大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬は毒だ! ノバルティス、白血病薬不正の隠せぬ証拠

薬は毒だ! ノバルティス、白血病薬不正の隠せぬ証拠

医師主導臨床研究は「製薬会社主導」だった

岡田 広行 :東洋経済 編集局記者

◆2014年、白血病治療薬、臨床データーの改ざん事件

今年は、年頭から、世界第2位の製薬会社であるノバルティスファーマの日本法人を舞台にしたスキャンダルが大きな拡がりを見せてくれた。

いつものことだが、臨床研究データの改ざんの疑いが持たれていた高血圧症治療薬ディオバンだけでなく、慢性骨髄性白血病治療薬を用いた医師主導臨床研究でも、新たな問題がたまたま判明したのだ。

ノバルティス 二宮義奏社長 左

ノバルティスは2014年1月23日に二之宮義泰社長らによる記者会見を開催。


会見で、二宮社長は、東京大学医学部附属病院の血液・腫瘍内科(黒川峰夫教授)が中心になって実施してきた医師主導臨床研究「SIGN研究」で、同社の医薬情報担当者(MR)が不適切な形で関与していた事実があったと明らかにした。

東大病院など22の医療施設が参加した同研究では、医師が慢性骨髄性白血病治療薬の副作用に関する患者へのアンケート調査を実施。

副作用の軽減につながるなど医師が必要と判断した場合に、ノバルティスの従来薬グリベック(一般名イマチニブ)などから、薬価が3割近く高い同社の白血病新薬タシグナ(一般名ニロチニブ)に切り替える手順になっていた。

アンケート回収にMRが関与

ノバルティスによれば、患者に実施したアンケート内容が記載された書類を、ルールを逸脱してMRが医療施設から預かり、研究事務局を務める東大病院に運んでいた。

研究参加施設を担当していたMR18人のうち8人がこうした不適切な行為に関与していたことが判明。

東大病院の説明では「255例中の125例で(MRによる)関与の可能性がある」という。

◆薬を使わず体質を改善する方法
<<薬を使わず体質を改善>>

*************************************
◆知らないと損をする、ノバルティスの従来薬グリベック(一般名イマチニブ)の副作用
主な副作用として、嘔気・嘔吐、下痢、食欲不振、発疹、表在性浮腫(顔・まぶた・下肢など)、貧血、けん怠感、筋けいれん、発熱などが報告されている。

このような症状に気づいたら、副作用の初期症状である可能性があります。

・貧血症状、発熱、出血傾向 [骨髄抑制]
・頭痛、意識障害、片麻痺 [脳出血、硬膜下出血]
・下血・吐血、腹痛、腹部膨満感、貧血 [消化管出血、胃前庭部毛細血管拡張症、消化管穿孔、腫瘍出血]
・体重増加、胸痛、呼吸困難 [重篤な体液貯留]
・発熱、から咳、呼吸困難 [間質性肺炎、肺線維症]
・顔面蒼白、呼吸困難、意識障害 [ショック、アナフィラキシー]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません、出血は、白血病の末期症状のように思われがちですが、
治癒率が改善されたとして、頻繁に使われるようになったグリベック(一般名イマチニブ)の副作用であることを患者は知らなければならない。
しかし、担当の医師からも、製薬会社からも薬剤師からも、正しい副作用の情報は、伝えられることはありません。
それが、日本の医療なのです。
また、一般に薬剤師は薬は嫌いです!!!

◆本当の副作用一覧

1. 肝機能検査値上昇、ビリルビン上昇、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、ビリルビン値が施設正常値上限の3倍超、AST値が施設正常値上限の5倍超、ALT値が施設正常値上限の5倍超、好中球減少、血小板減少、好中球数1000/mm3未満、血小板数50000/mm3未満 記載場所: 用法・用量
頻度: 頻度不明

2. 好中球数500/mm3未満、血小板数10000/mm3未満 記載場所: 用法・用量
頻度: 頻度不明

3. AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、ビリルビン上昇、肝機能障害 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%以上

4. 骨髄抑制、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%以上

5. 肺線維症、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、重篤な皮膚症状、心膜炎、胸痛、脳浮腫、頭蓋内圧上昇、麻痺性イレウス、嘔気、嘔吐、腹痛、便秘、深部静脈血栓症、肺塞栓症、息切れ、四肢疼痛、浮腫、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、横紋筋融解症、肺高血圧症、呼吸困難 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

6. 出血、脳出血、硬膜下出血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

7. 胃前庭部毛細血管拡張症、Gastric antral vascular ectasia、GAVE、貧血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

8. 肝不全 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

9. 重篤な体液貯留、心タンポナーデ、急激な体重増加、呼吸困難 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

10. 腫瘍崩壊症候群 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明

11. 間質性肺炎、多形紅斑、剥脱性皮膚炎、ショック、アナフィラキシー 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

12. 消化管出血 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

13. 腫瘍出血、消化管穿孔、腹膜炎、下血、吐血、貧血、腹痛、腹部膨満感、嘔気、嘔吐 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

14. 黄疸 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

15. 胸水、肺水腫、腹水、心膜滲出液、欝血性心不全 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

16. 肺炎、敗血症、感染症 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

17. 急性腎不全、重篤な腎障害 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

18. 汎血球減少 記載場所: 重大な副作用
頻度: 5%未満

19. 発疹、筋痙攣、嘔気、嘔吐、下痢、食欲不振、LDH上昇、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、リンパ球減少症、好酸球増多症、表在性浮腫、眼窩周囲浮腫、顔面浮腫、眼瞼浮腫、下肢浮腫、血清カリウム低下、血清リン低下、血清アルブミン低下、倦怠感 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%以上

20. 挫創、乾癬悪化、水疱性皮疹、血管浮腫、好中球浸潤、有痛性紅斑、発熱、皮膚障害、Sweet病、苔癬様角化症、扁平苔癬、点状出血、斑状出血、手足症候群、リビドー減退、錯乱、痙攣発作、失神、網膜出血、眼刺激、眼乾燥、黄斑浮腫、乳頭浮腫、緑内障、硝子体出血、坐骨神経痛、関節炎、逆流性食道炎、大腸炎、おくび、胃腸炎、食欲亢進、憩室炎、嚥下障害、LDH低下、末梢冷感、腎臓痛、頻尿、尿沈渣異常、尿中ウロビリノーゲン増加、乳房腫大、乳頭痛、性的不能、ACTH上昇、TSH上昇、血清リン上昇、血清総蛋白上昇、プロトロンビン時間短縮、APTT延長、フィブリノゲン増加、FDP上昇、低マグネシウム血症、頻脈、痛風、悪寒、寝汗 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明

21. 紅斑、脱毛、湿疹、皮膚そう痒、皮膚角化症、頭皮痛、疣贅、口唇炎、口唇ヘルペス、蕁麻疹、帯状疱疹、爪障害、皮膚色素沈着障害、皮膚乾燥、紫斑、皮膚色素脱失、光線過敏性反応、頭痛、感覚減退、錯感覚、眩暈、回転性眩暈、末梢神経障害、欝病、不安、片頭痛、記憶障害、不眠、頭重感、傾眠、流涙増加、眼そう痒感、結膜炎、結膜下出血、霧視、眼充血、関節痛、筋肉痛、骨痛、関節のこわばり、筋のこわばり、筋痙直、腰痛、関節腫脹、筋力低下、心窩部痛、腹部膨満、腹部不快感、腹痛、鼓腸放屁、味覚異常、口内炎、口渇、膵炎、消化管潰瘍、口腔アフタ、歯周炎、胃炎、血便、便秘、消化不良、胸やけ、総ビリルビン上昇、咳嗽、急性上気道炎、鼻炎、咽頭炎、呼吸困難、咽喉頭痛、鼻出血、白血球増多、血小板増多、血腫、舌血腫、潮紅、血圧上昇、血圧低下、BUN上昇、血清クレアチニン上昇、尿潜血、尿蛋白、全身浮腫、男性性器浮腫、女性化乳房、月経過多、血清カリウム上昇、血清ナトリウム低下、血清カルシウム低下、尿酸値上昇、尿酸値低下、血糖値上昇、CK上昇、CPK上昇、フィブリノゲン減少、CRP上昇、プロトロンビン時間延長、血糖値低下、血清総蛋白低下、血中アミラーゼ上昇、発熱、疲労感、体重増加、発汗、体重減少、脱水、耳鳴、疼痛、脱力、脱力感、難聴、胸痛、動悸 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満

22. 浮腫、心原性ショック、左室機能不全、重篤な好中球減少、重篤な血小板減少、トランスアミナーゼ上昇、高ビリルビン血症、一過性の肝毒性、急性肝不全、表在性浮腫、流産、奇形児、着床後死亡率増加、胎仔体重低下、初期胚発生への影響、外脳、脳瘤、頭蓋骨欠損、催奇形性、成長遅延、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、食欲減退、発疹、紅斑、疲労、筋痙縮、筋肉痛、脱力、腹水、頭痛、発熱、血清クレアチニン上昇、ビリルビン上昇、CK上昇、CPK上昇、好中球数減少、血小板減少症、汎血球減少症、骨壊死、甲状腺機能低下症、一般状態悪化、死亡、胸腺萎縮、リンパ節萎縮、リンパ系組織萎縮、リンパ球崩壊、リンパ球枯渇、マラリア感染悪化、精子形成低下、精巣重量低下、精巣上体重量低下、運動精子率低下、腎臓腺腫、腎臓腺癌、尿路乳頭腫、腎盂乳頭腫、膀胱乳頭腫、尿道乳頭腫、小腸腺癌、上皮小体腺腫、副腎良性髄質腫瘍、副腎悪性髄質腫瘍、前胃乳頭腫、前胃扁平上皮癌、陰核腺乳頭腫、包皮腺扁平上皮癌、包皮腺乳頭腫、心臓肥大、心臓拡張 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

23. 腫瘍出血、消化管穿孔、下血、吐血、貧血、腹痛、腹部膨満感 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

24. 体液貯留、胸水、肺水腫、腹水、心膜滲出液、心タンポナーデ、欝血性心不全、急激な体重増加、呼吸困難 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

25. 重篤な肝機能障害 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

26. 白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明

それでも薬、???
日本人は世界一の薬好きな国民なのである!

********************************
◆薬を使わず体質を改善する方法
<<薬を使わず体質を改善>>

***** 予防医学セミナー講師陣  *******

■専任講師:酒向毅:元岐阜県立多治見病院外科部長
      
■専任講師:岡田恒良 元尾西市民病院外科部長 消化器癌
               名古屋おひさまクリニック院長

■専任講師:内海聡     医学不要論著者 東京DDクリニック院長 

■講師:辛 松峰    元北京中医薬大学大学院講師

■講師:田中佳     脳神経外科医

■講師:船瀬俊介   経済及び医療ジャーナリスト ベストセラー「買ってはいけない」の著者

■講師:大沼四廊   一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する 千早書房
    椎間板ヘルニアは確実に治る
    がんの盲点 白血病はがんではない
(アマゾンから購入できます)
■小雑誌 
    病気を治す体の仕組み
    鎖骨ほぐしで100まで健康
(本部で購入できます)
■予防医学セミナー&鎖骨ほぐしのインストラクター及び専門家養成講座 主幹
国際連合より日本で初めて特別功労賞を顕彰された実力は国際的に注目されています。

◆相談及び施術
 〒468-0002
  一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D 
  スーパーのフイール焼山店より徒歩1分  au焼山店の西隣
   TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179

  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可
  
  ◆研究所 〒468-0002
  自然医学総合研究所 所長 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
   TEL:052-80-7063
  焼山の交差点より西へ50m北側 
  マンションの入り口は中古車のプラザイトウの北側で 焼山橋より北へ30m右
  
  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可







スポンサーサイト

12/24のツイートまとめ

shiro517

@beat_takesh1 僕は、たけしさんの番組で紹介された「医学不要論」に書かれた「がんの盲点・白血病はがんではない」の著者の大沼四廊です。顔の歪みは、鎖骨の癒着を剥離するべきですよ。参考:http://t.co/zavivVvrnH
12-24 08:33

ノバルティス社 副作用の未報告3264例 厚生労働省

ノバルティス社 副作用の未報告3264例 試験不適切関与も発表

毎日新聞社 2014年12月17日(水) 配信

ノバルティス社:副作用の未報告3264例 試験不適切関与も発表

ノバルデス


 製薬会社ノバルティスファーマ(東京)は16日、薬の副作用情報を国に報告していなかった問題に関する最終的な調査報告書を厚生労働省に提出した。

未報告の重い副作用情報は26品目で計3264例だった。

厚労省は医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで調査している。

 ノ社の社員が白血病治療薬の臨床試験に過剰に関与していたことや、副作用情報を報告していなかったことが今年に入って発覚。

これを受け、ノ社が全社員を対象に副作用の未報告例を調査した結果、約1万例が放置されていたことが判明していた。

 今回はこの約1万例を精査し、3264例が国に報告すべき重い副作用情報だったと結論付けた。

 薬の注意事項などの添付文書を変更しなければならない新たな内容は含まれていなかったと説明している。

 厚労省は「報告義務を怠った違反件数が(厚労省内で)確定すれば、件数の多さを考慮して業務停止も含め行政処分を検討する」とした。

 またノ社は、2011年以降に行われた医師主導の臨床試験で、社員が研究関連書類を作成するなど不適切に関与した新たな事例が見つかったこともホームページで公表した。

調査はスイス本社が依頼した第三者機関が実施したという。

ノ社は件数や関与の詳細について「お話しできない」(広報部)と明らかにしなかった。

 ノ社を巡っては、降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の虚偽広告事件で東京地検特捜部が元社員と同社を薬事法違反で起訴している。

 八田浩輔、河内敏康、桐野耕一

◆基本的に化学薬品は毒物です。
西洋医学の得意な分野は、毒物で、ウイルスを殺すことですが、しかし、病気の原因を改善することはありません。
どんな病状にも生活習慣などの原因はあるものです。

冷静に考えて、生活習慣の見直し等、原因から改善することです。

◆特に、ストレスとの関わりは大きな影響を与えています。
それは、過剰なストレスを受け続けることで、3大障害が起こるからです。

◆ストレスによる3大障害とは?

■ストレスと発病、ストレスと3大障害!発がんと歪み!椎間板ヘルニアの自然治癒!  名医も納得、大沼理論!
■名医も知らない病気の原因!
■大沼理論:ストレスと3大障害:<<ストレスと3大障害の動画>>

■手術と診断された椎間板ヘルニアの自然治癒をMRIで証明!

椎間板ヘルニアの自然治癒 
■手術も痛み止めもせず完治し18年後も健全で、整形外科医にも影響を与えている!

■発がんと歪み(PET)
がんと歪み

■この映像は、岐阜県在住の主婦の方の卵巣癌のpetです。
■骨盤から脊柱から頸椎まで、委縮しつつ、大きく歪んでいることがわかります。
西洋医学では、この程度の歪みは、病気には無関係として認識され、ある日突然遺伝子が壊れて発病に至ったと認識されています。
■しかし、発病した患者さんの歪みは著しく、その苦痛は、検査のデーターでは計り知れないものがあるのです。
体の歪み

■なぜ、体は歪むのか?ストレスと三大障害を解説する!
仙腸関節
大腰筋

人の体を支えている骨盤は、大人になると左右に一対ある腸骨という大きな骨と真ん中にある仙骨という骨で構成されています。
30年間で5000人以上の患者さんを対象に、骨盤と体の歪みを調べてきた結果、例外なく、右側の腸骨が上に前に捻転してずれがあることが確認されています。
その原因を、調べたところ、腸をつなぎとめている「腸間膜根」という昆布の根っこのような組織が、右の骨盤の仙腸関節の部位から、第二腰椎周辺の左側にかけて付着しているため、過剰な交感神経作用により、大きく委縮するためであることが、解剖学上から解明することができたのです。

■この歪みを”右側腸骨の上前方変位”と言い、身近なところでは、腰痛や肩こりや、睡眠障害から呼吸の障害やホルモン障害やがんやリウマチや白血病など重症、難病のあらゆる病気の原因となっています。

■ガン・リウマチ・ヘルニア 自然治癒を科学する
   世界が注目した、サイトカインと遺伝子修復
   著者:大沼四廊 千早書房 1800円+税

■アマゾンかまたは本部で購入できます。 <<書籍のご案内>>

ガン・リウマチ・ヘルニア

■骨盤から全身へ
人体の土台である、骨盤が歪むことで、無意識に、左側に体重が乗り、平均6対4から進行すると7対3位の割合まで
重心が偏ります。
具体的には、呼吸が浅く睡眠も浅く、疲れやすく、疲れが解消しないなど、気になる症状が出てきます。そんな時の就寝中の寝相を調べると、左半身を下にして長時間寝るようになります。
そのため、鎖骨が歪み、腰椎から胸椎、頸椎へと歪みが広まり、背骨は蛇行し、姿勢が悪く、疲れやすくなります。

■画像検査不要のケースも
■整形外科学会が診療指針

共同通信社 2013年1月4日(金) 配信
 日本整形外科学会と日本腰痛学会は30日までに、85%の腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占め、検査も手術も無効であるとの診療ガイドライン(指針)をまとめた。

 重篤な脊椎疾患の兆候がない限り、すべての患者に画像検査をする必要はないとしている。

 腰痛の診療指針は初という。

 2001年以降の国内外の医学論文4千件から厳選した約200件を基に、両学会の専門家が医師向けに策定した。

 指針によると、腰痛は発熱や胸部痛といった危険信号の有無などで
(1)特異的腰痛-がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
(2)まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの
(3)原因が特定できない非特異的腰痛―に分類することが重要とした。

 非特異的腰痛(ストレス性の腰痛)は、いわゆる、ぎっくり腰やストレスが原因となっているものを含み、全体の85%を占めるとの研究があるという。
 非特異的腰痛(ストレス性の腰痛)は、職場での人間関係や仕事量の多さ、仕事上の不満、うつ状態など心理社会的要因が関与している強い証拠があると指摘、ストレスを軽減するために、ものの考え方を変える認知行動療法などの精神医学療法が有効だとした。

 また、安静は必ずしも有効ではなく、非特異的腰痛(ストレス性の腰痛)ならできるだけ普段の動きを維持した方が早い改善につながるという。
 発症から3カ月以上たった慢性腰痛には運動療法(関節をほぐす程度の)は効果があるとした。

******** 腰痛の原因について *********
■日本整形外科学会と日本腰痛学会は基本的に大沼理論を容認した実例である!

■大沼理論とはストレスによって3大障害が起こるというとてもシンプルな理論です。
■ストレスと3大障害とは
①どんなストレスでも過剰になるほど例外なく右側の骨盤(腸骨)が上に前に(上前方変位)ずれる。
②どんなストレスでも、体液の酸化を伴い、血液が汚れ、免疫力が低下する。
③どんなストレスでも、進行することで呼吸が浅くなり、靭帯が硬化し、組織が癒着する。

■以上が、過去30年間で5000人以上の患者さんと対峙し、例外なく共通因子として認められた症状です。

■鎖骨の歪みと発病
胸腺
リンパ系

このような生活習慣が長期化することで、下で体重を受けている、鎖骨と胸椎の関節である「胸鎖関節」が歪みます。
そのため、心臓の出口である大血管や、老廃物を体外に排せつしている大リンパ管や、全身を支配している迷走神経などが圧迫され、呼吸も睡眠も浅く、肺や心臓や脳内の循環が悪くなることで、ホルモンの障害等様々な病状が誘発されるのです。

■血液の汚れ
そんな状態でも無理を続けることで、糖代謝が盛んになり、体の7割を占めている体液が酸化し、赤血球も白血球も被害を受けます。
そのため、免疫力が急激に低下し、感染症になり易く、また、寿命の尽きた死細胞などの除去ができず、腫瘤などの病変組織が出来やすい体質に変わるのです。

■血管の圧迫
大血管が圧迫されることで、血流の不足や血栓体質を招くことになり、エネルギー不足で冷えやすく、低体温となり、腸内細菌のバランスも悪化し、ビフィズス菌屋乳酸菌が減少し、消化も吸収も悪くなります。

■呼吸の悪化
迷走神経が圧迫されることで、上半身の循環が悪化し、特に呼吸が浅くなります。このため、低酸素状態になり、二酸化炭素を吐きだすことができず、体内で二酸化炭素の濃度が一定の水準を超えて高くなります。
そのため、本来ならば、胎児の時に、骨格を形成していた「、サンゴ礁由来の「真菌」が異常に増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを作ります。そのため、動脈硬化症や、人体の骨化やリウマチや肺腺癌や乳腺癌や、胆石や尿路結石等カルシウムが沈着しやすく老化現象を急激に進行させることになります。

■大沼式五大免疫療法の勧め
■そのため、対症療法では、改善できない難病でも、これらの問題を解決することで、体質が向上し代謝が改善され元気になることができるのです。それが、30年の実績から積み重ねて開発された、「大沼式五大免疫療法」です。

■体質に合わせた改善を指導!

■患者さん一人ひとりに合わせた、体質だけではなく気質の改善も指導しています。
①食養生の問題点、塩は、砂糖は、野菜は。くだものは、あまいものはなどそれぞれの体質に応じた指導がうけられます。
②温熱療法:患者さんの血液は汚れて、流れにくいため、酵素療法と併用し体を温めます。

③メンタル療法:大沼式健康法を理解していただき、明るく健康な心を導きます。
 負のエネルギーを正のエネルギーに転換するする方法を伝授します。

④大沼式健康法:ストレスで歪んだ骨盤や鎖骨を改善し、血管や神経やリンパ管の圧迫を取り除き代謝を促します。

⑤骨化及び石灰化及び動脈硬化対策;癌やリウマチヤ、ヘルニアや喘息やアトピーでも進行するほど呼吸が浅くなり、酸素がふそくし、「二酸化炭素」が急激に増え、二酸化炭素を好む「珊瑚由来の剣規制菌」が増殖し、二酸化炭素を吸っては「カルシウム」をつくっています。このため肺では肺腺癌となり、乳房では乳腺がんとなります。また、心筋梗塞やリウマチヤ、椎間板ヘルニア等でも関節を覆う「じん帯が硬化」し石灰化が進むことで難治性の疾患となっています。

この問題に30年以上前から着目し、具体的な方法を開発し、腸内細菌をコントロールすることで、不要なカルシウムを溶かすことが世界で初目て解明され、改善も可能とされています。

■大沼先生は、過去30年間で5000人以上の難治症の方と対峙し、200種以上の病気を克服し、日本免疫学会や日本統合医療学会にて発表して注目されています。

■病気は手術や薬や放射線ではなおりません。 岡田恒良 元尾西市民病院外科部長

■病気は、患者さん自信が持つ血液に備わっている「自然治癒力」が治しているのです。
                                   東大名誉教授 渥美和彦先生

■医者も逃げ出した末期乳がんの改善!鎖骨ほぐしと自然治癒
■鎖骨ほぐしで100まで健康
鎖骨ほぐしで100まで健康!

■重症、大学病院でも改善できなかった腰椎損傷の自然治癒
諭より証拠の映像がある!
腰椎損傷。


■論より証拠、末期肺腺癌の自然治癒の症例
肺腺癌丸山

■末期肺腺癌の自然治癒の講義の動画:<<大沼先生の講義>>
■末期肺腺癌の自然治癒,体験談の動画;<<肺腺癌の体験談>>
■論より証拠、巨大悪性リンパ腫が消えた症例肺リンパ腫

■巨大悪性リンパ腫が消えた症例体験談動画:<<肺の巨大悪性腫瘍の治癒>>

***** 予防医学セミナー講師陣  *******

■専任講師:酒向毅:元岐阜県立多治見病院外科部長
      
■専任講師:岡田恒良 元尾西市民病院外科部長 消化器癌
               名古屋おひさまクリニック院長

■専任講師:内海聡     医学不要論著者 東京DDクリニック院長 

■講師:辛 松峰    元北京中医薬大学大学院講師

■講師:田中佳     脳神経外科医

■講師:船瀬俊介   経済及び医療ジャーナリスト ベストセラー「買ってはいけない」の著者

■講師:大沼四廊   一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する 千早書房
    椎間板ヘルニアは確実に治る
    がんの盲点 白血病はがんではない
(アマゾンから購入できます)
■小雑誌 
    病気を治す体の仕組み
    鎖骨ほぐしで100まで健康
(本部で購入できます)
■予防医学セミナー&鎖骨ほぐしのインストラクター及び専門家養成講座 主幹
国際連合より日本で初めて特別功労賞を顕彰された実力は国際的に注目されています。

◆相談及び施術
 〒468-0002
  一般社団法人ナチュラルメディスン 代表理事 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル2F-D 
  スーパーのフイール焼山店より徒歩1分  au焼山店の西隣
   TEL:052-806-2178 FAX:052-806-2179

  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可
  
  ◆研究所 〒468-0002
  自然医学総合研究所 所長 大沼四廊
  名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
   TEL:052-80-7063
  焼山の交差点より西へ50m北側 
  マンションの入り口は中古車のプラザイトウの北側で 焼山橋より北へ30m右
  
  ◆緊急時のお問い合わせ
  ◆TEL:090-5861-4489 大沼 四廊  24時間対応可




戦後最大の医療過誤!!!血液製剤は毒だった!!!

◆「戦後最大の医療過誤!!!血液製剤は毒だった!!!

◆臍帯血移植の矛盾!

臍帯血移植、倍量も生存改善せず

2014年11月11日 ソース:NEJM カテゴリ:血液疾患・癌・投薬に関わる問題

文献:Wagner JE Jr,et al.One-Unit versus Two-Unit Cord-Blood Transplantation for Hematologic Cancers.N Engl J Med. 2014 Oct 30;371(18):1685-94.

 1-21歳の血液癌患者224人を対象に、臍帯血の移植量を2単位に増やすことで転帰が改善するという仮説を無作為化試験で検証した。
しかし、主要評価項目の1年全生存率は2単位移植65%、1単位移植73%(P=0.17)で同等だった。
むしろ、1単位移植患者は血小板の回復が良好で、グレードIII/IVの急性および慢性移植片対宿主病発症率が低かった。

※この実験が示すように、臍帯血は、骨髄液よりも、未分化で、安全性が高いという事で、臍帯血移植が多くなってるが、自分の血液ではなく、GVHDという拒絶反応は、入れるほど多くなります。

なお、移植には次のような重大副作用が存在します。

①GVHD:他人の血液を注入された患者側の血液との間で免疫拒絶反応が発生する。

それは、GVHD(移植片対宿主病)と呼ばれる致死的「重大副作用」です。発症すれば、炎症を抑えるために、高濃度のストロイド剤やモルヒネなどの麻薬が大量に投与されることになり、それらの副作用も働き、急激に、重大な貧血に至ります。

そのため、輸血が繰り返され、輸血の副作用も関わり、「1カ月以内に」「ほぼ100%死亡し」「治療法はない」。まさに恐るべき症状に襲われます。

②輸血製剤には、放射線照射:GVHD発症を防ぐため15~50グレイもの強力放射線を血液照射しています。
すると血球細胞が破壊され“死んだ血液”となります。血液は凝固作用や免疫作用を喪失し、
あらゆる臓器から出血し、破壊された血球片は抹消血管を詰まらせ多臓器不全の引き金となります。

※定義では、人体が、一度に50グレイの放射線を浴びると、全身障害が起き、48時間以内に死亡すると言われている。
  50グレイとは、人体の1Kg当たりに50ジュールの放射線のエネルギーを吸収することです。

③抗凝固剤:輸血をスムースに行なうため配合されている抗凝固剤は、輸血するほど出血がとまらなくなる一因となっています。

④呼吸障害:正式には「輸血関連性急性肺障害」(TRALI)。死亡率十数%・輸血後1,2時間で発症。肺水腫をともない呼吸困難で急死します。

⑤心不全:輸血関連循環器負荷(TACO)と呼ばれ、輸血後6時間以内の発症が多いと

されます。

⑥急性腎障害:移植や輸血した血液中に混入している血球死骸が腎臓の末梢血管を塞ぎ、最悪、

急死します。

ほかにも、「溶血反応」「血管内凝固」「アナフイラキシ一」「細菌感染症」「敗血症」「輸

血性肝炎」「エイズ」「プリオン」「クロイツフェルト・ヤコブ病」「免疫力低下」「ガン再発・

転移」「予後悪化」など、輸血には多くの問題点が指摘されています。

●ゆえに、私たちは輸血・血液製剤の将来的な全廃を求めます。

●人の血液は、消化器で腸内細菌が食べ物を消化しつつ行なってているからであり、消化器が正しく働くように、迷走神経や、骨盤内臓神経の圧迫を改善しつつ、血液の材料となる、良質な葉緑素やミネラルや酵素を摂取することが重要です。

◆********** 予防医学セミナーのお知らせ **********

◆戦後最大の医療過誤
がんの三大療法と骨髄移植はうけてはいけない!!!

戦後最大の医原病!!!血液製剤は毒だった!!!

血液の闇、輸血は受けてはいけない!
著者:船瀬俊介、内海聡
近代医学の最大の失敗、輸血は受けてはいけない。
医者も患者も気づいていない、医学会最後のタブー

血液の闇

これは、目から鱗の真実の結集である!!!
膨大な輸血、血液製剤の利権の背後で、輸血、血液製剤という毒により、おびただしい命が奪われ、医原病に苦しめられている。
輸血で殺していることに医師は気づかず、遺族も世間も知らされていない。

■血液製剤という事で、医療の現場では、輸血は当然のようにして行われている。
しかし、それは、自分の血液とは、程遠い物質で、自己免疫の細胞には負担に過ぎない。

■世界中が、免疫活性の時代になって、患者が急激に減少している中、日本は逆に急増している。

■その背景には、欧米では、あり得ないほどの化学薬品の投与に加えて、輸血が行われている。

■この現象は、国際的には、まれな現象で、日本は、世界最大の医療過誤の国となり、寝たきり老人の製造大国であり、正しく、医療地獄の状態なのである。

■ゆえに、毎年40兆円もの医療費を投資していても、病気で亡くなる人はうなぎ上りで増やされている。


※輸血の前にやるべきこと!!!

輸血の前にやるべきことは、人はなぜ貧血になるのか、その根本から考え直して、根本から改善するべきなのである。

■体内における造血反応を正常に戻すことで、造血は回復するからである!!!
その点、近代設備の整っている大病院では、貧血になった原因には全く触れず、輸血を繰り返すだけである。

※人はなぜ貧血になるのか???

その原因は多岐に渡り、視野の狭い専門医には、到底理解できるものではない!!!

①汚染食材に見られるように、毎日の食卓に上がる、食べ物の質が悪いうえに、減塩が常識となり、ミネラル分の不足になり、ミネラルの不足は、酵素の産生にも影響し、代謝が止まる原因となっている。

②過剰なストレスによって、交感神経が過剰に働き、糖代謝が盛んに行われ、体液が汚れ酸性化する、そのため、マクロファージや好中球などの顆粒球の動きは低下し、リンパ球屋NKT細胞も不活性になる。
※この点、医学部で「血液形態学」という死んだ血液細胞で学習する事は、「血液の動態」の重要性に気が付かず、視野の狭い医者を育てている。


※血液の自然活性

自然活性 e



また、過剰なストレスは、右側の骨盤を上前方に歪め、腰椎が歪むことで、全身の骨格が歪み、特に鎖骨の歪みは、胸腺で産生されるヘルパーT細胞の産生にも影響し、コロニー刺激因も産生できない、さらに、骨格の歪みは自律神経を圧迫し、神経伝達物質が、機能せず、脳内ホルモンの合成もできず、そのため、消化器の機能が低迷して腸の内容物が腐敗する。

※鎖骨ほぐしの実演

鎖骨ほぐしの実演

※この点、骨格の専門である整形外科学でも、ストレスで歪む事実を把握していないので、病気は突然発症するなどとあいまいな教育をし続け、患者を不安に陥れ、社会を混乱させている。

③また、残業大国で、超過労型の社会のため、体の不調から、恐怖心や心配事が尽きず、交感神経が過剰に働き、糖代謝を盛んにする。そのため、最終生成物である乳酸の解毒が、肝臓で追い付かず、体液は酸性に傾き、よごれている。
そのため血液細胞は機能を失い不活性になる。これも、また、血液形態学の弊害が存在する。
優秀なはずの医者に病気の原因が理解できないのは、このような事実があるからである。

④自律神経が狂い、24時間交感神経が働くことで、糖代謝が止まらず、肝臓は疲弊し、解毒が追い付かず、体液は急激に汚れ、遺伝子の水素結合にも障害が及び、活性型のマクロファージやTリンパ球が作るサイトカインという遺伝子の伝達物質が産生できずに、体の全ての機能が低下する。

⑤Tリンパ球やマクロファージなどの血液が不活性になり、IL-3、IL-6、IL-11のほかに、造血初期に作用し、造血幹細胞から造血前駆細胞、各系列前駆細胞へと増殖分化する造血因子である、SCF,GM-CSF,G-CSF、EPOなどの遺伝子の伝達物資であるサイトカインも産生されず、当然だが、造血反応も低下して貧血になる。

◆ここで重要なことは、医療との関わりである。
日本の医療は、欧米とは異なり、国民皆保険である。

医療費が安く受けられるという事で始まった保険医療が、病状を抑えるための対象療法が主体のため、外敵から体を守っている、免疫の細胞である白血球の動きも抑制されるのです。

そのため、怪我を治すとか、風邪を治す等の機能も低下し、サイトカインが産生されず、長引くほど血栓ができ、重症の貧血になるのです。

⑥白血病の骨髄移植から、間もなく、臍帯血移植に代わったのも、骨髄造血は真っ赤なウソだからです。

1991年12月18日. 23年前には財団法人骨髄移植推進財団が発足し他にもかかわらず、2006年(平成18年)3月9日
には、一般社団法人日本造血細胞移植学会が分裂して発足したのも、骨髄移植では解決できない矛盾が多々あったからなのです。

※骨髄造血は医学界最大の過ちだったからです。

※健全な造血を維持するために、何をなすべきか?

****** 正しい知識は、予防医学セミナーで学びましょう ********
◆世界を守る予防医学講座!!!

◆日時:12月21日(日)午前9時30分開場  開演:9時45分
◆会場:ウイルあいち 名古屋市東区、市政資料館前

◆病院や薬を選ぶ前に、安全な健康法を選ぶべきである!!!

※初めての方のご参加お待ちしております。

12月予防医学セミナー

********  予防医学セミナーで学んで病人を半減させよう *******

ゲストは岡田恒良先生と酒匂猛先生に講義をお願いします。
体験談は、白血病の克服です。
大沼先生は、貧血の原因と対策を講義します。

皆さん是非ご参加くださいませ。

※セミナー申し込みはこちらから:<<本部のTOPページ>>

■お問い合わせ先:052-806-2178  一般社団法人 ナチュラルメディスン

■緊急相談窓口:090-5861-4489   大沼四廊 24時間対応可

*******************************

■施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン

代表理事 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル 2F-D

■研究所
自然医学総合研究所;052-801-7063

所長 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

■緊急相談窓口;090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
  









◆ 割に合わない、人口の増加と医療費の増加!

◆ 割に合わない、人口の増加と医療費の増加!

◆ 薬を使わない小児科医 真弓 定夫 講演会より

◆真弓先生の講演会を見る:<<真弓先生の講演会を見る>>

真弓


◆医者いらずの出産と育児  著者 小児科医 真弓 定夫

jinnkouno suii

◆人口の推移と医療費の推移

1950年代には、日本の総人口は約8000万人ですが、2010年には、人口は1.6倍に増加したが、医療費の増加は170倍です。冷静に考えれば、170倍もの医療費が伸びて、病院の設備は立派になったが、その割にがんで亡くなる小童はどんどん増え続けていて、医療費の異常な伸びは、原発と同様、役に立たない無駄な政策です。
北海道の夕張を見習って、国民がそれぞれ予防医学を学び、自己管理することで、健康で長寿社会が得られるのです。

◆ 医者いらずの本

医者いらずの本

◆真弓先生の講演会を見る:<<真弓先生の講演会を見る>>

◆予防医学で日本再生!!!

◆********** 予防医学セミナーのお知らせ **********

◆戦後最大の医療過誤
がんの三大療法と骨髄移植はうけてはいけない!!!

戦後最大の医原病!!!血液製剤は毒だった!!!

血液の闇、輸血は受けてはいけない!
著者:船瀬俊介、内海聡
近代医学の最大の失敗、輸血は受けてはいけない。
医者も患者も気づいていない、医学会最後のタブー

血液の闇

これは、目から鱗の真実の結集である!!!
膨大な輸血、血液製剤の利権の背後で、輸血、血液製剤という毒により、おびただしい命が奪われ、医原病に苦しめられている。
輸血で殺していることに医師は気づかず、遺族も世間も知らされていない。

■血液製剤という事で、医療の現場では、輸血は当然のようにして行われている。
しかし、それは、自分の血液とは、程遠い物質で、自己免疫の細胞には負担に過ぎない。

■世界中が、免疫活性の時代になって、患者が急激に減少している中、日本は逆に急増している。

■その背景には、欧米では、あり得ないほどの化学薬品の投与に加えて、輸血が行われている。

■この現象は、国際的には、まれな現象で、日本は、世界最大の医療過誤の国となり、寝たきり老人の製造大国であり、正しく、医療地獄の状態なのである。

■ゆえに、毎年40兆円もの医療費を投資していても、病気で亡くなる人はうなぎ上りで増やされている。


※輸血の前にやるべきこと!!!

輸血の前にやるべきことは、人はなぜ貧血になるのか、その根本から考え直して、根本から改善するべきなのである。

■体内における造血反応を正常に戻すことで、造血は回復するからである!!!
その点、近代設備の整っている大病院では、貧血になった原因には全く触れず、輸血を繰り返すだけである。

※人はなぜ貧血になるのか???

その原因は多岐に渡り、視野の狭い専門医には、到底理解できるものではない!!!

①汚染食材に見られるように、毎日の食卓に上がる、食べ物の質が悪いうえに、減塩が常識となり、ミネラル分の不足になり、ミネラルの不足は、酵素の産生にも影響し、代謝が止まる原因となっている。

②過剰なストレスによって、交感神経が過剰に働き、糖代謝が盛んに行われ、体液が汚れ酸性化する、そのため、マクロファージや好中球などの顆粒球の動きは低下し、リンパ球屋NKT細胞も不活性になる。
※この点、医学部で「血液形態学」という死んだ血液細胞で学習する事は、「血液の動態」の重要性に気が付かず、視野の狭い医者を育てている。


※血液の自然活性

自然活性 e



また、過剰なストレスは、右側の骨盤を上前方に歪め、腰椎が歪むことで、全身の骨格が歪み、特に鎖骨の歪みは、胸腺で産生されるヘルパーT細胞の産生にも影響し、コロニー刺激因も産生できない、さらに、骨格の歪みは自律神経を圧迫し、神経伝達物質が、機能せず、脳内ホルモンの合成もできず、そのため、消化器の機能が低迷して腸の内容物が腐敗する。

※鎖骨ほぐしの実演

鎖骨ほぐしの実演

※この点、骨格の専門である整形外科学でも、ストレスで歪む事実を把握していないので、病気は突然発症するなどとあいまいな教育をし続け、患者を不安に陥れ、社会を混乱させている。

③また、残業大国で、超過労型の社会のため、体の不調から、恐怖心や心配事が尽きず、交感神経が過剰に働き、糖代謝を盛んにする。そのため、最終生成物である乳酸の解毒が、肝臓で追い付かず、体液は酸性に傾き、よごれている。
そのため血液細胞は機能を失い不活性になる。これも、また、血液形態学の弊害が存在する。
優秀なはずの医者に病気の原因が理解できないのは、このような事実があるからである。

④自律神経が狂い、24時間交感神経が働くことで、糖代謝が止まらず、肝臓は疲弊し、解毒が追い付かず、体液は急激に汚れ、遺伝子の水素結合にも障害が及び、活性型のマクロファージやTリンパ球が作るサイトカインという遺伝子の伝達物質が産生できずに、体の全ての機能が低下する。

⑤Tリンパ球やマクロファージなどの血液が不活性になり、IL-3、IL-6、IL-11のほかに、造血初期に作用し、造血幹細胞から造血前駆細胞、各系列前駆細胞へと増殖分化する造血因子である、SCF,GM-CSF,G-CSF、EPOなどの遺伝子の伝達物資であるサイトカインも産生されず、当然だが、造血反応も低下して貧血になる。

◆ここで重要なことは、医療との関わりである。
日本の医療は、欧米とは異なり、国民皆保険である。
医療費が安く受けられるという事で始まった保険医療が、病状を抑えるための対象療法が主体のため、外敵から体を守っている、免疫の細胞である白血球の動きも抑制されるのです。
そのため、怪我を治すとか、風邪を治す等の機能も低下し、サイトカインが産生されず、長引くほど血栓ができ、重症の貧血になるのです。

⑥白血病の骨髄移植から、間もなく、臍帯血移植に代わったのも、骨髄造血は真っ赤なウソだからである。

⑦健全な人の造血は、消化器で食べものを消化しつつ、腸内細菌が蛋白源となり、集合して血液細胞を作っている。

⑧ゆえに、腸内細菌のバランスも大変重要なテーマなのである。

■このような条件下で人は貧血になっているのだが、視野が狭すぎる、専門医には、到底これらの原因を改善出来るはずはなく、輸血に依存しているのである。

■その被害者は、毎年120万人を超えている。


※健全な造血を維持するために、何をなすべきか?

****** 正しい知識は、予防医学セミナーで学びましょう ********
◆世界を守る予防医学講座!!!

◆日時:12月21日(日)午前9時30分開場  開演:9時45分
◆会場:ウイルあいち 名古屋市東区、市政資料館前

◆病院や薬を選ぶ前に、安全な健康法を選ぶべきである!!!

初めての方のご参加お待ちしております。今回のセミナーは9時45分からスタートします。お間違いのないようにお願い致します。
12月予防医学名古屋セミナー



********  予防医学セミナーで学んで病人を半減させよう *******

ゲストは岡田恒良先生と酒匂猛先生に講義をお願いします。
体験談は、白血病の克服です。
大沼先生は、貧血の原因と対策を講義します。

皆さん是非ご参加くださいませ。

※セミナー申し込みはこちらから:<<本部のTOPページ>>

■お問い合わせ先:052-806-2178  一般社団法人 ナチュラルメディスン

■緊急相談窓口:090-5861-4489   大沼四廊 24時間対応可

*******************************

■施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン

代表理事 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル 2F-D

■研究所
自然医学総合研究所;052-801-7063

所長 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

■緊急相談窓口;090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
  









◆元、夕張市の医師が証明、医療崩壊が健康の元!!!

◆医療崩壊が健康の元!!!

◆元、夕張市の医師が証明!!!

◆病院が無くて検査も治療もなければ健康になれる!!!

◆ 夕張モデルから何を学ぶか???

森田洋之

日本一の高齢化を迎えた夕張市は、市の財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えました。
高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果は、市民の予防意識が高まり、その真逆でした。
死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がり、多くの市民は健康になりました。
そのマジックの背景を、夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が明かしました。

【スピーカー】
南日本ヘルスリサーチラボ 夕張市立診療所 前院長  森田洋之 氏

【動画もぜひご覧ください!】<<夕張マジックが世界を救う!>>

(TEDxKagoshima2014 より)

◆********** 予防医学セミナーのお知らせ **********

◆戦後最大の医療過誤
がんの三大療法と骨髄移植はうけてはいけない!!!

戦後最大の医原病!!!血液製剤は毒だった!!!

血液の闇、輸血は受けてはいけない!
著者:船瀬俊介、内海聡
近代医学の最大の失敗、輸血は受けてはいけない。
医者も患者も気づいていない、医学会最後のタブー

血液の闇

これは、目から鱗の真実の結集である!!!
膨大な輸血、血液製剤の利権の背後で、輸血、血液製剤という毒により、おびただしい命が奪われ、医原病に苦しめられている。
輸血で殺していることに医師は気づかず、遺族も世間も知らされていない。

■血液製剤という事で、医療の現場では、輸血は当然のようにして行われている。
しかし、それは、自分の血液とは、程遠い物質で、自己免疫の細胞には負担に過ぎない。

■世界中が、免疫活性の時代になって、患者が急激に減少している中、日本は逆に急増している。

■その背景には、欧米では、あり得ないほどの化学薬品の投与に加えて、輸血が行われている。

■この現象は、国際的には、まれな現象で、日本は、世界最大の医療過誤の国となり、寝たきり老人の製造大国であり、正しく、医療地獄の状態なのである。

■ゆえに、毎年40兆円もの医療費を投資していても、病気で亡くなる人はうなぎ上りで増やされている。


※輸血の前にやるべきこと!!!

輸血の前にやるべきことは、人はなぜ貧血になるのか、その根本から考え直して、根本から改善するべきなのである。

■体内における造血反応を正常に戻すことで、造血は回復するからである!!!
その点、近代設備の整っている大病院では、貧血になった原因には全く触れず、輸血を繰り返すだけである。

※人はなぜ貧血になるのか???

その原因は多岐に渡り、視野の狭い専門医には、到底理解できるものではない!!!

①汚染食材に見られるように、毎日の食卓に上がる、食べ物の質が悪いうえに、減塩が常識となり、ミネラル分の不足になり、ミネラルの不足は、酵素の産生にも影響し、代謝が止まる原因となっている。

②過剰なストレスによって、交感神経が過剰に働き、糖代謝が盛んに行われ、体液が汚れ酸性化する、そのため、マクロファージや好中球などの顆粒球の動きは低下し、リンパ球屋NKT細胞も不活性になる。
※この点、医学部で「血液形態学」という死んだ血液細胞で学習する事は、「血液の動態」の重要性に気が付かず、視野の狭い医者を育てている。


※血液の自然活性

自然活性 e



また、過剰なストレスは、右側の骨盤を上前方に歪め、腰椎が歪むことで、全身の骨格が歪み、特に鎖骨の歪みは、胸腺で産生されるヘルパーT細胞の産生にも影響し、コロニー刺激因も産生できない、さらに、骨格の歪みは自律神経を圧迫し、神経伝達物質が、機能せず、脳内ホルモンの合成もできず、そのため、消化器の機能が低迷して腸の内容物が腐敗する。

※鎖骨ほぐしの実演

鎖骨ほぐしの実演

※この点、骨格の専門である整形外科学でも、ストレスで歪む事実を把握していないので、病気は突然発症するなどとあいまいな教育をし続け、患者を不安に陥れ、社会を混乱させている。

③また、残業大国で、超過労型の社会のため、体の不調から、恐怖心や心配事が尽きず、交感神経が過剰に働き、糖代謝を盛んにする。そのため、最終生成物である乳酸の解毒が、肝臓で追い付かず、体液は酸性に傾き、よごれている。
そのため血液細胞は機能を失い不活性になる。これも、また、血液形態学の弊害が存在する。
優秀なはずの医者に病気の原因が理解できないのは、このような事実があるからである。

④自律神経が狂い、24時間交感神経が働くことで、糖代謝が止まらず、肝臓は疲弊し、解毒が追い付かず、体液は急激に汚れ、遺伝子の水素結合にも障害が及び、活性型のマクロファージやTリンパ球が作るサイトカインという遺伝子の伝達物質が産生できずに、体の全ての機能が低下する。

⑤Tリンパ球やマクロファージなどの血液が不活性になり、IL-3、IL-6、IL-11のほかに、造血初期に作用し、造血幹細胞から造血前駆細胞、各系列前駆細胞へと増殖分化する造血因子である、SCF,GM-CSF,G-CSF、EPOなどの遺伝子の伝達物資であるサイトカインも産生されず、当然だが、造血反応も低下して貧血になる。

◆ここで重要なことは、医療との関わりである。
日本の医療は、欧米とは異なり、国民皆保険である。
医療費が安く受けられるという事で始まった保険医療が、病状を抑えるための対象療法が主体のため、外敵から体を守っている、免疫の細胞である白血球の動きも抑制されるのです。
そのため、怪我を治すとか、風邪を治す等の機能も低下し、サイトカインが産生されず、長引くほど血栓ができ、重症の貧血になるのです。

⑥白血病の骨髄移植から、間もなく、臍帯血移植に代わったのも、骨髄造血は真っ赤なウソだからである。

⑦健全な人の造血は、消化器で食べものを消化しつつ、腸内細菌が蛋白源となり、集合して血液細胞を作っている。

⑧ゆえに、腸内細菌のバランスも大変重要なテーマなのである。

■このような条件下で人は貧血になっているのだが、視野が狭すぎる、専門医には、到底これらの原因を改善出来るはずはなく、輸血に依存しているのである。

■その被害者は、毎年120万人を超えている。


※健全な造血を維持するために、何をなすべきか?

****** 正しい知識は、予防医学セミナーで学びましょう ********
◆世界を守る予防医学講座!!!

◆日時:12月21日(日)午前9時30分開場  開演:9時45分
◆会場:ウイルあいち 名古屋市東区、市政資料館前

◆病院や薬を選ぶ前に、安全な健康法を選ぶべきである!!!

※初めての方のご参加お待ちしております。

12月予防医学セミナー

********  予防医学セミナーで学んで病人を半減させよう *******

ゲストは岡田恒良先生と酒匂猛先生に講義をお願いします。
体験談は、白血病の克服です。
大沼先生は、貧血の原因と対策を講義します。

皆さん是非ご参加くださいませ。

※セミナー申し込みはこちらから:<<本部のTOPページ>>

■お問い合わせ先:052-806-2178  一般社団法人 ナチュラルメディスン

■緊急相談窓口:090-5861-4489   大沼四廊 24時間対応可

*******************************

■施術及び相談窓口
一般社団法人 ナチュラルメディスン

代表理事 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-420  フジイビル 2F-D

■研究所
自然医学総合研究所;052-801-7063

所長 大沼四廊

〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202

■緊急相談窓口;090-5861-4489 大沼四廊 24時間対応可
  









最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。