大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/29のツイートまとめ

shiro517

http://t.co/U4OhdAncUW
09-29 23:34

スポンサーサイト

09/28のツイートまとめ

shiro517

◆186人が回復せず !子宮頸がんワクチンの深刻な副作用 接種呼び掛け中止継続 !子宮頸がんは、粘膜表面にとどまる上皮内がんと粘膜より深く広がる浸潤がんからなります。... http://t.co/0ppIj0M0L9
09-28 22:09

http://t.co/1y2xjKT7Hh
09-28 21:43

http://t.co/sRRQrMZTAM
09-28 21:43

http://t.co/blS774Tsox
09-28 17:28

北斗晶の影響力に医療関係者が驚き 公表後乳がん検診5倍の病院も - ライブドアニュース http://t.co/xOB0fk7fFa
09-28 16:13

子宮頸(けい)がんワクチンの深刻な被害!

◆186人が回復せず !

子宮頸がんワクチンの深刻な副作用 接種呼び掛け中止継続 !


子宮頸がんは、粘膜表面にとどまる上皮内がんと粘膜より深く広がる浸潤がんからなります。

上皮内がんを含めた子宮頸がんの発生率は、50歳以上の中高年層ではこの20年間で順調に減ってきていますが、逆に20歳から29歳では急激に増加しています。

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しており、高齢になるほど多くなるほかのがんと違って、性活動が活発な若い年代で感染の機会がふえているためと考えられて、ワクチン療法が始まりました。

しかし、一部で深刻な副作用が残っているのが現状です。


臨床 2015年9月18日 (金)配信共同通信社


 子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に全身の痛みやしびれなどの副作用が報告された問題で、厚生労働省は17日、少なくとも186人が回復していないとの追跡調査結果を専門部会に報告した。

うち135人は通学や通勤に支障が出た。専門部会は2013年6月から続く接種の呼び掛け中止を当面継続すると決めた。

 専門部会で同ワクチンを議論するのは昨年7月以来。接種の呼び掛け中止は少なくとも数カ月は続く見通し。厚労省は患者の診療情報を集約し、原因や治療方法などを詳細に調べる新たな研究班の設置や、接種と症状との関係を見極める疫学調査を検討する。

 またワクチンが定期接種になる前後で副作用被害者の救済の水準に差が生じないようにする。

 調査結果によると09年12月の販売開始から14年11月までにワクチンを接種したのは約338万人で、副作用の報告は2584人。報告の頻度は0・08%で、4種混合や日本脳炎などのワクチンと比べ高いという。

 症状の経過を把握できた1739人では、11%に当たる186人が未回復だった。症状は頭痛や倦怠(けんたい)感、関節痛などで、114人は薬物療法や理学療法などにより一定の治療効果があった。少なくとも通院が不要な程度まで軽快した1550人のうち1297人は1週間以内に回復していた。

 ※子宮頸(けい)がんとワクチンの被害!

子宮頸がんの解剖


 子宮の入り口付近にできる子宮頸がんの主な原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチン。HPVの50~70%を占めるウイルス型に効果があり、筋肉注射で3回接種する。

 20~30代の若い患者が急増しており、小学6年から高校1年に相当する女子を対象に2013年4月から原則無料の定期接種となった。長引く痛みやけいれんなど副作用報告が相次いだため、厚生労働省は同年6月、ワクチンの接種を自治体の広報誌で呼び掛けたり、接種を促すはがきを家庭に送ったりする「積極的な勧奨」を中止した。

◆がんの部位別死亡率 2013年度
がんの部位別死亡率2013年a>

◆がんの部位別年度別死亡率の推移

ガンの部位別、年度別死亡率の推移

◆女性のガンでは、子宮がんよりも大腸がん、肺がん、乳がんの方が遥かに増加している!

この変化の原因は、戦後急激に変わった生活習慣によるものと考えられます。具体的には、進学率を上げるために、子供の頃から深夜遅くまで座って勉強させる時間が長くなっている事や、肺がんでは、ウインドーズ95というパソコンが一般の会社や家庭や教育の現場に普及に比例して増加しています。また、乳がんは、子供の出生率が低くなり、それに伴い、母乳を長く与えるケースが多くなったことと比例しています。

◆昭和30年から平成22年までのガンの部位別発症率から、胃がんが減少気味の傾向にある中で、大腸がんや肺がんや子宮がんが増加の傾向にあります。

子宮がんも、微妙に増えてはいますが、部位別では最下位です。

子宮がんの増える原因は、TVゲ-ム等の普及率とも比例して多くなっています。

女性に多いがんの第一位は大腸がんで、第二は肺がんで、第三は乳がん、で子宮がんは最低ですが、これらの共通した原因は、PCやゲームなどに係る時間が増え、深夜遅くまで座る時間が長くなり、それに反して、学校や職場や家庭でも体を動かして運動する時間が極端に減少したことと一致しています。

また、オール電化で、電子レンジや喫緊やスマートフォンなど子供の頃から毎日大量の電磁場を浴びやすくなっていることも一因とみるべきですので、電磁波は積極的に離れるようにして、出来るだけカットするべきです。

詰まり、座る時間が長くなることで、右側の骨盤が上に前に捻転し、右側で、骨盤の内臓に血液を送っている、内腸骨動脈や静脈やリンパ管が圧迫され、リンパ管が圧迫されることで、寿命の尽きた死細胞の排泄もできず、腫瘍の原因となるのです。

実際に血流のいいところには、ガンは発生していません。

このことから、ウイルスに対してワクチンで対応するのではなく、日ごろから生活習慣を見直しして、体を動かすことで、体全体に新鮮な血液が流れることで予防するべきです。

◆病気の原因となる汚れた血液の画像

悪い白血球 

◆自然療法で、生まれ変わる白血球

自然活性 e


***** 対症療法ではなく、生活習慣の見直しと体質の改善が有効です。

五大免疫療法

◆鎖骨ほぐしで癌体質を克服する!

鎖骨ほぐしの実演

◆ガンに勝つ胸腺の働き!

胸腺

◆ストレスは体液を汚し、「右側の骨盤を歪め」、さらに左の「鎖骨が歪む」そのため、心臓の出口で大血管が圧迫され、胸腺の循環も障害されます。

鎖骨の歪みは、胸腺の循環障害を誘発し、胸腺の機能が低下します。

しかし、この胸腺では、ガンや外敵から身を守るTリンパ球やNKT細胞を増殖と活性することで、必要に応じて、造血のためにヘルパーT細胞もつくるのです。その他、アレルギー反応を抑えるレギュラトリー細胞も作られます。

しかし、鎖骨が大きく歪むことで、これらの全ての機能が損なわれ、病気を治すことができなくなるのです。

骨盤変位

◆また、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪めるため、骨盤内臓神経が圧迫され、直腸や膀胱や生殖器の機能から、体を支えている、大腰筋や股関節の循環も悪化し、腸の蠕動運動が弱くなることで、大腸内で腐敗し、日和見菌が悪玉菌に代わり、増殖して、感染症や他の病気を誘発する条件になっています。

大腸菌

◆大腸菌の改善には、骨盤の歪みを改善することは言うまでもありませんが、光の持つ光回復酵素の働きも欠かせませんし、発酵食品や酵素食品を大く取るようにすることと、腸内の酵素洗浄も重要な健康法ですし、子宮の酵素洗浄も応用する事で、荒れた胃壁や肌がきれいに修復するように、改善することが期待されます。


******* 予防医学セミナーのお知らせ *********
◆予防医学セミナーのお知らせ!

病気になる前となってからのために!

日時:10月18日(日)
会場:ウイルあいち 2F 特別会議室
   名古屋市東区 市政資料館前
開場:am9:30 開講:am10:00

テーマⅠ:がん治療の過ち
講師:岡田恒良 医学博士 
   元尾西市民病院外科部長
   名古屋医療維新の会代表
   おひさまクリニック院長

テーマⅡ:ステージ4からの回復のために
講師:大沼四廊 
   一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
   がんの盲点 白血病はがんではない
   椎間板ヘルニは確実に治る
   病気を治す体の仕組み
   鎖骨ほぐしで100まで健康

pm1:30~16:30
テーマⅢ:初めての方の体験会
     鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
     子供や家族を守るためにしておくこと
     専門家養成講座


1018.jpg

◆本部URL:本部のURL

申し込み先
一-般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-807-2178
緊急連絡先:090-5861-4489 大沼 24時間対応可
本部のURL

09/27のツイートまとめ

shiro517

http://t.co/LbnuH54O6d
09-27 03:55

◆セレキノン後発薬が販売中止へ

◆セレキノン後発薬が販売中止へ

サキオン錠、在庫終了は2016年1月を予定
2015年9月25日 (金)配信

一般内科疾患消化器疾患投薬に関わる問題

 ポーラファルマはこのほど、消化管運動調律薬「トリメブチンマレイン酸塩錠」(商品名:サキオン錠100mg)の販売を中止すると発表した。最終出荷ロットの使用期限は2017年11月で、在庫の終了は2016年1月となる見込み。

 サキオン錠はセレキノンの後発薬で1992年7月に販売を開始、原沢製薬工業が製造販売元、ポーラファルマが発売元となっている。

セレキノン


 効能・効果は慢性胃炎における腹部膨満感、腹部疼痛、悪心、噯気などの消化器症状と過敏性腸症候群。

 同社では、販売中止理由を「諸般の事情」としている。

トリメブチンマレイン酸塩(セレキノン)の添付文書
・妊婦での安全性:未確立。有益と判断されたときのみ服用。
・授乳婦での安全性:原則として服用しない。やむを得ず服用するときは授乳を中止。
・小児での安全性:未確立。

副作用等

1.重大な副作用 AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、黄疸
              頻度不明

2.その他の副作用   便秘、下痢、腹鳴、口渇、口内しびれ感、悪心、嘔吐、心悸亢進、眠気、眩暈、倦怠感、頭痛、過敏症、
               発疹、蕁麻疹、そう痒感、排尿障害、尿閉

               頻度不明

 効能・効果は慢性胃炎における腹部膨満感、腹部疼痛、悪心、噯気などの消化器症状と過敏性腸症候群という事で、投与されるこのような薬が、2016年1月まで、在庫処理されることになるのですから、医者の言いなりになりやすい人は要注意です。

 西洋医学が保険医療を独占して依頼、生薬が化学薬品に代わり、化学薬品を主体に投薬するようになり、腸内細菌のバランスが崩壊し、血液も体液も汚染され、血管壁は死細胞や老廃物が付着し、血管の機能である、肝心な浸透圧が悪くなっています。

 そのため、早くから血栓体質になり、代謝が障害され、医原病という薬の副作用で作られる病気で薬が効かない耐性菌が発生し、より複雑で薬で改善できない病気が増え続けています。

 また、鎖骨が歪み、迷走神経が圧迫されることで、呼吸が浅くなり、珊瑚由来の真菌が増殖し、体内にたまった二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生し、関節を覆う、靭帯が石灰化することで、体は硬直し、薬が効かない、不妊症や、発達障害や、てんかんや、末期の糖尿病や動脈硬化症やがんなどの難病も増えているのです。

◆大動脈にできた動脈硬化症(白い部分がカルシウムの沈着)

動脈硬化

 戦後のどさくさに紛れて、西洋医学に保険医療が独占された日本の医療下では、患者は医療側の都合のいい、奴隷に過ぎません、原因不明と言われている多くの病気には、手術も投薬も、全く、安全性が確立されておりませんので、健康を維持するには、欧米のように自分の身は自分で守るしか方法はないのです。

◆ストレスは体液を汚し、「右側の骨盤を歪め」、さらに左の「鎖骨が歪む」そのため、心臓の出口で大血管が圧迫され、胸腺の循環も障害されます。

骨盤変位


 胸腺では、ガンや外敵から身を守るTリンパ球やNKT細胞を増殖と活性することで、必要に応じて、造血のためにヘルパーT細胞もつくるのです。

 その他、アレルギー反応を抑えるレギュラトリー細胞も作られます。

しかし、鎖骨が大きく歪むことで、これらの機能が損なわれ、病気を治すことができなくなるのです。

胸腺


◆また、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪めるため、骨盤内臓神経が圧迫され、直腸や膀胱や生殖器の機能から、体を支えている、大腰筋や股関節の循環も悪化し、腸の蠕動運動が弱くなることで、大腸内で腐敗し、日和見菌が悪玉菌に代わり、増殖して、感染症や他の病気を誘発する条件になっています。

大腸菌


◆つまり、過労の状態が長引くことで、体液が酸化し、白血球の動きも鈍くなり、瞬時に食菌作用ができなくなるのです。

悪い白血球 


◆風邪の発熱は、ウイルスの増殖を防ぐために起こる必要な生体反応です。

また、同時に、発熱を抑えるために、発汗作用が始まることで、体内に蓄積された、酸を分解して汗として、皮膚を通じて体外に解毒することで、体液が浄化されることで、白血球は活性化し、遺伝子情報の伝達が回復するため体は基に戻ります。

自然活性 e


◆ゆえに、薬に依存するのではなく、早めに休み、大根湯や、ニラがゆなどを軽くとり、体内の汚れや歪みを改善することが重要なのです。

******* 予防医学セミナーのお知らせ *********
◆予防医学セミナーのお知らせ!

病気になる前となってからのために!

日時:10月18日(日)
会場:ウイルあいち 2F 特別会議室
   名古屋市東区 市政資料館前
開場:am9:30 開講:am10:00

テーマⅠ:がん治療の過ち
講師:岡田恒良 医学博士 
   元尾西市民病院外科部長
   名古屋医療維新の会代表
   おひさまクリニック院長

テーマⅡ:ステージ4からの回復のために
講師:大沼四廊 
   一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
   がんの盲点 白血病はがんではない
   椎間板ヘルニは確実に治る
   病気を治す体の仕組み
   鎖骨ほぐしで100まで健康

pm1:30~16:30
テーマⅢ:初めての方の体験会
     鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
     子供や家族を守るためにしておくこと
     専門家養成講座


1018.jpg

◆本部URL:本部のURL

申し込み先
一-般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-807-2178
緊急連絡先:090-5861-4489 大沼 24時間対応可
本部のURL

◆抗インフルエンザウイルス薬でアナフィラキシー症状が発症 !

◆抗インフルエンザウイルス薬でアナフィラキシー症状が発症 !

厚生労働省は慎重投与を!

医薬品医療機器総合機構2015年8月6日 (木)配信

一般内科疾患感染症投薬に関わる問題

 抗インフルエンザウイルス薬の「ラニナミビルオクタン酸エステル水和物」(商品名イナビル吸入粉末剤20mg)と「ザナミビル水和物」(同リレンザ)について、厚生労働省は8月6日、添付文書に「慎重投与」の項を新設し、乳製品過敏症の既往のある患者に関する注意喚起を追記するよう求めた。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が情報を伝えた。

 イナビルとリレンザはともに、夾雑物として乳蛋白を含む乳糖水和物を使用している。

直近3年度の国内データで、乳製品へのアレルギーがある患者への投与でアナフィラキシーが発現した症例がイナビルで5例(うち因果関係が否定できない症例が4例)、リレンザで1例(同1例)あったことを受け、添付文書の改訂が適切と判断された。

◆人はなぜ風邪をひくのか?

◆発熱などの風邪の症状は、疲れがたまり、体液が汚れるのを防ぐために、出る浄化作用です!
 
 故に、デンマークでは、風邪で病院を受診する人はいませんし、受信しても、投薬はありません。
熱が収まるまで3日間くらい体を休めなさいと指導されて帰されるのです。
 
 子供の頃から学校で予防医学を指導し、虫歯にさせない教育から始まり、風邪をひかせない、糖尿病にさせない、がんにさせないなど、手術や薬に依存させない生活習慣を指導し、その結果、高齢者の寝たきり老人はおりません。

◆また、有機農業で自給率200%で、自然エネルギーにも比重が多く、国民の健康意識は高く、それゆえに、環境を大切にし、毎年、幸福度世界一を保持して有名です。

◆風を引くことは、無理な生活習慣から身を守るための、大切な危険信号でもあるのです。

欧米では、体が発信する危険信号を守って、体を休めることを優先するのに対して、多くの日本人は、薬を飲んで学校や仕事に行く、無理な生活を選択しています。

デンマークのように、子供の頃から、薬を使わずに生活することで、体の中に備わっている、自己免疫力が機能し、白血球が外敵を見つけて食菌して守ります。

さらに、一度自己免疫力で治すことで、記憶細胞に記憶され、同じ菌には、二度と感染しないように守られているのです。

しかし、多くの日本人は、早めに検査、早めに薬、予防のために風邪薬を飲むケースも少なくはありません。

それが、巷にありふれているファーストフードや、食品添加物や農薬交じりの食生活に合わせて、塾や残業などで、深夜遅くまで起きる習慣から、体液は汚れ、10年20年と継続することで、特に女性の場合は生理痛の痛み止めも欠かさず飲みたい放題で、自己免疫の仕組みも弱くなり、早ければ10代から狂い出し、20代には低体温という状態でエネルギ―代謝が不調になり、体力が減弱し、病気の基礎が固定化しています。
さらに、30代では代謝が完全に狂いだし、40代では自己免疫力が崩壊し、がんに罹患するケースが多発しています。

◆ストレスは体液を汚し、「右側の骨盤を歪め」、さらに左の「鎖骨が歪む」そのため、心臓の出口で大血管が圧迫され、胸腺の循環も障害されます。

骨盤変位


 胸腺では、ガンや外敵から身を守るTリンパ球やNKT細胞を増殖と活性することで、必要に応じて、造血のためにヘルパーT細胞もつくるのです。

 その他、アレルギー反応を抑えるレギュラトリー細胞も作られます。

しかし、鎖骨が大きく歪むことで、これらの機能が損なわれ、病気を治すことができなくなるのです。

胸腺


◆また、過剰なストレスは、右側の骨盤を歪めるため、骨盤内臓神経が圧迫され、直腸や膀胱や生殖器の機能から、体を支えている、大腰筋や股関節の循環も悪化し、腸の蠕動運動が弱くなることで、大腸内で腐敗し、日和見菌が悪玉菌に代わり、増殖して、感染症や他の病気を誘発する条件になっています。

大腸菌


◆つまり、過労の状態が長引くことで、体液が酸化し、白血球の動きも鈍くなり、瞬時に食菌作用ができなくなるのです。

悪い白血球 


◆風邪の発熱は、ウイルスの増殖を防ぐために起こる必要な生体反応です。

また、同時に、発熱を抑えるために、発汗作用が始まることで、体内に蓄積された、酸を分解して汗として、皮膚を通じて体外に解毒することで、体液が浄化されることで、白血球は活性化し、遺伝子情報の伝達が回復するため体は基に戻ります。

自然活性 e


◆ゆえに、薬に依存するのではなく、早めに休み、大根湯や、ニラがゆなどを軽くとり、体内の汚れや歪みを改善することが重要なのです。

******* 予防医学セミナーのお知らせ *********
◆予防医学セミナーのお知らせ!

病気になる前となってからのために!

日時:10月18日(日)
会場:ウイルあいち 2F 特別会議室
   名古屋市東区 市政資料館前
開場:am9:30 開講:am10:00

テーマⅠ:がん治療の過ち
講師:岡田恒良 医学博士 
   元尾西市民病院外科部長
   名古屋医療維新の会代表
   おひさまクリニック院長

テーマⅡ:ステージ4からの回復のために
講師:大沼四廊 
   一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する
   がんの盲点 白血病はがんではない
   椎間板ヘルニは確実に治る
   病気を治す体の仕組み
   鎖骨ほぐしで100まで健康

pm1:30~16:30
テーマⅢ:初めての方の体験会
     鎖骨ほぐしインストラクター養成講座
     子供や家族を守るためにしておくこと
     専門家養成講座


1018.jpg

◆本部URL:本部のURL

申し込み先
一-般社団法人 ナチュラルメディスン
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D
TEL:052-807-2178
緊急連絡先:090-5861-4489 大沼 24時間対応可
本部のURL

09/26のツイートまとめ

shiro517

予防医学セミナーのお知らせ!病気になる前となってからのために!日時:10月18日(日)会場:ウイルあいち 2F 特別会議室   名古屋市東区 市政資料館前開場:am9:30 開講:am10:00... http://t.co/fK8IshLOSs
09-26 22:38

◆抗インフルエンザウイルス薬でアナフィラキシー症状が発症厚生労働省は慎重投与を!医薬品医療機器総合機構2015年8月6日 (木)配信 一般内科疾患感染症投薬に関わる問題... http://t.co/H7cDcdZIO3
09-26 22:23

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/ZNhReGeFIX
09-26 21:56

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/e0L8VuYGSU
09-26 21:40

◆抗インフルエンザウイルス薬でアナフィラキシー症状が発症厚生労働省は慎重投与を!医薬品医療機器総合機構2015年8月6日 (木)配信 一般内科疾患感染症投薬に関わる問題... http://t.co/u0fPbsbxL3
09-26 21:37

09/25のツイートまとめ

shiro517

http://t.co/kxiV1ff9nO
09-25 15:16

09/24のツイートまとめ

shiro517

[desperando.meほか]イタリアの裁判所はワクチン中の水銀とアルミニウムが自閉症の原因と判決 http://t.co/sNSoIGvu4o
09-24 20:24

原因不明の心臓肥大が改善した! 諭より証拠の画像です! http://t.co/XigohIKPNk
09-24 20:21

原因不明の心臓肥大が改善した!諭より証拠の画像です! http://t.co/CKSPkefphx
09-24 20:19

http://t.co/3XXnQDQy9S
09-24 19:01

09/23のツイートまとめ

shiro517

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!高齢者への抗うつ薬、薬剤の種類により有害転帰の出現率に差 BMJ2011年8月5日 (金)配信 精神科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題 Coupland C... http://t.co/SjqymeaS5M
09-23 14:24

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!高齢者への抗うつ薬、薬剤の種類により有害転帰の出現率に差 BMJ2011年8月5日 (金)配信 精神科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題 Coupland C... http://t.co/v1TneAWHpE
09-23 13:51

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!

◆抗うつ薬でうつが悪化、6万746人対象に!

高齢者への抗うつ薬、薬剤の種類により有害転帰の出現率に差

BMJ2011年8月5日 (金)配信 精神科疾患精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題


Coupland C et al.Antidepressant use and risk of adverse outcomes in older people: population based cohort study.BMJ 2011; 343:d4551.

 65-100歳のうつ病患者6万746人を対象に、抗うつ薬と有害転帰との関連を集団ベースのコホート研究で調査。

三環系抗うつ薬に比べ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と他種の抗うつ薬は、転倒、全死因死亡などの有害転帰リスクの有意な上昇と関連していた。

個々の薬剤では、トラゾドンやミルタザピンなどが有害転帰の高リスクと関連していた。

◆うつ病の原因について
人はなぜうつになるのか?
その答えは単純である!

◆私たちの体を支えている骨格は、過剰なストレスを持続して受けることで、例外なく右側の骨盤が上に前に捻転する構造を有している。

そのため、初期には、左半身に体重を乗せて生活をすることになり、特に就寝時には左側を下にして横向きになって寝むる習慣がでる。

その結果、左の鎖骨と胸骨の関節である胸鎖関節がずれて、鎖骨と鎖骨の下にある第一肋骨の間隔がせまくなり、鎖骨下動脈や静脈が圧迫されることで、頭部の循環障害が誘発され、長寿のホルモンや幸福のホルモンとして知られているメラトニンが減少し、逆に拮抗している短命のホルモンであるセロトニンが分泌されることになる。

さらには、迷走神経という血管の脈動や肺や心臓等の運動を支配している神経まで圧迫されるため、呼吸も睡眠も浅くなり、脳内の低酸素状態で目がさめるのである。

よって、うつ病や心身症や不眠症の改善には、ストレスで歪んだ骨格を正すことで血管や神経やリンパ管の圧迫を改善する事が優先して行われるべきであり、セロトニン再取り込み阻害薬ではホルモンのバランスが崩壊し、解決するはずはないのです。

睡眠障害など初期の段階で異常を感じたら、医者にかかる前に、特に鎖骨の歪みや骨盤の歪みなど体のバランスを冷静に確認することが大切です。

◆すい臓がんで抗がん剤の治療中に肝臓に無数に転移が認められた方の脊柱管の歪みです。
 歪みが膵臓や肝臓の支配神経に影響していることが確認できます。

すい臓がんと歪み

◆すい臓と脾臓の支配神

すい臓と脾臓の支配神経


◆その結果、当然鎖骨にも歪みが進行し、脳内の循環が障害されるため、メラトニンが減少し、逆にセロトニンが分泌され、睡眠障害からうつになって、辛く悲しい時間が多くなることで、交感神経が優先して働き、体液が酸化し、細胞が傷つき、発狂し、自殺など企てて寿命が短くなるのです。

◆鎖骨の歪みと大血管の圧迫

鎖骨の歪み

◆血流の障害と免疫疾患

自然活性 e

◆血液が汚れることで、白血球の動きは鈍くなり、遺伝子情報の伝達にも障害が及び、新陳代謝が狂い出します。


◆戦後の日本は、先進国では最悪の自殺大国となった背景には、誤った生活習慣が蔓延し、精神と共に鎖骨や骨盤が大きく歪み、ストレスとの関わりが、低年齢化し、長引くことで癒着まで進行させていることに起因しているのです。

◆しかし 88 にも細分化した医学会では、選択した科目以外に意識が及ばず、原因不明とする医学教育が行われているため、体質の改善まではできるはずはなく、医療の研究費の多くを製薬会社に依存している体質から、医学界全体が、化学薬品に依存した売薬医療という最悪の構造になっているのです。

◆病気の体質と五大免疫療法

五大免疫療法

◆予防医学セミナーで鎖骨ほぐしの実演と指導

鎖骨ほぐしの実演



***  専門医も注目の体質改善  ***


◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!

**********  予防医学セミナーのお知らせ!
1018.jpg


<◆10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。

会場:ウイルあいち  2階特別会議室
 
   名古屋市東区  市政資料館前

◆開場:am9;30分 開演:10:00~

◆テーマⅠ:食べ物で変わる体質  講師:岡田恒良
元尾西市民病院外科部長、名古屋医療維新の会代表

◆テーマⅡ:ステージ4からの生還について 講師:大沼四廊
一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事

著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学するほか、ガンの盲点、白血病はがんではない
や鎖骨ほぐしで100まで健康、等多数、

◆テーマⅢ:午後13:30~16:30 1階フイットネススタジオ
体験会及び鎖骨ほぐしの体験会と専門家養成講座

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

◆お問い合わせ先

一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼 四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!











09/22のツイートまとめ

shiro517

河野洋平元衆院議長に聞く安保法案 - Dailymotion動画 http://t.co/YZC5jodIBh
09-22 23:10

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/QKXsZUXQVb
09-22 12:05

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/voi1d0rFar
09-22 12:01

諭より証拠! 末期胃がんから肝臓に転移、2か月で修復!詳しくは、名古屋本部へお問い合わせください。 一般社団法人 ナチュラルメディスン代表理事 大沼四廊... http://t.co/m39obcBExU
09-22 11:51

諭より証拠!末期胃がんから肝臓へに転移がんが2か月で修復!詳しくは、名古屋本部へお問い合わせください。一般社団法人 ナチュラルメディスン代表理事 大沼四廊... http://t.co/wNZtRAOikJ
09-22 11:47

09/21のツイートまとめ

shiro517

http://t.co/jWjomwraqn
09-21 06:38

黒木奈々さん(32)胃がんの闘病1年で死去!

◆フリーアナウンサー黒木奈々さん(32)2015年9月19日死去されました。
2014年8月に胃がんを告知され、闘病からわずか、1年、抗がん剤の治療に疲れ果てて亡くなったと思われます。
ご冥福をお祈りいたします。

◆黒木奈々さんは、NHK BS1『国際報道2014』のメインキャスターでしたが、
昨年の8月のオンエア直後に胃痛が出て、翌日から番組を休養されていました。

その、2週間後に胃がんであることを公表され、発病から7か月後の2015年3月には、著書
『未来のことは未来の私にまかせよう』(小社刊)という著書の発売を機に、壮絶ながん闘病の真実を初めて語り、注目されておりました。

黒木奈々の本


◆胃がんは、1995年に日本にウインドーズ95が入って以来、肺がんに次いで、日本人のガン死の第2位を保っている、国民病ともいえる存在の病気です。

◆年々増える日本のがんの死亡率

ガンの死亡率

◆胃がんのステージ別5年生存率

胃がんの5年生存率

◆胃がんステージの分類

ガンの死亡率

◆これらのことから、早期発見で、西洋医学の攻撃的な治療を早く受けることで、体調が狂いだし、ステージが悪化したと考えられるのです。

◆がんの国際常識は、ステージに関係なく、生活習慣の見直しと体質改善が有効です。

◆末期の胃がんが、大沼式五大免疫療法2か月で改善!

580胃がんの治癒


◆上の画像から、病気を治すのは、怪我や骨折が治るように、血液の力を回復させることが重要であり、西洋医学が必ずしも良い治療であるとは言えません。

しかし、年間40兆円もの巨額な予算を、単独で独占してきた西洋医学は、当然ですが、このような自然療法にはエビデンスがないなどと、言いがかりをつけて認め様とはしてはくれません。

◆正しく言えば、黒木さんは胃ガンとの闘病ではなく、抗がん剤治療との闘病に負けたと言う方が適切な表現かもしれません。

詰まり、壮絶な抗がん剤の副作用との戦いで、交感神経が休まず働き、糖代謝が盛んに行われ、体液全体が強酸性化させられ、血液は汚れ、細胞は傷つき、極度の貧血に追いやられ、体力は急激に減少し、自己免疫力も最悪の状態に低下し、代謝が異常にさせられたことから他の臓器に転移したと考えられるのです。

◆ゆえに抗がん剤は発癌剤と言われて、広く国際社会では、生活習慣などの見直しによる予防医学が支持されているのです。

◆ガンという病気は、1950年までは、ほとんどなかった病ですが、それが今の日本では、黒木奈々さん(32)のように若くても、がんになり、がんの治療で命を落とすことが日常茶判事になっているのです。

◆医療も、それを狂わしている学校教育も、日本の社会情勢が、現状のままでは、明日は、わが身に起こる危険性がある身近な国民問題として共有しなければ、本当に、二人に一人ががんになり、3人一人ががんの治療で死に追いやられるのです。
この、狂った時代に生きる我々は、同じ過ちが起こらないようにするために、正しい健康法の在り方を学ぶ必要があるのです。

◆つまり、寝たきり老人がいない、デンマークのように、子供のころから学校教育で予防医学を徹底して指導する必要があるのです。それによって、ガンの早期発見以上の効果として、日本国中に蔓延する病人社会を脱することが可能となり、ガンで亡くなる人も、また、寝たきり老人も無にできるのです。

◆病気を治す活性型の白血球

自然活性 e

◆壊れた細胞や遺伝子を修復する酵素DNA ポリメラーゼの働き

血流が改善され、体液が浄化され、弱アルカリ性になることで、血液は活性され、白血球が動き出すことで、遺伝子の情報交換が円滑になり、がん細胞だけではなく、体内に蓄積された老廃物の全てが除去され、掃除が終わった後に基の状態に戻す遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) が働き、壊れた遺伝子の修復に係っています。

◆DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) は1本鎖の核酸を鋳型として、それに相補的な塩基配列を持つ DNA 鎖を合成する酵素の総称。

DNAポリメラーゼ

◆RNAポリメラーゼ
転写によって、DNAの鋳型鎖に相補的なmRNAが作られるが、この反応を触媒する酵素はRNAポリメラーゼである。

RNAポリメラーゼ


◆遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼには、 DNA を鋳型としてDNA を合成する DNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.7)と、RNA を鋳型として DNA を合成する RNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.49)の、2つのタイプがあることが知られています。

 遺伝子の修復酵素は、全ての生物に備わっている、生命体で、怪我が治る時に見られるように健全な体液の状態で正常な機能が働きます。

また、修復を円滑にするために、体温を上げて発熱することで、老廃物を自分の体温で溶解し、その後リンパ球によって解毒されますが、その一部は湿疹として解毒されることもあるのです。

*******************

◆がんセンターの役割!

がんセンターの役割は、ガン治療の研究の為であり、治すことは目的ではありません。

特に、抗がん剤の開発が始まると、抗がん剤の毒性は異常に強いため、治験をするところがない事に気が付き、ガンと診断された患者さんを集めて、新薬の治験を行い、新薬のデーターを作成し、その結果を製薬会社に届けるためにできたのです。

ですから、日本で、ガンと診断されたら、患者自身が自分で、がんの体質を改善するために正しい情報を探して得ることが重要なのです。

◆がんの体質と五大免疫療法

五大免疫療法



***  専門医も注目の体質改善  ***


◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!

**********  予防医学セミナーのお知らせ!

10セミナー

◆10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。

会場:ウイルあいち  2階特別会議室
 
   名古屋市東区  市政資料館前

◆開場:am9;30分 開演:10:00~

◆テーマⅠ:食べ物で変わる体質  講師:岡田恒良
元尾西市民病院外科部長、名古屋医療維新の会代表

◆テーマⅡ:ステージ4からの生還について 講師:大沼四廊
一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事

著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学するほか、ガンの盲点、白血病はがんではない
や鎖骨ほぐしで100まで健康、等多数、

◆テーマⅢ:午後13:30~16:30 1階フイットネススタジオ
体験会及び鎖骨ほぐしの体験会と専門家養成講座

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

◆お問い合わせ先

一般社団法人 ナチュラルメディスン 代表理事 大沼 四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

◆緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!










09/20のツイートまとめ

shiro517

ソフトキリング http://t.co/WOiNQ7GZXn
09-20 14:36

http://t.co/h9l2aKqnYE
09-20 14:36

31歳で胃がん告知 NHK女性キャスター黒木奈々初告白 「その瞬間、頭の中が真っ白になりました」【全文公開】 『未来のことは未来の私にまかせよう 31歳で胃がんになった? http://t.co/lAmHyNHlhi
09-20 14:35

09/14のツイートまとめ

shiro517

一般社団法人ナチュラルメディスン ◆ガン死の8割は医療死だ! http://t.co/l552zjLquz
09-14 02:46

◆抗がん剤の副作用で死亡!

「抗がん剤副作用で死亡」 遺族、病院など提訴 千葉 市川

事故・訴訟 2015年9月14日 (月) 配信 千葉日報

 化学療法研究所付属病院(市川市)で食道がんの治療を受けた女性が死亡したのは、抗がん剤の副作用が原因だったなどとして、女性の遺族3人が同病院を運営する公益財団法人と担当医を相手に慰謝料など約6400万円を求めて千葉地裁に提訴していたことが11日、分かった。

 訴状によると、女性は2013年9月25日から同病院に通院して、食道がんの抗がん剤治療を受けることになった。がんが消失したと思われる兆候があったが、担当医は量を増やして投与。

さらに、女性に顔や下肢のむくみなど副作用とみられる症状が出たが、抗がん剤の点滴を続けた。

 女性は14年2月5日、救急車で同病院に搬送され入院。同17日未明に死亡が確認された。

 原告側は「抗がん剤治療の危険性の説明がなく、投与方法も添付文書と異なっていた。女性は重大な副作用が現れ、その結果死亡した。抗がん剤の投与を中止するか減量していれば、女性を助けられた可能性が高い」と主張している。

 同病院はコメントの掲載を拒んでいる。

◆今後日本でも抗がん剤の使い方が原因で亡くなるケースが実証され、訴訟が当然増えてくる可能性があります。
医療の現場では、「抗がん剤治療で延命しましょう」などとマニュアル通りの説明がなされますが、医学的にも薬学的にも根拠がなく、患者をだまして、苦しめる虐待医療行為のため、医療訴訟の原因となる可能性が十分あります。

◆医療訴訟に関心のある弁護士の先生方にも、正しい医療の在り方を学んでいただき、誰もが、安心して受けられる医療制度に改革して頂きたいものです。

****************

新薬登場で副作用?…がん患者、薬物療法の悩み倍増

薬物療法に関する悩みは、10年間で19%から43%に大幅に増えている!


(2015年9月9日 読売新聞)

 がん患者の身体的苦痛に関する悩みのうち、抗がん剤などの薬物療法に関するものが占める割合が、最近10年間で2倍以上に増えたとするアンケート結果を8日、静岡県立静岡がんセンターが発表した。

 薬物療法の広がりや新薬の登場で副作用に悩む患者が増えたことなどが背景にあるとみられる。

 同センターは、全国のがん患者やがんの経験者に悩みを聞くアンケートを2003年に7885人、13年に4054人に行い、自由記述部分の回答を分類、集計して変化を調べた。

全体の悩みのうち、がんの痛みや薬の副作用など「身体の苦痛」に関する悩みが占める割合は15%から23%に増え、そのうち薬物療法に関するものは19%から43%に大幅に増えていた。

(2015年9月9日 読売新聞)

◆アメリカのがん協会が50%の利権を所有している抗がん剤!

5-FU

◆抗がん剤の重篤な副作用
脱水症状、重篤な腸炎、骨髄機能抑制、ショック、アナフィラキシー様症状、白質脳症、うっ血性心不全、心筋梗塞、安静狭心症、急性腎不全、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、消化管潰瘍、重症な口内炎、急性膵炎、意識障害を伴う高アンモニア血症、肝・胆道障害(胆嚢炎、胆管壊死、肝実質障害等)、手足症候群、嗅覚障害

◆これほどの副作用が出るという事は、がん細胞ばかりではなく健全な腸内細菌や、血液細胞をはじめ、健全な体細胞も殺されている事を知るべきです。抗がん剤で殺された細胞は、体中の毛細血管に付着し、血流障害の原因になることで、細胞死が大量に起きて、二次的に発がんするのです。それが、一般に言う転移がんなのです。

◆毛根に死細胞が詰まることで髪の毛が抜け、腸内細菌が殺されることで食欲がなくなり、重度の貧血になり、体力が減少し、毛細血管に死細胞が詰まることで、エネルギー代謝が狂い、低体温となり、体内での発酵が障害され、酵素が不足し、血液が汚れることで自律神経も狂い出し、呼吸は浅く、睡眠にも障害が出て、さらには、味覚障害も発症するのです。


◆ガン死の8割は医療死だ!

そもそもガン細胞は、手術や抗がん剤や放射線の3大療法では、完治することはありません!

これは、世界の常識です。

がんの国際学会でも発表されていることですが、ガン細胞ができる過程で、必ずみられる現象は、患部の循環障害による低酸素状態が慢性化していることです。

これは、全てのがん細胞に共通しています。

詰まり、癌ができる前から、その周辺の血管は、骨格の歪みによって、圧迫され、動脈硬化が進行しているなど、血栓ができ安く酸素が不足している状態であるという事です。

低酸素状態が持続することで、細胞は代謝ができず、壊死を起こして、病変組織に変わるのです。

その変性の仕方にはいろいろな条件が加わり、硬直して、関節が癒着を起こすリウマチのように硬化する細胞や、脂肪やたんぱく質が酸化してウイルスと係るものや、さらに周辺のリンパの流れが、悪化することで、リンパ球の質が低下し、増殖も活性化もできず、自己免疫力は低下し、病変組織を除去できずに、溜まりに溜まり、大きな腫瘍になるなど、今までの医学的な検査方法や常識だけでは理解できない問題を内包しています。

これらの問題を解決するためには、三大療法を受ける前に、ガンができた体質を改善することがとても重要な選択ですし、実際
国際的には、ハーバード大学を中心に、代替医療が盛んに行われ、がんの三大療法は、拒否されるケースが年々増加し、その反面、生存率は平均12年6か月と三大療法を受けたグループの生存率の3年と比較しても4倍も長くなっているのです。

所が、日本の医学界には、体質を改善するという発想すらありませんし、ガン患者の存在は、高額医療の対象であるため、正しい情報を提供することはありえませんし、医療の現場では、病院の経営に都合のいいようにつくられたマニュアル通りに説明しているのです。

また、国の立場も、公共事業のやりすぎで1000兆円もの借金を抱えているため、国民の一人一人に年金を払える財力はないので、がんの高額医療で荒稼ぎし、さらには医療死という形で亡くなってもらう事で年金の支払いをしなくても良くなるので、日本の厚生労働省も危険な医療と知りつつ黙認しているのです。

従って、「抗がん剤の治療しかないとか、抗がん剤で延命しましょう」と言う医者の言葉は、嘘と知りつつ言っているのが現状なので、十分医療訴訟の原因となる可能性があります。

この様な問題は、法律の専門家である、弁護士の先生方にも研究して頂き、正しい医療が行われるように法の整備にも期待したいものです。


◆粒子線治療「優位性示せず」…一部がん、データ不足で

◆名古屋陽子線治療

名古屋陽子線


 名古屋では河村市長の反対で注目された陽子線治療ですが、2013/03/19の前立腺がんの治療の開始以来、これまでに998人が治療を受けている。

その内容は、前立腺癌が約半数の456人で、肝臓がんは204人、ついで、肺がんが163人、頭頸部29人、軟骨部と膵臓がそれぞれ17人、その他112人です。

日本には重粒子線4か所、陽子線治療が10か所の計14か所ありますが、その成果について日本放射線腫瘍学会の調査が行われたところ、従来の治療に比べて優位性はなかったということです。

詰まり、この財政難の中、200億円以上の建設費を投下して建設した陽子線治療の内容は、従来の放射線治療と大差がなく、大くの議員の賛成によってつくられた先端医療の施設の意味は無く、,族議員による箱物行政が堂々と行われただけで、その後始末は市民の負担になるのです。
つまり、賛成した多くの族議員は、先見性が無かったのですから、市民の感情としては、議会でその責任を追及してほしいものです。

**************

◆日本放射線腫瘍学会からの報告!

 (2015年8月10日 読売新聞)

※ 国の先進医療として約300万円の自己負担で行われている、がんの「粒子線治療」について、日本放射線腫瘍学会が「前立腺がんなど一部のがんでは、既存の治療法と比較できる十分なデータが集められず、優位性を明確に示せなかった」と、厚生労働省の有識者会議に報告した。

 粒子線治療は、「重粒子線」や「陽子線」という特殊な放射線を用いたがん治療。

 体の特定の部分に強いエネルギーを集中させられる特徴があるが、巨大な装置が必要で、国内では放射線医学総合研究所(千葉市)など14施設が行っている。

 2001年、先端的な医療に一部保険診療との併用を認める先進医療に認定された。

 以後14年間でこの治療を受けた患者は2万人を超えるが、手術や他の放射線治療などと比較できるデータが足りないと指摘されており、厚労省が学会に提出を求めていた。

 これに対し、学会は国内施設のデータをまとめ、既存治療との比較を試みたが、研究条件の差などのため、前立腺がんや一部の肝臓がん、肺がんなどでは明確な優位性を示せなかった。

 ただし、小児がん、骨や筋肉の腫瘍など患者が少ないがんや、既存の治療では難しいがんについては有効性が示唆されるとして、保険診療にするよう求めた。前立腺がんなどは、先進医療の枠組みの中で有効性を調べる、厳密な多施設共同の臨床試験として進めたい意向を示した。


◆最先端の粒子線治療で、がんは一時的に縮小できてもがんができた体質までは改善できないのです。
それも対象はステージ1と2までで、3以降は対象外です。

 しかし、ステージが3以降であっても、がんの出来やすい体質や習慣を改善することで、本来健全な人間に備わっている自己免疫力が働きだすことが可能となり、通常の生活ができるまで回復し、中には完全に消えるケースもあるのです。

 よって、回復できる可能性のある8割のがんは、自己免疫疾患とは断定できないのです。
体質か習慣の改善で白血球が回復できるからです。これを自然活性と言います。

◆悪性リンパ性前立腺がんの自然治癒!

前立腺がんの治癒

上は、悪性のリンパ性前立腺癌でも大沼式健康法で順調に自然治癒した画像です!

◆白血球の自然活性の状態

自然活性 e

◆遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼの働き

血流が改善され、体液が浄化され、弱アルカリ性になることで、血液は活性され、白血球が動き出すことで、遺伝子の情報交換が円滑になり、がん細胞だけではなく、体内に蓄積された老廃物の全てが除去され、掃除が終わった後に基の状態に戻す遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) が働き、壊れた遺伝子の修復に係っています。

◆DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) は1本鎖の核酸を鋳型として、それに相補的な塩基配列を持つ DNA 鎖を合成する酵素の総称。

DNAポリメラーゼ

◆RNAポリメラーゼ
転写によって、DNAの鋳型鎖に相補的なmRNAが作られるが、この反応を触媒する酵素はRNAポリメラーゼである。

RNAポリメラーゼ


◆遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼには、 DNA を鋳型としてDNA を合成する DNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.7)と、RNA を鋳型として DNA を合成する RNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.49)の、2つのタイプがあることが知られています。

 遺伝子の修復酵素は、全ての生物に備わっている、生命体で、怪我が治る時に見られるように健全な体液の状態で正常な機能が働きます。

また、修復を円滑にするために,免疫系の細胞は体温を上げて発熱することで、老廃物を自分の体温で溶解し、その後リンパ球によって解毒されますが、その一部は湿疹として解毒されることもあるのです。

◆つまり、自然修復の条件は、免疫系の細胞の働きと合わせてDNAを修復する酵素群の働きによるものであり、骨盤や背骨が歪み、消化器の機能が低下する人ほど治癒率が悪いのです。

すい臓がんと歪み

◆上のX線は、がんセンターで、すい臓がんの治療中に肝臓に無数に転移した女性の脊椎の歪みです。すい臓から肝臓の支配神経の部分が大きく歪んでいることが読み取れます。このため、内臓の働きが低下していたことが解ります。


*******************

◆がんセンターの役割!

がんセンターの役割は、ガン治療の研究の為であり、治すことは目的ではありません。

特に、抗がん剤の開発が始まると、抗がん剤の毒性は異常に強いため、治験をするところがない事に気が付き、ガンと診断された患者さんを集めて、新薬の治験を行い、新薬のデーターを作成し、その結果を製薬会社に届けるためにできたのです。

ですから、日本で、ガンと診断されたら、患者自身が自分で、がんの体質を改善するために正しい情報を探して得ることが重要なのです。

◆がんの体質と五大免疫療法

五大免疫療法



***  専門医も注目の体質改善  ***


◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!

******************************
予防医学セミナーのお知らせ!

10セミナー

◆10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。

会場:ウイルあいち
   2階特別会議室
 
   名古屋市東区  市政資料館前

◆開場:am9;30分 開演:10:00~
◆テーマⅠ:食べ物で変わる体質
講師:岡田恒良
元尾西市民病院外科部長、名古屋医療維新の会代表

◆テーマⅡ:ステージ3~4からの生還について
講師:大沼四廊
一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン。リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学するほか、ガンの盲点、白血病はがんではない
や鎖骨ほぐしで100まで健康、等多数、

◆午後13:30~16:30 1階フイットネススタジオ
体験会及び鎖骨ほぐしの体験会と専門家養成講座

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼 四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

※緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!





◆ガン死の8割は医療死だ!

◆ガン死の8割は医療死だ!

「抗がん剤副作用で死亡」 遺族、病院など提訴 千葉 市川

事故・訴訟 2015年9月14日 (月) 配信 千葉日報

 化学療法研究所付属病院(市川市)で食道がんの治療を受けた女性が死亡したのは、抗がん剤の副作用が原因だったなどとして、女性の遺族3人が同病院を運営する公益財団法人と担当医を相手に慰謝料など約6400万円を求めて千葉地裁に提訴していたことが11日、分かった。

 訴状によると、女性は2013年9月25日から同病院に通院して、食道がんの抗がん剤治療を受けることになった。がんが消失したと思われる兆候があったが、担当医は量を増やして投与。

さらに、女性に顔や下肢のむくみなど副作用とみられる症状が出たが、抗がん剤の点滴を続けた。

 女性は14年2月5日、救急車で同病院に搬送され入院。同17日未明に死亡が確認された。

 原告側は「抗がん剤治療の危険性の説明がなく、投与方法も添付文書と異なっていた。女性は重大な副作用が現れ、その結果死亡した。抗がん剤の投与を中止するか減量していれば、女性を助けられた可能性が高い」と主張している。

 同病院はコメントの掲載を拒んでいる。

◆今後日本でも抗がん剤の使い方が原因で亡くなるケースが実証され、訴訟が当然増えてくる可能性があります。
医療の現場では、「抗がん剤治療で延命しましょう」などとマニュアル通りの説明がなされますが、医学的にも薬学的にも根拠がなく、患者をだまして、苦しめる虐待医療行為のため、医療訴訟の原因となる可能性が十分あります。

◆医療訴訟に関心のある弁護士の先生方にも、正しい医療の在り方を学んでいただき、誰もが、安心して受けられる医療制度に改革して頂きたいものです。

****************

新薬登場で副作用?…がん患者、薬物療法の悩み倍増

薬物療法に関する悩みは、10年間で19%から43%に大幅に増えている!


(2015年9月9日 読売新聞)

 がん患者の身体的苦痛に関する悩みのうち、抗がん剤などの薬物療法に関するものが占める割合が、最近10年間で2倍以上に増えたとするアンケート結果を8日、静岡県立静岡がんセンターが発表した。

 薬物療法の広がりや新薬の登場で副作用に悩む患者が増えたことなどが背景にあるとみられる。

 同センターは、全国のがん患者やがんの経験者に悩みを聞くアンケートを2003年に7885人、13年に4054人に行い、自由記述部分の回答を分類、集計して変化を調べた。

全体の悩みのうち、がんの痛みや薬の副作用など「身体の苦痛」に関する悩みが占める割合は15%から23%に増え、そのうち薬物療法に関するものは19%から43%に大幅に増えていた。

(2015年9月9日 読売新聞)

◆アメリカのがん協会が50%の利権を所有している抗がん剤!

5-FU

◆抗がん剤の重篤な副作用
脱水症状、重篤な腸炎、骨髄機能抑制、ショック、アナフィラキシー様症状、白質脳症、うっ血性心不全、心筋梗塞、安静狭心症、急性腎不全、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、消化管潰瘍、重症な口内炎、急性膵炎、意識障害を伴う高アンモニア血症、肝・胆道障害(胆嚢炎、胆管壊死、肝実質障害等)、手足症候群、嗅覚障害

◆これほどの副作用が出るという事は、がん細胞ばかりではなく健全な腸内細菌や、血液細胞をはじめ、健全な体細胞も殺されている事を知るべきです。抗がん剤で殺された細胞は、体中の毛細血管に付着し、血流障害の原因になることで、細胞死が大量に起きて、二次的に発がんするのです。それが、一般に言う転移がんなのです。

◆毛根に死細胞が詰まることで髪の毛が抜け、腸内細菌が殺されることで食欲がなくなり、重度の貧血になり、体力が減少し、毛細血管に死細胞が詰まることで、エネルギー代謝が狂い、低体温となり、体内での発酵が障害され、酵素が不足し、血液が汚れることで自律神経も狂い出し、呼吸は浅く、睡眠にも障害が出て、さらには、味覚障害も発症するのです。


◆ガン死の8割は医療死だ!

そもそもガン細胞は、手術や抗がん剤や放射線の3大療法では、完治することはありません!

これは、世界の常識です。

がんの国際学会でも発表されていることですが、ガン細胞ができる過程で、必ずみられる現象は、患部の循環障害による低酸素状態が慢性化していることです。

これは、全てのがん細胞に共通しています。

詰まり、癌ができる前から、その周辺の血管は、骨格の歪みによって、圧迫され、動脈硬化が進行しているなど、血栓ができ安く酸素が不足している状態であるという事です。

低酸素状態が持続することで、細胞は代謝ができず、壊死を起こして、病変組織に変わるのです。

その変性の仕方にはいろいろな条件が加わり、硬直して、関節が癒着を起こすリウマチのように硬化する細胞や、脂肪やたんぱく質が酸化してウイルスと係るものや、さらに周辺のリンパの流れが、悪化することで、リンパ球の質が低下し、増殖も活性化もできず、自己免疫力は低下し、病変組織を除去できずに、溜まりに溜まり、大きな腫瘍になるなど、今までの医学的な検査方法や常識だけでは理解できない問題を内包しています。

これらの問題を解決するためには、三大療法を受ける前に、ガンができた体質を改善することがとても重要な選択ですし、実際
国際的には、ハーバード大学を中心に、代替医療が盛んに行われ、がんの三大療法は、拒否されるケースが年々増加し、その反面、生存率は平均12年6か月と三大療法を受けたグループの生存率の3年と比較しても4倍も長くなっているのです。

所が、日本の医学界には、体質を改善するという発想すらありませんし、ガン患者の存在は、高額医療の対象であるため、正しい情報を提供することはありえませんし、医療の現場では、病院の経営に都合のいいようにつくられたマニュアル通りに説明しているのです。

また、国の立場も、公共事業のやりすぎで1000兆円もの借金を抱えているため、国民の一人一人に年金を払える財力はないので、がんの高額医療で荒稼ぎし、さらには医療死という形で亡くなってもらう事で年金の支払いをしなくても良くなるので、日本の厚生労働省も危険な医療と知りつつ黙認しているのです。

従って、「抗がん剤の治療しかないとか、抗がん剤で延命しましょう」と言う医者の言葉は、嘘と知りつつ言っているのが現状なので、十分医療訴訟の原因となる可能性があります。

この様な問題は、法律の専門家である、弁護士の先生方にも研究して頂き、正しい医療が行われるように法の整備にも期待したいものです。


◆粒子線治療「優位性示せず」…一部がん、データ不足で

◆名古屋陽子線治療

名古屋陽子線


 名古屋では河村市長の反対で注目された陽子線治療ですが、2013/03/19の前立腺がんの治療の開始以来、これまでに998人が治療を受けている。

その内容は、前立腺癌が約半数の456人で、肝臓がんは204人、ついで、肺がんが163人、頭頸部29人、軟骨部と膵臓がそれぞれ17人、その他112人です。

日本には重粒子線4か所、陽子線治療が10か所の計14か所ありますが、その成果について日本放射線腫瘍学会の調査が行われたところ、従来の治療に比べて優位性はなかったということです。

詰まり、この財政難の中、200億円以上の建設費を投下して建設した陽子線治療の内容は、従来の放射線治療と大差がなく、大くの議員の賛成によってつくられた先端医療の施設の意味は無く、,族議員による箱物行政が堂々と行われただけで、その後始末は市民の負担になるのです。
つまり、賛成した多くの族議員は、先見性が無かったのですから、市民の感情としては、議会でその責任を追及してほしいものです。

**************

◆日本放射線腫瘍学会からの報告!

 (2015年8月10日 読売新聞)

※ 国の先進医療として約300万円の自己負担で行われている、がんの「粒子線治療」について、日本放射線腫瘍学会が「前立腺がんなど一部のがんでは、既存の治療法と比較できる十分なデータが集められず、優位性を明確に示せなかった」と、厚生労働省の有識者会議に報告した。

 粒子線治療は、「重粒子線」や「陽子線」という特殊な放射線を用いたがん治療。

 体の特定の部分に強いエネルギーを集中させられる特徴があるが、巨大な装置が必要で、国内では放射線医学総合研究所(千葉市)など14施設が行っている。

 2001年、先端的な医療に一部保険診療との併用を認める先進医療に認定された。

 以後14年間でこの治療を受けた患者は2万人を超えるが、手術や他の放射線治療などと比較できるデータが足りないと指摘されており、厚労省が学会に提出を求めていた。

 これに対し、学会は国内施設のデータをまとめ、既存治療との比較を試みたが、研究条件の差などのため、前立腺がんや一部の肝臓がん、肺がんなどでは明確な優位性を示せなかった。

 ただし、小児がん、骨や筋肉の腫瘍など患者が少ないがんや、既存の治療では難しいがんについては有効性が示唆されるとして、保険診療にするよう求めた。前立腺がんなどは、先進医療の枠組みの中で有効性を調べる、厳密な多施設共同の臨床試験として進めたい意向を示した。


◆最先端の粒子線治療で、がんは一時的に縮小できてもがんができた体質までは改善できないのです。
それも対象はステージ1と2までで、3以降は対象外です。

 しかし、ステージが3以降であっても、がんの出来やすい体質や習慣を改善することで、本来健全な人間に備わっている自己免疫力が働きだすことが可能となり、通常の生活ができるまで回復し、中には完全に消えるケースもあるのです。

 よって、回復できる可能性のある8割のがんは、自己免疫疾患とは断定できないのです。
体質か習慣の改善で白血球が回復できるからです。これを自然活性と言います。

◆白血球の自然活性の状態

自然活性 e

◆遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼの働き

血流が改善され、体液が浄化され、弱アルカリ性になることで、血液は活性され、白血球が動き出すことで、遺伝子の情報交換が円滑になり、がん細胞だけではなく、体内に蓄積された老廃物の全てが除去され、掃除が終わった後に基の状態に戻す遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) が働き、壊れた遺伝子の修復に係っています。

◆DNA ポリメラーゼ (DNA polymerase; -ポリメレース) は1本鎖の核酸を鋳型として、それに相補的な塩基配列を持つ DNA 鎖を合成する酵素の総称。

DNAポリメラーゼ

◆RNAポリメラーゼ
転写によって、DNAの鋳型鎖に相補的なmRNAが作られるが、この反応を触媒する酵素はRNAポリメラーゼである。

RNAポリメラーゼ


◆遺伝子の修復酵素DNA ポリメラーゼには、 DNA を鋳型としてDNA を合成する DNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.7)と、RNA を鋳型として DNA を合成する RNA 依存性 DNA ポリメラーゼ(EC 2.7.7.49)の、2つのタイプがあることが知られています。

 遺伝子の修復酵素は、全ての生物に備わっている、生命体で、怪我が治る時に見られるように健全な体液の状態で正常な機能が働きます。

また、修復を円滑にするために、体温を上げて発熱することで、老廃物を自分の体温で溶解し、その後リンパ球によって解毒されますが、その一部は湿疹として解毒されることもあるのです。

*******************

◆がんセンターの役割!

がんセンターの役割は、ガン治療の研究の為であり、治すことは目的ではありません。

特に、抗がん剤の開発が始まると、抗がん剤の毒性は異常に強いため、治験をするところがない事に気が付き、ガンと診断された患者さんを集めて、新薬の治験を行い、新薬のデーターを作成し、その結果を製薬会社に届けるためにできたのです。

ですから、日本で、ガンと診断されたら、患者自身が自分で、がんの体質を改善するために正しい情報を探して得ることが重要なのです。

◆がんの体質と五大免疫療法

五大免疫療法



***  専門医も注目の体質改善  ***


◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!

******************************
予防医学セミナーのお知らせ!

10セミナー

◆10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。

会場:ウイルあいち
   2階特別会議室
 
   名古屋市東区  市政資料館前

◆開場:am9;30分 開演:10:00~
◆テーマⅠ:食べ物で変わる体質
講師:岡田恒良
元尾西市民病院外科部長、名古屋医療維新の会代表

◆テーマⅡ:ステージ3~4からの生還について
講師:大沼四廊
一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン。リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学するほか、ガンの盲点、白血病はがんではない
や鎖骨ほぐしで100まで健康、等多数、

◆午後13:30~16:30 1階フイットネススタジオ
体験会及び鎖骨ほぐしの体験会と専門家養成講座

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼 四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

※緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

◆大沼式五大免疫療法で、次々改善!がん、難病、あらゆる病気の体質改善!





09/10のツイートまとめ

shiro517

◆「抗癌剤の多投与グループほど短命」さらに、抗癌剤の多投与グループほど癌細胞は凶暴化し、悪性化し、増殖を開始し、短命である。これは、アメリカ東部の20の大学・医療機関が参加した、最大級の抗がん剤効能判定研究の結論です。... http://t.co/R2HPqDQkLN
09-10 09:10

◆「抗癌剤の多投与グループほど短命」さらに、抗癌剤の多投与グループほど癌細胞は凶暴化し、悪性化し、増殖を開始し、短命である。これは、アメリカ東部の20の大学・医療機関が参加した、最大級の抗がん剤効能判定研究の結論です。... http://t.co/de6UwCW2cq
09-10 09:04

◆抗がん剤の歴史と副作用!... http://t.co/xn6Lv1G9wK
09-10 08:43

新しい写真をFacebookに投稿しました http://t.co/r4g5EmQGOa
09-10 08:26

◆抗がん剤の歴史と副作用

◆抗がん剤の歴史と副作用!

◆西洋医学との関わりで、一番の問題は、病気の原因は不明で、病気は悪化する一方とマニュアル通りの説明を受けて
為すすべもなく、対症療法を始め、その副作用で体力も気力も生命までもを奪われるケースが毎年多発していることです。

◆これらの現状に対して、現場で指示している医療スタッフも、その管理をしている厚生労働省も責任ある対応はしていませんし、法的にも整備されておりません。

従って、ガンと診断されたら、患者自身によって、癌の体質改善の新たな情報を入手するなど、正しい判断をする以外に方法はないのです。


◆国際対がん連合(UICC)のEduardo Leon Cazap主席によると、低年齢化の進んでいるがんにはリンパ腫、乳がん、肺がんが挙げられています。

それらの原因として、環境汚染の深刻化、ストレスや過労、インスタント食品の暴飲暴食や、夜更かしなど不規則な生活などが内分泌系を乱し免疫系統を破壊するという。

◆その他、急激に広まった、携帯電話や電子レンジやIHなどの高出力の電磁場の影響によるタンパク質の変化による腫瘍の頻度の上昇も見逃せない原因です。

岡山大医学部の調査で、癌死とされた患者の80%は「抗がん剤などによる癌治療の副作用死である」と述べている。

  ちなみに、薬剤師向け『抗がん剤調整マニュアル』では、
  「抗がん剤は、細胞毒性、変異原性、発癌性を有するものも多い」と明記されている。

 ◆ 抗がん薬調製マニュアル 第3版


  看護士マニュアルには、抗がん剤による発癌性はWHO5段階評価の「最悪レベル」がほとんどで、
  「膀胱癌患者に投与すると、9倍も膀胱癌が増加した」と記載されている。


◆癌の化学療法は無力、アメリカ国立がん研究所のデヴィタ所長

 1985年、「アメリカ国立がん研究所」のデヴィタ所長は、 「癌の化学療法は無力。

 癌細胞は反抗癌遺伝子(ADG)を変化させ、抗がん剤毒性にすぐに耐性を獲得する」
  と議会証言を行っている。

 
◆  「抗癌剤の多投与グループほど短命」

さらに、抗癌剤の多投与グループほど癌細胞は凶暴化し、悪性化し、増殖を開始し、短命である。
  これは、アメリカ東部の20の大学・医療機関が参加した、最大級の抗がん剤効能判定研究の結論。


 ◆ 〔ハーディン・ジェームス博士:カリフォルニア大〕

  癌治療を受けなかった人のほうが4倍以上長生きする。
  治療を拒否した患者の平均余命は12年6か月である。

  しかし、外科手術、その他の(癌)治療を受けた患者は平均すると、治療後、わずか3年しか生きていない。
  症状が重いため、放置され、体質改善をしてきた患者のほうが、
  症状が軽くて治療を受けた患者よりも、実際の生存期間は長くなっている。

  (4倍死の)原因は手術による外傷が、生体の防衛機構に影響したためである、と私は考える。
  人体には本来、あらゆる種類の癌に対抗する防衛機構が備わっているのだ。
  〔ハーディン・ジェームス博士:カリフォルニア大〕
※国際的にはガンは体質から改善することが常識です。

※大沼式五大免疫療法でがんの体質を改善する:5日間、特別集中がんの体質改善

◆抗がん剤の歴史と副作用

*ビンブラスチン=商品名エクザール
*フルオロウラシル=商品名5-FU
*メトトレキサート=商品名メソトレキセート
*メルカプトプリン=商品名ロイケリン
*オキサリプラチン=商品名エルプラット
*ネダプラチン=商品名アクプラ
*分子標的薬=体内の特定の分子を標的にして狙い撃ちする薬

■世界初の抗がん剤
最初に登場する抗がん剤はナイトロジェンマスタードという毒ガスで、第1次と第2次世界大戦で使われています。
第2次世界大戦中の1943年末、イタリアの基地バーリ港に停泊していたアメリカの輸送船がドイツ軍の爆撃を受けて、積んでいた大量のマスタードとナイトロジェンマスタードが漏出し、連合軍兵士たちが大量に浴びました。被害を受けた617人中83名が死亡しています。

また、翌朝から、兵士たちは目や皮膚を侵され、重篤な患者は血圧低下とショックを起こし、それに白血球値が激減するなど、被害後2~3日目には毒ガスによる直接の死亡で亡くなり、8~9日後に亡くなった者は、白血球の大幅な減少による感染症が原因であると考えられました。

この経験から、1946年ごろからナイトロジェンマスタードの研究が始まり、白血病や悪性リンパ腫の治療薬として使われ始めました。
それまで、外科手術か放射線治療しかなかった時代に、初めて「薬」が登場したのです。

■日本で開発された抗がん剤

 1949年には、東京大学の薬学者、石館守三氏と東北大学の病理学者、吉田富三氏の協力によってナイトロジェンマスタードの毒性を弱めるべく組成を少し変えたナイトロジェンマスタードN-オキシド(ナイトロミン)が開発されました。これが、日本で開発された初めての抗悪性腫瘍薬です。

 1956年には、奏 藤樹氏(北里研究所)と製薬会社の共同研究によって、当時活発だった抗生物質の研究からマイトマイシンが開発され、抗生物質が抗菌薬以外に使われた最初の例です。

 1963年には、梅澤濱夫氏が、ストレプトマイシンとよく似た抗菌薬カナマイシンを発見し、ストレプトマイシン・カナマイシンと同じ放線菌の研究からブレオマイシン(一般名)を発見しています。
ブレオマイシンは、臨床試験を経て、1968年には扁平上皮がん、悪性リンパ腫などの治療薬として認可されたが、副作用として激症の肺繊維症が起こっていました。
 
 他には、長野泰一氏らによって1954年には、インターフェロンが発見されているが、悪性腫瘍への効果がみつかり、抗がん剤として利用されるのは1980年以降のことです。

※マイトマイシン=一般名マイトマイシンC

■現在も主流の抗がん剤5-FU

5-FU


 現在も主流の抗がん剤は、1950年代から1960年代に開発されています。
 1960年前後には、植物アルカロイドのビンブラスチンの臨床試験が行われて製品化され、ついで、日本でも良く使われている代謝拮抗薬の1つである5-FU、フルオロウラシルが米国のホフマン・ラ・ロッシュ社で製造され、その特許権の50%を1913年に設立されたアメリカ合衆国の非営利団体のアメリカがん協会( American Cancer Society ; ACS)が所有していることでも、この抗がん剤の影響力は図りしれないのです。


※フルオロウラシルは、化学的に核酸の材料物質と類似してそこへ入り込んで遺伝子の再生を阻害する物質として認可され、胃癌、肝癌、結腸・直腸癌、乳癌、膵臓癌、子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など、様々ながんの自覚並びに、自覚的症状の緩解に理用され、食道癌、肺癌、頭頸部腫瘍の場合には、他の抗癌剤または放射線療法と併用され頭頸部癌には他の抗悪性腫瘍剤との併用療法がおこなわれています。

軟膏:皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌、基底細胞癌、皮膚附属器癌、皮膚転移癌・悪性リンパ腫の皮膚転移、ボーエン病、パジェット病、放射線角化腫、老人性角化腫、紅色肥厚症、皮膚細網症)
適用外使用として、ブレオマイシン軟膏と並んで癌以外の疾病にも医師の裁量で用いられる場合がある(皮膚科→イボ・ウオノメ、婦人科・性病科→尖圭コンジローマが代表例)。
外国製品の個人輸入が専ら取り扱われているが、強力な薬剤(劇薬指定)でかつ抗がん剤であるため素人が扱うべきものではない。

5-FU/LV療法 - ロイコボリンとの併用。
5-FU/1-LV療法 - レボホリナートとの併用。
5-FU/CDDP療法 - シスプラチンとの併用。


※DNA合成阻害


5-FUは体内でリン酸化され、活性本体である「5-フルオロデオキシウリジン-5'-一リン酸(fluorodeoxyuridine-5'-monophosphate :FdUMP)」となり、補酵素で還元型葉酸として存在する「5,10-メチレンテトラヒドロ葉酸(N 5,10-methylenetetrahydrofolate)」の存在下に、チミジル酸シンターゼ(TS)と三元共有結合複合体(ternary complex)を形成することで、TS活性を阻害する。
 
TS活性が阻害されるとチミンの合成が阻害され、DNAが作れなくなる。
また、FdUMPがDNAに組み込まれることでも、DNA合成が阻害される。

※RNA合成阻害

5-FUは体内で「5-フルオロウリジン三リン酸(FUTP)に代謝され、UTPの代わりにRNAに組み込まれることで、F-RNAを生成し、RNAプロセシング及び、mRNA翻訳を妨げる。

◆重大な副作用

脱水症状、重篤な腸炎、骨髄機能抑制、ショック、アナフィラキシー様症状、白質脳症、うっ血性心不全、心筋梗塞、安静狭心症、急性腎不全、間質性肺炎、肝機能障害、黄疸、消化管潰瘍、重症な口内炎、急性膵炎、意識障害を伴う高アンモニア血症、肝・胆道障害(胆嚢炎、胆管壊死、肝実質障害等)、手足症候群、嗅覚障害


がん患者の「身体苦痛」増 静岡がんセンター13年調査

臨床 2015年9月9日(水)配信静岡新聞


 県立静岡がんセンター(長泉町)の山口建総長が代表を務める研究グループが2013年に実施したがん患者の悩みや負担に関する実態調査で、10年前の03年調査と比べ、「診療上の悩み」「身体の苦痛」「心の苦悩」「暮らしの負担」の4分類のうち、「身体の苦痛」の占める割合が増えたことが8日、分かった。

 都内で同日に開かれた静岡がん会議サテライトフォーラムで、「がんの社会学」に関する研究グループが発表した。

 「身体の苦痛」の占める割合は15・1%から22・8%に増えた。細かく分析すると、薬物療法に関連した苦痛の増加が顕著で、山口総長は「この10年間で、主に外来で薬物療法を受ける患者数が増え、分子標的薬による新たな副作用も出現したことなどが影響したと考える」と述べた。

 調査は13年から、全国の医療機関や患者団体を通じて4054人から回答を得た。

 自由記述の回答から集められた9775件の悩みや負担を4分類し、03年に行った同様の調査と比較した。
 
 「心の苦悩」の割合は53・0%から36・6%に減少した。山口総長は「07年にがん対策基本法が施行されるなど相談体制の整備などが進み、漠然とした悩みがより具体化されたのではないか」と指摘した。


◆新薬登場で副作用?…がん患者、薬物療法の悩み倍増

臨床 2015年9月9日 (水)配信読売新聞


 がん患者の身体的苦痛に関する悩みのうち、抗がん剤などの薬物療法に関するものが占める割合が、最近10年間で2倍以上に増えたとするアンケート結果を8日、静岡県立静岡がんセンターが発表した。

◆がんより怖いがん治療!


◆鎖骨ほぐしで自然界の抗がん剤が体内でできる!
**************************************************
◆がんと診断されたら、危険な三大療法を開始する前に、冷静に行動することです。

※医者選びも寿命の内:国際的にはガンは体質から改善することが常識です。

◆肺にできた巨大悪性リンパ腫も抗がん剤を使わず、体質改善で消えている!

500悪性リンパ腫

※詳しくは相談窓口まで

※大沼式五大免疫療法でがんの体質を改善する:5日間、特別集中がんの体質改善


◆予防医学セミナーのお知らせ!
10セミナー


10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。
ゲストに元尾西市民病院外科部長の岡田恒良先生を招いて講義をお願いします。

参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。

一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼 四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

※緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可


10月18日(日)予防医学セミナー

10セミナー
10月18日(日)予防医学セミナーを開催致します。
ゲストに元尾西市民病院外科部長の岡田恒良先生を招いて講義をお願いします。
参加されたい方は本部までお問い合わせください。
初めての方は午前の講演会を1500円で午後の体験会を 1500円で受講できます。


一般社団法人 ナチュラルメディスン
代表理事 大沼 四廊
〒468-0002
名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル420 2F-D

TEL:052-806-2178   FAX:052-806-2179   Email:info@nrt.ne.jp

※緊急相談窓口:090-5861-4489 24時間対応可

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。