大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

末期がん、悪性リンパ腫、自然治癒の症例

■悪性リンパ腫、自然治癒の症例■ 

 両側悪性リンパ腫で気管支切開を受け、タイから来たニタラーさんの症例 
      「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」 


■自然療法は世界の常識です。どんな病にも必ず原因はありますが、88もの科ごとに細分化された医学会では、担当の部位だけみて対症療法を行うため、、全体を見ることもなく、原因を見落としているのです。

■ニタラーさんの症例が示すように、医療情報に騙されず、末期のガンや難病にも可能性は大いにあるため、あきらめないことです。
あきらめずに実績の多い療法を探すことも運命の内なのです。


250 FB_IMG_1480423362227

ニタラーさん(23歳)は、日本人の男性と結婚し、2016年の5月に待望の赤ちゃんが生まれました。
 その後体調が悪くなり、呼吸困難になり、救急で、地元の病院にいき、気管支に穴をあける気管支切開を受け、(右したの映像参照)「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」 と診断され、後は抗がん剤で治療をすると言われ、ご主人の父親が、抗がん剤の治療で苦しんで亡くなった体験から、断り、ネットで、悪性リンパ腫の自然治癒を検索して、相談のメールと左の写真がが送られて来ました。

2008年に交通事故で右足に貫通するほどの大怪我した影響から、骨盤も背骨も頸椎も大きく歪み、両側の鎖骨も癒着し、心臓の出口で大血管が圧迫されていました。また、頸部のCTの画像(右上)では、頸動脈や静脈が圧迫され、それが頭痛やリンパの流れが悪くなった原因と考えられ、10月の11日から1か月間集中して体質を行う事にしました。

 集中療法とは、その名の通り、朝から晩まで6時間ほど温熱療法で温めたり、近赤外線療法で患部周辺の靭帯の血流を改善し、さらに、バンドストレッチで全身を緩めてから、純度の高いアロマオイルを用いて全身のオイルマッサージを行い、リラックス効果が十分得られたところで、独自に開発した、SST(スーパーソフトセラピー)を施しました。

 その結果、徐々に、硬直していた肩と首がほぐれ、呼吸も楽になり、毎日続いていた頭痛と腰痛や手足のしびれが軽減し、笑顔も多くなり、痛みどめも少なくてすむようになりました。


CT.jpg

上の映像は、ニタラーさんの入院時のCT画像です。
 矢印の部分と赤の円内を比較すると、園内は、頸部の動脈も静脈もふさがっていたことが確認されます。
 
 この原因は過剰なストレスによる骨盤や鎖骨の歪みによる鎖骨下動脈や静脈が圧迫され、胸鎖乳突菌の硬縮により、迷走神経が障害され血管が委縮し、呼吸が浅くなったため、増殖し、石灰化ができたからです。

従って、対症療法を受ける前に、根本的な原因から改善することが重要なのです。


金具

上の映像は、気管支切開の後の胸部のX線で、金具が白く映っていることが確認できます。

■純度が高く浸透率の良いドテラ社のオイルを用いた「メディカルアロマトリートメント」を受けるニタラーさん。

ニタラ


■デトックスをしているニタラーさんとそれを見守る優しい主人!

FB_IMG_1481463721967_20161225154043b41.jpg


■集中療法1週間後の変化です!!!

左肩が緩みだし、呼吸が楽になりました。


250 FB_IMG_1481463787207  

■集中療法2週間後の変化です!!!
両側の肩と首が緩み始め、笑顔で、お話しができるようになりました。

          
2週間後


■2016年10月11日、 初回の抹消血管の血液画像です。

赤の矢印は、固まった赤血球で、白の円内は、動きの悪い白血球です。
このような血液では、どんな薬を使っても、体質は向上できません。
体力もなく、悪化して当然です。

血液初回


■2016年11月2日の血液画像です。
集中療法は毎日連続で24回目です。

絡まっていた赤血球は、分離し、流れやすくなり、エネルギー代謝が盛んになり元気になってきました。
また、動きの悪い白血球が動き出していました。
白血球が動き出すことで、遺伝子情報の伝達も安定し、かつ、がん細胞など不要な細胞を認識し、tリンパ球やNKT細胞などが増殖活性し、自ずと攻撃を開始しできるようになるのです。


250 FB_IMG_1481463595412

■首回りがこんなに細くなったと喜ぶニタラーさん。


250D FB_IMG_1481463595412



■3週間後、食欲が旺盛になり、名古屋名物のひつまぶしを食べました。とても気に入ったようで1週間に3回も食べに行きました。

250 FB_IMG_1481463570839

■替えるまでに日本で寿司を食べたいというので、皆で湯豆腐とお寿司を食べに行きました。

湯豆腐

■念願のお寿司を食べるニタラーさん。

寿司

■1ケ月間の特別集中療法が終わり、帰国に向かう車の中で感謝するニタラーさん。

帰国

■他の病気などのお問い合わせも受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
一般社団法人ナチュラルメディスン
代表理事  大沼四廊

〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル2f-D
TEL:052-806-2178
携帯:090-5861-4489まで 24時間対応可
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード