大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

自然医学のススメ、現代医学の限界

自然医学のススメ、現代医学の限界

あらゆるがん自然治癒します、白血病がんではありません。手術、抗がん剤、放射線など貴方の身体に負担がかかる治療をする前に一度考えてみてください。

【ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

 さて、西洋医学の流派には、

 心理療法(サイコセラピー)
 整骨療法(オステオパシー)
 自然療法(ナチュロパシー)
 同種療法(ホメオパシー)
 逆療法(アロパシー)

 以上の5種類がありました。

 今その一つであるアロパシー(Allopathy)だけが「西洋医学」となり、これ以外の療法は我が日本では「非合法療法」となってしまっています。

 初めアロパシーは「逆療法」とまともに訳されていましたが、現在は、「対症療法」と偽訳されいます。「逆療法」とはようするに「毒を持って毒を制す」という事です。

 ドイツ、カナダなどの一部の国ではアロパシー以外の療法のいくつかは合法的に認められており、健康保険の適用も出来るようになっています。実際カナダでのガン患者は病院の医師に「どの療法を選択するかはあなたの自由だ」と言われ、「逆療法」アロパシーを選択する人は少ないと言われています。

 日本では、合法的な医学と言えば「対症療法」(アロパシー)であり、これ以外のものは原則として「非合法」であり、一部のものは「代替医療」と言われてしまっているのです。

 日本の代替療法と呼ばれている物は色々ありますが、その効果は千差万別です。その原因は、上位約半数の公立大学に莫大な予算を当てて研究してきたアメリカとは運命を隔てて、日本政府は真剣に取り組んでこなかったからです。そのため、「この代替療法が必ずガン患者すべての方にベストな療法である」と言える物は絶対になく、人によって効果を表す療法は変わって当然だと思われます。

 抗ガン剤や放射線、手術などのリスクや副作用、術後の障害などをすべて包み隠さず丁寧に患者へ説明を行い、患者側にとって一番ベストな対応を行うように尽力されている医師もいらっしゃる事も事実です。

 しかし、個々努力の甲斐空しく殆どは自己責任を取らされることを恐れてアロパシーである対処療法(逆療法)だけに照準をあわせた近視眼的な対応でしかなく、5年・10年経った後でも転移や再発に恐れながらの生活を余儀なくされ、よって年々ガンで亡くなられている方が増え続けている事はデータで示したように紛れも無い事実です。

 ですから、日本国のガン医療として唯一認められている三大療法すべてがガン治療のすべてであるとはこれもまた絶対に言いきれません。

 国家的にこうした医療問題を解決する為に、血液は腸で作られているという学説、千島学説の「腸管造血」を研究し、「骨髄造血」はオカシイのではないのかと疑問符を投げ、現代医学問書を再検討するという根本・原点に立ち返った英知が今こそ我々に求められているのです。

 ガンなどに代表される難病の数々は必ず複合的な原因があります。

 ガンでなくとも例えば、

 風邪を引いたら菌を殺す為に「熱」が出ます。
 風邪を引いたら菌を外へ追い出す為に「咳・痰」がでます。
 痛んだ食べ物を食べると「下痢」になります。

 これらはすべて人間が自然に持っている防御反応です。こうした時は無理をせず自己治癒力を高めるため、食事を控えめにし、十分な休息を取り、白血球の食菌活動や排出活動を応援してあげる事です。

 そうして完治した身体には自分の力で病を克服したした印として記憶され、自己免疫力が備わり、同じような病に罹り難くなります。非常に単純な事でありこれはガンでも同じ事が言えます。

 これを薬物という”毒”で押さえ込んでしまったら一向に自己免疫は生まれません。次に罹った時にも薬に頼るしかない身体になってしまいます。

 PR率云々の話が出ましたが、人間は長ければ120年生きるといわれています。抗ガン剤などの三大療法の力によって本当に治癒で出来たのであれば、その患者さんが再発もなく病に伏す事無く、その後の人生を有意義に過ごされたかどうかが本当のPR率だと思います。人類の寿命は4週間、5年などではありません。

 私の研究では、あらゆる病は終末期以外のほとんどの場合に自己治癒、自然治癒で根治出来る可能性があるのだと言う事を知って頂きたいと思います。

 当ブログで示させて頂いているナチュラルメディスン集ではそうした己の自然治癒能力をフルに活動させ、ナチュラルメディスンが行っている「NRT自然免疫活性療法」によって回復に向かわれた方の症例を確固たる証明として提示させて頂いています。

 また、近い将来には内外の学会での正式発表も視野に入れ企画しております。

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 ナチュラルメディスンが行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【ナチュラルメディスン】

 代表理事:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420 フジイイビル2-D
 TEL:052-806-2178


*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード