大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第40回日本免疫学会学術集会が開催された!

■第40回日本免疫学会学術集会が開催された!

11,27、幕張メッセ 学術集会

■第40回日本免疫学会学術集会が開催された!


上の写真は左が大沼先生と右は埼玉の鈴木さん

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



■NPO法人日本免疫学会の主催により、11月27日から29にまで千葉県幕張メッセ国際会議場にて学術集会が開催され27日にはおよそ3000人が全国から集結しました。

参加内容は全国の国公立大学から慶応義塾大学など全国の主要な大学の教授らの発表に続き、各研究者の最先端の発表がおこなわれました。発表内容はポスター展示を含め300を超える勢いでした。

自然医学総合研究所では「ヒト免疫で8割の病気を克服できる」という新しい医学のあり方を「産学合同企画」と位置づけて提案しています。

今回は、世界の医学史に残るほどの内容で「巨大悪性リンパ腫をヒト免疫で治す」という報告を行い大盛況のうちに終えました。
来年は神戸で開催される予定です。

さらなる研究を進める決意を証明してきました。
スポンサーサイト

■第40回日本免疫学会学術集会にて自然治癒の症例を発表!

■第40回日本免疫学会学術集会にて自然治癒の症例を発表!

やまうち

■第40回日本免疫学会学術集会が千葉県の幕張メッセで開催される!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



■11月27日(日)主催N PO 日本免疫学会
 
■会場:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
 
 幕張メッセ 国際会議場 D会場にて

■時間:14:55~16:15 

■演題:巨大悪性腫瘍をヒト免疫で治すというテーマで発表できることになった。


■独自に開発したNRT総合免疫療法で自己免疫力を高め、巨大悪性リンパ腫は9日間16回の施術で治ったという事実を参加者に伝えたいものです。

■これは医学史上に残る発表である!

■11月27日(日)主催日本免疫学会
 
■会場:千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
 
 幕張メッセ 国際会議場 D会場

■時間:14:55~16:15 

■ぜひ多くの方の参加をお待ちしております。

■鎖骨を治せば顆粒球は増える

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!

■慢性好中球減少症の過ち!

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!


6月5日の東京セミナーの一部がYou Tubeで見ることができるようになりました。
You Tubeの番組は下記アドレスをインターネットに貼り付けて検索してください。

 http://www.youtube.com/watch?v=kt-pXMIntIQ


■慢性好中球減少症の過ち!

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!

※真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



私達のからだを構成する細胞はおよそ60兆個といわれている。

その細胞に栄養素や酸素を渡しているのが赤血球であり、ウイルスの侵入や自身の死細胞を処分して排泄している細胞が白血球である。

白血球にはマクロファージや好中球や好酸球や好塩基性などの顆粒球と顆粒を持たないリンパ球がある。

これらの細胞はお互いに連絡を交わしながら私達をウイルスなどの外敵の侵入から身を守ることや、自身の死亡した死細胞などを処分することで健康な状態を維持する様に働いている。

しかし過剰なストレスを受ける事で、からだは硬直し、構造的なことから右側の骨盤が歪む。

このため、骨盤内蔵神経が障害され直腸や膀胱や生殖器などの骨盤の内臓の機能が低下する。

そのため、消化吸収や排泄が悪くなり、体液は汚れ、B細胞など獲得免疫の細胞の妨げとなる。

また、骨盤のゆがみは鎖骨の歪みを誘発され、横向きなどの寝相や毎日の姿勢などの影響を受けて生じる。

そのため、胸腺で産生されるヘルパーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞がつくる造血因子であるGM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子)も減少する。

•その結果、顆粒球は減少する。


■顆粒球を増やすために

「GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子」について

GM-CSF:•Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor  

「GM-CSFはTh細胞(胸腺内細胞)等が産生する」

•GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子とは、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種で、胸腺でつくられるヘルパーT細胞によって産生される。

•ヘルパーT細胞はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる。

•同様に、造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)や顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)・好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)・好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

•更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。

•(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

•GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられている。

•顆粒球の造血反応は、胸腺で産生されるヘルパーT細胞によって誘導されるため、鎖骨の障害は造血反応にも影響を与えているのである。

ゆえに、顆粒球の減少には、「輸血」に依存するばかりではなく鎖骨の障害を取り除き、胸腺でヘルパーT細胞が正常に産生されるようにしなければならない。

西洋医学の対応に疑問がある、あるいは、確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。


■慢性好中球減少症の過ち!
急性好中球減少症は、早ければ数日間で進行する。

その原因は、産生障害か末梢での利用または破壊の亢進によることが多い。

慢性好中球減少症の過ち!

慢性好中球減少症は好中球減少が6カ月以上持続する場合であり、産生減少あるいは好中球の脾臓による捕捉過剰から生じるとされている。
また、骨髄の骨髄系細胞に対する外因的要因に続発したものか、あるいは骨髄系細胞の内因的異常により発症するとして抗がん剤治療の対象となっている。

しかし、本当の原因は鎖骨の歪みによる胸腺の機能障害である。
その根拠右は、胸腺でヘルパーT細胞がつくられ、ヘルパーT細胞が「IL-2」を産生し、IL-2がキラーT細胞やマクロファージに作用して活性・増殖を促しているからである。
それは、コロニー刺激因子からも証明されている。
顆粒球単球コロニー刺激因子をGM-CSFと呼ぶ。
この因子はTh細胞等が産生し多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種である。
この因子はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる他以下の様に機能する。

造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)に分化する。
それは、顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)や好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)や好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられる。

以上のことからも、胸腺の機能が回復することにより、ヘルパーT細胞が正常に産生されることで顆粒球は造血される。
よって、顆粒球の減少する患者は輸血に依存する前に鎖骨の歪みや癒着など真因を改善しなくてはならない。

************ 予防医学セミナーのお知らせ ***************

■12月4日(日)東京予防医学セミナー

■会場:新宿西口 エルタワー15階 株JOY セミナー室

■時間:9:30開場 10:00開講

テーマⅠ:ガンを克服するために
講師:酒向猛 医学博士 元岐阜県多治見病院外科部長
       千葉セントマーガレット病院統合医療外来部長
       著書:隠された造血の秘密

テーマⅡ:病気を治す身体のしくみ!
講師:大沼四廊 ナチュラルケアセンター院長
        ナチュラルセラピスト
      過去30年で200種以上の病気を克服
      09年:国際連合より特別功労賞を顕彰された
      11年:巨大悪性腫瘍を9日間で完治できたことからギネスワールドレポートに挑戦した
      著書:椎間板ヘルニアは確実に治る
         がんの盲点
         ガン・リウマチヘルニア自然治癒を科学する
         自然治癒の秘密
         健康ジャーナル主幹

テーマⅢ:午後相談会、体験会 
対症療法では病気が増えます。
病気を治すためには総合的な対応が重要です。
あきらめず、このチャンスを生かしてください。


■12月11日(日) 名古屋予防医学セミナー
名古屋市東区 ウイルあいち 2F特別会議室

■時間:9:30開場 10:00開講

■午後相談会、体験会 1Fフイットネス(2)
 血液画像分析。自律神経測定、SST骨盤理学調整
 参加費2000円
■忘年会17:30~ 会費:3000円

■会場:豆の畑 

 中区栄5-13-27
 TEL:052-269-1136 

■造血について!

■造血について!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】




■造血については骨髄であるとか消化器であるとか異論があります。

■しかし、顆粒球の造血にはGM-CSFという顆粒球単球コロニー刺激因子が関わっています。

■つまり、GM-CSFが産生されなければ顆粒球の造血はできないということになります。

■と言うことは顆粒球が減少することになりまます。

■もっと重要な事はこの造血因子は胸腺由来のヘルパーT細胞(Th細胞)等が産生していますので顆粒球の造血は胸腺の機能によって変化することになります。

■また、この因子は、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種として働き、IL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させています。

その他、造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)

顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)

好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)

好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる事が知られています。

更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きも持ちます。

(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導されます)

また、GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられています。

しかし、それだけでは造血はされません。

当然ですが食べ物を消化吸収する能力が無ければなりませんし、造血に必要な食材を摂取することが重要です。


6月5日の東京セミなーのビデオがYou Tubenにアップ
されました。

「がんと免疫力2」です。

http://www.youtube.com/watch?v=kt-pXMIntIQ

ぜひ見て頂、応援してください。

よろしくお願いいたします。

がん細胞 近赤外光で破壊

■がん細胞 近赤外光で破壊


近赤外線治療機


※We click it, and please cooperate with ranking to spread true medical treatment!

Which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads 】
← here to click ⇒ [we vote for FC2 blog ranking] ← here to click
We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.
which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】 We read an article of other medical ranking⇒ We move to medical blog ranking> ← here to click


■マウスで成功、副作用なし 米チーム

近赤外光とは、可視光線より波長が長く、目に見えない光のことで、テレビなどのリモコンや携帯電話の通信に使われ、人体に無害なことが特徴である。

また、こたつなどに使われる遠赤外線(光)より波長が短い。

この光が、正常細胞に傷つけず、副作用なしでがん細胞を破壊できることが明らかにされた。

毎日新聞社 11月7日(月) 配信

がん細胞:近赤外光で破壊 マウスで成功、副作用なし--米チーム
 
 体の外から光を当ててマウス体内のがん細胞を破壊する実験に、米国立衛生研究所の研究チームが成功し、6日発行の科学誌「ネイチャーメディシン」(電子版)に発表した。正常な細胞は傷つけず、効率的にがん細胞だけを破壊できる治療法として、数年以内の臨床応用を目指すとしている。【永山悦子】

 チームは、主にがん細胞に存在するたんぱく質と結びつく性質を持った「抗体」に注目。

この抗体に、近赤外光の特定の波長(0・7マイクロメートル)で発熱する化学物質を取り付け、悪性度の高いがんを移植したマウスに注射した。

 その後、がんがある部位に体外から近赤外光を15~30分間当てた。

計8回の照射で、がん細胞の細胞膜が破壊され、10匹中8匹でがんが消失、再発もなかった。

一方、抗体注射と照射のどちらかだけを施したマウスや何もしなかったマウスは、すべてが3週間以内にがんで死んだ。

複数の種類のがんで同様の効果を確認。

注射された抗体ががん細胞と結びつき、照射によって化学物質が発する熱で衝撃波が発生、がん細胞だけを壊したと結論づけた。

 がんに対する光治療には、今回と波長の異なる光を当てる方法があるが、やけどをしたり、光を受け止める物質ががん細胞以外にも結びついたりするなど、健康な細胞への影響が避けられなかった。

 近赤外光を使う新しい方法では、抗体がわずかに正常細胞に結びついても、光の強さを調節することでがん細胞だけ破壊できる。

また、光自体が無害なため繰り返し照射でき、体表から5~10センチ程度の深さまで届くという。

 チームの小林久隆主任研究員は「抗体は、肺、乳、前立腺、大腸、卵巣、白血病、悪性リンパ腫などさまざまながんに使えるものが承認されており、数年以内に臨床応用を実現させたい。

がん細胞が血中を移動する転移がんでも、それに結びつく抗体が見つかれば応用できる」と話す。

****** すでに実証 *******
■近赤外光を応用した療法は、15年も前からすでに我々は開始していた。

■今回の研究は、我々の選択してきた近赤外線療法の正当性を証明していただいたことである。

■問題は、ヒトとラットではストレスが違い、研究と同様の結果を導くことが難しいということになる。

■またがん細胞ができた周辺の組織は循環が障害され、低酸素状態であり、高二酸化炭素状態である。

■そのため、二酸化炭素を好む「嫌気性菌」が増殖し二酸化炭素を吸ってカルシウムを作る事が私の研究で明らかにされている。

■従って、がん細胞に照射することだけでは思うようにガンを治すことはできないのである!

■よって、がん細胞に近赤外線を照射する前に、がん細胞の周辺の血管や特にリンパ管の圧迫や動脈硬化を改善することが重要なのである。

■がんや難病の体質改善や近赤外治療に関するお問い合わせは経験の豊富な自然医学総合研究所までお問い合わせください。

TEL:051-801-7063
Email::shizen@nrt.ne.jp

■医学の進歩は原因から治すこと!

■医学の進歩は原因から治すこと!

■慢性好中球減少症の過ち!

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!

※真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



■鎖骨を治せば顆粒球は増える!


私達のからだを構成する細胞はおよそ60兆個といわれている。

その細胞に栄養素や酸素を渡しているのが赤血球であり、ウイルスの侵入や自身の死細胞を処分して排泄している細胞が白血球である。

白血球にはマクロファージや好中球や好酸球や好塩基性などの顆粒球と顆粒を持たないリンパ球がある。

これらの細胞はお互いに連絡を交わしながら私達をウイルスなどの外敵の侵入から身を守ることや、自身の死亡した死細胞などを処分することで健康な状態を維持する様に働いている。

しかし過剰なストレスを受ける事で、からだは硬直し、構造的なことから右側の骨盤が歪む。

このため、骨盤内蔵神経が障害され直腸や膀胱や生殖器などの骨盤の内臓の機能が低下する。

そのため、消化吸収や排泄が悪くなり、体液は汚れ、B細胞など獲得免疫の細胞の妨げとなる。

また、骨盤のゆがみは鎖骨の歪みを誘発され、横向きなどの寝相や毎日の姿勢などの影響を受けて生じる。

そのため、胸腺で産生されるヘルパーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞がつくる造血因子であるGM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子)も減少する。

•その結果、顆粒球は減少する。


■顆粒球を増やすために

「GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子」について

GM-CSF:•Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor  

「GM-CSFはTh細胞(胸腺内細胞)等が産生する」

•GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子とは、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種で、胸腺でつくられるヘルパーT細胞によって産生される。

•ヘルパーT細胞はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる。

•同様に、造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)や顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)・好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)・好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

•更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。

•(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

•GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられている。

•顆粒球の造血反応は、胸腺で産生されるヘルパーT細胞によって誘導されるため、鎖骨の障害は造血反応にも影響を与えているのである。

ゆえに、顆粒球の減少には、「輸血」に依存するばかりではなく鎖骨の障害を取り除き、胸腺でヘルパーT細胞が正常に産生されるようにしなければならない。

西洋医学の対応に疑問がある、あるいは、確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。


■慢性好中球減少症の過ち!
急性好中球減少症は、早ければ数日間で進行する。

その原因は、産生障害か末梢での利用または破壊の亢進によることが多い。

慢性好中球減少症の過ち!

慢性好中球減少症は好中球減少が6カ月以上持続する場合であり、産生減少あるいは好中球の脾臓による捕捉過剰から生じるとされている。
また、骨髄の骨髄系細胞に対する外因的要因に続発したものか、あるいは骨髄系細胞の内因的異常により発症するとして抗がん剤治療の対象となっている。

しかし、本当の原因は鎖骨の歪みによる胸腺の機能障害である。
その根拠右は、胸腺でヘルパーT細胞がつくられ、ヘルパーT細胞が「IL-2」を産生し、IL-2がキラーT細胞やマクロファージに作用して活性・増殖を促しているからである。
それは、コロニー刺激因子からも証明されている。
顆粒球単球コロニー刺激因子をGM-CSFと呼ぶ。
この因子はTh細胞等が産生し多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種である。
この因子はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる他以下の様に機能する。

造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)に分化する。
それは、顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)や好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)や好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられる。

以上のことからも、胸腺の機能が回復することにより、ヘルパーT細胞が正常に産生されることで顆粒球は造血される。
よって、顆粒球の減少する患者は輸血に依存する前に鎖骨の歪みや癒着など真因を改善しなくてはならない。

まして貧血で苦しむ患者に平気で抗がん剤治療や抗生剤で貧血に追いやることは重大な過ちといえるのである。

医学の進歩は原因から改善することである。

■鎖骨を治せば顆粒球は増える!



■鎖骨を治せば顆粒球は増える!

※We click it, and please cooperate with ranking to spread true medical treatment!

Which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads 】
← here to click ⇒ [we vote for FC2 blog ranking] ← here to click
We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.
which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】 We read an article of other medical ranking⇒ We move to medical blog ranking> ← here to click


私達のからだを構成する細胞はおよそ60兆個といわれている。

その細胞に栄養素や酸素を渡しているのが赤血球であり、ウイルスの侵入や自身の死細胞を処分して排泄している細胞が白血球である。

白血球にはマクロファージや好中球などの顆粒球と顆粒を持たないリンパ球がある。

これらの細胞はお互いに連絡を交わしながら私達を健康な状態に維持する様に働いている。

しかし過剰なストレスを受ける事で、からだは硬直し、構造的なことから右側の骨盤が歪む。

鎖骨の歪みは、この影響を受けて生じる。

そのため、胸腺で産生されるヘルパーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞がつくる造血因子であるGM-CSF(顆粒球単球コロニー刺激因子)も減少する。

•その結果、顆粒球は減少する。


•顆粒球を増やす「GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子」について

•Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor  

「GM-CSFはTh細胞(胸腺内細胞)等が産生する」

•GM-CSF:顆粒球単球コロニー刺激因子とは、多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種で、胸腺でつくられるヘルパーT細胞によって産生される。

•ヘルパーT細胞はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる。

•同様に、造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)や顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)・好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)・好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

•更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。

•(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

•GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられている。

•顆粒球の造血反応は、胸腺で産生されるヘルパーT細胞によって誘導されるため、鎖骨の障害は造血反応にも影響を与えているのである。

ゆえに、顆粒球の減少には、「輸血」に依存するばかりではなく鎖骨の障害を取り除き、胸腺でヘルパーT細胞が正常に産生されるようにしなければならない。

西洋医学の対応に疑問がある、あるいは、確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

Granular leukocyte increases if we cure clavicle!

A cell constituting our body is called about
60,000,000,000,000.

It is erythrocyte that hand nutrient and oxygen to the cell.

In addition, the cell which we get rid of a viral invasion and a dead cell of ego and excrete is a white blood corpuscle.

There is the lymphocyte which does not have granular leukocyte and granules such as a macrophage or mature granulocyte in leucocyte.

These cells work to maintain us in a normal state while exchanging communication each other.

However, a body becomes stiff by sustaining excessive stress, and right innominate bone is warped from a structural thing.

Clavicular distorsion catches this influence and occurs.

Therefore helper T cell produced with a thymus decreases.

In addition, the GM-CSF granular leukocyte monocyte CSF that helper T cell makes decreases.

As a result, granular leukocyte decreases.

Increase granular leukocyte; "is GM-CSF"

About granular leukocyte monocyte CSF


Granulocyte Macrophage colony-stimulating Factor
"Th cells (a cell in a thymus) produce GM-CSF"

GM-CSF:
With granular leukocyte monocyte CSF, it is produced by helper T cell made with a thymus with a kind of cytokine promoting differentiation to pluripotent hematopoietic stem cell.


Helper T cell cooperates with IL (interleukin) - 3,5 and lets hematopoietic system progenitor cell (CFU-GEMM) differentiate with pluripotent hematopoietic stem cell.

We let burst-forming unit erythroid (BFU-E) and granular leukocyte monocyte colony forming cell (CFU-GM) / eosinophil colony forming cell (CFU-Eo) / basophil colony forming cell (CFU - Ba) differentiate with hematopoietic system progenitor cell likewise.


Furthermore, we have a work to let eosinophil differentiate in CFU-Eo in mature granulocyte and monocyte in CFU-GM.


CFU - Ba is induced by interleukin-3, 5 by basophil


GM-CSF is used for immunostimulation and hematogenesis
irritation to have differentiation conduction of leucocyte (granular leukocyte, monocyte) which is the leading role of cell mediated immunity.


As for the granulocytic hematopoietic reaction, a clavicular disorder affects hematogenesis reaction so that it is induced by helper T cell produced with a thymus.

Thus, not depending remove a clavicular disorder, and helper T cell is normal, and, for granulocytic decrease, it must be produced with a thymus by "transfusion".

Western medicine there is doubt in correspondence or to want to learn positive alternative medicine please participate in a preventive medicine seminar

慢性好中球減少症の過ち!

急性好中球減少症は、早ければ数日間で進行する。
その原因は、産生障害か末梢での利用または破壊の亢進によることが多い。

慢性好中球減少症の過ち!
慢性好中球減少症は好中球減少が6カ月以上持続する場合であり、産生減少あるいは好中球の脾臓による捕捉過剰から生じるとされている。
また、骨髄の骨髄系細胞に対する外因的要因に続発したものか、あるいは骨髄系細胞の内因的異常により発症するとして抗がん剤治療の対象となっている。

しかし、本当の原因は鎖骨の歪みによる胸腺の機能障害である。
その根拠右は、胸腺でヘルパーT細胞がつくられ、ヘルパーT細胞が「IL-2」を産生し、IL-2がキラーT細胞やマクロファージに作用して活性・増殖を促しているからである。
それは、コロニー刺激因子からも証明されている。
顆粒球単球コロニー刺激因子をGM-CSFと呼ぶ。
この因子はTh細胞等が産生し多能性造血幹細胞に分化を促すサイトカインの一種である。
この因子はIL(インターロイキン)-3,5などと協力し、多能性造血幹細胞を造血系前駆細胞(CFU-GEMM)に分化させる他以下の様に機能する。

造血系前駆細胞を前期赤芽球系前駆細胞(BFU-E)に分化する。
それは、顆粒球単球コロニー形成細胞(CFU-GM)や好酸球コロニー形成細胞(CFU-Eo)や好塩基球コロニー形成細胞(CFU-Ba)らに分化させる。

更に、CFU-GMを好中球と単球に、CFU-Eoを好酸球に分化させる働きを持つ。(CFU-BaはIL-3,5により好塩基球に誘導される)

GM-CSFは細胞性免疫の主役である白血球(顆粒球、単球)の分化誘導作用をもつため、免疫賦活や造血刺激に用いられる。

以上のことからも、胸腺の機能が回復することにより、ヘルパーT細胞が正常に産生されることで顆粒球は造血される。
よって、顆粒球の減少する患者は輸血に依存する前に真因を改善しなくてはならない。
  

A mistake of chronic neutropenia!
Acute neutropenia progresses for a few days at the earliest.
Enhancement of the use in periphery or destruction tends whether the cause produces and disorders it.
A mistake of chronic neutropenia!
When neutropenia persists more than six months, as for the chronic neutropenia, it is assumed that it occurs by production decrease or capture excess by neutrophilic spleen.
In addition, we assume that we develop it by the thing that we occurred in a row in a factor of external cause for a myeloid bone marrow system cell or aberration of internal cause of a bone marrow system cell, and it is it with a subject of anticancer drug treatment.

However, a true cause is thymic dysfunction by clavicular distorsion.
In the grounds right, helper T cell is made with a thymus, and helper T cell produces "IL-2", and the reason is because IL-2 acts on cytotoxic T cell and a macrophage and promotes activity / breeding.
It is proved from CSF.
We call granular leukocyte monocyte CSF GM-CSF.
It is a kind of the cytokine which Th cells produce this factor, and promote differentiation to pluripotent hematopoietic stem cell.
This factor cooperates with IL (interleukin) - 3,5 and functions like the other following letting hematopoietic system progenitor cell (CFU-GEMM) differentiate with pluripotent hematopoietic stem cell.
We differentiate in burst-forming unit erythroid (BFU-E) with hematopoietic system progenitor cell.
It lets granular leukocyte monocyte colony forming cell (CFU-GM) and eosinophil colony forming cell (CFU-Eo) and basophil colony forming cell (CFU - Ba) differentiate.
Furthermore, we have a work to let eosinophil differentiate in CFU-Eo in mature granulocyte and monocyte in CFU-GM.
(CFU - Ba is induced by interleukin-3, 5 by basophil)
GM-CSF is used for immunostimulation and hematogenesis irritation to have differentiation conduction of leucocyte (granular leukocyte, monocyte) which is the leading role of cell mediated immunity.
Because helper T cell is produced normally by a thymic function being restored from the above-mentioned thing, as for the granular leukocyte, it is made blood.
Therefore, the granulocytic decreasing patient must improve a true reason before depending on transfusion.



■点頭てんかんを克服しました!

■点頭てんかんを克服しました!


点頭てんかん



兵庫県在住の萱原伯人君は生まれながらにして点頭てんかんと小児麻痺という難病でした。

その伯人君はちょうど1年後自然医学総合研究所の指導により発作がなくなり、元気になりました。

このことは大学病院の専門医に掛かりながら治せない病気が、とても単純な自然療法で克服できる証拠であり、西洋医学のあり方は国際的にも問題です。



人気ブログランキングへ投票】←here to click ⇒【FC2ブログランキングへ投票】←here to click

We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.

which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】

We read an article of other medical ranking⇒【】We move to medical blog ranking>←here to click


■Cerebral palsy and a case of epilepsia nutans!

Resident in Himeji- city

The patient:Hakuto Kyahara male sex 4 years old

※We click it, and please cooperate with ranking to spread true medical treatment!

Which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads 】
← here to click ⇒ [we vote for FC2 blog ranking] ← here to click
We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.
which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】 We read an article of other medical ranking⇒ We move to medical blog ranking> ← here to click


The left half of the body did not move the Haku man of a son for cerebral palsy by nature.

He was always in a bad mood, and it was every day that caused seizures to "be epileptic" when we burst into tears.

We thought that we were considered to be prescribing too much medicine in correspondence according to a manual at a hospital and searched various treatment in a net every day.

The search continued it more than one month.
As a result, epilepsia was cured for a case of a natural medical general research institute and was able to find the case that visited a hospital for treatment in general education grade.

We decided to go to Osaka branch office immediately.
As a result of everyday going to hospital, a change appeared to gradually move.

What we turned only the left to came to turn to the right and a mood was good, and an appetite might appear and came to eat.

In addition, somatic edema was against it and became slim.
We began to go to a handicapped person rehabilitation institution of local Himeji at that time.

There, an epileptic specialized teacher worked.
The teacher examines brain wave, and is sorry; "said that suffered from Lennox syndrome".

And what did not let you take a medicine said that it was abuse, and there was me and has begun to move when Hyogo child home center took parental authority.

The son was admitted for forced examination in 2009 to Hyogo prefectural child Hospital..
The hospitalization back took a blood test,

The results of examination were "all normal".
In addition, "inguinal hernia" was called several times beginning, an operation during hospitalization.

However, we refused an operation because consequence was uneasy.

If decline an operation; the staff of child family center; "should not have shown a discharge, started it till had an operation".

A teacher of charge understood us as a result that there was a story badly and was able to leave the hospital safely.

When we left the hospital, the family doctor said the true intention.

A symptom of Hakuto cannot support in current Japanese medicine.

Furthermore, we said that a family doctor continued treating now if we improved.

We began to go to Osaka branch office, and, one year later, epileptic seizures were gone, and paralysis of the left half of the body was very improved.

Three years passed now and became 4 years old.
Mother who was a nurse was improved surprisingly whether it was not epilepsia nutans that became so good.

We thank for having been able to do an encounter with Mr. Onuma and medical choice heartily.

末期肺腺ガンの自然治癒!

■末期肺腺ガンの自然治癒!


人気ブログランキングへ投票】←here to click ⇒【FC2ブログランキングへ投票】←here to click

We can confirm dominance hierarchy "of" medicine ranking here.

which moves to the ⇒【 medicine blog ranking that an article of other medical ranking reads】

We read an article of other medical ranking⇒【】We move to medical blog ranking>←here to click




どんな病気も必ず原因があります。

その原因を改善するためには自己免疫力を高めることが大切です。

決して抑制してはいけません。
しかし、多くの医者は間違っています。

免疫を抑制することで期待される良い結果が得にくくなるからです。

病気を治すためには免疫の細胞が働きやすい環境をつくらなければなりません。

その理想の環境とは、どんな些細な不調にも目を向けて原因から改善することです。

その健康法を「総合免疫療法」といいます。

その方法で末期の肺腺がんが消えました!

末期肺腺ガン




患者情報:京都府在住 丸岡章作80歳

私は京都府に在住する丸岡と申します。

私は09年8月に肺腺がんが右肺に3か所、左肺に1か所見つかりました。
病院では末期の肺腺がんと診断されて、余命6か月と病院で宣告され,抗がん剤か放射線しか方法がないと言われました。

しかし、身近で抗がん剤や放射腺で苦しんでいる人がいることを見て、いずれもリスクが大きいので断りました。
そこで、何かいい方法は無いかということで代替医療をさがしました。

娘から名古屋の大沼先生の所しかないと紹介され、直ぐに判断を仰ぐために会いに行きました.

私は病院の治療で苦しんで生きるより、病院の治療は何もしないと決めて、体質改善をすることにしました。

その結果1年後には4箇所あった肺腺ガンが全て消えていましたし、それまで持病と思っていた不整脈も高血圧症も、さらには悩みの種だった切れ痔まで全て完治することができました。



■論より証拠の末期肺腺ガンのCT画像


(1) と(2)は2009年9月のものです。(2)と(4)は2010年9月のものです。

CT検査の結果4箇所とも全てのガンが消えていることが確認されました。

詳細はHTTP://www.nrt.ne.jpをご参照ください。動画でも確認できます

世間の常識では末期の肺がんが治ったというとそれはがんではなかったのではないかという医者もいるようです。

しかし、私は病院でCTと細胞診を受けて余命半年と宣告までされました。

それが、体質を改善することで全ての病状を治すことができたのです。

いつも明るく熱心に指導してくださった大沼先生を私は尊敬しています。

大沼先生に救われたこの命を少しでも多くの人のために役立てられる様に心がけたいと思っております。

微力ですが私にできることならばどんなことでもお手伝いさせて
いただきます。


写真:これは2011年4月11日の写真です。


向かって左でマイクを持って話をしているのが私でその右横が大沼先生です。


私が011年4月11日に名古屋市公会堂にて体験発表した模様で、参加者の方がたは大変喜んでおられました

私は自然療法で余命6か月と病院で宣告された肺腺ガンを自然療法だけで治すことができました。
私は自分の体験を得て、人間には末期がんでも治すという大変すばらしい能力があることを知らされました。
ぜひ皆様にもこの貴重な能力の存在に気がつき一人でも多くの方が健康になれることを心よりお祈りいたします。

■A case of autotherapy

Terminal pulmonary adenocarcinoma disappeared!
resident in Kyoto

Maruoka syosaku product 82 years old

I am Maruoka living in Kyoto.
Pulmonary adenocarcinoma was caught in one place by three places, a left lung for pulmo dexter in August, 09, and I was diagnosed as terminal lung cancer and was pronounced it in life expectancy six months and an infirmary
Therefore we looked for thigh medical treatment somehow whether there were not good methods.

We thought that there was only a place of Mr. Onuma of Nagoya referred from a daughter and went to Nagoya to look up at judgment

It was said that only anticancer drug or radiation had methods at a hospital.

However, we decided nosocomial treatment than we were imminent, and the man who suffered watched that we were in anticancer drug and emission glandula and declined it because a risk was massive both and we suffered and lived unless anything did it and decided to do improvement of constitution.

As a result, four places of all the pulmonary adenocarcinoma which there was disappeared one year later.

In addition, besides, both the arrhythmia that we considered as a chronic disease and hypertension were able to recover completely to the bleeding piles that was a cause of worry entirely till then.

When said when terminal lung cancer was cured for common sense of the world, it may not have been cancer; a doctor seemed to be, too, but I underwent CT and cytological diagnosis in an infirmary, and was done to life expectancy a half year and a sentence.

Because it improved constitution, we were able to cure all conditions.

We turn a foot to Mr. Onuma whom we taught it to eagerly brightly and cannot sleep all the time.

We want to keep it in mind so that it is made use of this life saved by Mr. Onuma for slightly many men.

It is poor ability, but is happy if we help with any kind of thing if it is for it to be possible for me.

It is my preoperation of a pulmonary CT image and postoperative comparison as follows.

The details please refer to HTTP://www.nrt.ne.jp
Caudal photography:

It is me that we go and have a microphone in the left, and talk, and the right side is Onuma teacher.

The right is photography of April 11, 2011.

With the design that I experienced it at Nagoya-shi public hall and presented, the participant was pleased with very much.
*****************************The immune-therapy which exceeded medical care!
Natural care center
A natural medical general research institute research organization
cord:6401329421
Director Shiro Onuma
A researcher number: 40539003
〒468-0002
Japan Tenpaku- ward, Nagoya- city Aichi Yakiyama 1-101 
Higashiyama yeast C-202
TEL: 052-801-7063 FAX: 052-801-7053
Email : shizen@nrt.ne.jp URL: http://www.ner.ne.jp

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。