大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん・ヘルニア・リウマチ・あらゆる病の自然医学

がんヘルニアリウマチ・あらゆる病の自然医学

【ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキング参加中】

 まずはじめに、

 我々人類は”約60兆個もの細胞”から成り立っています。

 これはすべての人種に共通する常識です。

 その細胞の生死の鍵は我々人間が生まれ持って先祖から受け継がれ、授かった『血液』に委ねられています。

 あらゆる病、特に慢性病などは『血液』の状態によってその病状が大きく左右されます。

 東洋医学では『万病一元、血の汚れから』と発想し、『血をきれいにすれば、万病が治る』と考えられています。

 人体のあらゆる細胞は『血液』から作られ、あらゆる臓器は『血液』よって酸素が送られ機能し、自己を守っている免疫は血液の中の「白血球」によって成り立ち、体内の秩序が保たれています。

 そして、現代の医療機器や医療技術の発展は目覚しいものがあります。

 経験のある方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、ご自身が病気に罹り、血液検査を行ったときに、血液が”キレイなのか、汚れているのか”どうか医師から説明を受けられた方はいるでしょうか?

 現代医療では血液の成分量を分析する事をしても、その血液が病を打ち負かすほどの免疫力を持っているかどうか、キレイな血中の中に白血球が元気に動いているかどうかチェックを一切しません。

 皆さんは車のオイル交換をするときに”量”だけを見て交換されますか?

 ”量”だけでなく汚れているかどうか”質”必ずチェックしてから交換するはずです。それとタマに”オイルフィルター”を交換し、”フラッシング”というエンジンルームの洗浄を行います。

 例に挙げましたように現代医学はそうした量だけみて質をまったく見ようとしない盲目的な検査方法だけを行い、患者は病名をつけられているわけです。

 そうした盲点がある限りどんなに医療機器が発達しようが、西洋医療手技が磨かれようが、高級な薬剤が開発されようが我々の体は自然治癒することはありえない事だと考えます。

 ~日本、医療費の現実~

  日本の医療費国家予算は平成18年度にはおよそ『30兆円』にも達し、その内の8兆円が一般予算内から捻出されています。
 
 足りない費用には『赤字国債』を刷り続け、我々日本国民に圧し掛かるいわゆる『借金』は2005年度時点でなんと『約538兆円』にも上っています。

 しかも、その『借金』の利子は『約18兆円』にも膨れ上がっています。当然その利子は国民の税金で支払われる事になります。

 その赤字国債発行による『借金』は、最悪のシュミレーションで2015年度には『約894兆円』にも達し、毎年の利子は『約53兆円』にまで膨れ上がり、我が日本は世界でも例を見ない『医療破産国』に刻一刻と近づいているわけです。
 
 参考資料:平成18年度国予算のあり方(要旨)
   ~医療費抑制と消費税引き上げが財政再建に及ぼす影響~

 ここで近年のガン患者数とその死亡率の推移を見てみましょう。

 戦後1947年あたりの日本は『結核』約185万人、『肺炎』約175万人、『脳血管疾患』約125万人が死亡率トップ3でした。

 参考資料:昭和22年から平成16年までの死亡率の推移
      (厚生労働省より)

 そのころの『悪性新生物』、いわゆる『ガン』などは5万人にとどまっていました。そしてそのころを境にガンによる死亡数が右肩上がりに増えていくことになります。

 戦後の日本に比べて現在の日本には世界のあらゆる食材などが簡単にスーパーで購入することが出来るようになり、ビタミンやミネラルなどの摂取が容易に可能となりました。

 そのため、戦前に不足していた栄養素が補給できるようになりウィルス伝染的病である『肺炎』や、『結核』などの死亡率が非常に少なくなりました。

 一方で『ガン』は1990年代での死亡数は20万人を超え、2000年には約30万人にも達しています。

 参考資料:日本におけるガン死亡の動向予測
      日本におけるガン死亡の動向予測(PDF)

 1980年代から90年代に比べて、現代のガン医療技術は毎年膨張する国家予算内の医療費割り当てからもわかるように目覚しく発展しているにも関わらず、なぜ一方的に右肩上がりに『ガン』で死亡する国民が増えているのでしょうか?

 医療費のすべてがガンに割り当てられているわけではありません。

 しかし、ガン患者が増える、ガンで死亡する国民が増える、医療費も毎年増える、患者の医療負担額も2割から3割に増えた(社会保険)、これはいったいどういうことなのでしょうか?医療費を増やし続ける事で、これらの死亡率が減っていくのでしょうか。

 ガンで死亡する国民が増え、医療費も増え、患者医療費負担も増え、税金も増えていったいどこの誰が潤い、幸せで有意義な人生をまっとうされているのでしょうか。

 起こった現象には必ずと原因があります。くさい物に蓋をするだけでは必ずいつか膨張して破裂する運命をたどります。

 それらの根源を解決する一つとして重要なキーワードが『血液』なのです。

 このキーワードを解き明かす事によってあらゆる病が自己免疫力による自然根治が可能となり、政治的な医療問題を解決する糸口となるのです。

 『医者』とは、大きな病院にいる医師だけではありません。自己免疫力によって修復が可能となるそんな優秀な遺伝子を持つ人間の一人一人が生まれながらにして、天から与えられた『医師の資格』を持つ本当の医者なのです。

 それを自身で証明し、実現して行くことが『和』の心を大切にする我々日本人の真の『大和魂』です。

 当ブログではこうした現代医学の矛盾、盲点を中心に情報を発信して参りたいと思います。

【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】

 ナチュラルメディスンが行っている「NRT自然免疫活性療法」によって自身の自然治癒能力をフル活動させ、回復に向かわれた方の症例を証明として提示しています。

 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。

 監 修:【ナチュラルメディスン】
 代表理事:大沼 四廊
 所在地:名古屋市天白区焼山1丁目420 フジイビル2-D
 TEL:052-806-2178


*当ブログに関する管理人へのお問い合わせは、ブログトップにあるメールフォームからご連絡ください。


スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

tag : ガン ヘルニア リウマチ 血液 医療

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。