大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★心不全のなぞを解く!

★心不全のなぞを解く!

★医者に原因はわからない!

★統合医療教育の遅れ!


※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★心臓の支配神経は延髄からでる「迷走神経」とT1~4からでる「脊髄神経」によって機能している。ゆえに、頚椎や鎖骨や背骨の歪みによって心機能は不安定になる。

400 IMG_0009 (2) 腎臓


★国内には心不全の患者が100万人から200万人と推定されており、大多数が60歳超と推定される。

★患者の多くは病院で化学治療を受けるが、副作用のため不整脈すら改善できないでいる。

★一度病院を受診すると、後は疑いも無く障害通院し、薬漬けにされ、薬の副作用で血液が汚れ血栓体質にされる。

★こんな医療とのかかわりで病人は増やされ、医療費も増やされている。

★これに対して国産の埋め込み型補助人工心臓が相次いで保険適用され、臨床現場に登場する見込みとなった。


★こうした患者層に補助人工心臓が延命治療として実施されたとすれば、透析医療に並ぶ規模の医療費がかかるかもしれないという見方もある一方、積極的に進めるべきという考え方の医者も少なくない!

★日本では統合医療が実施されていないため、高額医療が大流行である。


★人口補助心臓について!

★推進派の東京大学の許俊鋭氏は
「人工補助心臓は60歳以上でも適用可能だろう。65歳までは現役世代であり問題はない」と話す。
 重要な問題は、60歳以上の患者にも使えるかどうか。最低限65歳までの心不全患者には積極的に適用できるようにしていくべきだという。

★心臓移植の対象外だったが
 今年、人工心臓の領域に、大きな変化が起きる。国産の埋め込み型補助人工心臓が相次いで保険適用され、臨床現場に登場する見込みだからだ。

★体内にポンプを埋め込み、ポンプの力で大動脈へと血液を持続的に駆出する。従来の体外式の補助人工心臓を付ける場合とは異なり、患者は従来よりも自由な行動ができる。

★埋め込み型補助人工心臓の適用条件は、心臓移植の待機リストに載っているか、登録申請中であること。

★国内の埋め込み型補助人工心臓の考え方は、心臓移植までのつなぎとしての利用となっている。

★人工心臓で心機能を代替する延命治療としての用途では適用されない。

★この場合に問題となるのが、60歳以上の患者に埋め込み型補助人工心臓が適用できるか否か。というのは、従来、心臓移植の適用条件は、実質的に60歳未満に限定されてきたからだ。

★日本循環器学会心臓移植委員会は、心臓移植の適応条件として「60歳未満が望ましい」と規定。

★国内では2010年の実績で心臓移植が年間23人にしか行われない中で、若年層への移植を優先しようとの考えがあったからだ。

★この記載もあり、60歳以上の心不全の患者が、日本臓器移植ネットワークの移植待機リストに登録されるのは難しかった。

★埋め込み型補助人工心臓の適応条件で従来の補助人工心臓と大きく異なるのは、待機リストの登録者だけではなく、申請者も対象となったことだ。

★60歳以上の患者が申請さえしていれば、適応される道が開かれたのは大きな変化となる。


★大量生産が可能!
 許氏は、「補助人工心臓は大量生産が可能で、心臓移植のような量的制限は問題になりにくい。

★これからは心臓移植を受けるチャンスがなかった60歳以上の患者にこそ、補助人工心臓を適用する方向に持っていくべき。

★最低限、現役世代と言える65歳までは適応になる」と話す。

★6学会、2研究会で構成する日本臨床補助人工心臓研究会は2010年11月、埋め込み型補助人工心臓の実施基準案の患者の選択基準として「65歳以下が望ましい(身体能力によっては65歳以上も考慮する)」と掲げた。

★医療費について許氏は、「問題ないのではないか。米国の人工心臓に関わる医療費は600億円から800億円と見られる。日本では、5分の1から8分の1になるのではないか。金額は年間100億円ほどと推定する。

★現在、渡航移植や体外式補助人工心臓に使われている費用を当てれば賄える規模。今後、最大で年間300例ほどが恩恵を受けるのでは」と見る。

★透析医療にかかる経費は2兆円を超えるが、そうした規模に高まることはないとの考え。

★「国内では認定組織で治療が行われる。「J-MACS」という枠組みで全例登録もされる。60歳以上に対して闇雲に補助人工心臓が適用されることはない」と許氏は説明する。

■原因から改善する!

■心不全にも必ず原因はある!

■ヒトの体は、過剰なストレスを長期間受け続けることで、右側の骨盤が大きく歪む。また、同時に交感神経の過剰反応により解糖後に乳酸が大量に発生し、肝臓での解毒能力を上回ることで急激に強酸性の体液になり、白血球の活動は抑制され、自己免疫力は低下する。

■さらには、歪んだ骨盤をかばい「横向き」になって寝る習慣ができる。

■そのため、下側の鎖骨が歪み、鎖骨の下を走行する「鎖骨下動脈や静脈」が圧迫される。

■その結果として、心臓から打ち出された大量の血液は、流れ出ることができず、一部は心臓に逆流する。

■それが左心室の心臓肥大の原因であり、心臓を養う環状動脈の血栓となって、進行することで心筋の代謝が障害され、心不全に至るのである。

■これが大沼理論の一部であり、国際的にもこのような研究は皆無である。

■そのため、予防はできず心不全の状態までわからないケースが多発し、今回の人口心臓の問題が浮上した。

■インフルエンザのワクチン・眼科医の「めがね」・耳鼻科の「補聴器」などと同様に医学会は「対症療法」の専門医ばかりで、今後「人口心臓」が簡単に移植できる時代になったということである。

■問題は、多くの医者は、病気の原因を考えず、対症療法のみを開発し、それを保険お適応とさせることである。

■それも近年の研究は全て「高額医療」ばかりである。

■これから少子高齢化になる日本経済を考慮すると、人口心臓に依存する前に、病気の原因を研究し、「予防医学情報」をNHKとリンクして流すなど、安上がりの方法を選択するべきである。

■病気の原因は、体を「丸ごと診る」ことができれば民間でもできる容易なことである。

■ゆえに、日本の将来を考えるならば、人口心臓の前に、予防医学を指導するべきなのである。

■また、すでに発症した場合でも、初期には食事療法や酵素療法などで血栓を溶かすことができるので、あわせて鎖骨の歪みを改善し、大血管の圧迫を取り除くために柔軟運動を行うことである。

■とくに重要なことは「鎖骨と胸骨の関節」である胸鎖関節の癒着を早く改善することであるが、これには地道な経験が必要である。

■ゆえに、賢い国民は予防医学を学んでいるのです。

*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ






スポンサーサイト

★再生不良性貧血・医療の過ち!

★再生不良性貧血・医療の過ち!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★再生不良性貧血とは血液中の白血球、赤血球、血小板のすべてが減少する疾患のことで、この状態を汎血球減少症と呼び、 また、軽い場合は、貧血と血小板減少だけで、白血球数はほぼ正常に保たれていることもある。

白血球には好中球、リンパ球、単球などがあり、再生不良性貧血で減少するのは主に好中球である。

●東京都在住のA・K君18歳の処方箋の内容を調べたところ
①ミコシストカプセル:
②バクタ
③ネオーラル
④プリモボラン
⑤シプロキサン
の5剤が処方されていた。

■処方箋の説明では通常「1剤」のみの治験データーが作成されているため副作用の発生率は「まれに」でるとなっている。

■しかし、現実はこの様に5剤も処方されている。

■5剤一緒に服用する場合と1剤のみ服用する場合ではその副作用の発生率が全く異なり、複数の場合では、相乗的に高くなり、長引くことでほとんどすべての臓器に致命的な障害が作られることは、アメリカで民衆のための医者と呼ばれていた故ロバートメンデルソン・イリノイ州率大学准教授・イリノイ州の医師免許委員会の委員長・全米健康連盟の会長は「医者が患者をだます時」という著書で警鳴を鳴らしていた。

医者が患者をだますとき

ゆえに、患者側の心得として、積極的に「予防医学セミナー」に参加し、正しい知識を得ることが重要で、無知で致命的な障害を得るか、あるいは、危険な医療は止めて安全な代替医療で助かるかその差は「天と地」ほどの差が出るものです。

■それぞれの副作用を薬剤師が使用している専門の辞書で調べてみた。

①ミコシストカプセル:
副作用等:急性腎不全、重篤な腎障害 無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少、白血球減少、貧血、重篤な血液障害間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常、捻髪音、不整脈、心室頻拍、Torsades de Pointes、QT延長、心室細動、房室ブロック、徐脈 、ショック、アナフィラキシー様症状、血管浮腫、顔面浮腫、そう痒、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、黄疸、肝炎、胆汁欝滞性肝炎、肝壊死、肝不全、肝障害、死亡、錯乱、見当識障害、意識障害、痙攣、神経障害、高カリウム血症、偽膜性大腸炎、重篤な大腸炎、発熱、腹痛、頻回の下痢
• 肝機能障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、黄疸、発疹、剥脱性皮膚炎、嘔気、しゃっくり、食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛、口渇、嘔吐、消化不良、鼓腸放屁、頭痛、手指のこわばり、眩暈、傾眠、振戦、BUN上昇、クレアチニン上昇、乏尿、代謝異常、低カリウム血症、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖、好酸球増多、
• 好中球減少、浮腫、発熱、倦怠感、熱感、脱毛、味覚倒錯記載場所:その他の副作用


②バクタ
重大な副作用:再生不良性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血、メトヘモグロビン血症、
• 汎血球減少、無顆粒球症、
• ショック、アナフイラキシー様症状、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、耳鳴り、浮腫、
• 皮膚粘膜眼症候群、急性膵炎、儀膜性大腸炎、血便を伴う重篤な大腸炎、急性腎不全、間質性肺炎、呼吸困難、低血糖発作、めまい、

③ネオーラル
免疫抑制剤:皮膚症状毛包炎、多毛、にきび、発疹消化器症状吐き気、胃のむかつき、上腹部の痛み腎機能低下、尿量減少、むくみ、肝機能低下 疲れやすい、食欲不振、手や白目が黄色くなる 神経症状、けいれん、手足の震え、意識障害、視覚障害その他歯ぐきの腫れ、発熱、息苦しい、鼻咽頭炎(かぜ症状)、口の渇き、出血傾向、めまい、筋肉の痛みやこわばり、脱力感、リンパ節腫脹、呼吸困難、頭痛

④プリモボラン
ホルモン製剤:肝機能障害、嗄声、多毛、ざ瘡、色素沈着、精子減少、精巣機能障害、過敏症、悪心、嘔吐など

⑤シプロキサン
主な副作用:発疹、胃不快感、下痢、嘔気、食欲不振、動悸、脈がとぶ、気が遠くなる、QT延長、心室頻拍、顔面蒼白、冷汗、めまいショック、アナフィラキシー様症状、腹痛、頻回の下痢、血便、大腸炎、筋肉痛、脱力感、赤褐色尿、横紋筋融解症、発熱、せき、呼吸困難、間質性肺炎、空腹感、冷汗、動悸、低血糖など

●つまり再生不良性の貧血の患者に出された薬でさらに重篤な貧血や再生不良性貧血になるという薬が出されていたのです。

●これでは治る病気も治りません。

●また、再生不良性の貧血と診断された方の多くは、骨髄に血液は見つかっておりません。

●健常者の造血は消化器での造血で、骨髄ではないから、再生不良性の貧血と診断された方の多くは、骨髄に血液は見つかっていないのです。。

●それを勘違いして骨髄で全く造血がなされていない病気と大きな勘違いをしているのです、

●冗談みたいな本当の話!

●消化器造血については前のブログ「骨髄提供ドナーがC型肝炎発症!」に詳しく書かれています。

★骨髄提供ドナーがC型肝炎発症!

★骨髄提供ドナーがC型肝炎発症!

2011年4月16日 提供:毎日新聞社

骨髄提供:ドナーがC型肝炎発症

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★骨髄移植推進財団(東京都千代田区)は15日、2月上旬に骨髄バンクの仲介で骨髄を提供した30代男性(ドナー)が、提供後に急性C型肝炎を発症したと発表した。

★ドナーは入院中だが、肝機能の数値などを含め症状は改善に向かっているという。

★財団は「現時点では骨髄採取とC型肝炎ウイルス感染の因果関係は不明」とするが、医師らによる調査委員会を設置し、骨髄を採取した病院での院内感染の可能性も含め調査している。

★骨髄移植の過ち!

★骨髄移植はまちがっている!

造血臓器の推移


★ヒトの血液は消化器で造血されていることが明らかになっているからだ!

★小腸の絨毛細胞で食べ物が消化され「モネラ」から造血されて
いる!

★魚類も、鳥類も、両性類も、哺乳類もすべて最初の造血は「卵黄の膜」で造血されている!

★ヒトの場合の第二造血は胎盤絨毛細胞で行われている!

★ゆえに、母体と胎児の血液型は胎盤を境に異なっている!

★ヒトの第三造血は小腸の絨毛細胞で、食べ物から造血されている!

★小腸でつくられた血液は「門脈」を通り肝臓に貯蔵されている!

★肝臓に貯蔵された血液は、肺で酸素と結合し赤くなり、心臓の左心室から動脈血として全身に送りだされている!

★ゆえに、骨盤や大腿骨などの大きな骨でも動脈の数が静脈よりもはるかに多い!

★骨髄で造血されているとしたら静脈のほうが多くならなければならない!

★パラリンピックに出場する多くの選手は片足がないか両足がない選手もいる!

★しかし、それでも貧血の選手はいない!

★ところが、どんな選手でもおなかを壊したり、3日間も食事を取らなければ必ず貧血になる!

★ゆえに、骨髄移植は間違っているのである!

★現実、急性リンパ性白血病で骨髄移植を2回も受けて再発し、西洋医学に疑問を持ち、当研究所にきてから体質改善を行い、すっかり安定しているヒトもいる!

★偶然ではなく、毎日安全な食べ物を良くかんで食べて消化が安定して消化器で造血できるようになったからである!

★大切なことは病気にならないように毎日の生活の中で予防することである!

★骨盤に歪みがなく、脊髄神経が安定して通るという条件が満たされることで再発は免れているのである!

★事実は事実で論より証拠であり、学問よりも正しいのである!

★したがって、骨髄造血も骨髄移植も間違っている!

★消化器造血など詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

★予防医学セミナーでは医学部でも学ばれていない病気の原因や体質改善の方法を学ぶことができます!

★予防医学セミナーでは、体質改善を学び「予防医学士」となって、病気にならないヒトを増やすことで社会に貢献しています!

★国民が健康に目覚めて、医療費を半減し、毎年15兆円ほど浮いた予算で地球環境の保全や近未来のエネルギーの開発などに当てる運動を展開しています1

★ぜひ参加して頂、希望のある社会の創設に協力してください!

★西洋医学に限界を感じ、他の安全な代替医療を選択したいと言う方も予防医学セミナーにご参加ください!

*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

★神の手福島に1億円損賠求め提訴!

★「神の手」福島医師に1億円損賠求め提訴!

★ 手術ミスで1億円損賠求め提訴!


※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


2011年4月14日 提供:読売新聞

★大阪府内の病院で脳腫瘍の摘出手術を受け、約10か月後に死亡した兵庫県姫路市の女性(当時37歳)の遺族が、「切除部位を間違い、正常な細胞を摘出したのが死亡につながった」として、手術を執刀した福島孝徳医師(68)と病院に約1億円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。

★福島医師は米国を拠点に医療活動を行い、国内外で数多くの手術に成功。「神の手を持つ男」としてテレビ番組などでも取り上げられている。

★13日の第1回口頭弁論では手術ミスを認めたが、死亡との因果関係については争う方針を示した。

******** 手術で病気は治せない ******

■医者も知らない「脳腫瘍」の原因について!

■脳腫瘍に限らず腫瘍ができる原因はある!

■その原因とは過剰なストレスとの関わりである!

■人の体は過剰なストレスを受けることで三大障害を受ける!

①第一に、血液が汚れ自己免疫が低下すること!

②第二に、右の骨盤から歪み中枢神経や血管やリンパ管が圧迫され代謝が悪くなり、病変組織を除去できず、腫瘍の材料が滞留する!

③第三に、鎖骨が歪み呼吸が浅くなることから低酸素状態で高二酸化炭素状態になり、嫌気性菌が増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生する事から動脈硬化や腺がんが発症する!

■これが大沼理論であり、過去30年間で近未来の医療と言われている重粒子腺療法や陽子線療法でも対象外となるような末期がんや巨大な腫瘍でも完全に消えるケースが増えている!

■ただし、それらの事例は、早期発見、早期安全な代替医療として大沼理論を第一選択した場合という事である!

■しかし、現実は、大病院でさんざん切ったり貼ったり抗がん剤や抗生剤やステロイド剤などで自己免疫力をとことんたたかれたり、どうにもならなくなってから来られる方の方が多い!

■そんな方でも回復に向かうが、自己免疫力が回復するまでに半年から1年以上余分に時間がかかることになる!

■中には致死量が入り間に合わないケースもある!

■特に大人の白血病は、何年も飲み続けている”血圧降下剤”などの副作用が原因となり、重篤な貧血に至り、無駄な死を招くことにもなりかねない!

■多くの医者は飲めば安心と言うがとんでもないことである!

■こんな治療にも保険が利くから厄介だ!

■国民健康保険とは名ばかりで、「国民皆病気保障保険」というべきである!

■日本の保険医療は手術や化学療法や放射腺治療など特別危険なことにしか利用されておらず、欧米のように、安全な代替医療には利用できていないのである!

■また、賢いヒトは自分で健康管理をして病気にならないでいるから生涯保険は利用できない!

■自然医学総合研究所の長年の研究によれば、病名など関係なく、生活習慣など間違った生き方をした結果病気になっているのだから、生活習慣から改善することで体は蘇るのである!

■つまり、早期発見・早期三大障害の改善を選択することで命は守られるのである!

■その点、骨髄移植や臓器移植にも問題がある!

■どんな病気にも必ず原因があるからだ!

■病気は原因から改善するべきである!

■その点、西洋医学は100年前から考え方が進化していない!

■腫瘍が見つかれば切除する、ウイルスが見つかれば、宮崎県の口蹄疫のように殺すだけ!

■40年も前から免疫に関して研究され、様々な成果が出ているが、現実、医療の現場では「自己免疫細胞移植」として応用され、患者のリンパ球を取り出し、体外で培養し、活性化して点滴で戻す方法として応用されている!

■しかし、その成果はいまいちである!

■何度受けても良好な結果が得られていないケースが多発しているのである!

■つまり、何度移植を繰り返しても病気ができた三大障害はそのまま残り、一時的に良くなっても半年も過ぎればまた再発することになり、延々とこれを繰り返すことになっている!

■残念なことに、これが現在最も進んだ免疫療法と思われている!

■しかし、自然医学総合研究所は代替医療の中で、自己治癒力を生かし、どんな病気にも応用できる方法を確立している!

■大切なことは、なぜ病気になったのか、なぜ脳腫瘍ができたのか、なぜ肺がんになったのか、なぜ乳がんになったのかと言うように、その原因を追求して日々明るく正しい生活を実践することにある!

■それも喜んで選択することが成功率を高めることになる!

■喜ぶという心境になることで、心配やら不安やら余分なエネルギーを無駄に消耗しなくても良くなるからである!

■喜ぶ生活は、感謝する心を育て、幸せを呼び、幸せな生き方から”計画節電”のように体内に限りあるエネルギーを効率よく働かせ、病変組織を除去し、さらに新生の細胞に入れ替えるために有効に使うことができるからである!

■成功は失敗から学ぶこと!

■病状は病気ではない!

■病状とは、病的生活習慣を見直すために出た危険信号なのである!

■病気になって気がつくこと、病気になってから学ぶこと、病気になってから本当の生き方とめぐり合う事で大成功することなど多くの学びのヒントがある!

■”転ばぬ先の杖”とはこのことであり、急ぎすぎて判断を誤っては命がいくつあっても追いつかないことになる!

■人の病気は特別不自然な生活習慣の中から生まれてくるものである!

■ゆえに、病気を治すのは医者ではなく、病気をつくった患者本人が参加して学び、自然に目覚めた生き方を継続することが肝心なのである!

■西洋医学に限界を感じ、他の安全な代替医療を選択したいと言う方は予防医学セミナーにご参加ください!


*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

健康サミット in NAGOYA Vol 2

■健康サミット in NAGOYA Vol 2


■11日名古屋市公会堂にて健康サミット in NAGOYA が開催されました!

★11日は公会堂へ少し早くついたのでスタッフの斉藤君と恒川くんと一緒に花見を楽しむことができました!

★桜の木の下では、花よりダンゴ大会が所狭しと盛り上がっていました。

★※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。


人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


健康サミットin  NAGOYA.doc vl1

■セミナーに参加できなかった方は、DVDを購入してごらんください!

★DVDの購入は名古屋本部まで!

★健康サミットin NAGOYA DVD2枚組み3150円

★TEL:052-801-7063

★Email:info@nrt.ne.jp

*******予防医学セミナー *******
■5月の東京予防医学セミナーはお休みいたします。

■5月の名古屋セミナーは第三日曜日の15日の会場が取れたため22日ではなく15日に変更いたしました。

■5月15日(日) ”名古屋予防学セミナー” は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち 3F 会議室 4

午前9時30分開場 午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

1F フイットネス ②

■事前参加申込先

席数には限度がございますので事前参加申し込みをしてください。

■HPからのお申し込みは
トップページの左サイドバー内のセミナー申込みボタンよりお申し込みください。

■FAXでのお申し込みは
 ご住所お名前、年齢、相談内容をご記入の上FAXでお申し込みください
 FAX  052-801-7303

■電話でのお問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
    
■イーメールでのご相談は info@nrt.ne.jp へ

続きを読む

★健康サミット in NAGOYA Vol 2

■健康サミット in NAGOYA Vol 2

■11日 名古屋市公開堂にて 健康サミット in NAGOYAが開催されました!

■末期肺腺がんを完全に治した丸岡さんは、肺がん以外にも高血圧症や不整脈や切れ痔や脱肛まで治ったと報告され、とても81歳とは思えないほど元気そのものでした。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

”医学ランキングの順位”はこちらで確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


健康サミットin  NAGOYA.doc vl2jpg

続きを読む

★薬を止めると元気になる!

★薬を止めると元気になる!

★アメリカ議会調査報告の真実!

★薬が病を増やしている!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の医学ランキングの順位」が確認できます。

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★無駄な保健医療!

★日本の医師免許では病気を治せない!

★薬事行政の罠!

★医者に病気は治せない!

★自分の病気は自分で治せ!

★自分の命は自分で守れ!

★自然療法で医療費半減できる!

アメリカでは西洋医学の医師による医療行為が原因となる「医原病」や医療システムによって、毎年78万3936人の米国市民が死亡していると言われております。

つまり、医療(西洋医学)との関わりが原因で死亡する米国人は毎年78万3936人もいるということです。

(アメリカ議会調査報告)
そこでアメリカの三大死因疾患について調べてみたところ以下の通りでした。

①位は医療死で78万3936人
②位は心疾患死で69万9697人、
③位は癌死で55万3251人ということでした。

①位の医療死の内訳を調べてみると以下の通りになっております。

①外来患者:19万9千人
②褥瘡:11万5千人
③栄養不良:10万8800人
④薬の副作用:10万6千人
⑤医療ミス:9万8千人
⑥感染:8万8千人
⑦不要な処置:3万7136人
⑧手術関連:3万2千人
◎合計:78万3936人
という、結果でしたが、明治以降、西洋医療を丸ごとコピーしてきた日本人にとっては、ショッキングな結果です。

そこで、日本の状況を把握するために、全国の100施設の病院から出された処方箋を調査した結果、一部の個人病院を除き、重篤な副作用を削除したものが多いことがわかりました。

つまり、日本の場合、処方箋に正しい副作用が記載されておらず、いかにも薬が安全であると錯覚しやすい環境ができているため、諸外国に比べて、薬に依存する患者が多くなる事がわかりました。

そのため、日本は他の先進諸国とは異なり、国際的にも異常なまでに薬を消耗し、患者が依然と増えているのです。

その様なことから、正しい薬の副作用を知って頂くために、薬剤師が使用している「南江堂:今日の治療薬」を参照し、実際の処方箋に基づいて薬の副作用を調べてみました。

アメリカでは民衆のための医者 として親しまれ、シカゴ大学医学部・医学博士 •マイケル・リース病院院長 としてつとめイリノイ州立大学医学部準教授 としてまた、“イリノイ州医師免許委員会委員長” として活躍されていた故ロバート・メンデルソン博士は「医者が患者をだますとき」という著書のなかで、多剤併用療法の組み合わせによる副作用 についてその危険性に警鐘を鳴らしています。

その一例をあげると、(A)という薬は1回の服用で臓器Aに2~3%臓器Bに2%臓器Cに6%の可能性 (B)という薬は臓器Dに 3%、臓器Eに10%の確率で副作用が認められたとすると全ての臓器で100%を超えるというものでした。

しかし、私達が実際に病院で医師から指導を受ける場合は、複合的な薬の副作用ではなく、”単品の副作用”であることに気をつけなくてはならないのですが、製薬会社から出される薬の副作用はあくまでも”単品を使用した場合”ということであり、患者は十分にその問題を理解する必要があるのです。

また、ロバート・メンデルソン博士は、一般に”医者は薬の研究を専門的に研究していない”ため、医者の知識に頼ってはいけないというものです。

同様の事は、日本では新潟大学の安保徹教授の「医療が病をつくる」という著書や、「長生きしたければ病院へ行くな」というテーマで書かれた週刊現代の7月号の記事や、慶応義塾大学放射線科講師の近藤誠先生が書かれた、抗がん剤は効かない(文芸春秋、新年号)など、とても少ない情報しかないのが現状です。

尊い人生を健康で長生きしていただくためには、医者の説明をうのみにせず、信頼できる方法で薬の副作用を確認してから服用されることをお勧めいたします。

※日本の医寮費の3分の1は薬代です!

※中でも血圧降下剤は生涯に渡り飲まされ大量に消耗されています!

※血圧降下剤を長年のみ続家手いるだけで肝機能障害や重篤な貧血や 肺炎など様々な病気がつくられます!


※日本は戦後、医者を増やし病院を増やし医療費も増やして着ましたが無知な患者をだましつつ通院させ患者は病気を増やされているのです。

※医者の本音と建前画あることを知り、医者との関わりに十分気をつけたいものです!

※特に血圧硬化剤のカルチナリンには貧血になるばかりか、三大疾患と言われている脳血管障害(脳溢血)のほかに狭心症や心筋梗塞などもつくられているのです。

■■ラシックス:降圧薬の副作用について

■ラシックス:降圧薬、ループ利尿薬の副作用、

重大な副作用:ショック、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、赤芽球ロウ、皮膚粘膜眼症候群、心室性不正脈、間質性肺炎、水泡性類天疱瘡、難聴、

その他の副作用:貧血、低Na,K,Ca血症、発疹、食欲不振、膵炎など

※血圧降下剤で作られる病気を調べてみた!!!

■■カルチナリン2mg、4mg:抗圧薬の副作用

■カルチナリン2mg、4mg:抗圧薬、

重大な副作用:失神、意識喪失、不正脈、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、無顆粒球症、白血球減少、赤血球減少、

その他の副作用:めまい、頭痛、動悸、胸痛、胃部不快感、肝障害、頻尿、浮腫など、

■■ミカルディス40m,20m:抗圧薬の副作用

■ミカルディス40m,20m:抗圧薬、
重大な副作用:血管浮腫、高K血症、腎機能障害、失神、意識喪失、肝機能障害、黄疸、

その他の副作用:頭痛、めまい、低血圧、胸痛、口角炎、嘔吐、嘔気、肝機能異常、BUN上昇、発疹、そう痒、赤血球減少、ほてり、倦怠感、浮腫、筋肉痛などとある。

※血圧が高い、薬の副作用が気になる、安全な方法で治したいとお考えの方は、予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★血圧の盲点!

★血圧の盲点!

★血圧は人間関係が上げる!

★「信頼」低ければ高めに、島根大研究グループが解明

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


2011年4月6日 提供:毎日新聞社

血圧:人間関係が上げる 「信頼」低ければ高めに、島根大研究グループが解明 /島根

 住民同士の信頼感が低い地域ほど高血圧を誘発する?

 そんな結果を、島根大疾病予知予防研究拠点の濱野強専任講師らの研究グループが突き止めた。

ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)と呼ばれる地域社会の人間関係から血圧に与える影響にアプローチしたもので、濱野講師によるとこの手の研究成果は世界でも初めて。

米国の学術誌「アメリカンジャーナルオブハイパーテンション」電子版に掲載された。【細谷拓海】

 調査は08~09年に行い、雲南、出雲両市に住み、特定検診を受けた住民を対象に実施した。インタビュー形式で有効回答を得た335人(平均年齢69・7歳)を、居住地域の郵便番号ごとに30地区に分け、血圧について調べた。

 その中で、地域内で「他人は機会があればあなたを利用すると思うか」という問いに「はい」と答える人の割合と血圧の関係について調べた。

投薬や喫煙など12項目の影響を除いて分析したところ、「はい」と答えた人の割合が1%上がると最大血圧は22・9ミリHg高くなる傾向があった。

調査では、糖尿病の投薬治療▽喫煙習慣▽肥満▽高齢--によって血圧が上がる結果も出ていたが、人間関係も高血圧に影響していることも明らかとなった。

 ソーシャル・キャピタルに詳しい静岡県立大経営情報学部の藤澤由和准教授(医療政策学)は「これまで高血圧対策の主眼は、個々の生活習慣の改善を通して行うものが主流だった。

今後は地域内の人間関係を深めるなど居住地域ごとの対策も加味することで、より効果的な予防が期待できるのではないか」と今回の研究成果を評価している。

***** 交換神経と高血圧 ******
■血圧は環境の変化に応じて常に変化するものである!

■しかし、西洋医学では標準値より高いと高血圧症という病気と診断され、低いと低血圧症という病気と診断され薬漬けにされてしまい、薬の副作用で貧血になり最悪は脳内で貧血になり痴呆症や血液の新陳代謝が狂うことで成人の白血病など致命的な病気が作られます。

■歩くときの血圧と走っている時の血圧でも異なり、冷静なと時と怒った時でも異なっている。

■当然人間関係が良好な場合と悪い場合でも異なる。

■血圧の問題で無視できないのが、「本体性の高血圧症」という病気で、西洋医学の古い教科書では原因がわからず、怖い病気のように扱われ、生涯に渡り「血圧降下剤」を飲むように指導されている。

■しかし、本体性高血圧症の本当の原因は、体の歪みによる「鎖骨下動脈」の圧迫を初めソケイブなどで大血管が圧迫され、血流が悪い状態で、無理をして動くために心臓は血圧をあげて押し出すことで全身に血液をまわしている状態です。

■従って、本体性高血圧症の原因は、血管の圧迫のため、むやみやたらに血圧降圧剤に依存することは、耳や目や脳などの循環障害を早く招くことになり、大変危険な選択と言えるのです。

■日本の医療費は毎年30兆円以上にのぼりその大半は薬代で消耗されていますが、全体の3分の1が血圧降圧剤の費用とも言われて薬の副作用で他の病気が増やされるなど莫大な無駄をつくっているのです。

■これは他の先進諸国の医療とは異なり、医者任せで薬漬け、薬事行政の結果です。

■論より証拠ですが、実際上が180と血圧が高くなり、近所の内科を受信され、20年以上血圧降圧剤を飲んできた方が治らず、当研究所で指導を受けてから半年後にはすっかり安定しているケースもあります。

■薬漬けの医療がどれほど矛盾があるのか副作用を調べてみました。

●一般に服用される降圧剤アムロジンの副作用について

■アムロジン:降圧薬、ペシル酸アムロジピン、劇薬
重大な副作用:肝機能障害、黄疸、血小板減少、白血球減少、房室ブロック、

その他の副作用:ほてり、めまい、ふらつき、動悸、浮腫、嘔気、嘔吐、心 部痛、下痢、軟便、発疹、頭痛、頭重、全身倦怠感、BUN,クレアチニン上昇、眠気、口渇など

●ラシックス:降圧薬の副作用について

■ラシックス:降圧薬、ループ利尿薬の副作用、

重大な副作用:ショック、再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症、赤芽球ロウ、皮膚粘膜眼症候群、心室性不正脈、間質性肺炎、水泡性類天疱瘡、難聴、

その他の副作用:貧血、低Na,K,Ca血症、発疹、食欲不振、膵炎など

●カルチナリン2mg、4mg:抗圧薬の副作用

■カルチナリン2mg、4mg:抗圧薬、
重大な副作用:失神、意識喪失、不正脈、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、無顆粒球症、白血球減少、赤血球減少、

その他の副作用:めまい、頭痛、動悸、胸痛、胃部不快感、肝障害、頻尿、浮腫など、

●ミカルディス40m,20m:抗圧薬の副作用

■ミカルディス40m,20m:抗圧薬、
重大な副作用:血管浮腫、高K血症、腎機能障害、失神、意識喪失、肝機能障害、黄疸、

その他の副作用:頭痛、めまい、低血圧、胸痛、口角炎、嘔吐、嘔気、肝機能異常、BUN上昇、発疹、そう痒、赤血球減少、ほてり、倦怠感、浮腫、筋肉痛などとある。

★また、血圧の高い人は交換神経を使いすぎているため、そのエネルギーを補うために高カロリー食を好む傾向にあります。

★そのため「高脂血症」や「糖尿病」や「胸心症」などを併発しているケースが少なくありませんが、これは、血圧を下げるために処方される「カルチナリン」という薬の副作用には「狭心症や心筋梗塞のほかに無顆粒球症、白血球減少、赤血球減少など「重篤な貧血」や「白血病」などが誘発されることが記載されています。

★カルチナリン1剤でも発症する可能性があるということです。

★ところが現実は1剤の処方などはありえません。

★通常は、血圧降圧剤のほかに抗コレステロール薬や血糖降下剤や利尿剤やステロイド剤などと複数の薬を併用することで、薬の相乗効果が働き、すべての臓器に致命的な副作用が現れることになります。

★これについては”イリノイ州医師免許委員会委員長” として活躍されていた故ロバート・メンデルソン博士は「医者が患者をだますとき」という著書のなかで、多剤併用療法の組み合わせによる副作用 についてその危険性に警鐘を鳴らしています。

★日本の医者の多くは、保健医療という無責任になりやすい環境の中で仕事をしていますので、本心を明かすことはまれな事です。

★国際的には、経験が豊かで活躍されている先生ほど本音を公開していますが、日本では全く反対で、えらい医者ほど建前論ばかり画目立ち、本音を言いません。

★世界の常識と日本の常識があまりにも異なり、この点でも日本の医療は遅れているのです。

■予防医学セミナーでは、医者も知らない病気の原因や治し方を学ぶことができます!

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★抗がん剤は短命剤!

★抗がん剤は短命剤!

★イレッサ訴訟、原告も控訴 

★「全員の一律救済を」

2011年4月7日 提供:共同通信社


※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★抗がん剤は短命剤!

★肺がん治療薬「イレッサ」の副作用をめぐる訴訟で、原告の患者3人の遺族全員が6日、患者2人の遺族についてしか国と輸入販売会社アストラゼネカ(大阪市)の賠償責任を認めなかった東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。国とア社は既に控訴している。

 原告団と弁護団は「原告全体の一律救済を否定した点で、判決を受け入れることはできない」との声明を発表した。

 原告側は計7700万円の損害賠償を求め提訴。3月23日の判決は、イレッサ承認時の「添付文書」で副作用の記載が不十分だったとア社の責任を指摘。

「副作用で死亡の可能性があることを記載するよう指導しなかった」と国の権限不行使も認め、両者に計1760万円の支払いを命じた。

 一方、2002年10月15日に「緊急安全性情報」が出た後に服用を始めた患者1人への賠償責任は否定した。

***** 抗がん剤は短命剤 *******
■訴訟で勝つことは重要です。

■しかし、その前に安全な治療かどうか確かめることが大切です。

■尊い命を失った人は帰らないからです。

■毎年30万人以上ものがん患者がなくなっていますが、その8割は、がんという病気ではなく抗がん剤の副作用から肺炎でなくなっている事を知らない医者はおりません。

■君子危うきに近寄らずといいます。

■抗がん剤には延命効果があるなど、うそで覆われた日本の医者の意見だけに振り回されず、国際的な視野で医療を選択していただきたいものです。

■患者は治ればどんな方法でもいいのですから。


■抗がん剤の治療効果については、アメリカの国立がんセンターの総長の抗がん剤治療ではがんは治せないという内容の発表から多くの医学学部などで追跡をし、最先端の研究結果でも現状の抗がん剤でがんは治せないと報告されています。

■しかし、現実日本の医療現場では毎日抗がん剤は延命剤としてうその説明がおこなわれているのです。

■厚生労働省の役員も抗がん剤は劇薬のため長引く治療で耐性がんができるという認識をしています。

■福島の原発事故に象徴されたように、日本発の情報は操作されていて、あいまいな表現でごまかされる可能性が多々あります。

■ゆえに患者は海外の情報にも耳を傾けてより安全な医療を選択するべきです。

■より安全な医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■がんになりやすい気質や体質の改善など詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは、医者も知らない病気の原因や治し方を学ぶことができます!

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★脱原発を考える!

★脱原発を考える!

★英グラスゴー、オックスフォードシャーで、放射性ヨウ素が検知された。

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★3月29日には、英グラスゴー、オックスフォードシャーで、福島第一原発からきたとされる放射性ヨウ素が検知されている。

★マグニュード9.0の大地震、30mを超えたといわれる大津波、原子力発電所事故の放射能漏れなど、未曾有の大災害に見舞われている日本。

★3月11日の東日本大震災発生から2週間で英グラスゴー、オックスフォードシャーで、福島第一原発からきたとされる放射性ヨウ素が検知されている。

★在日英国人には半径80km以上退避勧告。

★東京─香港間のチャーター便も…。

★チェルノブイリで恐怖を体験している英国は、放射性物質に慎重な対応をとっている。。

★英国では、いちはやく「炉心溶融(メルトダウン)」やどういったことが起こるなどが伝えられていた。

★英外務省は、推定1万7000人といわれる在日英国人に対し、東京および東京以北から退避するよう緊急勧告を出し、英国人に「少なくとも(福島第一原発から)半径80km以上離れる」よう呼びかけた。

★また、東京から香港までのチャーター便を飛ばし、離日を希望する英国人を退避させている。

★これに対し、日本政府からの情報は今ひとつはっきりしない。

★「身体への影響はただちにはない」とあいまいなメッセージを繰り返すばかりだった。

★英メディアは原発事故に対するこのような日本政府の対応や日本から発信される情報に懐疑的な見方を示している。

★原子力発電は表向きはクリーンだが、一度爆発すると国際的な被害が発生する。

★地球の将来のことを考えると「脱原発」を目標として水力や太陽光発電など代替エネルギーの開発に力を入れてほしいものである。

********* 地球は回る *******

■アメリカやイギリスが半径80kmの範囲から退避するように勧告する中で、日本政府は半径30kmの範囲から退避するように勧告している。

■しかし、どちらの勧告も十分ではなかった。

■英グラスゴー、オックスフォードシャーで、福島第一原発からきたとされる放射性ヨウ素が確認された事実から地球の自転と気流の動きを無視はできない。

■すでに、放射線の被害は国際的な問題にまで発展しているのである。

■東日本だけが被爆しているのではないことを原発の推進者は自覚するべきである。

■世界中に撒き散らす放射腺の被害は、東京電力という一企業のの問題ではないのである。

■地球の将来を考えるならば、世界中から原発を廃止し、太陽光発電や水力発電など安全な代替発電に切り替えるべきである。


■地球が一回自転するのにかかる時間は約23時間56分4.06秒となっている。

■ さらに、地球の構造上中心部が液体であること、潮の干満と海底との摩擦により自転速度はだんだん遅くなっている。

地球儀と新幹線


■地球の自転速度は:秒速473mで、分速は26220m
 時速:1573200mですからkmにすると1573km
 ということになります。

 また、地球の公転速度:秒速29.78km です。

 さらに、太陽系が銀河系を公転する速度:秒速220km と言われております。

 銀河系がとなりのアンドロメダ銀河と接近している速度秒速100km ちなみに,新幹線の「のぞみ」は,時速300km,として秒速に直すと,わずか83mですから地球の自転速度は新幹線の6倍くらいの速さで回っていることになります。

■よって、地球を取り巻く気流や海流も早く動くため、半径30kmとか80kmなどでも安全ではないのです。

■それは、地震発生から2週間後に、英グラスゴー、オックスフォードシャーで、福島第一原発からきたとされる放射性ヨウ素が確認された事が実証しているのです。

■同じことがウイルスの感染にも言えるのです。

■また、地震のあとに地球の自転速度が変わったとアメリカのナサが発表しています。

■これまでは、1年で10万分の1秒ずつ遅くなっており、月の公転周期と同期するところまで遅くなって安定すると考えられいました。

■しかし、東日本大震災を引き起こしたマグニチュード(M)9,0の巨大地震によって、地球の自転速度がわずかに増した可能性があるとする解析結果を11日、米航空宇宙局(NASA)の地球物理学者リチャード・グロス博士がまとめた。AP通信が報じた。

■同博士の試算では、地震によってプレート(岩盤)が動き、地球内部の質量分布が変わったことで自転速度が増し、1日の長さが100万分の1・6秒短くなったという。

■グロス博士は、昨年2月に起きたチリ大地震(M8・8)の際にも地軸の傾きが変わり、1日の長さは100万分の1・26秒短くなったと発表。2004年のスマトラ沖地震(M9・0)では、100万分の6・8秒短くなったと分析している。(共同

■がんになりやすい気質や体質の改善など詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは、医者も知らない病気の原因や治し方を学ぶことができます!

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★止まった生理が一度で再開!

★止まった生理が一度で再開!

★体の歪みと生理不順!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】




★名古屋市在住水谷さん(20代女性)

★半年間もなかった生理が、わずか一度の施術で回復した!

★医者も知らない体の歪みと女性の生理!

★一般に整理が不順になると婦人科でホルモン療法を受けることになる!

★しかし、このホルモン療法は一度で治ることはなく、知らず知らずにホルモン剤に依存し、長引くことで、「エストロゲン依存性腫瘍」ができるのである!

★エストロゲンの依存性になると、良性では子宮筋腫ができ、悪性では乳がんや子宮体癌ができることが知られている!

★また、子宮内膜症や子宮腺筋症なども類腫瘍性疾患として発症することもある!

★本来、生殖能力の旺盛な20代に生理が止まること自体重大な問題ですが、これらの疾患も環境汚染や生活習慣の過ちなどにより重篤な貧血や頚部や骨盤の内部での動脈硬化症などを発症しているケースが多く、ホルモン療法には限界があるのです!

■ストレスに弱い女性の骨格!

■女性の骨格はお産のために産道が開きやすくなる様に男性に比べて関節が浅くずれやすい構造をしています!

■左の映像は女性の生殖器と自律神経の関係について記したものです!

■女性の生殖器と自律神経の関係は、骨盤が歪んでも、背骨が歪んでも影響されやすくできています!

■ホルモンは神経だけではなく血液の流れによっても影響を受けるからです!

■従って、賢い患者は、薬を止めて安全な代替療法を選択しているのです!

■生理痛や不妊症で悩ん出いる、また、しぶとい腰痛で苦しんでいるなど西洋医学に限界を感じている方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは、医者も知らない病気の原因や治し方を学ぶことができます!

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★糖尿病重度障害でも治るわけ!

★糖尿病重度障害でも治るわけ!

★予備軍含め女性に急増! 

★糖尿病、 成人5・6人に1人!

★成人の糖尿病患者と予備軍の総人数は2006年時点で約1870万人に上ると推計されることが30日、厚生労働省の「06年国民健康・栄養調査」で分かった。

★初期は食事制限や運動療法で治るが、慢性期になると骨格が歪み、すい臓の支配神経が圧迫され、容易には改善できなくなる!

★そのため、患者の多くは病院でインスリンで血糖値を下げることになる!

★しかし、インスリン製剤(インスリングラルギン)などの血糖降下剤に依存し、長期間使用することで脱力感や倦怠感あるいは高度の空腹感、令汗、顔面蒼白、動機、振戦、頭痛、めまい、眠気、などのほかに知覚異常や不安、興奮、神経過敏、集中力低下などの精神障害のほかに、痙攣や意識障害として意識混濁や昏睡など、患者自身が気がつかない速度で深刻な障害が徐々に進むケースが後を立ちません。

★厄介なことにこの低血糖症は、どろどろと汚れた血液が血管内で詰まりやすく、毛細血管の機能が障害され、その結果として知覚が障害され、ブドウ糖などで一度安定した後でも表面的には安定している様でも進行してゆくことにあります。

★そのため、体液や血液が強酸性化しやすく、血栓や動脈硬化症などが誘発されやすい体質になり、毛細血管がつまり出し、皮膚呼吸ができず、呼吸が浅くなり、首が硬直し次第に網膜はく離など失明やあるいは血流の障害を抱えながら無理な運動を続けることで腎臓や関節の障害を誘発し、腎機能障害から人口透析に追いやられることも少なくありません!

★すい臓の機能が低下する重大な原因は歪んだ骨格ですい臓の支配神経が圧迫されていることにあります。

★したがって、慢性期の糖尿病には化学療法よりも体のゆがみを改善することが望ましいのです!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★しかし、内科医の経済は薬の売り上げで成り立っているため余分な薬まで処方されているケースが少なくありません!

★その費用はなんと、医療経済研究機構の「政府管掌健康保険における医療費等に関する調査研究報告書」によると、糖尿病患者一人当たり医療費は、平均“年間24.7万円(平成15年度:3割負担では7.4万円=月額約6,000円)”と報告されていますが、多くは高血糖症だけではなく高血圧や高脂血症など他の危険因子もあることから複数の薬が処方され、医療費の半額以上を消耗しています。

★薬の副作用は単品で記載されていますが、実際には3剤5剤9剤などと複数が処方され副作用もすべての臓器に影響し、脳溢血など恐ろしい病気の発症率も高くなり亡くなる人も少なくありません!

★異常がある人の10年後の医療費は通常の方の3倍以上かかっている自治体もあります!

★熱心に病院に通い、医者の言い分を鵜呑みにし、薬漬けになる方は、人口透析まで進行させると年間600万万円もの費用を自治体が負担することになります!

★従って、患者も医療に参加し、病気の原因を学習することで体質から改善するべきです!

********女性に多い糖尿病 *****

★男性が880万人、女性は990万人で、5.6人に1人となる計算。

02年の前回調査より250万人(15・4%)の増加で、このうち女性が200万人と大半を占めた。

★同省が糖尿病の患者数の調査を始めた1997年以降、増加の一途にあり、専門家からは「歯止めがかからず、ゆゆしき事態だ」との指摘が出ている。

年代別の人口に占める割合は70歳以上が34・8%(男性35・4%、女性34・3%)と最多で、若い世代ほど少なくなっている。

★厚労省は「高齢化社会が急速に進んでいることが背景にあり、加えて国民の間で運動不足や高カロリーの食生活が広がっていることが大きな要因」(生活習慣病対策室)と分析している。

調査は06年11月、全国の約3600世帯を無作為に抽出。

4296人の血液検査結果や調査票への回答を基に、成人全体の推計値を算出した。

★それによると、血液中のヘモグロビン濃度が6・1%以上で、「糖尿病が強く疑われる人」(患者)が約820万人、濃度が5・6%以上6・1%未満で「糖尿病の可能性を否定できない人」(予備軍)が約1050万人だった。70歳未満の年代別人口に占める割合は、60代29・0%、50代23・0%、40代13・6%、30代4・1%、20代1・1%。2年よりも40代男性が6・2ポイント増えたほか、50代女性が5・5ポイント増、70歳以上の女性も6・0ポイント増となるなど中高年の増加が目立った。

★厚労省が02年まで5年ごとに実施していた「糖尿病実態調査」では、同年時点で糖尿病患者と予備軍の推計人数は計約1620万人。1997年は計約1370万人だった。

▽国民健康・栄養調査

★国民健康・栄養調査 国民の身長・体重や食品の摂取状況、飲酒や喫煙、運動習慣など健康面全般に関する厚生労働省の調査。毎年実施し、生活習慣病対策などの基礎資料としている。対象は全国各地から抽出した3000?4000世帯。1952年に「国民栄養調査」として始まり、健康増進法施行を機に、2003年から現在の名称になった。質問内容は喫煙のように毎年継続調査する項目のほか、社会状況に応じて数年おきに実施する項目がある。


▽糖尿病

★糖尿病 体内ホルモンのインスリンが不足するなどして血液中のブドウ糖の濃度が高くなる病気で遺伝的要因のほか、食べ過ぎや運動不足など、長年の生活習慣が引き金となって発症し、患者数が多いことから「国民病」ともいわれている。高齢者ほど発症リスクが高く、網膜症や腎臓障害などの合併症の危険性もあるといわれています。


すい臓の支配神経


 すい臓の支配神経 T5~9(胸隋:神経の枝) 
          T6~10(胸椎:影響する骨)
 
※T5からL2までは胃の神経や脾臓の神経や肝臓や堪能や腎臓矢副腎の神経が密集し、内蔵機能に大きな影響を与えています。
 


★糖尿病の原因!

★体内ホルモンのインスリンが不足する原因こそ「すい臓の支配神経」が圧迫されてできた病状です。背中が硬直して神経の通りが悪化し、すい臓の機能が低下するため、血液中のブドウ糖の濃度が高くなるのです。つまり、生活習慣病であって決して遺伝性ではないのです。

★直接的な原因は、背中の硬直による「すい臓の支配神経」が圧迫されていることです。すい臓の支配神経は第五胸椎から第九胸椎(写真参照)から分岐しています。特に女性の骨盤は薄く歪みやすい構造をしています。妊娠の後期から出産後も授乳などのため横向きに寝ることが多く骨格は歪みます。出産が2~3人も続くことで確実に背骨が歪んだまま固まり、この状態を「癒着」といいます。

★背骨が歪んで、鎖骨もゆがみます、鎖骨が歪むことで「甲状腺」の循環が悪化します。そのため、糖代謝が悪くなり、甘いものがほしくなるのです。従って薬に依存する前に、背中を柔軟にして、すい臓の神経 を通りやすくすることが重要です。

★また、無理をする人が多く、酸性体質のため白血球の動きが悪く、背骨が癒着しているケースがほとんどです。従って、食事療法や運動療法だけで改善できない重篤の場合は必ず「すい臓の神経の分岐している部分に癒着がある」はずです。

★そのため、内科に10年以上も通院して薬漬けになっていても原因は改善されず悪化するばかりという人が多いのです。。

★しかし、血液を浄化し、歪みを改善することで、人口透析と診断された方も救われています。

■糖尿病奈や高血圧症や高コレステロールなどで心配な方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp



最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。