大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■エイズ患者過去最多!

■エイズ患者過去最多!

■エイズ患者はなぜ増えるのか?

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■エイズ患者、過去最多に

2011年5月24日 提供:毎日新聞社

エイズの推移


エイズ:患者、過去最多に

 昨年1年間に新たに報告されたエイズ患者は前年より38人多い469人で、過去最多だったことが厚生労働省のまとめで分かった。

 新たにエイズウイルス(HIV)感染が判明した人は1075人と前年より54人増えた。

 一方、検査を受けた人は2年連続で減少。厚労省は「早期発見のための検査が十分浸透していない」と説明し、6月1日から始まる検査普及週間にあわせPRを強化する。

****** 輸血で感染か????*****
■農薬や食品天下物などで自己免疫力の低下が原因か!

■モルヒネやコカインなど麻薬への依存が原因か!

■夜更かしが原因か!

■酸化した油など食べ物が原因か!

■循環障害や低体温が原因か!

■同性愛など日常の生活習慣が原因か!

■ウイルスに感染しても自己免疫力が正常であれば発症はしない!

■その点、他のウイルスと同様である。

■私達の体はおよそ60兆個の細胞から構築され、その細胞にはそれぞれに寿命がある!

■それらの細胞は体液の酸化によって損傷する!

■体液の酸化によって遺伝子の水素結合部が破壊されるからである!

■また、酸化した体液では、それを好むウイルスが増殖する!

■エイズウイルスも同様である!

■よって、抗生物質やワクチンに依存する前に、抗酸化作用の強い食材を摂取するべきなのである!

■しかし、これでは医療費を稼ぐことができず、病院は崩壊する!

■そのため、化学療法で対応する!

■福島の原発の事故に見られた専門家のずさんな対応のように、医療の専門家である医者の対応もずさんなものである!

■エイズ患者の推移の表が示す様に、医療費を増やしても患者を減らすことにはならないのだ!

■健康は脱原発・脱医療から始まる!

■豊かな自然環境があればヒトも家畜も無病で暮らせるのである!

■西洋医学の治療に疑問がある、安全な代替医療を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください!

******予防医学セミナー *******

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーは予定通り行います。

会場:東京都新宿区西新宿 新宿センタービル39階

シェラバートン セミナー室

午前9時30分開場 10時開演

午後相談会及び体験会

2回目以降の方は実費が必要です。
   

■6月の名古屋セミナーは第三日曜日の19日(日)に予定通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 7

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ?

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは

ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください

FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ
スポンサーサイト

■ストレスで不整脈多発!

■ストレスで不整脈多発!

震災関連死、目立つ不整脈

2011年5月17日 提供:読売新聞

ペースメーカー

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

「AEDで救えた可能性」…塩釜の病院、29人中13人
 東日本大震災の発生後、坂総合病院(宮城県塩釜市)で死亡した震災関連死とみられる被災者29人のうち、13人(45%)の死因は深刻な不整脈で、病院到着前のAED(自動体外式除細動器)の迅速な使用で救命できた可能性があることが、同病院救急科の佐々木隆徳医師の調査で分かった。

 同病院では、過酷な避難生活で病気を発症したり、持病を悪化させたりして亡くなった震災関連死とみられる患者が、4月末までに29人に上った。

このうち13人は、深刻な不整脈が突然起こる心室細動に陥った可能性があるが、救命処置が遅れていた。

 多賀城市の女性(75)は地震発生直後、家族と避難所に向かう途中、胸の苦しさを訴え倒れた。家族が救急車を呼ぼうとしたが携帯電話がつながらず、同病院到着まで2時間かかった。

AEDは自宅近くの保育所にあったが使われなかった。

 3月13日には、男性(76)が避難所で心肺停止に陥ったが、AEDが近くになく、同病院で死亡が確認された。4月12日には、自宅の片づけを続けていた男性(72)が倒れ、救急車到着まで救命措置が行われず亡くなった。

 心室細動が起こっても、すぐにAEDで心臓に電気ショックを与えると救命できることが多く、医療機関のほか、公共施設や店舗などで設置が進んでいる。

 日本救急医療財団の登録情報では、AEDは全国約10万か所に設置。岩手、宮城、福島の3県でも計約5000か所にある。

 佐々木医師は「大災害の直後は心身のストレスで不整脈が多発する。AEDの設置をさらに増やすと共に、設置場所を住民に広く伝えることが必要」と訴える。

 AED(自動体外式除細動器) 心臓に電気ショックを与え、心室細動を取り除く装置。以前は医療従事者しか使えなかったが、2004年に一般人の使用が認められ、普及した。総務省消防庁の調査では、心肺停止の人に一般市民がAEDを使った場合、1か月後の生存率は42・5%で、行わなかった場合の9・7%に比べ、4倍以上の高い救命効果を発揮する。

********* 不整脈の原因について ********
一般に不正脈とは、興奮時など、過剰なストレスによって心臓のリズムに徐脈や頻脈などのほかに頻拍や粗動や細動などの異常が現れることを言います。

対症療法として脈が遅くなり「失神やふらつき」などの症状が現れている場合に、ペースメーカー(電気刺激発生装置)を鎖骨の下に挿入することで心臓を動かす電気的信号を安定させる方法が行われています。

近年は、自然の拍動に近づけるための工夫がなされていて、運動量にあわせて速さを変えて電気刺激を送ることができるものも開発されています。

また、電池の寿命は、設定するプログラムや心臓の電気抵抗によって異なり、一般的には、10年近くもつといわれ、交換が必要になります。

■手術中の合併症
①気胸:静脈穿刺法の場合、注射針が肺に達することがごくまれにあり、その刺した部分から空気がもれ、胸の中に空気がたまることがあります。

*手術中や、手術直後に胸痛や、息苦しいという症状があったならば、“気胸”という合併症が疑われます

②血胸:静脈穿刺法では、まれに静脈や動脈を貫通して刺してしまうことがあり、その際の出血が胸の中に溜まることがあります。これを血胸と呼びます。

③リード穿孔:この合併症はごくまれですが、静脈や心臓の中でリードを進める際に、血管の壁、あるいは心臓の壁の一部をリードが貫通して起きることがあります。

■手術後の合併症
①感染症:
感染症には一般的に2種類あり、ペースメーカー植込み部分が赤く腫れあがってくるものと、その部分の皮膚が徐々に黒ずんでゆっくり進行するものとがあります。

赤く腫れあがったものは、まれにばい菌が検出されたり、ペースメーカー周辺に膿がたまり、その膿が皮膚の外にもれてくることがあります。

②リードの離脱・移動
一般的に使用されているリードの先端にはヒゲのようなものが付いていて、通常、この部分が心臓内壁の組織に引っかかって、抜けたり、ズレたりすることが起こらないようになっています。

しかし、まれに、手術が終了した後に、リードの先端が心臓内壁の組織から抜けてしまい、ペースメーカーによる電気刺激がきちんと心筋に伝わらなくなり、手術前と同様の状態(徐脈の症状)に戻ってしまうことがあります。

通常、手術後、3-5ヶ月すると、リードの先端は心臓の組織に癒着して抜けにくくなりますが、体質によりまれに安定しない場合や、リードのヒゲがひっかからなかった場合などや、あるいは、手術後間もない時期(3ヵ月以内)に、腕を使った激しい運動をしたことなどにより、この合併症が起こることがあります。

■不整脈の原因

不整脈はストレスによって、鎖骨が歪み、鎖骨の下を走る「迷走神経」という副交感神経の枝と胸髄から分岐して心臓を支配している神経が圧迫されることにより心臓の動きが異常になるのです。

よって対症療法に依存する前にストレスで歪んだ骨格を治し、心臓を支配している神経の流れを正常にするなど根本的な原因を解決するべきなのです。
また、現状の保健医療では、ペースメーカによる対症療法以外に化学薬品による対症療法も行われています。

■不整脈や心臓病について詳しく学びたいかたは予防医学セミナーにご参加ください。

******予防医学セミナー *******

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーは予定通り行います。

会場:東京都新宿区西新宿 新宿センタービル39階

シェラバートン セミナー室

午前9時30分開場 10時開演

午後相談会及び体験会

2回目以降の方は実費が必要です。
   

■6月の名古屋セミナーは第三日曜日の19日(日)に予定通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 7

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは

ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください

FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ


■次回は不整脈の化学薬品の副作用について報告いたします。

☆増える腰痛・激痛・慢性痛!

腰痛白書2004
☆増える腰痛・激痛・慢性痛!

☆椎間板ヘルニアや脊椎間狭窄症などの腰痛は、整形外科の治療を受けても改善できないケースが後を立ちません!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


☆痛み止めでは治らない、手術をしても再発する!

☆レーザーメスなど医療が進化しても患者は増えている!

☆西洋医学の限界はがんや難病の治療ばかりではなく、腰痛の治療にもあるのです!

☆なぜ西洋医学では腰痛を治せないのかその原因について探る!

☆一般に腰痛といえば、立ち上がるときに痛むとか中腰が痛むという症状が多い!

☆ヒトは立ち上がるときには「起立筋」と「大腰筋」を使います!

☆したがって、「起立筋」と「大腰筋」に炎症があると痛みが発現します!

☆よって、腰痛の治し方としては、「起立筋」と「大腰筋」に綺麗な血液を循環させることが重要なのです!

☆しかし、現実は「起立筋」も「大腰筋」も激しく硬直していますので、腰の「牽引」程度では改善できません!

☆その点、カイロや整体の方が歪んだ骨格に対してアプローチをするため改善されるケースが多いのです!

☆ところがカイロや整体では土台である強引に歪んだ骨格を矯正することから危険なイメージが広がった様です!

☆その点、疲れた体内に溜まっている酸化した体液や血液を浄化することで自己免疫を高めながら、仙骨と腸骨でつくる仙腸関節や、横向きになることで歪む鎖骨の調整まで対応する「総合免疫療法」は無理をせずに改善できる方法として注目を浴びています!

☆椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症などの腰痛や激痛でお悩みの方は「ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を科学する」という大沼四廊所長の書かれた本をお読みください!

☆ストレスと腰痛の関係が詳しく書かれていますのでとても参考になります!

******予防医学セミナー *******

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーは予定通り行います。

会場:東京都新宿区西新宿 新宿センタービル39階

シェラバートン セミナー室

午前9時30分開場 10時開演

午後相談会及び体験会

2回目以降の方は実費が必要です。
   

■6月の名古屋セミナーは第三日曜日の19日(日)に予定通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 7

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは

ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください

FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

☆健康は脱原発・脱医療から!

☆健康は脱原発・脱医療から!

☆常識を変えなければ病気は克服できない!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

医療費も増えて癌で死ぬヒトも増えた


☆病人とは判断の過ちに気がつかずに生活しているヒトのこと!

☆病状とは、元の体に戻そうとしている生態反応のこと!

☆生態反応を抑制することは、代謝を狂わせること!

☆よって、どの薬にも抑制効果があり、副作用が必ずある!

☆福島の原発は、巨大地震と大津波の影響で、致命的な損傷を受け、ついにメルトダウンという最も危険な状態になって、作業がはかどらないでいる!

☆これは、原発に依存してきたこれまでの政府の考え方の甘さが露呈されたと真摯に受け取り、管総理の言う「白紙」に戻すべきである!

☆電力は大切なエネルギーだが、原発が無ければ生活ができないと思うことがそもそも間違っている!

☆今回の被災から、安全なエネルギー政策へと方向転換をすることは政治家として当然の判断である!

☆同様に、日本の医療も、戦後急速に進化し、新しい治療法や新薬が次々と開発されてきた!

☆しかし、西洋医学の進歩とは裏腹に癌で亡くなるヒトは毎年増加し、昨年度1年間で35万人以上もの方が、治療を受けたにも関わらず亡くなっている!

☆その背景には、がん細細胞だけを診て、がん体質を見落とし、手術や抗がん剤や放射腺などにより、対症療法のみ行うという、国際的には取り残された高額医療の存在がある!

☆癌は、薬では治せない病気である!

☆癌は手術でも治せない病気である!

☆癌は放射腺を浴びても治せない病気である!

☆ゆえに、リンパ移植療法が盛んに行われる様になったのだ!

☆しかし、リンパ移植療法を受けても再発は間逃れない!

☆それは、なぜ健康な細胞ががん化するのか、その原因を理解せずに治療を行っているからだ!

☆癌は生活習慣病であり、過剰なストレスとのかかわりで発病しているのである!

☆がんは、低体温で低酸素状態で増殖する特殊な細胞である!

☆ゆえに、体質を改善せずに、手術しても再発する、抗がん剤治療を受けても再発する、放射腺治療を受けても再発をする、リンパ移植療法を受けても再発を繰り返しているのである!

☆癌化の原因は循環障害による低体温で低酸素状態であることは、癌の国際学会で公開済みである!

☆ゆえに、血液を浄化し、体を暖め、ゆがみを改善することで体質を向上させ、自己免疫力を安定させることが重要なのである!

☆その結果、当初2cmくらいのがん細胞がまれに大きくなることもある!

☆この反応も悪化ではなく、リンパ管の圧迫やつまりが改善できずに、体内に潜んでいた老廃物をうまく処理できずにいるからである!

☆つまり、低体温や低酸素状態が改善されていないケースで白血球の動きが不十分な状態の反応である!

☆しかい、冷静になって調べると、腫瘍が柔らかくなっていることに気がつくはずです。

☆体質改善によって、自己免疫力が高まり、腫瘍壊死反応が起こり、リンパ球が腫瘍を攻撃するために集合するからです。

☆溶けた腫瘍は、リンパ管のつまりが改善さえいれば、リンパ管から静脈へ流れ、体外へ排泄されるのです。

☆しかし、大きくなったことで患者は迷い、対症療法を選択し、スーちゃんのように死を招くことになるのです!

☆体質改善にあせりは禁物です!

☆1年でだめなら2年、2年で変わらないなら3年という根気が必要なのです!

☆また、悪くなったのではなく、体の深部に老廃物として滞留していたものを、中途半端な解毒によって体内から体外へ押しやろうとして体の表面に押し出され、腫瘍が拡大することもあるのです!

☆このような状態でも迷わず、低体温で、低酸素状態というがん細胞ができやすい体質を改善することだけ選択する勇気が必要名のです!

☆どんな病気も血液を浄化し、低体温と低酸素状態を改善し、自己免疫力を高めることで、怪我が治るようにして治るのです!

☆そのためには次世代の医療として、欧米並みに代替医療を推進しなければなリません!

☆多くの医者もそのことは理解しているはずですが、現場は、従来の医療をマニュアル通りに行っているだけなのです!

☆統合医療を実践している一部の医者を除き、真摯に患者のことを考えて、体質から根本的に治してあげようとする考えは見当たりません!

☆よって、医者に命を預ける様な従来の考え方では、昨年1年間でがん治療を受けて亡くなった35万人の患者さんの様に失敗することになるのです!

☆最良の結果を求めるならば、潔く抗がん剤治療などの対症療法を断り、東洋医学的な代替医療を選択することで最後まであきらめずに「体質を改善する」べきなのです!

☆しかし、東洋医学も完全ではない!

☆チベットの医学も完全ではないのです!

☆総合免疫療法という誰にも安全で優しい、トータル的な療法を知らなければならないのです!

☆それを独自に開発して、多くの実績を作ることができたのです!

☆進行性の胃がんが6ヶ月で完治した!

☆悪性リンパ性前立腺癌が3ヶ月で完治した!

☆余命半年と診断された両側の肺にできた4箇所の癌が1年後に完治した!

☆「4×7cm大」の末期肺原発の悪性腫瘍が「9日間」”のべ16回”の集中療法で完治した!

☆がんの花という状態の超末期の乳がんがわずか3ヶ月間徹底して体全体を暖めて酵素療法を行い修復した!

☆20年間も治せなかった重症のアトピー性皮膚炎が半年後に完治した!

☆余命1ヶ月と診断された散在性脳脊髄炎が半年で完治した!

☆生まれながらの喘息が完治した!

☆薬漬けで重症のうつ病が完治した!

☆手術と診断された椎間板ヘルニアが完治した!

☆手術と診断された頚椎ヘルニアが14回で完治した!

☆生涯治らないと言われていた若年性関節リウマチが完治した!

☆同じく治らないと診断されていた成人の慢性関節リウマチが完治した!

☆名大医学部で手術もできないと診断された重度癒着性くも膜炎が完治した!

☆不妊症が改善し、念願の子宝に恵まれた!

☆発達障害の子供が熟睡し、たくましく成長した!

☆インフルエンザはすぐ治る!

☆はしかが治った!

☆肺炎が治った!

☆自己免疫性の肝炎が完治した!

☆20年間も出血し、重症の潰瘍性大腸炎が1年後完治した!

☆40年も続いていた不整脈が半年で完治した!

☆難聴が治った!

☆脳梗塞の後遺症で歩行困難から車の運転ができるまで回復した!

☆視力が改善された!

☆老眼が治った!

☆てんかんが治まった!

☆20年間も動かなかった重症の癒着性の肩関節が半年で完治した!

☆重度障害の火傷が完治した!

☆慢性鼻炎が一度で完治した!

☆成長痛が一度で回復した!

☆ネフローゼが回復した!

☆緑内障が完治した!

☆白内障が完治した!

☆失明が回復した!

☆などなど数え切れないほどの実績がある!

☆徹底した対応で、自然治癒力を総合的に高めることで目覚しい結果が生じている!

☆常識を変えれば病気は克服できると言うことである!

☆西洋医学の治療に疑問を感じている方、安全で確かな代替医療を探している方は予防医学セミナーにご参加ください!

******予防医学セミナー *******

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーは予定通り行います。

会場:東京都新宿区西新宿 新宿センタービル39階

シェラバートン セミナー室

午前9時30分開場 10時開演

午後相談会及び体験会

2回目以降の方は実費が必要です。
   

■6月の名古屋セミナーは第三日曜日の19日(日)に予定通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 7

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは

ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください

FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ


■リウマトレックスについて!

■リウマトレックスについて!

■日本では1960年代から抗がん剤として使われてきたが、海外で関節リウマチへの効果が報告され、99年にリウマチ治療薬として承認された。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


■リウマトレックスは、他のリウマチ薬に比べて関節の障害を抑える効果があるとして長時間使用している患者が少なくない。

■99年の承認から04年まで5年間で造血機能の低下や、間質性の肺炎などでの死亡が134人に達していたと製造元のワイズ社の集計でわかった。

■実際に服用している患者さんの抹消血を画像で調べて見ると,
下の画像の様に、酸化して解けているケースが少なくない。

リウマトレックスの血液


■血液が酸化し、機能を失うことで神経が麻痺を起こすために痛みが緩和されるのだ。

************* 副作用について *********

■リウマトレックスの副作用について調べてみた。
■リウマトレックス:メトトレキサート:抗リウマチ薬
■重大な副作用:
ショック、アナフイラキシー様症状、冷感、呼吸困難、血圧低下、骨髄抑制、汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、貧血、再生不良性貧血、感染症、呼吸不全、肺炎、敗血症、サイトメガロウイルス感染、帯状疱疹、劇症肝炎、肝不全、肝組織の壊死、繊維化、肝硬変、急性腎不全、尿細管壊死、重症ネフロパチー、咳漱、出血性腸炎、発熱、そう痒感、眼充血、口内炎、出血性腸炎、壊死性腸炎、激しい腹痛、膵炎、骨粗鬆症、過敏症、リンパ節腫脹、低ガンマグロブリン血症、好酸球増多、出血、肝臓機能障害、ALT,AST,AL-P,LDHの上昇、黄疸、脂肪肝、腎機能障害、BUN上昇、血尿、クレアチニンの上昇、尿蛋白、食欲不振、下痢、嘔吐、舌炎、口唇腫脹、消化管潰瘍、メレナ、イレウス、光線過敏症、紅斑、脱毛、色素沈着、色素脱出、皮下斑状出血、ざ瘡、結節、皮膚潰瘍、頭痛、意識障害、眠気、目のかすみ、項部緊張、背部痛、しびれ感、味覚異常、めまい、呼吸困難、無精子症、卵巣機能不全、月経不全、流産、

■ その他の副作用:倦怠感、動機、胸部圧迫感、膀胱炎、耳下腺炎、結膜炎、低淡白血症、血清アルブミン減少、関節痛、浮腫などとある。

■また、薬の副作用については、単品での服用が記載されているだけで、実際には、複数の種類の薬が服用され、発症率が恐ろしいほど相乗的に高くなることから十分気をつける必要があります。

■怖いのは病気を治すための治療なのである。

■ゆえに、欧米では20年も前から統合医療に移行しているのです。

■西洋医学の治療に疑問を感じているかた、安全な代替療法を学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

******予防医学セミナー *******

■6月5日(日)の東京予防医学セミナーは予定通り行います。

会場:東京都新宿区西新宿 新宿センタービル39階

シェラバートン セミナー室

午前9時30分開場 10時開演

午後相談会及び体験会

2回目以降の方は実費が必要です。
   

■6月の名古屋セミナーは第三日曜日の19日(日)に予定通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 7

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②


■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

■医者の9割は森鴎外症候群!

■医者の9割は森鴎外症候群!

★日本は、明治維新を境に欧米先進諸国に「追いつけ、追い越せ」とばかりに、欧米科学文明一辺倒となり、古き良き伝統文明まで切り捨ててしまった。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★当時、我が国が置かれていた状況からやむを得ないことであった、また、それなりの改革の成果があった、としても「追いついた」今日なお、その後遺症を引きずっているのはなぜだろう?

★その後遺症とは明治の文豪として知られている森鴎外こと本名森林太郎の説いた脚気論同様の事件が、まさしく現代西洋医学の中枢にまで深く感染し致命傷となって、多くの医師は救いようが無いほど犯されている。

★海軍軍医の高木兼寛が、食事原因説を何度も森に進言したが、拒否された。

★その結果、日清・日露戦争の時の脚気患者の数が陸軍と海軍で極端に異なった。

★陸軍は4万人、海軍は0人の脚気の発生であった。

★海軍は麦飯にかえたが、陸軍は胚芽をけずった白米を常用としていたためだった。

★日露戦争の時も同様の結果であったにも関わらず、森鴎外は最後まで、己の非を認める事はせずに死んでしまった。

★「信じられない程の傲慢さである」と、土屋雅春教授が述べている。

森鴎外症候群


★森鴎外症候群とは、食事療法を軽視し、患者を抗がん剤や放射線やワクチンなど化学療法に依存し、病状を抑えるだけの対症療法を行うことが正当であるとして、世界の潮流にそむいた治療を施し、病気を悪化させ患者を増やし、医療費も増やしている医者の総称である。

★これが「医者の9割は森鴎外症候群」であるといわれるゆえんである。

■今から34年前の1977年にアメリカ上院栄養問題特別委員会は5000ページにもおよぶ膨大なレポートを発表している。

★当時のフォード大統領は、ガン、心臓病を始め多くの病気が増え、進歩したとされているアメリカの医学を活用し、しかも巨額な医療費を注ぎ込んでいるのに、アメリカ国民は病気ばかり増えてますます不健康になるばかりだとして本格的な調査を開始した。

★フォード大統領は、この原因を解明し根本的な対策を立てないことにはアメリカは病気で滅んでしまう。」として、外国からも多くの専門家を呼び、世界中から膨大な資料を集めて2年間にわたって審議調査させた結果、重要な結論が出された。

★それは、ガン、心臓病などの病気は現代の間違った食生活が原因となって起こる「食源病」である事が明らかにされたというものだった。

★間違った食生活を改める事でこれらの病気を予防する以外に先進国が健康になる方法はないとして公表し、国際的にも影響を与え、先進諸国の新常識となって以来、医療費も減少し患者の罹患率も減少の傾向にある。

■イギリスではチャールズ皇太子が統合厚生財団(FIH)をつくり、アメリカではNIH(国立衛生研究所)にNCCAM(補完代替医療国立センター)ができてから約20年たち、欧米では既存のCAM「代替医療」に対する科学的検証と評価がほぼ完了し、EBCM(エビデンスに基づく補完医療)の啓発・普及をグローバルに展開し始めている。

★アメリカでマクガバンレポートが公開されて以来、これまでに、食事で癌を予防しようとする研究論文は、世界的に膨大な量に達し、20年ほど前には「デザオナーズフード・プログラム」として食育がスタートし、今では、肥満・高血圧・糖尿病・がんなど様々な病気の罹患率が減少の傾向にある。

★ハ-バ-ド大学公衆衛生学部のウイルレット教授は、この方面の権威として知られている。

★ウイルレット教授は「タバコをやめて、ベジタリアン的な食生活をすれば、60%くらいの癌は予防できる」と言っている。

★また、数年前に米国の栄養士が日本に来て、ある有名な癌センタ-の給食のレシピを見せてもらったところ、一般の患者の食事とほとんど変わらなかったことに驚いたことは有名な話である。

★最近、カリフォルニア大学のDean Ornish 教授らは,すでに癌を発症した患者に対しても食事療法が有効であると画期的な研究を発表している。

★また、スローン・ケタリング記念癌センター(ニューヨーク)の元泌尿器外科部長/泌尿器腫瘍学科長のWilliam Fair博士らは、早期前立腺癌患者に対して、徹底的な食生活の変更とライフスタイルの改善によって,癌の進行が抑制されたことを「Journal of Urology(2005; 1743: 1065-1070」という専門誌に論文を掲載し、我が国の医学部にも送られている。

★ウイリアム教授らは,前立腺癌の患者のなかで、標準的な治療を受けないことにした患者93例に対して、食事とライフスタイルを変えたA群と変えなかったB群の二群に無作為に割り付ける、ランダムカ比較試験を行ったところ、1 年後ライフスタイルを変えた,A群では前立腺特異抗原(PSA)値が低下したのに対し,変えなかったB群では上昇した。

★また,A群では、腫瘍細胞の増殖が、明らかに阻害されていた。A群に与えられた食事は、果物,野菜,全粒穀物,豆類に加え,大豆とビタミン・ミネラル類のサプリメントなど、徹底的なベジタリアン食であった。

★更に,エアロビックス,ヨガと瞑想を実施,週 1 回、グループ・ミーテイングを開き、お互いに励ましあったA群で試験期間中に手術,放射線療法,化学療法などの治療を受けた患者は 1 例もなかった。

★しかし、B群では 6 例が癌の進行のため、これらの治療の適用となった。また,A群では痛みなどの生活の質を悪化させる症状が、著明に減少していた。

★この研究は、ランダム化比較試験(くじ引き割付試験)という、最も水準の高い研究方法で行われたもので、癌に悩む人々に大きな希望を与えている。

★どうやら日本で病気を治すためには、常識から変えなければならない様なのである。

■西洋医学の治療に疑問を感じているかた、実績のある安全な代替療法を学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

******予防医学セミナー *******

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

★骨転移がんでも救われる!

★骨転移がんでも救われる!

★論より証拠の画像を公開!

★癌は怖くない!

★骨転移ガンでも自己治癒力で治せる!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


骨点煮の症例


★上の画像は02,7,17,悪性リンパ性前立腺がんで骨転移したもの

★下の画像は当研究所にて総合免疫療法受療3ヵ月後、がんの影が薄くなり、自然療法による骨転移がんの縮小を確認できた映像。

■病気にならない生き方を学びたい、あるいは様々な病気の原因を学び、自然療法で改善したいという方は予防医学セミナーにご参加ください。


*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

★医療制度の改革を!

★医療制度の改革を!

★現状の保健医療では崩壊する!

★赤字2年連続6千億円!

★健保の4割、保険料上げ!

★年度内に527組合 赤字6千億円超、2年連続!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本は国民皆保険医療といわれる仕組みで経済的に弱いヒトが安く受診できるようにとの計らいで保険制度が導入された!

★それが前代未聞の少子高齢化を向かえ、また、リーマンショックから立ち直る間もなく東北の震災に遭遇し、このままでは財政難となり、保険は崩壊する。

★問題は元気になるための医療を提供していないという点にあり、現状の医療では保険料をどこまで値上げするのかということになり、保険制度を維持するための値上げとなる!

★それに伴い、自らの健康を自衛している健常者の負担は益々大きくなるばかりである!

★また、現状の保健医療では「対症療法」ばかりでほとんどの病気は治せないでいる!

★このため、ガン難民といわれるような方が年々増え続けている!

★ガン難民といわれている多くの方がたは、保険の利かない代替医療と対峙して改善しているケースが少なくはない!

★保険医療の裏側で「抗がん剤治療を受けなければ出て行け」などと恐喝され、患者が安全な医療を求めることが許されないでいる!

★この様な対応では保健医療の真意からはずれ”患者を助ける” ”患者を救う”という本来の目的から逸脱し、医療者側の都合だけで、多くの患者は不満を抱えている!

★今後、赤字になる度に保険料が上げられることになる!

★値上げする前に「統合医療」を全面的に導入するなど、医療の中身を改革するべきである!

★保険料をあげる前にやるべきことがあると思うのは私だけではないだろう!

2011年4月22日 提供:共同通信社

 健康保険組合連合会(健保連)は21日、少なくとも527の健保組合が、2011年度中に保険料率を引き上げるとの見通しを明らかにした。

 料率を引き上げるのは、全国に1447ある健保組合のうち4割弱に当たり、10年度より149組合増え過去最多となる。

 健保組合には主に大企業の社員と家族約3千万人が加入。高齢者医療制度への拠出金負担が重い上、不況で加入者の給与減が続いて財政収支が悪化し、保険料アップを迫られた形だ。

 平均保険料率は7・926%で、前年度より0・291ポイント増えて過去最高の伸びとなった。

 また、健保組合全体の11年度予算を集計したところ、赤字見込み総額は6089億円に。過去最悪だった10年度より532億円減ったが、2年連続で6千億円を超える見通しとなった。

 東日本大震災の影響を織り込んでおらず、健保連は「賃金の落ち込みなどが広がれば保険料収入は減り、赤字額がさらに膨らむと予想される」としている。

 全体の9割に当たる1292組合が赤字で、10年度より2組合の減少。保険料収入の総額は6兆4173億円となり、保険料率引き上げの影響で6・40%増える見込み。

 10年4月から11組合が解散した。

 集計は、予算報告をした9割の組合のデータを基に算出した。

****** 保険制度の改革を ******

■重粒子線治療や陽子線治療など以外に移植など高額医療が多くなった!

■しかし、高額医療を受けても原因は治らず再発する!

■人口透析は体質改善が有効であるが、体質改善などせずに、自治体が全額負担している!

■高額な検査機器などを増やしすぎた!

■その結果、国民は、無駄な検査を受けて大量の被爆を余儀なくしている!

■医療費の3分の1は薬代という、その薬の副作用で病気が増やされている!

■血圧降圧剤、痛み止めなど保健医療と関わることで自己免疫力が低下し、若年層のガンが増えている!

■信頼できる代替医療には保険が利かない!

■統合医療に保険が利かない!

■値上げの前に無駄をなくするべきである!

■ヒトの健康は手術や化学薬品では得られない!

■自然治癒力を生かしてこそ健康を取り戻すことができるのだ!

■医者や教育者の更新制度もなく、対症療法という古くて役にたたない医療が行われている!

■食事や心の持ちようや生活習慣の見直しなど「予防医学」を徹底することで多くの問題は解決する!

■さらに体のゆがみを改善することで血管や神経やリンパ管の圧迫が改善され新陳代謝が向上する!

■民間でできることは民間に任せる!

■ボランテイアでできることはボランテイアに任せる!

■値上げの前にやるべきことが沢山あると思う!

■それでもやらないところがお役所なのだ!

■ゆえに、国民レベルの改革が必要なのだと思う!

■病気にならない生き方や様々な病気の原因を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。


*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ



★大動脈解離の原因について!

★医療事故は止まらない!

★「疾患見落とし死亡」遺族が1億円賠償求め提訴

★大動脈解離の疾患を見落とした医療ミスが原因

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

動脈解離

★2011年4月21日 提供:読売新聞

★北九州市立八幡病院(八幡東区)で2009年、男性患者(当時31歳)が死亡したのは男性内科医が大動脈解離の疾患を見落とした医療ミスが原因として、患者の妻と両親が市と内科医を相手取り、慰謝料など約1億円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁小倉支部に起こしたことがわかった。

★提訴は7日付。市などによると、患者は09年4月14日、胸の痛みや呼吸困難を訴え、同病院に搬送された。

★内科医は心因性の過換気症候群(過呼吸)と診断して内服薬を処方、呼吸法を指導した。

★男性は翌日も背中の痛みを訴えて来院したが、同じ内科医が心因性と診断して院内の精神科を紹介していた。

★男性は同19日に症状が悪化し、市内の別の病院で大動脈解離と分かったが、その日に死亡した。

★市は昨年7月、「2回目の来院時に心因性以外の疾患を疑い、コンピューター断層撮影法(CT)検査などを行っていれば、救命できた可能性がある」と誤診を認めて公表し、遺族側と示談交渉を開始した。

★遺族側は「男性は約35万円の月収があった。約1億円の賠償が必要」と主張、市側は「男性は別の持病があり、当時の収入を証明する書類もない。4千数百万円が妥当」としていた。


************ 大動脈解離の原因   *******************

31歳という若さで大動脈解離の疾患を患うということは尋常ではなく、亡くなった本人の生活習慣も反省しなければならない1

★大動脈解離(だいどうみゃくかいり、英: Aortic dissection)とは、なんらかのきっかけによって、3層構造を作っている大動脈のうち真ん中の層の膜(中膜)に血流が入り込んでしまい、層構造が別々に剥がれていく(解離してしまう)疾患といわれて原因不明として扱われている!

★しかし、この世に原因の無い病気などは存在しない!

★何らかの原因ではなく、はっきりした原因があるのだ!

★その原因とは、脂肪の分解が不十分だったため、未消化の脂肪が、体内に滞留している不安定な酸素(フリーラジカル)と結合し、「過酸化資質」という毒素を形成し、血管の中膜を溶かすことにある。

★よって、脂肪の分解を高めるために,脂肪分解酵素であるリパーゼの分泌地を高める必要がある!

★これには肩や首を柔軟にして唾液などの消化液の分泌を高める必要がある。

★肩や首が硬ければ、迷走神経という副交感神経の枝が圧迫され毛細管が萎縮するからである。

★また、胆汁の分泌を盛んにする必要もある。

★これには、胆嚢の支配神経の分岐点となる肩甲骨間部を緩めなければならない。

★また、油には酸化の早いものとそうではないものがあり、酸化して汚れた油を解毒する油もある。

★それが「えごまの油」を火を通さずに飲むことである。

★また、血管の膜を強化するためには「胚芽」を十分摂取することである。

★さらに、体液の酸化を防ぐためには早く寝ることも有効である。

★予防のためには日ごろからやって置くべきことがあるのだ。

★したがって、動物性の脂を大量に含む肉や牛乳を大量に食べたり飲むことは血管に傷をつけることになり大変危険なことなのである。

※大動脈解離は、解離によって生じた空間は仮性動脈瘤となるため、大動脈瘤の一種として分類されることがあり、別名を「解離性大動脈瘤」とも言う。

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。