大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★すい臓がんでも怖くない!

★すい臓がんでも怖くない!

★論より証拠、末期すい臓がんからの生還者もいる!

★自然療法は原因から改善し、日々進化している!

※下の”ブログランキング”をクリックしますと「NRT通信の順位」が確認できます。

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】




******** 一般医療ニュース ********

★臓器移植・同型でも拒絶反応!

★昨年12月の手術、香川大医学部付属病院で

★50代女性患者、急性の拒絶反応で臓器摘出

2011年3月30日 提供:毎日新聞社

すい臓と腎臓


脳死移植:昨年12月手術の50代女性患者、急性の拒絶反応で臓器摘出 /香川

 昨年12月に香川大医学部付属病院(三木町池戸)であった県内初の脳死移植で、同病院は29日、急性の拒絶反応のため移植したすい臓と腎臓を患者から摘出したと発表した。

高知県の50代女性患者は、入院前の状態に戻り、25日に退院した。

 同病院によると、昨年12月18、19日、すい臓と腎臓を移植。経過は良好で、1月6日の生体検査でも拒絶反応は見られなかった。

 しかしその後、高熱や尿の量の減少など拒絶反応の症状が出たため、同27日に生体検査をしたところ、血管の内皮細胞に抗体ができ、臓器に血液が流れなくなる抗体関連型の拒絶反応が起こっていることがわかった。

先月1日、開腹し、すい臓を見たところ、炎症と壊死している部分があったため摘出。同7日に腎臓も摘出した。

 同型の拒絶反応は、同病院のこれまで75例ほどの腎移植で1例しかない、まれな症例。

 執刀医は「せっかくの臓器をうまく利用できず残念だが、判断が遅れると、取り返しのつかないことになる」と苦しい胸の内を明かした。

****** 想定外の拒絶反応 *******
■香川県で初めて行われた脳死移植で同型にも関わらず移植後に想定外の拒絶反応が出現し、移植した臓器を取り出したということである。

■これはこのたび東北で起きた巨大地震で破壊された福島の原発と同様「想定外」のことでは済まされない問題であると思う。

■原発も臓器移植も危険を伴うことには変わりません。

■共にいえることは考え方が甘いということにつきるのです。

■戦後日本の経済は急激に伸びたが、その背景には無駄な電力が大量に使われてきたのです。

■その無駄を省こうとせず、電力が不足するとして原子力発電に移行してきたのです。

■原始力での発電はクリーンなイメージで洗脳し、世界中で使用されるようになりました。

■しかし、今回の地震でその読みの甘さが露呈されたのです。

■戦後、わが国では、同じことが医療の中でも行われてきたのです。

■それが、原因を追求せず、とりあえず対症療法で対応する医療を中心として、病気を治さず、患者に負担を与える医療が世界中を支配しているのです。

■今回の臓器移植の同型における想定外の拒絶反応も同様です。

■問題は、同型であっても他人の臓器には違いなく、移植を受けた患者の血液が正常に働くことで、移植した臓器を非自己の臓器wと認識し、攻撃したと考えられるのです。

■しかし,拒絶反応とはいえ、白血球の立場から言えば極当然のことなのです。

■白血球の仕事のひとつに両親から受け継いだ遺伝子情報に元づき、体内パトロールすることで、ウイルスに感染した細胞の発見から攻撃をおこないます。

■また、寿命の尽きた細胞も非自己とみなし攻撃して排除する昨日を所有しています。

■よって、香川大医学部付属病院で行われた臓器移植で移植された臓器にたいして拒絶反応が起きたという事実から、組織が古いものであった可能性も否めません。

■ゆえに、同型の移植だからと言っても絶対ではないのです。


■大切なことは、自らの臓器を大切に使用することです。

■特に、すい臓や腎臓に負担をかけるのは早口で大食いすることです。

■また、動物性脂肪や蛋白質の多い食事、アルコールの過剰摂取、喫煙が膵臓がんを引き起こす可能性を高くしています。

■急性膵炎、慢性膵炎、糖尿病などすい臓疾患のある方は、すい臓疾患のない方に比べて、膵臓がんの発症率が高くなる事も知られています。


■また、夜更かしという生活習慣も血液を汚すことになり大変危険です。

■しかし、生活習慣を見直しし、体質改善をすることで末期すい臓がんや人口透析からの生還された方もおります。

■すい臓や腎臓の病気で困っていると言う方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは、あらゆる病気の原因と体質改善について学ぶことができます。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp






スポンサーサイト

■花粉症の治し方!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

■花粉症の治し方!

■花粉症とは
花粉症とはスギやヒノキやサワラなどの樹木の他に、カモガヤ、オオアワガエリ、ナガハクサなどのイネ科の植物、ブタクサやヨモギ、カナムグラなどの雑草類の花粉が原因となり毎年同じ時期に代表的な症状として鼻づまりや鼻汁や鼻アレルギーやくしゃみや咳のどのかゆきなどを発症する疾患です。

また、目の症状では、涙が止まらない、かゆみが出るなどがあり、皮膚にもかゆみが出たり、炎症を起こしたりするケースもあります。

鼻が詰まりやすいことから口呼吸が多くなり、その為に花粉症の時期になると喉を痛めることになるのです。また、花粉症やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって出る鼻水が、鼻の後ろから喉に流れ込みその刺激で咳が出るようになります。

また、花粉症から後鼻漏となる方もいるようです。
後鼻漏とは病気の名前ではなく、鼻の様々な疾患によって起こった状態のことを指します。

鼻と瞑想神経


■医者も知らない花粉症の原因!

実際に花粉症で悩まされている方の体を調べてみると、例外なく右側の骨盤が上に前にねじれ、また、背中は異常に張って、肩は硬直し、首を支えている層坊筋や胸鎖乳突筋という首の両サイドにある首スジが針金の様に硬直し、鎖骨と胸骨でつくる胸鎖関節も大きく歪んでいます。

そのため、心臓から出て全身に血液を送り出している鎖骨下動脈という大血管や静脈やリンパ管や神経が鎖骨とその下にある第一肋骨の間が狭くなり圧迫されています。

花粉症で鼻が詰まる原因は、医学的に解明されていませんが、実は首の両サイドを通って鎖骨下を経由し、内臓にリラキシンというホルモンを伝達している「迷走神経」が圧迫されることにより鼻粘膜の代謝が悪化することで炎症をおこしていることが私の研究で明かにされています。

この迷走神経が不調になることで、交感神経が優位に働き、血流が悪化するため粘膜が萎縮しリンパの流れも悪く、いつまでも改善できないケースがほとんどなのです。

さらに、過剰なストレスを受けやすく、骨盤の歪みから小腸や大腸の働きも悪く、食べたものを消化できず腸内で腐敗しているのです。

このため、カンジダ菌やブドウ球菌が増殖し、鼻粘膜がただれてかゆみを伴うことがあるのです。

ゆえに、鼻アレルギーは全身病といえるのであり、すべての原因に対してトータル的なケアを選択することが重要なのであり、各科事に分かれて対症療法を繰り返す耳鼻科では限界があるのです。

同じことは、皮膚科で行っているアトピー性皮膚炎の治療にもいえるのです。

■従って、医者が不足しているとしてどれだけ医者を増やしても、救急以外では、薬の副作用のためさらに体質を悪化させ、患者を増やすことになるばかりで、患者を減らすことにはならないのです。


■鼻炎を防ぎたい、アレルギー体質を改善したい、健康で長生きしたい、病気の原因や治し方を学びたいと言う方は予防医学セミナーにご参加ください!

■血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

■西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★末期肺腺がんからの生還!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★末期肺腺がんからの生還!

★論より証拠!


肺がん


左上の画像は肺腺がんが両側の肺にできて余命半年と診断されたときのもの。

下の画像は、抗がん剤治療をすべて断り、当研究所にて総合免疫療法を約1年間受けた後の画像。

4箇所あったがんがすべて消えていた。

★患者は今も再発の心配もなく元気に暮らしています。

★論より証拠として4月11日に名古屋市公開堂で行われる「健康サミットIN NAGOYA」で自身の体験をお話する予定です。

★自己治癒治癒力は医者より完全に治したという国際的にも珍しい事例を確認できるチャンスです!

★百聞は一見にしかずと言います。

★進化した代替医療でどれほどの病気が改善できるのか、この機会にぜひ自分の目で確かめていただきたいものです!

■どんな病気ににも必ず原因はあるものです!

■よって、医者に命を預けるだけではなく、あきらめず患者自身が医療に積極的に参加し、病気の原因を解明してゆくことが重要です!

■食べ物を見直し、酵素の働きを高めることで血栓は溶けますので、さらに、体温を向上させて、骨盤運動など柔軟運動を行うことで血流は改善される!

■血栓を防ぎたい、健康で長生きしたい、病気の原因や治し方を学びたいと言う方は予防医学セミナーにご参加ください!

■血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

■西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★人口透析からの生還!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★人口透析からの生還!

★酵素療法と温熱療法と体の歪みを改善することで、血管や神経y特にリンパ管の圧迫を取り除くことで血栓体質が改善され、人口透析から生還されるケースもある!!!

★常識を変えれば病気を治すことも不可能なことではない!!!

************ 医療事故は止まらない **********

★透析患者の動脈損傷!!!

★岐阜県総合医療センターで

★岐阜県総合医療センターで血液透析患者の動脈傷つける!

2011年3月17日 提供:毎日新聞社

 県総合医療センター(岐阜市野一色)は16日、血液透析中の男性患者の動脈に誤って傷をつけ、処置が遅れる医療事故があったと発表した。

男性とは昨年末、名古屋簡裁で調停が成立した。

 死亡事故など重大な事故は個別に公表し、それ以外を年1回公表している。今回の対象は1件だけだった。

 センターによると、02年7月、人工透析を受けていた当時20歳代の男性患者の左腕の静脈に主治医の腎臓科医師(当時40歳代)が針を刺す際、誤って動脈を傷つけ、血液のかたまりを発生させた。

血腫は9月に手術で取り除いたが、処置が遅れたため知覚異常やしびれが残ったという。

患者は後遺障害12級に認定された。

10年3月に患者から名古屋簡裁に調停の申し立てがあり、12月に損害賠償金1200万円の支払いなどで調停が成立した。

******* 腎機能障害の原因について *******
■腎機能だけではなく、心臓など他の臓器の場合にも当てはまることだが臓器が単独に悪化することはありえない!

■それぞれの臓器を動かしている神経は、脳から出て脊椎を通り骨と骨の間を枝別れして各臓器を支配しているため、骨格の歪みの影響を受けない臓器はない!


腎臓の支配神経


■腎臓の場合は10~12胸隋と第一腰隋からと骨盤の後方にある仙骨という骨の中に空いている仙骨孔という孔を通る「骨盤内臓神経」という神経の働きによってその機能が保たれている!

■ところが、腎臓の支配神経も、過剰なストレスによって骨盤や背骨が歪み、この歪みの影響を受けている!

■よって、毎週3回も通院して人口透析を受けても、失われた腎臓の機能は回復できず、永遠に続けなければならない!

■また、過剰なストレスを受け続けることで大量の糖分が消耗される為、糖分の多い食べ物を欲するようになり、その結果血液が汚れ血栓体質となっている!

■さらには、過剰なストレスによって、血管は萎縮し、凝固した血液が萎縮した腎臓の血管のなかで詰まることになる!

■それでもストレスが治まらず、進行することで、骨格が大きく歪み、寝相が悪化し、横向きで寝るようになると、体の下になっている方の血管やリンパ管が圧迫される!

■人口透析を受けている方の腎臓は交感神経の影響を強く受けるため萎縮し、腎臓の中にある毛細血管も異常に細く硬くなっている!

■そのため、凝固した血液が毛細血管の中で詰まることになり、腎臓の機能が低下する!

■どんな病気ににも必ず原因はあるものです!

■よって、医者に命を預けるだけではなく、あきらめず患者自身が医療に積極的に参加し、病気の原因を解明してゆくことが重要です!

■食べ物を見直し、酵素の働きを高めることで血栓は溶けますので、さらに、体温を向上させて、骨盤運動など柔軟運動を行うことで血流は改善される!

■血栓を防ぎたい、健康で長生きしたい、病気の原因や治し方を学びたいと言う方は予防医学セミナーにご参加ください!

■血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

■西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★医療被曝は原発より怖い!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療被曝は原発より怖い!


CTgazou


★日本は最悪の被爆国家である!

★放射能対策 100ミリ・シーベルト超えると健康に影響するからです。

★このたびの東北地方太平洋沖地震による被害者の方々およびその関係者の方々には心よりお見舞い申し上げます。

★1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

★被爆による被害は、原発の事故ばかりではなく、毎日病院で行われている検査による医療被曝による被害も少なくありません。

★原発の事故は本当に悪夢ですが、医療被曝は、原発の事故とはことなり、体調の悪い患者さんほど頻繁にCT検査を受けるなどにより致命的な被曝量を受けることになりかねません。

2010年2月1日、米国では癌の1.5~2%がCT検査単独によって引き起こされるといわれています。

従って日本では毎年、およそ10万人から13万人のがん患者さんが医療被爆によって発ガンしている可能性がある事になります。

NIH臨床センターの放射線・核医学科は、機器製造業者と共に放射線報告制度を設け、まずCTとPET/CTから報告義務化を開始する。

NIH臨床センター同科に画像機器を卸しているすべての業者には、日常の検査被曝量を電子カルテに記録することができるような手段の提供が義務化される。

また、各患者においても記録され、各自が自身の被曝量を追跡可能となるように義務化される。

これについては、American College of Radiologyおよび北米放射線学会(Radiological Society of North America)の推奨である「患者はX線検査履歴の記録をもつこと」 に則っている。

これらのステップ自体は、低線被曝による国民レベルの癌リスクを正確に評価するには不十分ではあるが、この決定を実現してデータ収集に踏み出すことは不可欠である。

何百万、何千万人の米国民の一人一人が、最終的に長い年月をかけて検査による放射線量を蓄積していくことは必至であり、われわれはすべての放射線画像検査施行施設が放射線関連医療機器製造元に対して同様の放射線量報告制度の義務化を要求することを勧める。

近年の画像診断は医学に革命をもたらした。CT(コンピューター断層撮影)装置は、体のあらゆる部分のきわめて詳細な画像を一瞬にして撮ることができる。

また、放射性医薬品による検査、たとえばPET(陽電子画像診断)や、テクネチウムを用いた心血管負荷試験などによって、医師は細胞や組織内部の働きを見ることができる。

しかし、CTや放射性医薬品を用いた検査にはマイナス面も伴う。

これらの検査で使用される電離放射線量は胸部X線撮影やマンモグラフィーなどの標準的なX線検査の50~500倍以上である。

専門家らは、このような高線量の放射線が広範囲に照射され、さらにそれらの検査回数が増加することで、一般国民において、低レベルであっても発癌リスク上昇の可能性が著しく拡大しつつあることを懸念している。

職業で認められない被曝量が、医療では認められる?

米国では業務上の被曝は監視されており、実効線量限度は5年間で100ミリシーベルト(mSv)(年間平均20mSvかつ、1年間の上限50mSv)である。

実効線量およびmSv単位は、既知の放射線被曝量から人体における全般的な障害を推測するための概念である。

しかし、画像診断によって被曝したほとんどの患者は、職業被曝のような監視や線量限度による制限がなされていなかったことが、現存のエビデンスによって示唆されている。

The New England Journal of Medicine誌2009年8月号に掲載されたエモリー大学医学部のDr. Reza Fazel氏らの研究では、2005年から2007年にかけて米国の4つの州における952,420人の診療記録を元に、画像診断によって職業安全上問題とされるレベルの線量を被曝したと思われる人数を概算している。

この研究によれば、対象者が3年間で受けた放射線被曝をともなう画像診断数は3万回を超えた。

そして毎年、1,000人中約194人が中線量の放射線(3~20mSv)を被曝しており、1,000人中約19人は高線量(20~50mSv)、1,000人中約2人は非常に高線量(50mSv超)を被曝していた。

この結果から、本研究の著者らは、毎年4万人の米国人が画像診断により20mSvを超える放射線被曝をしていると推測した。・・・


★以上の様に、熱心に検査を受けている患者に限り、異常な放射線量を浴びることになり、重度の貧血が進行し、白血病やがんが誘発されるなど社会問題となっています。

★致命的な状態では、輸血しても解決できない場合がほとんどで、アメリカ議会では、医療とのかかわりで亡くなる方が病死で亡くなる事例よりも多く、アメリカ人の死因の中で最も多いと指摘している議員もいるほどです。

 

一般医療ニュース

放射能対策 100ミリ・シーベルト超えると健康に影響

2011年3月16日 提供:読売新聞

 放射性物質が体に与える影響は種類によって異なるが、一般的な目安として100ミリ・シーベルトを超えると、健康に影響が出る危険性が高まる。

さらに500ミリ・シーベルトでは血液を作る能力が低下し、3000-5000ミリ・シーベルトでは半数の人が死亡するとされている。

 こうした数値と比べると、15日に東京都で測定された0・809マイクロ・シーベルト(マイクロは1000分の1ミリ)や同じく茨城県の5・575マイクロ・シーベルトは、健康に影響はないと言える。

胃のエックス線検診の600マイクロ・シーベルトに比べるとはるかに低い。

 被曝の状態には、皮膚に付着した放射性物質など体外から放射線を浴びる「外部被曝」と、放射性物質を体内に取り込むことで被曝する「内部被曝」がある。

 特に問題となるのが放射性ヨウ素やセシウム、ストロンチウムなどによる内部被曝だ。

放射線影響に関する国連科学委員会の報告によれば、チェルノブイリ原発事故では、ミルクが放射性ヨウ素に汚染されて、当時、子どもだった地域住民の中から5000人以上の甲状腺がんの患者が確認されている。

セシウムは体内から排出されやすいが、筋肉や血液に入ると周辺の骨髄や腸管が障害を受ける。

■被災者の方や関係者の方々には1日も早い完全復興をお祈りいたします。

■従って、欧米では予防のために検査などを受けず、生活習慣を見直しするなど、自分達で病気の原因を学び体質改善を行うなど安全な代替医療を選択しているのです。

■血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

■西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★女性と発ガン!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★女性と発ガン!

★多くの女性は生理及び妊娠・出産・子育てなどのストレスから頭痛や腰痛や生理痛が多く、鎮痛剤を常用し、血液が汚れ、骨格が歪んでいます。

★そのため、横向きになって就寝する習慣が生じます。

★横に向いて寝る習慣のため、鎖骨が歪み、大胸動脈などの血管や液下リンパやセンチネルリンパなどが圧迫されます。

★鎖骨の歪みにより、鎖骨下で分岐する乳房の栄養血管の循環が悪化し、乳房が低酸素状態になり、体液の強酸性化により遺伝子は障害され二酸化炭素の濃度がある一定のレベルを超えることで嫌気性菌が増殖し、二酸化炭素を吸ってカルシウムを産生し、結果として石灰化が進むのです。



乳がん末期



★左上の映像は発症から10年以上たった乳がんの状態です。

★名古屋在住の女性で、発症当時半年で全身に広がると2箇所の病院で即手術するように診断されました。

★しかし、手術しても原因がなくなるわけではないことを知っていた彼女は、すぐに体質を改善したいと相談してきました。

★確認したところ発症している側の鎖骨が大きく歪み乳房の循環障害が著しいことが確認され、すぐに改善することにしました。

★その結果、半年後にも大きさはほとんど変わりませんでした。

★半年で全身に広がると病院で言われたのは「うそ」だったことに気がつき今までの生活に戻りました。

★それから、1年以上たってきた彼女の乳房は上の映像のように大きくなり、皮膚が破れ出血を繰り返していました。

★大きくなった原因を聞くと、乳房に毎日「琵琶葉温灸」をしたとのことでした。

★がんは熱に弱く、暖めると溶けるといわれ、患部のみ温める人が少なくはありません。

★しかし、幹部を温めるだけでは上の画像のように悪化するケースもあるのです。

★その原因は、がん細胞ができる部位は、リンパ管の圧迫による致命的な代謝障害が進行していますから、患部を温めるだけでは、患部のみの血流が盛んになり、患部へ血液が流入してきます。

★しかし、せいぜい1時間で中止しますので、温めた後に幹部は急に冷えてきます。

★患部が冷えると流入してきた血液が冷えて凝固して行きます。

★その結果、肥大するのです。

★がんは全身病ですから患部だけの手当ては危険なのです。

「患部を暖めて肥大する原因は予防医学セミナーで詳しく説明しています」


★そこで、良質な酵素を溶かした溶液を塗り、体全体を暖めてゆがみをとり血流を改善することにしました。

★その結果、3ヶ月ほど経過したところ下の写真のように改善されたのです。

★結局、彼女は、発症から現在までほとんど毎日仕事を休まず元気に働いています。

★残念なことは、あまり食事療法に熱心ではなかったことです。

★もし、彼女がある程度食事療法も実践されていたとしたらとっくに完治しているのではないかと恩います。

★私たちの体にはこの様に医者でも逃げ出したくなるような末期がんでさえ自己治癒力で改善できるようになっているのです。


★血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

★西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

*******予防医学セミナー *******

■次回の4月3日の東京予防医学セミナーは巨大地震の影響を考慮し中止することにいたしました。


■4月24日 名古屋予防学セミナー は通常通り行います。

会場:名古屋市 東区 ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★そううつ病に薬は効かない!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★そううつ病に薬は効かない!

そううつに抗うつ薬は勧められない!

日本うつ病学会発表!

11年3月11日 提供:読売新聞

初の治療指針を公開

 日本うつ病学会は、そう状態とうつ状態を繰り返す「双極性障害」(そううつ病)の初の治療指針をまとめ、10日、ホームページで公開した。

 この病気のうつ状態の時に抗うつ薬を使う医師は少なくないが、「科学的根拠がなく、勧められない」と明記、抗うつ薬の安易な使用を戒めている。

 双極性障害は、100人中1-4人が発症するとされる精神疾患。国内では、この病気でうつ状態になった患者に対し、気分安定薬と抗うつ薬を併用したり、抗うつ薬を単独で使ったりする治療が少なくない。

 しかし指針では、海外の研究で、気分安定薬と抗うつ薬を併用する治療は、気分安定薬だけの治療と比べて、効果に差がなかったことを指摘。

また、抗うつ薬を使うと、感情が不安定になる危険性が高いことなどを挙げ、「抗うつ薬の使用は推奨されない」と明示した。

******** うつ病の原因 *********

■うつ病とは、不安や心配などの心因により、睡眠が障害され、自己コントロールができなくなる状態のことです。

■真因は、第一次反抗期と第二次反抗期を正常に乗り越えることができなかった場合に多く発症し、言いたいことが言えない、やりたいことができない、など自身の言動に常時不満を感じつつ生活しているケースが少なくありません。

■また、長期間に渡る睡眠障害から、体液の強酸性化が進み、自律神経は不安定になり、内蔵機能は低下しています。

■また、体液の強酸性化により自己免疫性の細胞の機能も低下し、老廃物の処理ができず、新陳代謝も低下しています。

■さらに継続することで、過剰なストレスによって全身の骨格が大きく歪み、特に鎖骨や骨盤の歪みにより、血管や神経やリンパ管も圧迫され、頭痛や腹痛や腰痛や関節痛なども発症しています。

■したがって、精神科を熱心に受診し、抗うつ薬に依存しても、不調の原因は解決できず、むしろ化学薬品の副作用から「幻聴が聞こえ、幻覚がみえる」などのほかに、「自殺を企てる」など重大な問題が後をたちません。

■ゆえに、心を強くするために、第三次反抗期を企画し、心のリハビリーテーションを行い、成功させ、また、同時に体に住み着いた血液の汚れや体の歪みを取り除くことが重要です。

■血液が浄化され、自己免疫力が高まり、かつ、体の歪みが改善されることで、遺伝子の修復酵素が働き、新陳代謝が正常に戻ります。

■西洋医学の治療に不安がある、安全な病気の治し方を知りたいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■次回の予防医学セミナーは4月3日東京で行われます。

会場: 新宿西口新宿センタービル39階
シェラバートンセミナー室にて午前10時より行います。

午後は相談会と体験会も行います。

■4月24日 名古屋予防学セミナー 

会場:東区ウイルあいち

午前10時より行います。

午後は体験会と相談会も行います。


******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★多発性骨髄腫の原因について!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★多発性骨髄腫の原因について!

★多発性骨髄腫とは、一般に、診断時にすでに複数の病変を起こしていることから、多発性という病名がついています。

★免疫グロブリン(Ig)という抗体をつくる細胞を形質細胞と呼びます。

★この細胞が体液の強酸化によって悪性化するのですが、白血病のように末梢血中で増加することはまれで、骨髄での増殖が主体であるためこの病名がつけられました。

★骨髄腫は、西欧諸国と比較し、日本では少なく、人口10万人あたりの年間発生率は0.5~1人とされています。

★また、65歳以上の高齢者に多い疾患と言うイメージもあります。

★多くの場合原因は不明と扱われていますが、どんな病気にも必ず原因はあります。

★たとえば、過剰なストレスを受け続け、体液が強酸性化した場合や、体の土台である骨盤が大きく歪み、歪んだ全身の骨格によって血管やリンパ管が圧迫され、老廃物が滞留し、がん化する場合や、医療とのかかわりの中では、放射能、重金属、薬剤などが原因として推定される場合も少なくありません。

★実際に多発性骨髄腫の場合は、足の付け根や首の周りにあるリンパ管が圧迫され、老廃物の処理がうまくできず、その結果として腫瘍ができていると考えられます。

★したがって、体の歪みを改善することは重要ですが、CTなどの定期検査による放射線の被曝を考慮して、検査の回数を減らすことや、薬の副作用を徹底して調べ薬に依存しない様にすることも重要です。

★また、生活習慣を見直しし、無農薬など安全な食材に切り替えることで重金属系の毒物を取り込まない様にすることなど生活習慣の中で改善しなければならないことが沢山あるのです。

★その他、精神的にも前向きで体質を改善すること、また、自己免疫を高めるために、強力な酵素などのサプリメントや体を温めることや軽い運動なども日々の大切な対策です。

★つまり、食べ物を見直し、血液を浄化することと、代謝に不可欠な酵素の活性に必要な体温の調整や、体の歪みを改善することでリンパの流れが改善され、自己免疫力は限りなく高まり、壊れた遺伝子を修復するDNAポリ目ラーゼが働くことで壊れた遺伝子が修復し、元の状態に戻るのです。

★DNAとは生命の設計図と言われ、これはDNAの塩基配列がタンパク質のアミノ酸配列に対応しており、生命現象の大部分はタンパク質が担っているため、「タンパク質の設計図」=「生命の設計図」ともいわれています。

★DNAは、顔や形などの形質を親から子に伝える「形質遺伝」の情報源となって働き、デオキシリボース(五炭糖)とリン酸、塩基 から構成される「核酸」のことです。

★DNAを構成する塩基にはアデニン、グアニン、シトシン、チミンの四種類あり、それぞれA, G, C, Tと略し、水素で結合されていますが、過剰なストレスや過労による体液の強酸性化によって水素結合の部位が破壊され、遺伝子に傷がつくことが知られていますが、その反面、壊れた遺伝子を元に戻す修復の酵素の存在も知られています。

★しかし、修復酵素が正常に働くためには、体液を強酸性から弱アルカリ性へと戻すことが条件です。

******************* 健康サミットIN NAGOYA *****

■4月11日(月)名古屋市公開堂 第7集会室

地下鉄鶴舞線鶴舞駅下車徒歩3分
市バス鶴舞公園前下車3分
JR中央線鶴舞駅下車徒歩2分

時間:13時30分~16時

現代の食生活と生活習慣の乱れに警笛を鳴らすため、3つの団体が1つの目的に向かって力を併せることとなりました。
今回の趣旨は、私達現代人が健康で幸せな生活をおくるべく食生活や生活習慣の指針を、自ら考える手助けとなるよう
何か心に残ったセミナー。そんなセミナーにしたい考えています。
自分や家族自分の廻りの大事な人達のためにも、是非参加して頂きたいと想います。
食と健康と幸せを考える有意義な1日をご一緒に過ごしましょう。

■講師:玄米おむすびの会代表 織田 英嗣
    「免疫力を高める生き方~キーワードは『幸せ』」

■講師:ナチュラルケアセンター院長 大沼 四廊
    自然医学総合研究所所長
    「婦人系がんの盲点~血液の汚れと総合免疫療法~」

■講師:日本・バイオ株式会社 代表取締役社長 鈴木光政
    NPO生活習慣病と予防医学を考える会主宰
    「腸内免疫と正しい食事法で健康になる法」

■受講料:事前予約 1000円 当日参加 1500円
受講料は当日受付でお払い願います

■事前参加申込先

下記にご記入の上FAXでお申し込みください
FAX  052-801-7303
電話お問い合わせは(自然医学総合研究所)
     TEL: 052-801-7063
     Email:shizen@nrt.ne.jp

★前立線がんは骨盤から治せ!!!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★前立線がんは骨盤から治せ!!!


前立腺がん


★上の画像は悪性リンパ性の前立腺がん

★下の画像は総合免疫療法受療後3ヵ月後に追跡した画像

★完全に消えてしまったことが確認された!

★本症例では、悪性リンパ性のため手術はできず、紅顔治療を32回受ける予定であったが、抗がん剤のリスクが大きいため一度も受けずに総合免疫療法を受けた。

★その結果、自己免疫力は順調に高まり、リンパ腫は消え、挙句に体質を改善しているため再発の心配もない!

★論より証拠、手術や抗がん剤や放射線治療などの標準治療を受けなければ8割のがんは治るのです!

******** ストレスで骨盤が歪む *******

★歪んだ骨盤の中で「内腸骨動脈や静脈と共に骨盤内臓を支配する神経や老廃物を処理するリンパ管が圧迫される!

★そのため、前立腺の循環も悪化し、古い細胞が滞留し、腐敗してがん化する!

★従って、病的細胞が残らないように健康管理することが重要である!!!


■前立腺がん悪化の原因特定 遺伝子変異とタンパク質

2011年3月8日 提供:共同通信社

 前立腺がんでホルモン療法が効きにくくなる遺伝子変異と、症状悪化を促しているとみられるタンパク質をマウスの実験で見つけたと、東京大分子細胞生物学研究所の加藤茂明(かとう・しげあき)教授らが7日付米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 京都府立医大、神戸大などとの共同研究。

 前立腺がんの多くには男性ホルモンがかかわり、初期には薬でホルモンの作用を抑える治療法が効くが、やがて効かなくなり治療法が限られる。

今回見つけたタンパク質は人間の前立腺がん細胞にも多くあり、その働きを抑える薬を開発すれば、新しい治療法につながる可能性があるという。

 加藤教授らは、ホルモン療法が効きにくくなった人間の前立腺がん細胞では、細胞表面にある男性ホルモン受容体の遺伝子の特定の場所に変異があることが多いことに注目。

この場所に変異があるマウスを作ると、通常のマウスより前立腺がんが急速に悪化することを確認した。

 また細胞の増殖にかかわるとされる物質との関係を調べ、「Wnt5a」というタンパク質の量が少ないと、遺伝子の変異があっても、がんの進行が遅れることを発見。

加藤教授らは、がん細胞の周囲の細胞がWnt5aを分泌し、増殖を促していると推定した。

******* 遺伝子障害の原因について *****
■なぜ、遺伝子に異常がおこるのであろうか?

■最も重要な病気の原因について知る専門家は少ない!

■がん細胞という限定された細胞の中のみの研究では、肝心な答えを導くことは不可能である!

■昨年の秋に行われた「がんの国際学会」に参加された専門医の先生方は、70%くらいは解明されたが、現時点でがんを治すことはできないと報告していた!

■学者として本音を吐露したのだ!

■世界中の学者は例外なく「がん細胞の中のがん遺伝子」を研究し、突き止めて「抑制する薬」をつくることが目的だからである!

■しかし、残念な事に、50年以上の歳月を経た現在でも同じ状況である!

■ところが、自己治癒力を高める方法でがんが治ったという報告は数え切れないほどある!

■がんの研究については日本よりも30年も進んでいるアメリカでは、20年も前から「標準治療に疑問を持ち」代替医療の研究が行われてきた!

■その結果、アメリカでは、がんばかりではなく、糖尿病や高血圧症やアレルギーまでが減少しているという!

■その点、日本の政策は大変遅れている!

■日本にとって大変不幸な現実は、医師法に更新制度がないことである!

■遺伝子は水素結合によってできており、その結合部は体液の強酸性下では破壊することが知られている!

■しかし、この重要な問題は多くの専門家に軽視されている!

■がん細胞の中には壊れた遺伝子がのこっていて当然である!

■壊れた細胞を研究していても病気を治すことはできないことは周知の事実である!

■病気を治すためには、病気のできる前と後の違いを知る必要がある!

■病気ができる前には元気だったものが病気になることで不調になる!

■どんな病気にも循環が悪い、眠りが浅い、疲れが取れない、消化が悪い、体が冷える、頻回排尿、便通が悪い、体が硬い、などなど必ず前兆がある!

■その背景には、ストレスによる血液の汚れや体の歪みが必ずある!

■そのため、前立腺の代謝が悪化し、古い細胞が残るようになる!

■また、同時に古い細胞を除去するはずの免疫の細胞の働きも悪く、完全に除去できない環境になる!

■その結果、古い細胞の一部がウエルシュ菌が産生する「ニトロソアミン」などの影響を受けてがん化する!

■ゆえに、がんは全身病であり、血液浄化・歪みの改善・腸内細菌の安定など総合的な対応をしなければならない!

■身体のことならどんな相談でも受けつけます!

■くわしくは予防医学セミナーにご参加ください。


★骨盤を正せば子供は生まれる!

人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★骨盤を正せば子供は生まれる!

★不妊症の原因について


妊婦
 
日本では、健常に性行為があって2年間妊娠しない場合を不妊症と定義しています。

最近は不妊症の原因になりやすい低体温が異常に増加し、3組に1組は不妊症といわれている。

 一方で、不妊治療は年々確実に進歩し、少し前まで原因不明と片づけられていたものも原因が解明され、また、体外受精の技術が根づき、治療が受けられる病院・施設も全国に広がっています。

しかし、体外受精だけでは低体温が改善できず何度も流産するなど 重大な問題が解決されないまま行われています。

 不妊症の原因は、これまでの常識では、女性側の体質の問題として偏見されてきました。

しかし、真因を追究すると、男性型の不妊症と女性側の不妊症とさらには男女両者の原因によるものに分けられます。

■具体的には男性側の骨盤の歪みが大きく、精巣などの循環が悪く、精子の数が減少しているだけではなく、前立腺の循環も悪化し、精子が不活性の状態で、卵子の膜を破る能力がなく、受精まで至らない場合が少なくありません。

これを男性型の不妊症と呼びます。

■また、女性側では、低体温や重篤な肩こりなどにより、脳内ホルモンの減少により排卵を誘発する女性ホルモンの働きが悪い場合や、男性型同様に骨盤が大きく歪み、卵巣や子宮の循環が悪く、排卵から着床までのプロセスのどこかに問題がある場合がほとんどです。

40%が女性側、40%が男性側、そして20%が双方によるものといわれて着ましたが、実際に男女の骨盤を詳しく調べてみると、双方に原因がある場合がほとんどです。


[1]排卵因子(排卵障害)
 鎖骨の歪みが大きく、頚部,頭部の循環が悪く、呼吸も睡眠も浅く、間脳、下垂体系の循環障害や卵巣の循環障害のため卵が育たない、育っても排卵できないケース。

[2]頸管因子(精子が子宮内に入る過程での障害)
 頸管は子宮頸部から粘液が分泌され、精子の輸送経路として、また精子の細胞呼吸の培地として重要な役割を果たします。この頸管粘液の産生が骨盤の歪みによって、骨盤内臓全体に血流が悪く、粘液の酸化・量的に障害されているケース。

[3]子宮因子(排卵障害・着床障害)
 骨盤の歪みから、子宮の循環が悪く、子宮内膜症を誘発し、卵巣の内部や周囲に病巣ができたため、卵の発育が妨げられ、排卵が障害されるケース。
骨盤が大きく歪み、骨盤内蔵神経が圧迫され、子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎や癒着などがあるため、あるいは内膜が厚くならないため受精卵が着床できないケース。

[4]卵管因子(受精卵の卵管から子宮への移動の過程での障害)
 精神的に緊張しやすく、副交感神経が詰まりやすく、交感神経が優位な状態で、自律神経が不調な状態から、卵管が萎縮し、狭い、あるいはつまっているための通過障害のあるケース。

[5]男性因子(精子が子宮内に入る過程での障害、受精の障害など)
 鎖骨の歪みにより、頚部,頭部の循環障害により、脳内ホルモンが減少し、間脳、下垂体の機能が低下し手いるケース。
または、骨盤が大きく歪み、骨盤内臓の循環障害と骨盤内臓神経の伝達障害から、精巣の機能が障害され、精子が減少し、正常な精子の産生が障害されているケース。

または緊張症など交感神経の過剰反応など神経系の障害による射精不能のケース。

[6]社会的因子
 勤務過労などの社会的要因により、体液が強酸性化し、受精や受胎の機能が低下し、さらには、受精時に一致して性交をもつことができない場合。

 不妊症の診断は、不妊の原因をつきとめることが中心になります。女性の体は月経周期の中で変化するので、それぞれの時期に合わせて必要な検査が行われます。

■例えば、子宮の形や大きさ、卵管のつまり具合をみる子宮卵管造影検査、通水・通気検査(治療効果もある)、子宮鏡検査などは卵胞期に、頸管粘液検査、ホルモン測定、ヒューナーテストなどは排卵期に、といった具合です。

また、時期に関係なく共通に行われる検査としては、全身状態をみる体重、血圧、血液検査、検尿、内診による子宮頸ガン、体ガン検査、細菌検査、超音波検査などです。

男性が受ける検査としては、血液検査、尿検査、精液検査、精巣検査、ヒューナーテストなどがあります。

■しかし、これまでの検査では「数」の検査が主体のため、内容がわからず、体質の問題は改善されることはありません。

■最大の問題は、一般の産婦人科では、不妊症の一番重大な要素である男女の骨盤や鎖骨の歪みや自律神経や体液の酸化などについては調べておりませんので納得できずに、ホルモンの投与を受けるなどから「腫瘍」ができるなどの致命的な問題が起こる場合も少なくなく、ホルモン療法は国際的にもあまり薦められておりません。

■しかし、日本ではおかまいなしの状態で、薬漬けにされ十分な対応ができていないのが現状です。

■西洋医学の治療に疑問がある、がんや難病を克服したい、子供がほしい、自然妊娠を希望するなどの方がたは「予防医学セミナー」にご参加ください。

■次回の予防医学セミナーは3月13日に名古屋市東区 ウイルあいちにて午前10時より行います。

■名古屋市の河村市長は病人を半減させるために民間の力も活用する「予防医学」を推進しています。


********  お問い合わせ先   *********

The immune-therapy which exceeded medical care!
     自然医学総合研究所  研究機関コード:6401329421
         所長 大沼四廊  研究者番号:40539003
〒468-0002 名古屋市天白区焼山1-101 東山イーストC-202
       TEL: 052-801-7063  FAX: 052-801-7053 
     Email : shizen@nrt.ne.jp  URL: http://www.ner.ne.jp

最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード