大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★日本統合医療学会に採択されて!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本統合医療学会に採択されて!!!

★大13回日本統合医療学会には「病気を治す身体のしくみ」という小論文が採択サレ、ポスター展示を行いました。

★病気を治す身体の仕組みとは自然治癒力を科学的な視野に立ちどのようにして病気が治るのかを書いたものです。

★10年間にわたり、1000人以上の方の血液を画像分析した結果、怪我や骨折が治りやすい人と治りにくい人の血液を画像分析で確認した結果、マクロファージや他の顆粒球の動きに違いがあったことから、病気になって治りにくい人の白血球は動きが悪いことが解りました。

★また、病気にならないひとや治りやすい人の白血球は動きが旺盛で様々な形に変化していることも突き止めました。

★その結果、白血球は動きが旺盛で元気なほど免疫力が高いことが確認さtれ、数だけではなく内容を調べることが重要であることを「血液動態学」として発表し、かつ商標登録をしています。

★白血球は両親から受け継いだ遺伝子の情報に照らし合わせて身体の中をパトロールし、常に外敵や老廃物などを処理しています。

★しかし、病気になる人の白血球は動きが悪く、外敵や老廃物を処理できません。

★そのような状態が長期間継続することで病変組織がつくられるのです。

★また、病変組織がどこにできるのかという問いに対しては医学的には解明されていませんでしたが、過剰なストレスを受けて骨格が歪むことによって血管やリンパ管が圧迫された部位に老廃物が溜まり時間の経過とともに病変組織と化するという考え方が大沼理論の特徴です。

★ゆえに病気を治す手段として、血液を浄化し、自己治癒力を高め、かつ骨格の歪みを改善し、血管やリンパ管の圧迫を改善するこちが重要なのです。

★その結果、マクロファージや顆粒が病変組織を除去する手段として、炎症反応を起こし、ヘリガーゼという酵素の反応を高め、壊れて固まった遺伝子の集合組織としての病変組織を溶かすのです。

★溶けた病変組織を活性型のリンパ球が運び出し左肩の奥で大静脈に捨てるのです。

★この流れが円滑に進み、最終的にリガーゼやポリメラーゼなどの修復酵素が機能することで壊れていた遺伝子が自然修復するのです。

★自然治癒力とはこの様な生理的反応を意識的に強化することで病気を早く安全に治すことができる自然の力なのです。

★従って、治りの悪い人はヘリガーゼや修復酵素などの酵素の働きが悪い人ということでもある訳です。

★ゆえに、何をどのように食べるのかが重要であり、また、食べたものが順調に消化される条件と、リンパ管の圧迫を改善するためにも骨格の歪みを改善することががさらに重要なのです。


★病変組織が酵素の働きで解毒されリンパ球によって運ばれ、リンパ管を通り体外へ排泄されるためには歪んだ骨格を改善することが最重要課題なのです。

★それほど、病変組織と過剰なストレスは深くかかわっているのです。

★しかし、西洋医学では、学会が90以上に分化し、病気別の研究報告しか行われておりません。

★ゆえに病気の原因が不明だったのです。

★欧米では病気は治ればどんな方法でもいいということで統合医療が浸透し、病人が減少しています。

★日本でも一部の先生方が取り入れて大変繁盛しています。

★中には患者さんを増やすためだけに統合医療という看板を掲げている病院もあると報告されています。

★いずれにせよ統合医療の時代はきたようです。

★渥美会長の講演から一部報告いたします。

★渥美会長の講演では、指圧、マッサージ、カイロプラクテック、オステオパシー、リフレクソロジー、生体場治療、タッチ療法などは西洋医学にもあったが最近では迷走とかヨーガとか祈祷療法とか精神療法とか催眠療、イメージ療法とか法芸術療法、音楽療法、ダンス療法、ユーモア療法なども含んだ形で代替相補医療と言い(CAM)というのを形成している。

★西洋医学の最大の敵は癌であり、2015年には75万人が癌になると予測されている。

★病気はいかにして起こるのか、そしてその病気はいかにして治るのかという根本的な問いかけに対して近代西洋医学では必ずしも完全な答えを出してはいない。

★西洋医学では病気を細胞レベルで考えて対応しているのに対して代替医療では細胞外にも目を向けて対応する。

★癌は西洋医学では外科手術、抗ガン剤治療、放射線治療の3大療法で治療し、自然に治らない病気と思われている。きわめてまれにしか起こらないと思われている。

★それに対して伝統医学では多様な方法により、自己治癒力を活性化させ、快癒することもある。

★アジアや欧米では代替医療が広く利用され患者が減少の傾向にある。

★日本でも統合医療が実現することで患者は半減し年間13兆円ほど医療費を削減できる。

★エビデンスを作るために九州大学と東北大学の医学部に統合医療センターを作りパイロットスタデイを行う。

★民主党の山根議員も参加され統合医療に関すて民主党は理解があり、予算を1億から10億円までアップするという報告がありました。

★日本の医療は明治以降日進月歩の勢いで進化してきました。

★しかし、90以上の学会に分かれていることに象徴されているように、病気別の学会になっているため、他の付随する問題には関心を持ちにくい関係になります。

★この状態ではどれだけ医者を増やしても医療の質は向上しない様に思います。

★大切なことは、患者さんの苦痛をいかにして取り除くかという医療の原点に立ち、ヒポクラテスやナイチンゲールの様に自然治癒力を生かした対応が重要なのです。

★自然治癒力について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。


■また、西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト

東大の安田講堂にて学会がありました!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★今日から2日間東大の安田講堂で学会です。

★第13回日本統合医療学会が東大の安田講堂で開かれました。

★大沼理論「病気を治す身体のしくみ」が採択され、短い時間でしたが説明をさせていただきました・。

★この学会では名古屋大会に続いて2回目の採択です。

★今年の学会のテーマは「統合医療の時代来る」

★東洋の知恵と西洋科学の融合が始まってるということでした。


★政権交代により、民主党のマニュフェストに統合医療の推進が挙げられているだけに今年の学会は盛り上がりそうです。

★自然医学総合研究所は「病気を治す身体の仕組み」というテーマでポスター展示に採択されました。

★具体的な内容は重度のアトピー性皮膚炎の自然治癒の症例と散剤性脳脊髄炎で余命1カ月と診断され失明からわずか6カ月後、薬を一切つかわず、自己治癒力だけで治癒した症れを発表しました。

★さらに、病気が治る根拠として「血液動態学」という独自に開発した理論を紹介し、白血球は瞬時に活性化することを証明しました。

★また、病気を治すのは活性型の白血球であることも解明しています。

★これらのことが統合医療学会でも認められる様になったということです。


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★急性リンパ性白血病を乗り越えて①

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★急性リンパ性白血病を乗り越えて①

2回の移植の後再発「急性リンパ性白血病をのりこえた」

Z・Yちゃん11才(東京都)の症例

 元気で元気に走り回っていた5歳のZちゃんに体調の変化が現れたのは平成15 年10月のことです。

 顔色が悪くなり、風邪の症状で薬を服用したが、中々熱が下がらない状態が続き、貧血症状が出始めたことから病因で診察を受け、12月に入り「骨髄検査」を受けたところ「急性リンパ性白血病と診断されました。


血液検査の値は、白血球0.70(基準3.5-8.5)、赤血球2.82(基準約4.3以上)、ヘモグロビン8.4(基準13.5-17.0)、血小板0.8(基準15.0-35.0)〕と、全ての数値が低下していました。

平成15年12月から平成17年4月まで入院し、この間リンパ球の芽球(未成熟リンパ球)を叩く抗がん剤治療を受け、副作用として頭痛、下痢、嘔吐、倦怠感、食欲不振などの症状で苦しみましたが、どうにか乗り越えることができました。

平成17年4月8日に退院して外来治療に切り替わり、学校への登校も始まりました。

血液検査の数値は、白血球2.39、赤血球3.72、ヘモグロビン11.0
血小板25.1と入院時よりは改善されましたが、抗がん剤と免疫抑制、炎症を抑えるステロイドホルモンの治療を受けました。

 抗がん剤の副作用で体力は減少し、ステロイドホルモン「プレドニン」を服用すると、興奮状態になり「泣きじゃくる、笑いじゃくる、機嫌が悪く怒りじゃくると言うような状態になりました。

その様な状態が10日ほど続き、目を離すことが出来ず、当然登校ですることもできなくなり困惑しました。

平成18年4月、1年間続いた治療が、「寛解(白血病の症状が消失したこと)」終了、医師は90%寛解しているので再発はしないでしょうと言う説明に、本人も家族も安堵し、2年と4ヶ月ぶりに薬などの治療から開放されました。

薬の副作用がなくなることで善斗ちゃん本来の快活さが戻り、5月からはサッカーを始め元気に動き始めました。

しかし、喜びもつかの間で寛解したはずだったのに9月のマルク結果は再発となり再入院となりました。

その時点の善斗君の状態は、検査では再発となったがいたって元気であったと言う事ですが、医師の指示通りにするしか方法が分からず、治療に疑問を抱きながらもお願いしました。

血液検査数値は、白血球2.29、赤血球4.92、ヘモグロビン13.1、血小板5.5と白血球と血小板の数値が低下していました。

9月12日より再び寛解まで、強化治療として抗がん剤・・・の治療が始まりました。

 この後どうなるのでしょうか気になるところですが続きは



■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★対症療法から原因療法へ!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★対症療法から原因療法へ!!!

★生体反応を知れば病気の原因が解ります!!!

★私の研究ではがんはすでに得体のしれない病気ではなくなっているのです!!!

★また他の病気にも正体があります!!!

★どんな病気にも必ず原因はあるものです!!!

★病気の原因を考えて見ると、答えが出て来るのです!!!

★私は過去25年間で延べ30万人以上の患者さんと関わってきました!!!

★その結果「病気はすべて全身病」であるということに気がついたのです!!!

★たとえば肋間神経痛で考えてみると、それらのほとんどが第8と第12に現れています!!!

★病院での対応は神経痛ということで痛み止めでの対応です!!!

★ここでの問題は、痛み止めは一時的に痛みを緩和してくれますが痛みの原因を改善しているわけではないということです!!!

★肋間神経痛の原因はストレスによる骨格の歪みに起因しているのですが、歪みの治療は保健医療の対象外となっているため、整形外科学的には研究者も存在せず、研究が大変遅れているのです!!!

★私たちの身体は過剰なストレスを受け続けることで右側の骨盤から歪む構造をしています!!!

★骨盤は身体の土台ですから骨盤の歪みは全身に影響を及ぼすのです!!!

★その結果12個重なっている胸椎も歪むことになります!!!

★具体的には胸椎が蛇行するのです!!!


★胸椎の蛇行が大きくなることで身体はS字状に歪みます!!!

★右側の骨盤がずれて上がり体重は左側にかかります!!!

★進行すると左腰が後ろに引いた様な状態に歪みます!!!

★腰椎は5個、胸椎は12個重なり、一般に腰椎は左から右側へ捻転し、下部胸椎は左側へねじれ、中間の胸椎は右側へ、上部は左へと蛇行し安い構造をしています!!!

★その結果第8胸椎と第12胸椎がはじける様に大きく歪んでねじれ安く、脊髄神経から分岐する神経根が圧迫され激痛を発症し神経痛が発現するのです!!!

★従って、痛み止めで対応しても原因は残るため、薬の成分が切れると再発を繰り返すことになるのです!!!

★ゆえに治療の選択は対症療法ではなく原因を探しあてて原因から改善することが重要なのです!!!

★つまりストレスで歪んだ骨盤の歪みから改善する必要があるということです!!!

★また、解熱鎮痛剤は日本人が最も多く使用している薬ですが、この薬は痛みを和らげると同時に免疫力も抑制し、身体が冷えて硬直します!!!

★抑制された白血球は元気がなくなり食菌する機能が低下し、さらには毛細血管に詰まります!!!

★当然エネルギー代謝に障害がおよび、体力が低下するのです!!!

★近年、若者の体力が低下しているのも、また、若い女性に冷え症が多く、生理不順や生理痛やあるいは不妊症から乳癌にかかるケースが多くみられるのも幼少のころから解熱鎮痛剤に依存する習慣があるからです!!!

★つまり、解熱鎮痛剤の長期間の服用により感染症にかかりやすくなりますし、さらにはリウマチや糖尿病や小児癌や大人の癌体質などを誘発する原因にもなっているのです!!!

★日本人の死亡の第1位が癌死であることは、周知のとおりで、その背景には幼いころから解熱鎮痛剤に依存する傾向にあるという生活習慣の見直しも重要です!!!


★がん体質には免疫の低下のほかにも重大な原因があります!!!

★その重大な原因とは、歪んだ骨格を放置することで骨格が癒着するということです!!!

★とくに肩甲骨の間が癒着することで脾臓の支配神経が圧迫されるからです!!!

★脾臓の支配神経が癒着した骨によって完全に圧迫され、脾臓の機能が低下するのです!!!

★脾臓の機能が低下するということは、古い寿命の尽きた血液を処分できず、身体は老廃物の貯蔵庫のようになるのです!!!

★その老廃物がある一定のレベルでたまった状態で免疫力が低下することで除去できず腫瘍の材料が蓄積されるのです!!!

★これが3mm、5mm、1cmと集合すると、腫瘍として扱われてしまいます!!!

★そして身体のあちらこちらに蓄積するとこれを転移として診断され、悪性腫瘍として抗がん剤治療の対象とされているのです!!!

★癌ができるまでにはいくつもの生活の誤りがあるものです!!!

★陽子線治療のように正確に癌を叩いても、また、抗がん剤できれいに叩いても再発を繰り返すのは、癌細胞の増殖ではなく、背中が張りすぎて脾臓の支配神経が圧迫され、古い血液を処分して体外へ排泄できないという原因があるからです!!!

★さらに鎖骨が歪むことでリンパの主流である胸管と大静脈が圧迫され老廃物の解毒ができないという問題も必ずあります!!!

★疲れやすい、身体がだるい、血色が悪い、呼吸が浅い、睡眠が浅い、消化吸収が悪い、体温が低い、排泄が悪い・・・・・。!!!

★血液が汚れ、自律神経が狂い、免疫力が低下し、血管が委縮し、血流が悪い、例外なくどの病気にも深くかかわっている問題です!!!

★ゆえに病気は全身病なのです!!!!!

★病気の原因について詳しく学びたい方は予防医学セミナーへご参加ください!!!

+++++++++お知らせ+++++++++
■11月23日午前10時より12時まで
  大沼先生の功績を讃える会
  受賞記念講演会
  テーマ:対症療法から原因療法へ

■会場:渋谷区 子供の城ホテル 9F 902号

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-1
TEL 03-3797-5666(代) FAX 03-3797-5676

■定員:50名

■参加費:無料

+++++++祝賀会+++++++

■12時30分より2時30分まで祝賀会

会場:我や 青山店

子供の城ホテルより徒歩3分 青山学院大学横

住所:渋谷区渋谷2-2-5クルスビル1F  
Tel:.03-3498-8810  
定員30~40名 

会費3500円

皆様のお越しをお待ちしております。

■お申し込みは 052-801-7063 か shizen@nrt.ne.jp まで


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★病気を治す身体のしくみ!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★病気を治す身体のしくみ!!!

★身体には病気を治すしくみがある!!!

★対症療法から原因療法へ方向を転換が必要です!!

★また、病状はウイルスや抗原や病変組織から身体を病魚するために出る生体反応です!!!

★従って、生体反応を知れば病気の原因が解ります!!!

★私の研究ではがんはすでに得体のしれない病気ではありません!!!

★また他の病気にも正体が必ずあります!!!

★どんな病気にも必ず原因はあるものです!!!

★病気の原因を考えて見ると、おのずと答えが出て来ます!!!

★私は過去25年間で延べ30万人以上の患者と関わってきました!!!

★その結果「病気はすべて全身病」であるということに気がついたのです!!!

★たとえば肋間神経痛で考えてみると、それらのほとんどが第8と第12に現れています!!!

★病院での対応は神経痛ということで痛み止めでの対応です!!!

★ここでの問題は、痛み止めは一時的に痛みを緩和してくれますが痛みの原因を改善しているわけではないということです!!!

★肋間神経痛の原因はストレスによる骨格の歪みに起因しているのですが、歪みの治療は保健医療の対象外となっているため、整形外科学的には研究者も存在せず、研究が大変遅れているのです!!!

★私たちの身体は過剰なストレスを受け続けることで右側の骨盤から歪む構造をしています!!!

★骨盤は身体の土台ですから骨盤の歪みは全身に影響を及ぼすのです!!!

★その結果12個重なっている胸椎も歪むことになります!!!

★具体的には胸椎が蛇行するのです!!!


★胸椎の蛇行が大きくなることで身体はS字状に歪みます!!!

★右側の骨盤がずれて上がり体重は左側にかかります!!!

★進行すると左腰が後ろに引いた様な状態に歪みます!!!

★腰椎は5個、胸椎は12個重なり、一般に腰椎は左から右側へ捻転し、下部胸椎は左側へねじれ、中間の胸椎は右側へ、上部は左へと蛇行し安い構造をしています!!!

★その結果第8胸椎と第12胸椎がはじける様に大きく歪んでねじれ安く、脊髄神経から分岐する神経根が圧迫され激痛を発症し神経痛が発現するのです!!!

★従って、痛み止めで対応しても原因は残るため、薬の成分が切れると再発を繰り返すことになるのです!!!

★ゆえに治療の選択は対症療法ではなく原因を探しあてて原因から改善することが重要なのです!!!

★つまりストレスで歪んだ骨盤の歪みから改善する必要があるということです!!!

★また、解熱鎮痛剤は日本人が最も多く使用している薬ですが、この薬は痛みを和らげると同時に免疫力も抑制し、身体が冷えて硬直します!!!

★抑制された白血球は元気がなくなり食菌する機能が低下し、さらには毛細血管に詰まります!!!

★当然エネルギー代謝に障害がおよび、体力が低下するのです!!!

★近年、若者の体力が低下しているのも、また、若い女性に冷え症が多く、生理不順や生理痛やあるいは不妊症から乳癌にかかるケースが多くみられるのも幼少のころから解熱鎮痛剤に依存する習慣があるからです!!!

★つまり、解熱鎮痛剤の長期間の服用により感染症にかかりやすくなりますし、さらにはリウマチや糖尿病や小児癌や大人の癌体質などを誘発する原因にもなっているのです!!!

★日本人の死亡の第1位が癌死であることは、周知のとおりで、その背景には幼いころから解熱鎮痛剤に依存する傾向にあるという生活習慣の見直しも重要です!!!


★がん体質には免疫の低下のほかにも重大な原因があります!!!

★その重大な原因とは、歪んだ骨格を放置することで骨格が癒着するということです!!!

★とくに肩甲骨の間が癒着することで脾臓の支配神経が圧迫されるからです!!!

★脾臓の支配神経が癒着した骨によって完全に圧迫され、脾臓の機能が低下するのです!!!

★脾臓の機能が低下するということは、古い寿命の尽きた血液を処分できず、身体は老廃物の貯蔵庫のようになるのです!!!

★その老廃物がある一定のレベルでたまった状態で免疫力が低下することで除去できず腫瘍の材料が蓄積されるのです!!!

★これが3mm、5mm、1cmと集合すると、腫瘍として扱われてしまいます!!!

★そして身体のあちらこちらに蓄積するとこれを転移として診断され、悪性腫瘍として抗がん剤治療の対象とされているのです!!!

★癌ができるまでにはいくつもの生活の誤りがあるものです!!!

★陽子線治療のように正確に癌を叩いても、また、抗がん剤できれいに叩いても再発を繰り返すのは、癌細胞の増殖ではなく、背中が張りすぎて脾臓の支配神経が圧迫され、古い血液を処分して体外へ排泄できないという原因があるからです!!!

★さらに鎖骨が歪むことでリンパの主流である胸管と大静脈が圧迫され老廃物の解毒ができないという問題も必ずあります!!!

★疲れやすい、身体がだるい、血色が悪い、呼吸が浅い、睡眠が浅い、消化吸収が悪い、体温が低い、排泄が悪い・・・・・。!!!

★血液が汚れ、自律神経が狂い、免疫力が低下し、血管が委縮し、血流が悪い、例外なくどの病気にも深くかかわっている問題です!!!

★ゆえに病気は全身病なのです!!!!!

★病気の原因について詳しく学びたい方は予防医学セミナーへご参加ください!!!


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              病気を治す身体の仕組み



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★対症療法から原因療法へ!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★対症療法から原因療法へ!!!

★「陽子線」私はこう考える!!!


★名古屋市立大学大学院准教授 萩野浩幸(放射線医)は建設に賛成であるという!

★中日新聞11月11日朝刊より


★賛成の理由はエックス線より安全であること!

★放射線は健康な部分に当たると、出血や壊死の恐れがあるが陽子線なら副作用は起きにくい!

★国内7施設のうちフルに使えているのは2施設であり、他の5施設がフル稼働できない原因は専門家が少ないからという!

★患者数は市大病院でも年800人と増えている!

★全国的にも10年前の2倍に増えている!

★日本の医療は外科中心で今後もそうであることに違いないだろう!

★抗ガン剤や放射線治療も進歩しているので必ずしも陽子線治療で治ったとは言えない!

★化学技術の向上により10年前とは全く違う!

★また、陽子線治療は夢の治療ではない!

★転移が広がった癌には不向きである!

★胃と腸の癌では放射線では穴が開くこともあり、手術には及ばない!

★肺など横隔膜など動く幹部の治療には弱い!

★しかし、動く幹部を狙いうちする技術の開発も進んでいる!

★今後画像診断の技術が向上すればさらに治療の選択肢が広がる!

★名古屋は都心型で便利!

★早期癌の場合は朝照射してから出勤もできる!

★新しい技術で若い技術者も増えている!

★これまで救えなかった命を救うことができる!

★陽子線の建設は医師を育てる面でも大きな意味がある!

★よって建設に賛成であるという!!!


++++++++ 名古屋陽子線がん治療の行方 ++++

■名古屋市立大学大学院准教授 萩野浩幸(放射線医)は10日の県のガンセンターの二村総長とは反対の立場で建設に賛成である!
 
■その理由をまとめてみると、癌患者は増えている、また新しい技術で救われる人も多くなり、後継者も養成できるので建設には賛成であるという意見です!

■しかし、欧米では癌は生活習慣病であるとしてマクガバンリポートが公表されて以来癌患者は減少しています!!!

■気になるのは国内7施設のうち2施設しかフルに使用されていないという現実です!

■また、放射線よりは安全ではあるが癌の体質を改善する治療ではなく再発する可能性が残るるということです!!!

■筑波大学でさえ26年もたつが患者数は1746人である!

■26年の実績ということでは専門家も充実しているはずです!!!

■しかし、年間わずか68人平均で赤字です!!!

■5施設の赤字を合わせると大変な額になります!!!

■その赤字はだれも責任を負わず少子化の後世に委ねることになります!!!

■それほど素晴らしい治療ならばなぜ他の5施設ではフルにつかわれていないのでしょうか?

■関係者は確信に迫るところまで深く議論をしてほしいものです!

■新しくて便利だからということであれば他の5施設もフルに活用されていなければならないはず!

■さて、あなたなの考えはいかがでしょうか?

中日新聞へのご意見は [crnter@chunichi.co.jp]まで

■名古屋河村市長は公的医療の在り方を見直すという立場で建設を凍結いたしました。

■名古屋市長は公的医療が本当にやならければならないことは救急医療や周産期医療の充実であり、10年後20年後のことを考えて予防医学に力を入れるため健康増進施設を作りたいと表明しています。

■とにかく11月の定例会で決断を下すことになります。

■市民の問題は市民の手で解決する!!!

■市民の健康は市民で守る!!!

■長野モデルといわれるように長野は日本で最も医療費が少なく、かつ、高齢者の就業率が一番高い県です!!!

■生活習慣を見直すことで医療費を抑えることができるという実在するモデルなのです!!!

■一人でも多くの方のご意見をお寄せください。


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!対症療法から原因療法へ

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
        
         執筆中:対症療法から原因療法へ!!!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              がんも驚く驚異の総合免疫療法!!!



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★県がんセンター総長,陽子線に反対!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★県がんセンター総長陽子線に反対!

★10日中日新聞に公表!

★陽子線治療は、名古屋河村市長が建設を凍結し、11月に結論を出す予定で注目されています!

★愛知県がんセンターの二村雄次総長は建設に反対した!

★二村総長によると陽子線治療の効果は食道や皮膚、口内、肛門の癌には効くが「夢の治療法」とか「なんでも治る」というのは大間違い!

★癌は小さいうちは放射線が良くて、大きくなると手術が良いとか高齢者には無治療が良いということもある!

★保険適応されている放射線と比べてもその効果はほとんどないとも言われている!

★市の試算では開業7年目に患者数が700人に増え黒字化の予定とあるが絶対に無理!

★筑波大学は1983年から陽子線をやって26年もたつが患者数は1746人である!

★筑波大学でさえ年間わずか68人平均で赤字である!!!

★国内7か所のうち2か所を除いて後の5か所ともきわめて少ない!

★該当する患者がいないからだ!

★近くには静岡癌センターに陽子線施設がある!

★このまま開業しても2~3年後には数十億の赤字になるので
違約金を払っても中止するべきだ!

★黒字化させようとすると無理して対象外の患者を受け入れるなど行う可能性もある!

★問題は日々検討している救急医療を支援するべきである!

★医療を提供している者として絶対に避けるべきだと言いたい!

と述べている。

私も反対です!

そのの理由は、癌は生活習慣病であり、生活習慣を見直すことで患者を減少できるからです!

陽子線治療は最先端の癌治療として期待されています。

確かに従来の放射線治療に比べて精度が高く、健全な細胞を傷つけるなどのリスクが少ない治療法として期待されています。

しかし、どれほど正確に照射できたとしても、従来の放射線治療と同様に、癌ができた原因を治しているわけではありません。

また、本当に癌細胞を除去しているのは活性型のマクロファージの仕事だからです。

欧米では、癌は生活習慣病として扱われ、ニューヨークの国立ガンセンターでは食生活など生活習慣の見直しによって癌が消えるなど患者にとって有益な情報を公開し、発症率の低下に寄与し、アメリカでは癌患者が減少の傾向にあります。

実際に発症した人を調べてみても例外なく、食生活の欧米化による影響は否定できませんし、ジャンクフードの常食や化学調味料の常食に加えて、幼小のころより解熱鎮痛剤に依存する生活が長期間に及ぶなど、自己免疫が抑制される事で小児癌や乳がんの低年齢化が進む傾向にあると言えます。

私の研究では、私たちの人体は、過剰なストレスとの関わりによって血液は汚れ、体が歪む事がか確認されています。

そのため、過剰なストレスが長期に関わることで血管や神経やリンパ管が圧迫され、代謝が狂い、老廃物を排泄できなく過労気味になります。

特にリンパ管の圧迫は、日々生じる古い血液の死骸などを排泄することができなくなることで癌体質を確立する条件となっています。

さらに、癌に罹患する人の多くは、慢性疲労のため体液が酸化し、遺伝子に傷が付きやすく、免疫系の細胞の働きも低下しているため、老廃物や癌細胞を除去するNK細胞やキラーT細胞の働きも悪い事が明白です。

ゆえに、がん治療イコール抗がん剤という免疫抑制は矛盾し、気がついた多くの患者さんは病院を離れがん難民となって代替医療を選択し、免疫を高める療法を選択しているのです。

政権が交代し、民主党のマニュフェストには代替医療の制度化が挙げられておりますので、医療の世界でも箱モノや対症療法にだけ市民の貴重な税金を投下せず、将来を見据えて予防医学を支援し、病気にならない生活習慣を指導する人材の育成や施設を充実させることも選択肢の一つであると思うからです。

私はすでに市民の声に情報を提供しています。

ぜひ皆様も市民の声として届けてください。

※ 「市民の声」を電子メールで送信されたい場合は、

shimin-no-koe@shiminkeizai.city.nagoya.lg.jp へ送信してください。

本文500字以内(暗号化による保護はされません)


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:全ての病気は全身病である!
              9割の病はは自己治癒力で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★自己治癒力を高めるために!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★自己治癒力を高めるために!!!

★自己治癒力を高める方法はすでにたくさん研究されています!!!

★食餌療法から温熱療法やカイロや整体やアロマオイルなどハーブ療法やホメオパシーなど多くの方法が存在しています!!!

★自己治癒力は病名に関係なく、科を超え系を超え改善します。

★また、大学病院でも治らないという難易度の高い病気も数多く改善されています。

★しかし、免疫を抑制されすぎて改善に支障が及ぶ事も少なくありません。

★免疫力を妨げるものとして

1)環境汚染による汚染食材の常食

2)農薬や殺虫剤など考えずに食べている

3)化学調味料などの常食

4)ジャンクフードの常食

な夜更かしや働きすぎなど生活習慣の問題

5)解熱鎮痛剤や血圧抗圧剤や糖尿病治療薬や抗生物質やステロイド剤など長期にわたる化学療法による免疫抑制が挙げられます。

6)心配症といわれる方が医者や辞書で治らない病気と洗脳され自己治癒力などあてにならないと信じて)不安でいっぱいの方

★心配症の方や不安神経症の方でも「自然治癒の原理」を学ぶことで安心され改善するケースは少なくありません。

★そのためには正しい健康情報を選択することが重要です。

★薬を使わず自己治癒力で治したいと希望される方は、対症療法の盲点を学ぶためにも予防医学セミナーにご参加ください。

★解熱鎮痛剤は日本で最も多く販売されている薬です。

★こどものころから解熱鎮痛剤の常用や、初潮から解熱鎮痛剤の常用される方が多くなることが、癌や糖尿病などの自己免疫疾患の発症率が多くなることの一因と考えられています。

★日本は明治以降「薬事行政」を選択してきました。

★それが今では蔓延し、薬の副作用だけで体調を狂わせている方も少なくはありません。

★本来人の健康には化学薬品は不要です。

★化学療法は交通事故など緊急時のためにある治療法であり、がんや糖尿病や高血圧症などの生活習慣病には適しておりません。

★生活習慣病は生活習慣を見直すことが先決です。

★またどんな病気にもストレスが関わっています。

★そのストレスで血液が汚れ骨格が歪みます。

★そのため血管や神経やリンパ管が圧迫されさまざまな病気が発症しています。

★小児麻痺やリー脳症などの遺伝子疾患でも同じです。

★またどんな病気も全身病なのです。

★それはインフルエンザも同じです。

★ウイルスの存在だけで感染することはありません。

★同じ室内にいても感染する人としない人がいるのはウイルス以外に自己免疫力の条件が異なるからです。

★自己免疫力が正常に働いている人には新形でも季節性でも感染しないのです。

★感染する人は、足腰が疲れ背中が張り肩がコリ首がコリ呼吸も睡眠もとても浅くなっています。

★また消化や吸収も悪く腸内細菌のバランスも悪い状態です。

★そのほかには汗腺がつまり皮膚呼吸や発汗も悪い状態です。

★このような状態でエネルギーもつくられず感染するのです。

★従って、ウイルス対策だけでは不十分なのです。

★風邪かなと思ったら、これらの問題を早めに解決することです。

★予防医学セミナーでは一般の常識では考えられない即効性のある対応の仕方を学ぶことができます。

★患者のレベルが高まることで「薬事行政」から脱却し「健康行政」へとシフトできるのです。


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■長引く化学療法は免疫力を抑制し、癌や糖尿病など免疫疾患を誘発する危険があります。

■西洋医学にし越でも疑問を感じたら早めに対応するべきです。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              9割の病はは自己治癒力で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★不整脈も全身病である!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★不整脈も全身病である!!!

★不正脈は心臓病として循環器内科が対応し、原因不明の病気である!!!

★心筋梗塞はは日本人の死亡原因の第2位である!!!

★日本人に心臓病が多いのは働き者が多く心臓に負担をかける人が多いということの表れである!!!

★心臓の病気で多くみられるのが不整脈である!!!

★しかし、不整脈の原因はいまだに解明されていない!!!

★その理由は心臓以外に原因があるからである!!!

★具体的には、慢性疲労による血液の汚れと骨格の歪みによる自律神経の障害である!!!

★休まず熱心に働く多くの日本人は交感神経を使いすぎている!!!

★そのため、姿勢が悪く血管や神経が圧迫されやすく、副交感神経が働かず、呼吸が浅く睡眠も浅く消化や吸収も悪く、排泄も悪い!!!

★心臓からでた血管は鎖骨の歪みで圧迫される!!!

★そのため、血液は心臓に逆流する!!!

★身体は酸素を要求し、脳からは心臓を早く強く打つように指令が出る!!!

★強く打ちすぎると、打ち過ぎであると脳が判断し打つのを休む!!!

★これが不整脈の真因である!!!

★ゆえに心臓内科では原因が解らないのです!!!

★私のこれまでの研究によると「全ての病気は全身病」です!!!

★心臓だけを治そうとせず、ストレスで汚れた血液を浄化し、骨格の歪みを改善することです!!!

★とくに鎖骨の歪みが改善されると不整脈は改善されます!!!

+++++++ 新着情報 +++++++
★心臓内にナット残す 患者は死亡!!!

★病院は死亡との因果関係を否定!!!


2009年11月6日 提供:共同通信社


 足利赤十字病院(栃木県足利市)は6日、10月に群馬県太田市の60代男性に心臓手術をした際、心臓内に金属製のナットを置き忘れていたことを明らかにした。

直後に気付きナットを取り出したが男性は死亡。

病院は「ナットを残したのはミスだが、死亡との因果関係はない」としている。

 病院によると、男性は10月5日、心臓の僧帽弁を人工弁に換える手術を受けた。

執刀は医師3人が担当。

ナットは手術器具の一部で大きさは約1・5センチ、左心房に残された。人工弁を置き換えた際に誤って落ちたとみられる。

 心臓の手術直後、器具の遺留がないかを調べるエックス線撮影でナットを発見。

すぐに手術で取り出したが男性は8日に死亡した。

男性は心臓疾患で数年前から治療を受けていたという。

 病院は足利署に事故を報告、同署が業務上過失致死の疑いもあるとみて事情を聴いている。

++++++++++++++++++
■医療過誤は止まらない!!!

■医療の進歩は著しい!!!

■しかし、進化の背景でその犠牲になる人も少なくは無い!!!

■新薬の実験や新しい手術の実験である!!!

■病気にならない方が重要だが、病気になってからも、すぐに手術や薬の治療を選択する前に、全身の疲れを取り除くことである!!!

■疲れをとれば、血流が安定し、ほとんどの病気は改善できるからである!!!

■全ての病気は全身病です!!!

■全身を対象にすることで原因が解るものです!!!

■病気の原因について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!!!


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              9割の病はは自己治癒力で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★日本統合医療学会より!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★日本統合医療学会より!!!

既にご周知のとおり、本年11月21日(土)、22日(日)の両日、東京大学安田講堂において、“第13回 日本統合医療学会 学術大会”を開催させていただきます。

今回の新内閣は、鳩山総理自身、統合医療に深い御関心を示していただいており、統合医療を推進する体制を整えております。

去る10月30日(金)、渥美和彦理事長は、民主党の山根隆治参議院議員とともに厚労省を訪れ、細川副大臣に統合医療プロジェクトを説明し、内容を手渡しして来られました。


その内容は、来る大会において詳しく報告する予定です。

概略としては、

1)国立統合医療センターの設立。

2)医療特別地域において、統合医療のパイロットスタディを行う。候補として、先ず九州大学および東北大学の病院を予定し、以後、各地への展開を検討しています。

3)人材育成のための教育、研修を実施する施設として、統合医療の大学、学部、学科の設立。

4)有効性、安全性、経済性の検討のための研究費の配分などが内容として盛られています。


=お問い合わせ=

一般社団法人 日本統合医療学会 南青山事務局
 〒107-0062 東京都港区南青山5-4-27 ジブラルタ生命南青山ビル902
 FAX 03-3498-1460 E-mail: imj@imj.or.jp

★統合医療政策が進むことで手術や薬を使わず回復される患者が多くなることが予測されています!!!

★人の体には怪我を治すように病気を治す力も備わっているからです!!!

★この重大な事実を国家的な規模で研究しておらず、日本の統合医療政策は遅れていたのです!!!

★今回の学会を機会に一般の医療従事者にも理解されることを願うものです!!!

++++++++++++++++++予防医学セミナーについて++++++++++++++++++++++++++++


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは12月20日(日)名古屋市東区 ウイルあいちにて行います。

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              9割の病はは自己治癒力で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★病気はすべて全身病である!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★病気はすべて全身病である!

★西洋医学で原因不明という病気でも全身を対象に調べることで
さまざまな原因があることが解る!!!

★しかし、西洋医学では内科だけでも10科に分かれるなど、患者のほんの一部しか診ていない!!!

★当然だが原因など解るはずがない!!!

★たとえば、視力障害でいえば、ほとんど片側から視力が低下する、この原因は鎖骨や頸椎の歪みによる眼動脈や静脈の圧迫による循環障害である!!!

★しかし、眼科医は頸椎の検査も診断もしない!!!

★そのためメガネという対症療法を行い、視力を治しているわけではない!!!

★こんな対応が全ての科で行われているのだ!!!

★病気はすべて全身病である!!!

★たとえば高血圧症も例外ではない!!!

★高血圧症の中でも本態性高血圧症があるが、本態性というよりは「無理強い性」といった方があっている!!!

★つまり、常日頃から過剰な交感神経作用を使い過ぎてきているからである!!!

★交感神経が過剰に働くことで、血圧は上昇し血糖値も上がる!!!

★体はその様にできているのだ!!!

★問題なのは慢性化することで骨格が歪み、血管を直接圧迫することにある!!!

★とくに鎖骨が歪むことで、例外なく心臓から出た大血管が圧迫される!!!

★この状態でも全身に血液を送ろうとして血圧が上がる!!!

★したがって血圧抗圧剤に依存する前に、原因から対応することである!!!

★すべての病気は全身病である以上、部分だけを治療しても結果は出ない!!!

★どの病気でも、例外はない、自己免疫力が低下し、自律神経が乱れ、血流が悪く、体温も低い、呼吸も睡眠も浅く、酵素も働かない、腸内細菌のバランスも悪く排泄も悪いなど病名に関係なく例外なく関わっている!!!

★ゆえに、病気を治す力が低下ているのである!!!

★従って、病気を治す前にこれらの全身病を改善することである!!!

★それだけでほとんど9割の患者は元の健康体に戻ることができるのだ!!!

★後は自らの力で新陳代謝するだけである!!!


+++++++ 100万人突破 ++++++++

★新型インフル新規患者、100万人突破
2009年10月30日 提供:読売新聞


 国立感染症研究所は30日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、最新の1週間(19-25日)に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者が1医療機関当たり24・62人に上ったと発表した。

 前週(12-18日)の17・65人の1・39倍で、全国の推計患者数は前週の約83万人から約114万人となり、初めて100万人を上回った。

 ほとんどが新型インフルエンザ患者と見られ、7月上旬以降の患者数の累計は約431万人となった。

 都道府県別では、福岡が37・35人、兵庫が33・51人、秋田が32・15人と、警報レベルの30人を初めて超えた。既に警報レベルに入っている北海道が61・43人、愛知が39・42人。そのほか、三重29・97人、神奈川29・36人、滋賀29・13人、岩手29・11人などだった。注意報レベルの10人を超えたのは42都道府県で、うち21都道府県で20人を超えており、感染研は、「全国規模で本格的な流行となってきている」と分析している。


++++++++ インフルエンザの対策について +++++++++
■インフルエンザにかかる人も全身に深い疲れを抱えています!!!

■そのため、自己免疫力が低下して感染しています!!!

■ウイルの増殖だけが原因ではないのです!!!

■この点西洋医学は基礎から間違っているのです!!!

■まして、ワクチンはウイルスを鳥の血液で培養するなどして薄めて作ったものです!!!

■従って薬というよりは弱くした毒物です!!!

■問題なのは、病気がちで、体調が悪く自己免疫細胞が不調の方が予防接種を受けても、白血球に学習能力がないため効果がないということです!!!

■また、体調が良くて元気な人は、周りに感染者が居ても自己免疫力で病魚しますので、感染を恐れる必要がありません!!!

■西洋医学では、体質を改善するという発想がありませんので毒で毒を制すという方法が選択されているのっです。

■インフルエンザに感染しやすい人は、とくに「鎖骨」の歪みが著しく「胸腺」の機能が低下しているためにウイルスを攻撃するキラーT細胞や連絡を取るヘルパT細胞などができません!!!

■そのために、感染するのです!!!

■しかし、ウイルスの専門医でさえ、この現実が理解できないのです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、12月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 12月20日(日) 名古屋市東区ウイルあいちにてam1より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
       ホメオパシーは第二の西洋医学
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              9割の病はは自己治癒力で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード