 開演10:00~
  名古屋市東区 市政資料館前

■午後14時~体験会及び実技指導、鎖骨ほぐしのインストラクター養成等

◆テーマⅠ:9割の癌は、手術も抗がん剤もなしで治る!

◆講師:岡田恒良先生 元尾西市民病院外科部長  おひさまクリニック院長

◆テーマⅡ:腫瘍が消える時、自然治癒の原理!
◆講師:大沼四廊 一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事

10月名古屋セミナー

※セミナー申し込みはこちらからhttp://www.nrt.ne.jp/

■お問い合わせ先:052-806-2178  一般社団法人 ナチュラルメディスン

■緊急相談窓口:090-5861-4489   大沼四廊 24時間対応可

*******************************

■施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン

代表理事 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル 2F-D

■研究所
自然医学総合研究所;052-801-7063

所長 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

■緊急相談窓口;090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
  





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。