大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■めまいの治し方!

■めまいの治し方!

■一般にめまいの症状は、グルグル目が回る、フワフワふらつく、クラッとするの3つに大きく分けられます。

■あなたのめまいはどのタイプでしょうか?


人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


眩暈の仕組み



■私たちのからだには、体ののバランスを保つために平衡感覚のための機能が備わっています。

この機能に異常を来すと、めまいが起こります。

めまいがなぜ起こるのか、その原因は不明であるといわれています。


耳の異常が原因の場合 脳の異常が原因の場合 その他の原因の場合 、いずれも、具体的には鎖骨や頚椎に大きな歪みがあります。

一般には、それらの原因ごとに、耳の病気、脳の病気、その他の病気に大きく分けられて対応していますが、結果は良好ではありません。

特に”ぐるぐる回るめまい”の場合には第3頚椎の亜脱臼が進んでいます。

頚椎が大きく歪むことで、つい骨動脈が圧迫され、瞬時に血流が途絶えます。

このような状況下で、内耳の循環が不安定になり、内耳液の強酸化が進みます。

内耳液が強酸化することで、粘着性が高まり、その中にあって常に地球の重力に引き寄せられて重心を司る「平衡斑」という「振り子」のような組織の動きが鈍くなり、患者が横になると平衡斑も一緒に動きだし横になるのです。

このため、「脳」は、どこが下なのかわからなくなり、それが「眩暈」という病状を誘発しているのです。

ここで重要な問題は、例外なく鎖骨の癒着と第3頚椎の左亜脱臼が進行しているという原因について西洋医学の専門医も、また、も東洋医学も気がついていないということです。

従って、正しい手当ての仕方とは、薬や手術に依存することではなく、血液を浄化し、血栓を溶かし、血管を柔軟にし、内耳液の代謝を改善することと、鎖骨の歪みや頚椎の歪みを改善することです。

特に、内耳液の状態が正常になることで重心を司っている「平衡斑」の働きも正常に働き、眩暈は起こらなくなるのです。

■自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の対症療法に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■7月3日(日)東京予防医学セミナー
 会場:東京都西新宿 新宿タワービル 39階
 シャエアバートン セミナー室

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より

?10:05~10:55:小林常雄先生
  がんの自然治癒と西洋医学の問題点

平成2年~12年   ホリスティック京北病院開院 院長
平成15年~     IMHCクリニック開院 院長

 1986年から1988年にわたりアメリカ国立がん研究所(NCI)及びアメリカ最大手のメイヨークリニックとの間でダブルブラインドテストを繰り返し、わずかな血清だけで、初期がん判定率87.5%という驚異的な判定技術を立証する。

1994年4月に世界的に権威のあるガン専門誌「キャンサー」に腫瘍マーカー総合解析法によるガン危険度判定が紹介され、世界的に評価を得、アメリカデューク大学のジェームス・フラワー主任研究員や、アリゾナ医師会役員のギャリー・ゴードン医学博士など多数の医学者から高く評価されている。


5分間休憩

?11:00~11:50:大沼四廊先生
ネフローゼの自然治癒について
自然医学総合研究所 所長
日本食養協会顧問
日本免疫学会会員
日本統合医療学会会員
椎間板ヘルニアの自然治癒からがんや難病の自然治癒を研究し、
東西の両医学の専門医から高く評価され、2009年11月には国際連合より特別功労賞を顕彰されている。

?名医に聞く 「懇談会」 小林先生 大沼先生

 がん治療の問題点について
 
 改善反応について


?午後1:30~4:30 相談会と体験会


■7月24日(日)名古屋予防医学セミナー

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


?がんの自然療法について
10:05~10:55:小林先生

5分間休憩

?11:00~11:50:大沼先生

乳がんの自然療法について


?名医に聞く 「懇談会」小林先生。大沼先生

「がんの理想的な治療について」
 代替医療の問題点について

?午後1:30~2:30 相談会と体験会

?2:45~研修会

5時閉会

?5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

スポンサーサイト

☆統合失調症の治し方!

☆統合失調症の治し方!

大阪在住:26歳女性

Q:二年前から社会復帰していますが統合失調症で一年四ヶ月ほぼ寝たきり生活していました。

現在は:抗精神病薬のセロトニンを服用していますが、のどや腰を通っている同じ一本の神経のようなものが24時間中痙攣しています。MRIやCT、血液検査などは何の異常もありません。

今後、どのようにしたらいいでしょうか?

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■一般に統合失調症に共通する症状は精神分裂症(精神機能の分裂症)と呼ばれる状態で、思考や感情がまとまりにくくなり、本人が困難や苦痛を感じる場合もあり、感じない場合もある。

また、回復のために治療や援助が必要となった状態である。

厳密には根本的な原因は不明とされ神経伝達物質のインバランス等の脳の代謝異常と心理社会的なストレスなど環境因子の相互作用が臨床的な発症の発端になると推測されている。

発症率は約1%弱と推計され、日本全国では約60万人が罹患していると予測されている。

自閉や連合障害、あるいは易疲労性からくる脳の疲弊によって、一部の患者では特徴的な幻覚や妄想を発症する頻度が少なくない。

この妄想および幻覚症状は脳内の伝達物質のインバランスの可能性が強く主にドーパミン遮断剤の適量の投与によって高い確率で症状の抑制が可能であるとされるが、副作用で苦しむことが少なくない。

********* お答えします *******

脊柱の歪み


A:統合失調症の原因は、過剰なストレスとの関わりにより、血液が汚れ自己免疫力が低下し、新陳代謝が異常になった状態です。

●また、ストレスによって骨盤が歪み、寝相が悪く横向きになって寝ることが多く、鎖骨が歪み、血管や神経やリンパ管も圧迫されています。

●現在の症状は、迷走神経という副交感神経の枝が鎖骨の歪みによって圧迫されているために、交感神経だけが優位に伝わっているためと考えられます。
そのため、体液は強酸性の体質に傾き、呼吸が浅く、睡眠も浅くホルモンの合成にも問題があり、全身が硬直しやすい状態です。

●従って、体液を弱アルカリにし、血液を浄化し、自己免疫力を正常化し、体のゆがみを改善することで新陳代謝が正常に働き、全細胞を活性化することが有効です。

●問題は、一般の病院では薬漬けにされるばかりで体質を改善することができません。

● 薬の副作用について:リスパダール→エヴィリファイは抗精神病薬でセロトニン、ドパミン拮抗薬です。
「リスベリドン」この薬の副作用を薬剤師の専門書で調べると以下のようにすさまじい副作用のある薬であることがわかります。

重大な副作用:悪性症候群(Syndrome marlin),無動緎黙、強度の筋強綱、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗、発熱、発症時の白血球増加、血清CK上昇、ミオグロビン尿を伴う腎機能低下、高熱が持続し意識障害、呼吸困難、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全へ移行し死亡例もある、

遅発性ジスキネジア、口周部などの不随意運動、麻痺性イレウス、悪心、嘔吐、SIADH:抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、低Na血症、低浸透圧血症、尿中Na排泄増加、高張尿、痙攣、意識障害、肝機能障害、黄疸、AST,ALT,γ-GTPの上昇、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、CK上昇、血中・尿中ミオグロビン上昇、

不整脈、心房細動、心室性期外収縮、脳血管障害、頻脈、血圧低下、起立性低血圧、動機、高血圧、抹消循環不全、心電図異常、パーキンソン症候群、振戦、筋強綱、流延、寡動、

歩行障害、仮面様顔貌、アカシジア:静座不能、ジスキネジア:構音障害、嚥下障害、口周部、四肢の不随意運動、ジストニア:痙攣性斜頚、顔面、咽頭、頚部の攣縮、眼球上転発作、後弓反張、

肝機能異常、眼の調節障害、過敏症、発疹、便秘、悪心、嘔吐、食欲不振、食欲亢進、腹部膨満感、胃部不快感、下痢、腹痛、女性型乳房、月経異常、乳汁分泌、射精障害、高プロラクチン血症、勃起不全、尿失禁、排尿障害、尿閉、BUN,クレアチニン上昇、

自殺企図、不眠、眠気、不安、焦燥、痙攣発作、興奮、ふらつき、過剰鎮静、立ちくらみ、抑うつ、めまい、頭痛、頭重、ぼんやり、幻覚、緊張、しびれ感、性欲異常、貧血、白血球減少、白血球増多、血小板減少、

その他の副作用:倦怠感、口渇、発熱、浮腫、体重増加、鼻閉、脱力感、疲労感、発汗、CK,TGの上昇、高血糖など

※以上の内容から、相談内容にある、「のどや腰を通っている同じ一歩の神経のようなものが24時間中痙攣しているという症状が、この薬の副作用によるものであることがわかります。

※これらの副作用が全て出るわけではありませんが、長引くほど高い確率で発症しています。

※つまり、西洋医学では、病状を化学薬品で抑えるばかりで体質を改善しているわけではありません。
 
また、薬の長期服用により、様々な症状や病気が複合的に発症してきますので永遠に治ることは期待できません。

※大変でしょうが、一度名古屋本部に来ていただき、自律神経の状態や自己免疫力の状態や体のゆがみなど詳しく調べて体質改善に望まれることです。

※なお、精神的なストレスにも原因を調べ、繊細な指導やリハビリーを行い具体的に社会復帰できるように対応しています。

■自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の対症療法に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■7月3日(日)東京予防医学セミナー
 会場:東京都西新宿 新宿タワービル 39階
 シャエアバートン セミナー室

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より

①10:05~10:55:小林先生
  がんの自然療法について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
ネフローゼの自然治癒について

③名医に聞く 「懇談会」 小林先生 大沼先生

 がん治療の問題点について
 
 改善反応について


④午後1:30~4:30 相談会と体験会


■7月24日(日)名古屋予防医学セミナー

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①がんの自然療法について
10:05~10:55:小林先生

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生

乳がんの自然療法について


③名医に聞く 「懇談会」小林先生。大沼先生

「がんの理想的な治療について」
 代替医療の問題点について

③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

☆がんの国際シンポジウム!

☆がんの国際シンポジウム!

☆国際シンポジウム“ 統合医療によるがんの予防と治療”(第一報)
International Symposium “Prevention and Treatment on Cancer by Integrative Medicine”

日時 2012年2月17日(金)18日(土)(2日間) 10時-18時

会場 東京医科歯科大学 M&Dタワー 大講堂

〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45

定員 400名

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】



開催の意義 アメリカ国立衛生研究所(NIH)がんセンター統合医療部門 Jeffrey D. White 博士、

韓国 Kyung Hee大学 東西医療研究センター Won cheol Choi 博士、中国からは、上海復旦大学のJianping Liu博士、共に韓医学、中国医学に基いた抗がん剤の開発者であり、これらのがんの統合医療の専門家を招請する意義は大きく、さらに、国内からは、統合医療の各分野を代表して、医工学、遺伝子科学、医療情報学細胞免疫のみならず、漢方、鍼、ヨーガ、音楽療法、等の専門家が一堂に会し、「がん」に対する多角的な討議を行うことは、わが国のみならず、世界においても、初の試みであり、その学際的意義は誠に大きいものがあります。

お問い合わせ先
・事務局 一般社団法人 日本統合医療学会
〒113-0023 東京都文京区向丘1-6-2
Tel:03-3812-5030 Fax:03-3812-5167
担当:河野・飯塚 info@imj.or.jp

■未来の医療について!

■未来の医療について!

■自然治癒力は先進医療を超えている!

■末期の肺腺や巨大悪性リンパ腫など次つぎ自然免疫で治っている!

■健康は「脱原発・脱医療」から!

■地震は天災だが原発は人災だ!

■がん治療も人災だ!

■日本では毎年ガンで30万人以上が亡くなっている!

■医学界は統合医療を拒否している!

■これもまた人災だ!

■結果として、西洋医学は30年以上遅れている!

■欧米では代替医療に保険が利くところもある!

■日本では、医者も薬剤師も栄養士も教育者にも「更新制度」がない!

■医者であればどれほど遅れた医療でも可能!

■薬剤師は副作用を言わなくても良い!

■栄養士は自然食を知らなくても良い!

■教育者は子供を育てなくても良い!

************* 健康は自らの手で *******

■管首相と自然エネルギー!
 
総理官邸 2011/06/12政府インターネットTV放送

満足度:★★★★★

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

■自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」
平成23年6月12日:総理官邸より中継

第一回インターネット中継に約5万人が参加

下のアドレスをパソコンに入力すると動画で見ることができます。また、この番組についてのアンケートやご意見のコーナーもあります。ぜひ皆様も見て頂き、脱原発などご自身のご意見をお寄せください。

■http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html


司会:シンクタンク ソフィアバンク 藤沢
内閣総理大臣: 管 直人
内閣官房参与: 笹川 宏
内閣官房副長官:福山哲郎

翻訳家・環境ジャーナリスト:枝寛淳子
元日本サッカー代表監督:  岡田武
APバンク代表理事:    小林武久
ソフトバンク会長:     孫 正義
ビデオ参加:音楽家:    坂本隆一

自然エネルギーに賛同する自治体
47都道府県中33自治体


 わが国では3年ごとにエネルギー基本計画を立て、2030年までに原発をを53%程度、自然エネルギーを20%にしようという計画だった。

 しかし、今回福島の原発事故を踏まえて管総理は日本の将来のエネルギーについて深く考え直す必要があると白紙に戻して、独占してきた電力分野を水力・風力・地熱・バイオなど複合的に開発できる「再生可能エネルギー促進法案」を成立させ、2020年までに20%を達成する電力改革という目標を出し、政府関係者も了解した。

 しかし、この法案を提出した3月11日に惜しくも大震災に見舞われ法案の成立は遅れた。


■管降ろしは原発推進派の戦略!

 かつ、たちあがれ日本代表平沼赳夫が会長となり、顧問に鳩山幸雄元総理、羽田孜元総理、副代表に石井一、最高顧問、渡部弘恒三、自民党総裁、谷垣貞一、森善郎元総理、阿部晋三元総理、国民新党亀井静香ら超党派の議員49人が主導し、管内閣に不信任案を提出し、管降ろしを先導した。また、彼らは不信任騒動の渦中に「地下原発推進議連」を発足した。

 今回、この様な状況から政府はインターネットを通じてオープン懇談会を開催したところ全国から5万人の参加となった。

 政府は、これを機会に政治に国民が直接参加し、エネルギー問題ばかりではなく、教育や医療など他の案件にも国民の意見を政治に反映したい意向である。

■参加者の意見!

①原発は廃棄物最終処分の技術も未完成であり、放射能の被害などリスクをみれば決して安全でもないし、安くもない!

②自然エネルギーはヨーロッパにできて日本に出来ない訳がない!

③電力買取制度をつくって皆が参加できる様にするべきだ!

④自然エネルギーは、様々な企業や個人も電力開発に自由に参加して販売できることから安心、安全な未来像が描ける!

⑤再生可能エネルギーを推進することで新たな雇用が生まれる!

⑥「再生可能エネルギー促進法案」をなんとしても通すべきだ!

⑦今後エネルギー問題ばかりではなく少子化対策や教育などの問題も取り上げてほしい!など様々な意見が寄せられました。

※政府インターネットTVはこちらです。
■http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html








■第40回日本免疫学会学術集会!

■第40回日本免疫学会学術集会!

会期:2011年11月27日(日)~29日(火)

会場:幕張メッセ 千葉

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

会 場 幕張メッセ(千葉市)
URL: http://www.m-messe.co.jp/

学術集会URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsi2/jsi40/index.html

会 長 徳久 剛史(千葉大学大学院医学研究院・分化制御学)

■We cure giant malignant lymphoma by human immunology

■巨大悪性リンパ腫をヒト免疫で治す!

悪性リンパ腫とはリンパ組織に原発する悪性腫瘍のことで、発生部位からリンパ節性とリンパ節外性に分けられ、原因は不明である。


右肺にできた巨大悪性リンパ腫をヒト免疫を自然活性することで完治を試みた。


患者情報:H・Yさん1939年11月20日生70歳、北海道在住の男性。

病名:悪性リンパ腫 右肺4×7cm大 。

既往症:右指の慢性関節リウマチ


診断方法:CT細胞診ならびにペットCT・腫瘍マーカー。
:2010年7月6日の血液検査:Pro-GRP:144,0(H)

検査機関:北海道大学医学部。

治療方針:右肺の2分の1を切除し、その後抗がん剤治療を数十回行うと診断された。

しかし、治療のリスクが大きいと判断し、手術も抗がん剤治療も断った。
友人より当研究所を紹介され2010年8月17日に当所にて初回の検査と健康指導を行った。


期間:2010年8月17日より8月末まで9日間、午前と午後1日2回、計16回。


療法内容:①自律神経の測定、②食事療法とサプリメントによるヒト免疫の活性療法、③酵素療法、④光線療法、⑤温熱療法、⑥鎖骨及び骨格療法。①から⑥まで総合的に計16回行った。

自律神経の測定より脾臓及び膀胱と小腸の機能が低下していた。また、ヒト免疫では白血球の不活性が認められた。


ヒト免疫の不活性の原因として、体液の酸化、血液及びリンパ液の循環障害を疑い、還元力を強化するために、腸内細菌のバランスを取り戻す。そのために大沼エンザイムを用いた腸内洗浄を指導した。


結果:10月1日と12月22日に北大病院でCTを受けたところ、腫瘍は写らず、ペットCTも受けたが異常はなかった。


本症例は、悪性リンパ腫で大きさが4×7cm大と巨大であり、最先端の重粒子線治療や陽子腺治療も対象外であった。また、手術も抗がん剤治療もリスクが大きいと断り、標準治療は一度も受けていない。

そのため、ヒト免疫は順調に回復し、悪性リンパ腫は2010年10月1日に完全に消えて以来、復職され、元気に働いている。また、2011年6月現在でも再発は認められていない。


巨大悪性リンパ腫でも、ヒト免疫を高めるために総合的な対応と、さらに、生活習慣及び、体質改善をすることでヒト免疫は安定して働き、腫瘍は消え、かつ、今後再発する可能性も極めて少なく、ヒト免疫は、先端医療を超越した能力を持っていると確信した.

■自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の対症療法に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

■高血圧症の治し方!


■高血圧症の治し方!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■高血圧症は、40歳以上の日本人の2人に1人が患者であるといわれ、まさに「国民病」です。また、高血圧の90%以上は、原因が不明とされています。

しかし、生活習慣と遺伝的な体質が関係していることは解明されて、遺伝的な体質は変えられないということで、伝統的に塩分摂取量が多い食生活の習慣の見直しをするなど生活習慣の改善を指導の中心としておかれて着ましたが患者数は減少するどころか年々増える一方です。

また、減塩をしてもあまり下がらないヒトも少なくはありません。

■高血圧症には本態性高血圧と二次性高血圧があり、本体性高血圧の90%は原因が不明のまま血圧降圧剤に依存した対症療法が行われています。

■二次性の高血圧症とは腎臓病や内分泌系の異常が原因となっているとされ、やはり薬漬けにされるのです。

■高血圧によって起こる臓器障害や合併症には次のようなものがあります。
脳では、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
心では、狭心症、心筋梗塞、心肥大、心不全
腎では、蛋白尿や慢性腎臓病(CKD)、腎不全
その他では、大動脈瘤、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)などがあります

■これらの病気を誘発すると言われている本態性高血圧の原因は遺伝因子と食塩を摂り過ぎる生活習慣といわれていますが、それだけではありません。

脳卒中も心臓病にも鎖骨の歪みが例外なく関わっていますし、腎臓病には骨盤の歪みと背骨の硬直がやはり例外なく関わっているのです。

■つまり、過剰なストレスとの係りから、右側の骨盤が上前方に歪み、横向きになって寝る習慣から鎖骨が歪みます。

■その結果、鎖骨下の大動脈や静脈が圧迫され、それを押し出すために必然的に血圧を高くするためにホルモンが合成されあがるのです。

■また、鎖骨の歪みによって、迷走神経が圧迫されることで、肺の機能が低下し、低酸素状態でかつ、二酸化炭素の濃度が上がることで嫌気性菌が増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生します。

■それが血管の内部では動脈硬化症となり、血圧が上がる原因となっているのです。

■これらの問題を改善せずに減塩だけを優先してもすぐに血圧は下がることはありません。

■同様に、血圧降下剤で表向きを上げても体質の改善には至らず、抹消の血管が血流障害となることから難聴や痴呆症などが誘発されています。

■血圧降圧材の副作用について!

予防医学セミナーでは医学部でも研究されていない様々な病気の自然治癒の症例を参考に、体質の改善を指導しております。

 自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の治療に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

☆白内障の治し方!

☆白内障の治し方!

 東京都在住 Aさん 男性 47歳

 Q: 病名とご相談内容(必須) = 先日眼科へ行ったところ、白内障だと診断されました。自覚症状としても右目がかなり白っぽく濁っており、見えにくいです。

こちらのホームページを拝見して白内障が改善するというお話を聞き、メールを差し上げました。アドバイスよろしくお願いします。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


A:30代、40代からの白内障の原因は、一般に糖尿病やアトピー性皮膚炎などの合併症として発症しているケースがほとんどです。

 つまり、長年の生活習慣から背中が硬直し、胆嚢の支配神経が圧迫され、胆嚢の機能が低下し、それが原因となって、脂肪の分解が悪くなり、未消化の脂肪が水晶体を取り巻き、白内障を発症させているのです。

 また、この状態が長引くことで網膜の代謝にも悪影響を及ぼし、網膜剥離を誘発することにもなりかねません。
 
  さらに、アトピー性皮膚炎の場合、眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん)や網膜剥離(もうまくはくり)、角結などの合併症のひとつとして白内障になることもあります。

 アトピー性皮膚炎になると、これらの合併症のいずれかになる人が約30%、その中でも特に顔に強い湿疹がある人の約10%が、睡眠中、眼の周りにぬったステロイド剤を無意識でかくことで、目に入れることから、薬の副作用により白内障が発症しています。
  
 ところが糖尿病やアトピー性皮膚炎がないヒトでも白内障になることがあります。

 それは、まだ糖尿病と診断されない程度でも、慢性の疲労から背中が硬直し、胆嚢の支配神経が圧迫され、脂肪の分解能力が低下しているのと合わせて、鎖骨が歪み、鎖骨下動脈が圧迫され、頭部の循環が悪化し、眼動脈や静脈が硬くなり、目の代謝が悪くなった状態で水晶体に脂肪が取り巻くことで発症しています。

また、、体の中の活性酸素によっても水晶体の代謝が障害され、白内障が発症しているケースもあります。

 医学的には、一度濁ってしまった水晶体は決して透明に戻ることはないという結論から、水晶体を剥がすことで脂肪を取り除く手術が行われていますが、活性酸素を減らすために、食生活の見直しなど生活習慣の工夫が重要です。

 ※ 対策として、骨盤や、背中や鎖骨や頚椎の歪みを改善することで、胆嚢の支配神経の圧迫を取り除くことで胆嚢の機能を向上させること。

 また、大沼エンザイムを用いた温熱酵素療法と独自に開発したマジカルビームによる近赤外線療法を目と眼動脈や静脈の分岐点に照射し、脂肪や血栓を溶かすこと。

 さらには、腸内の腐敗も考えられる場合は、大沼エンザイムを用いて「腸内洗浄」を行うことで乳酸菌やビフイズス菌を活性化することも血液の浄化にとても有効です。

 そのた、自律神経と血液の汚れを確認することも重要ですが、 全て体質改善のため一般の眼科医では行われてはおりません。

 糖尿病を治したい、アトピー性皮膚炎を治したい、白内障を手術せずに改善したいと願う方は予防医学セミナーにご参加ください。

 予防医学セミナーでは医学部でも研究されていない様々な病気の自然治癒の症例を参考に、体質の改善を指導しております。

 自然治癒力とは病状や病名に関係なく働き、最終的には怪我が治るように元の状態に限りなく戻る仕組みのことで、本来誰にでも備わっている能力のことです。

 あきらめずに体質改善を進めることが重要です。

■西洋医学の治療に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで

■三叉神経痛の治し方!

■三叉神経痛の治し方!

大分県在住 K様 23,6,6

Q:半年程前から三叉神経痛に苦しんでおり、最近ではデグレトールによる副作用で苦しんでいる

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


Q:羽ばたき振戦(血液検査の異常がないことからおそらく副作用と診断されました。)とふらつき、ふらつきにより外出を控えることから体力維持の為の運動も出来ない状態となっております。


A:一般に、三叉神経痛とは、顔面の知覚神経である三叉神経に起こる神経痛です。顔面神経痛と称することもあるが、正式な呼称ではありません。

また、顔面神経麻痺と言い、顔面の神経が麻痺することによって、片方の顔面の筋肉が動かなくなって顔が歪んでしまう症状とも混同してしまいがちですが、いずれも三叉神経痛とは異なります。

■一般に、西洋医学での原因は、動脈硬化などによって血管が膨張し、三叉神経を圧迫することで痛みを引き起こすと考えられています。

また、男性よりも女性に多く、突然顔面に鋭い痛みが走るのが特徴で、通常は顔面の片側に起こり、痛む時間は比較的短時間(数秒から数分)が多発しています。

■三叉神経痛の治療法としては、主に薬物療法・神経ブロック・手術療法などがあり、これらの治療法のいずれかまたはこれらを組み合わせた方法がある。

■薬物療法 としては主に抗てんかん剤が使われるが、その他筋弛緩剤や鎮痛剤なども使用されている。

また、麻酔薬を患部の関連する神経に注射することで痛みを和らげる神経ブロックという方法や、さらに、手術療法として、 神経血管減圧術という、三叉神経を圧迫している血管から神経への圧迫を除去する手術が行われている。

※西洋医学では、一般に、三叉神経痛の対症療法として抗てんかん薬のノバルティスが処方されています。そこで、薬の副作用について調べてみました。

※なお、この薬は「てんかんや躁病、躁うつ病、統合失調症」などにも使用されています。

■真因として、実際に三叉神経痛を患った患者さんを総合的的に調べてみると、過剰なストレスによる、骨盤の歪みから鎖骨の歪みえと進行したことにより、肩から首にかけて硬直し、顔面動脈が圧迫されて血栓が生じ、そのため、発症していることがわかります。しかし、保険医療優先のわが国の医療では、全くの盲点となっていることを指摘しなくてはなりません。

よって、血栓を溶かすために酵素療法と光線や温熱療法を併用し、その上で、関節を覆うじん帯を緩め、歪みを取り除くことで血管や神経やリンパ管の圧迫を改善することが重要です。

その結果、血流が再開され、白血球が活性化することで新陳代謝が正常に働き、様々な症状が消えるのです。

■デグレトール:の副作用:
■ノバルティス:カルバマゼビン:抗てんかん薬

■重大な副作用:斑血球減少、無顆粒球症、白血球減少、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、Lyell症候群、SLE様症状、紅皮症、剥脱性皮膚炎、過敏性症候群、発熱、発疹、リンパ節腫脹、関節痛、白血球増多、好酸球増多、異型リンパ球出現、肝・脾腫、重篤な肝機能障害、劇症肝炎、ヘルペスウイルス活性化、黄疸、急性腎不全、間質性腎不全、PIE症候群、めまい、呼吸困難、喀痰、間質性肺炎、血栓塞栓症、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血栓性静脈炎、アナフイラキシー反応、蕁麻疹、血管浮腫、循環不全、低血圧、うっ血性心不全、房室ブロック、洞機能不全、徐脈、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、低Na血症、低浸透圧血症、尿中Na排泄量増加、高張尿、痙攣、意識障害、無菌性髄膜炎、頚部硬直、頭痛、悪心、嘔吐、意識混濁、悪性症候群、無動緘黙、強度の筋強綱、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗、

■その他の副作用:過敏症、血管浮腫、猩紅熱様発疹、麻疹様発疹、中毒疹様発疹、そう痒症、光線過敏症、血管炎、蕁麻疹、色素沈着、ざ瘡、丘疹、多型結節性紅斑、紫斑、多毛、筋脱力、筋痙攣、筋痛、白血球増多、好酸球増多症、網状赤血球増加症、ポルフィリン症、巨赤芽球性貧血、リンパ節腫脹、AST、ALT,AL-P・γ―GTP上昇、蛋白尿、乏尿、頻尿、BUN,血清クレアチニンの上昇、尿閉、血尿、眠気、めまい、注意力低下、集中力低下、反射運動能力低下、幻覚、ふらつき、立ちくらみ、抑うつ、頭痛、頭重、脱力、倦怠感、せん妄、錯乱、興奮、運動失調、不随意運動、振戦、アステリクシス、言語障害、知覚異常、筋痙攣、インポテンス、抹消神経炎、口顔面ジスキネジア、無踏病アテトーゼ、麻痺症状、攻撃的行動、激越、視力障害、複視、眼振、霧視、異常眼球運動、眼球回転発作、水晶体混濁、結膜炎、不整脈、刺激伝道障害、血圧低下、血圧上昇、膵炎、口内炎、舌炎、腹痛、食欲不振、悪心、便秘、下痢、口渇、ビタミンD代謝異常、Ca代謝異常、血清葉酸値低下、女性化乳房、乳汁漏出、プロラクチン上昇、低Na血症、骨軟化症、味覚異常、聴覚異常、耳鳴、聴覚過敏、聴覚低下、音程の変化、脱毛、浮腫、発汗、体重増加、コレステロール上昇、TG上昇、体液貯留、免疫グロブリン低下、IgA低下、IgG低下など

■デグレトール:ノバルティス:カルバマゼビン:抗てんかん薬一品だけでこれほどすさまじい副作用が報告されております。

■また、実際には他の痛み止めなどと一緒に処方されていることから副作用の起こる確率は相乗的に恐ろしく高まることが知られています。

■ゆえに主治医の言いなりでは医療との関わりで新たな病を増やすことになり、治すためには総合的な対応をしなければならないのです。

■西洋医学の治療に疑問がある、他の安全で確かな代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーのお知らせ

■6月19日(日)

■会場:名古屋市東区 ウイルあいち 

■開場:午前9時30分 開演:午前10時より


①10:05~10:55:酒向先生
真のウイルス対策について

5分間休憩

②11:00~11:50:大沼先生
病気の自然治癒について


③午後1:30~2:30 相談会と体験会

④2:45~研修会

5時閉会

⑤5時30分より6時まで交流会

■お問い合わせは innfo@nrt.ne.jp

TEL:052-801-7063

自然医学総合研究所まで



■原発も医療も負の遺産!

■原発も医療も負の遺産!

■東電は原発推進派の議員に献金をしていた!

■'06年~'08年の間に東電の役員たちは、毎年、自民党の政治資金団体『国民政治協会』に個人献金をしていたのです。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■【負の遺産。自民党の原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金”】(週刊実話:"11/4/8)

http://wjn.jp/article/detail/9247859/

■1700万円を自民側に献金=東電役員、07年から3年間-「組織ぐるみ」の指摘も】

http://seijibot1.blog39.fc2.com/blog-entry-54.html


原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金”

震災と原発対応で後手、後手に回る菅政権に、同情の声が上がりだしている。

 政治部デスクがこう語る。

 「地震と津波は天災だが、『人災』と言われる原発を推進してきたのは自民党。

『菅政権は尻拭いをさせられている』『自民党が内閣に手を貸さないのは無責任』との声が国民から出始めているのです。

このため、対岸の火事と見ていた自民党も、『いずれ批判に晒される』との見方が強まっているのです」

 ちなみに、今ではこうした声は被災地でも聞かれるほど。原発危機が収まれば、一転自民党が国民批判で被災する可能性も高いのだ。

 だが、その自民党にさらに国民感情を逆撫でするような騒動が起こりだしている。

実は、永田町では福島第一原発の事故を起こした東京電力とのズブズブの関係が追及され始めたのだ。

 政治部記者がこう語る。

 「東電が、長らく自民党の票田だったことは知られているが、永田町では同社の隠れ献金がクローズアップされ始めたのです。

電力会社は企業献金を自粛しているが、『関西消費者団体連絡懇談会』という市民団体の発表によれば、'06年~'08年の間に東電の役員たちは、毎年、自民党の政治資金団体『国民政治協会』に個人献金をしていたのです。

これが事実上の企業献金だと話題になっているのです」(週間実話)

■福島の原発の事故は、まさしく地獄の扉も金しだいという日本の政治の歴史がつくった人災なのです。

■また、原発の族議員は、それを阻止しようとした管政権を崩壊させようとしているのです。

■狭くて地震の多い日本に50以上もの原発をつくった自民党に本当の責任を追求するべきではないのかと思うのは私だけではないだろう。

■脱原発を推進したいヒトは原発と金の問題などの情報をNHKや「情報ライブミヤネヤ」や「朝ズバ」などのマスコミに報告し、管降ろしの真相を明らかにしてください。

☆理想的なガン治療!

☆理想的なガン治療!

☆東京予防医学セミナー!

☆今日は東京で予防医学セミナーを開催いたします!

☆二人に一人ががんになると言われる社会となった今、今回は、患者の立場になって「理想的なガン治療」とはどのようなものかを3人の講師をお迎えして探ります。

☆テーマ:理想的なガン治療について


☆開場は西新宿 新宿センタービル 39階 シェラバートンセミナー室です。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■西洋医学の治療に疑問がある、もっと確かな方法で健康になりたい、あるいは学びたいという方は、予防医学セミナーにご参加ください。

■講師陣
酒向毅先生:千葉セントマーガレッツト病院統合医療外来部長
小林常雄先生:台東区IMHCクリニック院長
大沼四廊先生:自然医学総合研究所所長
司会:NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会木村事務局長

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーでは、常勤の講師である酒向毅(元岐阜県多治見病院外科部長:消化器がん専門医)現在、千葉セントマーガレッツト病院の統合医療外来担当部長と、台東区でIMHCクリニックを開業している小林常雄先生(1944年、鳥取県生まれ。1963年、鳥取大学医学部入学、1978年東京大学大学院で医学博士取得。アリゾナ生物研究所名誉議長、生体エネルギー統合医療アカデミー国際会議役員。
著書に『99%ガンは防げる』(主婦の友社)、『ついにわかったガン予防の実際』(主婦の友社)に国際連合協会より特別功労賞を顕彰された大沼四廊先生をお迎えし、理想的ながん治療」についてお話していただきます。

また最後に、3人の先生を囲んで「理想的なガン治療のあり方」について討論をいたします。
なお、司会は、NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会の事務局長の木村様です。

①10:05~10:45:酒向先生
がんの食事療法について

②10:50~11:30:小林先生
ガン治療と自然療法について
5分間休憩
③11:35~12:12:15:大沼先生
がんの自然治癒について

④理想的ながん治療について
酒向先生・小林先生・大沼先生
司会木村事務局長


⑤午後1:30~4:30 相談会と体験会

大沼先生・高橋先生・スタッフ斉藤・鈴木・山口

5時閉会


☆ネフローゼ症候群の治し方!

☆ネフローゼ症候群の治し方!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

☆一般に、ネフローゼ症候群の特徴とは、「大量の蛋白尿」、「低アルブミン血症」(アルブミンという蛋白が低くなる)のほかに、しばしば「浮腫」、「高コレステロール血症」をきたすことが知られています。

☆わが国では、「厚生省特定疾患ネフローゼ症候群調査研究班」の診断基準もありますが、実際に発症している方の体を調べると睡眠も呼吸も浅く、さらには体温も低く、骨格が歪み、迷走神経や骨盤内臓神経が圧迫され、消化不良と排泄障害を起こしているケースが多いことがわかります。

☆また、深刻な消化不良から腸内要物の腐敗により悪玉菌が増殖し、不良な蛋白質がつくられ、それらのたんぱく質が大量に流れることで「大量の蛋白尿」の状態になると考えられます。

さらに、消化酵素が不十分なため、動物性のたんぱく質を分解できず腸内で腐敗し、ウエルシュ菌が増殖し、便通が悪い状態となり、健全なたんぱく質がつくられず、「低アルブミン血症」になるものと考えられるのです。

また、しばしばみられる浮腫は、小児では微小変化型が多く、副腎皮質ステロイド薬が有効な場合が80パーセント以上を占めているといわれ、長引くステロイド療法の副作用から、毛細血管が萎縮し、腎機能が低下することにより、浮腫が出る「ステロイド性腎炎」という医療との関わりで起こるものも少なくありません。

☆そのた、副腎皮質ステロイド薬に反応しないステロイド抵抗性のものや、血尿をともなうもの、高血圧をともなうものはほかの病型が多く、腎生検による病型診断を行なう方法もありますが、化学療法だけでは良好な結果はあまり期待できず、体質を根本的に改善することが有効です。


プレドニゾロン


☆ステロイド剤の副作用
プレドニン:プレドゾロン:副腎皮質ホルモン製剤:

■重大な副作用:
誘発性感染症、感染症の憎悪、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化管潰瘍、消化管穿孔、消化管出血、膵炎、精神変調、うつ状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨及び上腕骨などの骨頭無菌性壊死、ミオパシ、緑内障、後嚢白内障、中心性漿液性脈絡膜症、多発性後極部網膜色素上皮症、眼圧上昇、眼のかすみ、網膜はく離、血栓症、心筋梗塞、脳梗塞、動脈瑠、硬膜外脂肪腫、腱断裂、発疹、月経異常、クッシング症候群、下痢、悪心、嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、筋肉痛、関節痛、脂質代謝、蛋白質代謝、満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝、浮腫、血圧上昇、低K性アルカローシス、網膜障害、眼球突出、白血球増多、ざ瘡、多毛、脱毛、色素沈着、皮下溢血、紫斑、線条、そう痒、発汗異常、顔面紅斑、脂肪織炎、

■その他の副作用:

■発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加、精子数及び運動性の増減、尿路結石、創傷治癒障害、皮膚結合組織の韮薄化、脆弱化など

☆つまり、西洋医学で主流となって行われている化学療法では治るどころか、上記のように薬の副作用のためさらに悪化させられるケースも少なくはないのです。

☆ゆえに、根本的な問題を改善することが重要であり、賢い患者さんは、安全な代替医療を求めて体質を改善しているのです。

■西洋医学の治療に疑問がある、もっと確かな方法で健康になりたい、あるいは学びたいという方は、予防医学セミナーにご参加ください。

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーでは、常勤の講師である酒向毅(元岐阜県多治見病院外科部長:消化器がん専門医)現在、千葉セントマーガレッツト病院の統合医療外来担当部長と、台東区でIMHCクリニックを開業している小林常雄先生(1944年、鳥取県生まれ。1963年、鳥取大学医学部入学。卒業後は国立がんセンターにて実習、その後、京大、東大の大学院に学ぶ。1978年、東京大学大学院で医学博士取得。アリゾナ生物研究所名誉議長、生体エネルギー統合医療アカデミー国際会議役員。著書に『99%ガンは防げる』(主婦の友社)、『ついにわかったガン予防の実際』(主婦の友社)などをお迎えし、理想的な治療法についてお話していただきます。

■6月5日(日)午前10時より
■会場:東京都西新宿 新宿センタービル 39階 シェラバートン セミナー室

■午前の部 
■司会:木村さん NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会事務局長
①10:05~10:45:酒向先生 5分間休憩
②10:50~11:40:小林先生 5分間休憩
③11:45~12:12:25:大沼先生
④セミナーのまとめ 酒向先生、小林先生、大沼先生
■司会:木村さん NPO法人生活習慣病と予防医学を考える会事務局長

■午後の部
⑤午後1:30~4:30 相談会と体験会
大沼先生、高橋先生、スタッフ斉藤ほか

☆自然療法でがんを治した!

◆肺がんの自然治癒、肺腺がんの自然治癒の症例!
■論より証拠・自然治癒力で肺がんが消えた!

■患者の、患者自身による、患者のための五大免疫療法!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


肺がんの自然治癒 丸岡


■肺がん・特に肺腺がんは、死亡率が高く、治りにくいと言われている肺がんとして知られています。

また、症状が現れる頃には、既に進行している場合が多く、治療法も限られてきます。

そのため、早期発見が重要であるとして、毎年1回定期検査を受ける方も少なくはありませんが、この定期検査で行われているX線や特にCTによる画像検査で放射線を浴びるため、発がん率を上げることも危惧されています。

また、早期発見から早期手術、早期再発から早期抗がん剤治療、さらに再発して早期放射線治療と治療によるリスクがどんどん高くなるのも事実です。

その結果として、手術や化学療法以外に最近注目されている治療法が免疫細胞療法という方法です。

■第四の選択
この免疫療法とは、第四の選択として注目されている方法で、広く海外にも広まっている方法で、当初は、患者自身の血液からリンパ球を抜いて外部で増やした後、患者の体に点滴で戻す方法から、近年は、顆粒球も取り出して増殖し、活性化させ、がん細胞を毒見させてワクチン化した細胞を点滴で戻す樹状細胞療法という方法に代わりつつあります。

リンパ球を入れるだけの療法より、顆粒球を活性化した分だけ治癒率が高くなったからです。

■樹状細胞療法でワクチン化
なぜ、顆粒球を活性化すると治癒率が上がるのかと言うと、元々白血球の中には、マクロファージという親玉的な細胞がいて、がん細胞や他の老廃物などどんな異物でも試食して、対外へ排泄する役割を持った細胞がいるのです。

マクロファージが試食した結果、がん細胞だと判断すると、すぐにTリンパ球やNK細胞や他の好中球に連絡し、増殖や活性化を促し、白血球が急激に増殖し活性化することで、がん細胞や他の老廃物も処理されるのです。

樹状細胞療法やがんのワクチン療法は、この原理に基づく方法で、従来の方法に比べてより自然でより安全な方法と言えるのです。

■樹状細胞療法の問題
しかし、この療法にも盲点があるのです。その盲点とは、ヒトの体は、過剰なストレスを受けることによって、例外なく右側の骨盤が歪み、進行することでタオルを絞った様に体全体がねじれるのです。

当然、寝相も悪くなり、横向きになり、下側で体重を受ける肩側の「鎖骨」も大きく歪むことになることで、心臓から出てすぐの大血管が圧迫されると同時に、Tリンパ球を産生している「胸腺」の循環も悪くなるのです。

さらに、鎖骨の下を走行して内臓を支配している「迷走神経」も圧迫されることで肺の機能が低下します。

■低酸素で高二酸化炭素
そのため、睡眠や呼吸も浅く、脳内でホルモンの合成する機能も低下するのです。その結果、食べたものをうまく消化する消化酵素も不足し、食べ物が腸内で腐敗しやすくなります。

腸内での腐敗によりカンジダ菌が増えると肌が荒れ、ブドウ球菌が増えると痒みや肺炎が発症し、ウエルシュ菌が増えると「ニトロソアミン」という腐敗したたんぱく質をつくり、これが発ガン物質となって腸管や肝臓にがん細胞を生成するのです。

また、呼吸が浅くなることで、南の島の海底にすむ「珊瑚礁」の様に、低酸素で高二酸化炭素状態が継続することで、「嫌気性菌」が増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生するのです。

これが、体内で特に低酸素で高二酸化炭素の状態の部位に住み着き、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生した物が「腺がん」と診断される細胞で、医療者や患者から恐れられている細胞です。

■体質から改善
従って、患者のストレスが大きくて長い場合は、体全体の歪みが著しく、特に、胸肋関節や脊椎や鎖骨や頚椎が癒着することで、老廃物を排泄するリンパ管の主砲とも言える、胸管と静脈が連結する部位が硬直している方には、自然治癒力は全くというほど働きにくくなるため、がん細胞を殺す前に体の歪みや特にリンパ管の圧迫や癒着などの「ガン体質」を改善することが重要なのです。

つまり、樹状細胞療法やがんのワクチン療法で、とりあえず白血球を増やして活性化して体内に戻したとしても、癒着していない方には効果が期待できても、癒着しているヒトには十分な結果は期待できないのです。

■酸性体質と不活性
また、がんに罹患している方は例外なく、ストレス反射により、血管や神経も圧迫され、血液の代謝も悪く、自覚症状が出にくいのも特徴で、初期に発見できにくい条件となっています。
ストレスは説明するまでも無く、交感神経が過剰に反応し、糖分を燃焼し、その後にできる乳酸が増えると、乳酸を解毒するために肝臓から乳酸デヒドロゲナーゼという酵素が分泌され乳酸を再び糖に還元してくれます。

しかし、肝臓での解毒能力を超えると、通常の血液検査でLDHが異常に高くなり、腫瘍の材料が増えることになります。

また、肝臓に蓄えている糖分をすべて消耗することで、異常に甘いものを食べたがり、食欲が沸き、異常に食べるようになります。
その結果、消化不良を起こしながら、腐敗し、嫌気性菌の発生とあわせて、通常は弱アルカリ性に保たれている体液が強酸性に傾くのです。

これが、赤血球に対してコンペイトウ状やウニ状などの変性する原因となり、白血球では動きのない不活性化の条件や成長が止まった「芽球」と呼ばれる細胞が多発する原因となります。

■ゆえに、抗がん剤で殺す前に、また、樹状細胞療法などで治療する前に、不活性化した白血球を根本的に活性化することが重要なのです。
しかし、私がここで言う活性化とは、体外に取り出す方法ではなく、がん体質を根本から改善することで血液のpHを弱アルカリ性に保つことで健康体に接近し、ついには完全に体質を改善することで克服することです。

■詳しくは予防医学セミナーや体験会で

■西洋医学の治療に疑問がある、もっと確かな方法で健康になりたい、あるいは学びたいという方は、予防医学セミナーにご参加ください。

■2歳で急性リンパ性白血病を発生した子が、抗がん剤治療の最中に脳に7cm大の腫瘤ができ、筑波大学で手術をしたが取り切れず、代替療法を調べて、ナチュラルメディスンのなぎや本部に来て2か月もしないうちに劇的に改善した。

肩こりの岩田さん
れなちゃんー5
レナ MRA 比較ABC 14.7.2

■予防医学セミナーで9割の病気を克服!
※論より証拠です。
■9月21日(日)午前10時より
■会場:ウイルあいち 名古屋市東区 名古屋市政資料館前

■午前の部 
岡田恒良元外科部長の本音!
9割のがんに手術も薬もいらない!
大沼四廊先生の実演
鎖骨ほぐしで、その場で解決、
■司会:松田先生
■午後の部
⑤午後1:30~4:30 相談会と体験会
大沼先生、スタッフ斉藤ほか
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。