大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★長寿の秘訣!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★長寿の秘訣!!!

★日本は世界一の長寿国である!!!

★日本人の平均寿命は男性78.56歳、女性85.52歳

★平成17年の日本人の平均寿命が、男性78.56歳、女性85.52歳で確定したことが1日、厚生労働省のまとめた「完全生命表」で分かった。

★国勢調査の確定人口をもとに5年に1度作成。12年の平均寿命は男性が77.72歳、女性が84.60歳で、5年間で男性は0.84歳、女性は0.92歳延びた。

★厚労省が毎年、推計人口をもとに作成している「簡易生命表」による平均寿命は、男性78.53歳、女性85.49歳だった。今回の完全生命表で、男女ともに0.03歳高く補正された。

★生命表は、各年齢ごとの男女の死因や死亡件数などから、死亡状況が変化しないと仮定したときの平均余命を推計したもの。0歳の平均余命が平均寿命となる。

★平均寿命が男性78.56歳、女性85.52歳ということは、当然これよりも長い人もいれば短い人もいるということである!!!

★大切なことは、健康で長生きしている人はどんな生き方をしているのかを学ぶ必要があるということです。

★食餌の内容や食べ方や食べる量、睡眠のとり方、感情の起伏やムラ、過剰なストレスなどについて学ぶことである!!!

★何よりも大切な栄養は幸せです!!!

★幸せは長寿の栄養なのです!!!

++++++ 新着情報 ++++++

◆やせ、太りすぎより短命! 

一般医療ニュース

やせ、太りすぎより短命 40歳の余命で6年の差

2009年10月13日 提供:共同通信社

 40歳の人の平均余命は、肥満度別にみると「やせ」の人が最も短く、最も長い「太りすぎ」の人より6年程度短命との研究結果を、東北大公衆衛生学の研究グループが10日までにまとめた。

 肥満度は体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数(BMI)。研究グループは世界保健機関(WHO)の基準に基づき、18・5未満を「やせ」、18・5以上25・0未満を「普通」、25・0以上30・0未満を「太りすぎ」、30・0以上を「肥満」と分類。宮城県内の40~79歳の男女約4万4千人を1995年から2006年まで追跡調査し、分析した。

 40歳の人の肥満度ごとの平均余命は、男女とも順序は同じで、「太りすぎ」が最長(男性40・5年、女性47・0年)。

以下は「普通」(男性38・7年、女性46・3年)、「肥満」(男性37・9年、女性44・9年)、「やせ」(男性33・8年、女性41・1年)の順。

 分析した大学院生の永井雅人(ながい・まさと)さんは「循環器疾患による死亡リスクは肥満だけでなく、やせでも上昇するとの報告や、やせでは肺炎など呼吸器系疾患による死亡リスクが高いとの研究もあり、そうした影響によるのではないか」と話している。

******* 痩せすぎと太りすぎ *******

■一般にやせ形の方がスタイルも良く、健康的な様に思う!

しかし、痩せすぎることは、食べても消化が悪く、吸収も悪く、体力がない!

さらに、緊張症といわれる方が多く、交感神経は常にフル回転である。

そのため、糖分は分解されるが、分解後にできる乳酸が増えて酸性の体液になる!!!

このような状態が長引くことで遺伝子の水素結合部が破壊される!

さまざまな病変祖気が作られる

このようにして痩せいるから病気になるというよりも、交感神経を過剰に使いすぎた人が発病し、寿命を短縮する一因である!!!

これに対して幸せ太りという人がある!!!

幸せな人は、リラックスする時間が多く交感神経をあまり使わない!!!

そのため、酸性に傾くことも少ない!!!

ゆえに、太った人が長生きするのではなく、幸せな人が長生きするのである!!!


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病、高血圧症、アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて不妊症、不眠症、うつも募集しています。

◆詳細についてはご相談ください。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆得点としてモニターの方は施術料が通常5000円を1000円で受けられます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと 5Fにて 午前10時より行います。
 
  午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:医療を超えた免疫療法!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自己療法で治る
              医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト

★患者優先のがん治療へ!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★★患者優先のがん治療へ!!!


★欧米の学会にあり、日本の学会にないのは!

★ 患者と協同する仕組み!

第32回 日本高血圧学会総会 (10月1日~3日)
シンポジウム

「学会と患者が共にできること」、7項目の提言まとめる

“見える化”、“均てん化”、“良いがん診療”がキーワード

2009年10月23日 橋本佳子(m3.com編集長)


--------------------------------------------------------------------------------
 10月23日、特別企画シンポジウム2「がん医療改革に向け、学会と患者が共にできること」が開催され、学会および患者団体の議論を踏まえ、がん対策として取り組むべき7項目を提言として、まとめた。

本学術集会では特別企画シンポジウム1でも提言をまとめており(『がん対策充実を求め「四つの提言」、学会として国に提出』参照)、両提言を厚生労働省などの関係省庁、国および都道府県のがん対策協議会などに1カ月以内をめどに提出する予定になっている。

 シンポジウム後に会見を開いた、学術集会会長の岩手医科大学産婦人科教授の杉山徹氏は、「日本癌治療学会で、患者団体などを呼び、シンポジウムを開催するのは初めての試みであり不安はあったが、理事会で承認され、実施した。

また理事長(大阪大学・門田守人教授)にも、踏み込んだ議論になったとの評価をいただいた」と述べた。

 またシンポジウムで司会を務めた、日本医療政策機構市民医療協議会がん政策情報センターの埴岡健一氏も、「欧米の学会にあり、日本の学会にないのは、患者と協同する仕組み。

今回のように学会サイドから患者サイドに踏み込んだ協同作業は今までになく、社会に協同で発信する機会になっている。これはこれまでの先進的な取り組みの成果である一方、これがスタートだとも言える」と評価した。

【がん医療改革に向け、学会が患者と共にできること提言】(提言)

1. がんの患者の治療ニーズ(需要)の発生状況、医療提供資源(供給)の現況、提供されている医療の質――の3点に関し、データに基づく“見える化”を行う。

2. “見える化”に基づき、中期的な改善計画を立て、その進捗管理をモニター・フィードバックできるシステムを構築・維持する。

3. 専門性のある医療スタッフの配置が“均てん化”されるよう、講座の設置など首尾一貫した教育・養成システムを構築する。

4. 医療スタッフが実際に有効な教育と研修を受けられるよう、助成・支援の仕組みを作る。また、医療機関が専門的技能をもつ医療スタッフを活用する際のインセンティブを確保する。

5. 医療機関の連携が有機的に行われ、いわゆる“がん難民”が発生しないように、医療機能を有機的につなぐための一連の有効と思われる対策を打つ。

6. 患者に情報が提供され、患者と医療者が情報を共有し、患者と医療者が敵対することなく、共にがんと向き合えるための方策を整備する。

7. 患者と医療現場が望む“良いがん診療”が行われた際に、十分に採算が取れるよう、診療報酬体系の構造および点数を大幅に改定する。

++++++++++++ 一言 言いたい +++++++++++

■日本の医療は日進月歩の速さで進んでいる!

■しかし、明治以降130年も過ぎ、どこの町にも立派な病院ができ、医療技術も向上している様で大変便利なようですが、しかし、こと慢性病や生活習慣病といわれているがんやリウマチや糖尿病や高血圧症などの病気には無力の様に見えると思います。

■それは、医学の進歩と全く別の問題を抱えているからです。

■その問題とは、どんなに有名な医者であっても、原因不明として対症療法ばかり繰り返すことになるからです!

■がんの原因はがんの専門医にもわからないのです!!!

■がんはなぜできるのか???

■免疫疾患に老廃物が処理できない状態です!!!

■ゆえにがんの治療にも免疫力の回復と老廃物の処理ができる状態に戻さなくてはならないのです!

■ところが、がんの専門医は、免疫不全であるとして抗がん剤などで抑制します!

■抑制された血液は障害され動きが弱くなります!

■動きが弱くなった血液は血流に流されます!

■血流に流された血液は毛細血管に詰まります!

■血管に詰まった血液は血栓を作り血流障害の原因になります!

■血流障害がおこると細胞に栄養素が届かずエネルギーを作ることができなくなります!

■その結果体温が低くなり、酵素が不活性化し、消化不良になり食べ物が腐敗します!

■また同時にガス交換ができません!

■ガス交換が悪くなることで体内に二酸化炭素が多くなります!

■体内に二酸化炭素が充満すると人体の骨化や動脈硬化症が進行します!

■二酸化炭素を好む菌が増えてカルシウムを作るからです!

■免疫力の高め方としては食生活の見直しや睡眠時間や体温の調整のほかに循環障害や神経やリンパ管の圧迫を改善する必要があります。

■具体的な方法について詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。


■また、西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは11月1日東京 五反田ゆうぽうと5Fにて午前10時より行います!
 午後は相談会と体験会を行います。

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:糖尿病・高血圧症・アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日 東京 五反田 にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★がん治療、患者・支援者プログラムも導入!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★がん治療、患者・支援者プログラムも導入!

★第47回日本癌治療学会学術集会!

テーマは「がん治療への目線」、患者・支援者プログラムも初めて導入

第47回日本癌治療学会学術集会の要所を会長の岩手医大・杉山徹氏が解説

2009年10月22日 伊藤 淳(m3.com編集部)

 10月22日から3日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)にて『第47回日本癌治療学会学術集会』が開催される。

今回のテーマは「がん治療への目線」。

この「目線」には、一方向からの視点にとどまらず、がん治療にかかわる医療者・患者・行政という三者の目線という意味が込められている。

 学会前日の10月21日、プレスインタビューが行われ、会長の杉山徹氏が今学会の特徴について解説。

がん対策基本法・がんプロフェッショナル養成プランの検証などを予定していることを語った。

今学会は医療者・患者・行政の三者にとって、より開かれた議論の場となることが期待される。


--------------------------------------------------------------------------------

国内学会初の「がん患者・支援者プログラム」導入

まず今回の大きな特徴として、国内学会では初めて「がん患者・支援者プログラム(Patient Advocacy)」を正式に導入したことが挙げられる。

患者は基本的に全演題を自由に聴講できることに加え、会場の一つと展示場のブースを患者に提供し、患者同士あるいは医師との意見交換の場として設けている。

また、患者向けのランチョンセミナーも開催する予定だ。

さらにスカラーシッププログラムとして、がん患者・支援者50人に対し、学会参加費・交通費・宿泊費を助成しており、こちらも日本初の取り組み。

 杉山氏は「今後、がん治療は分子標的治療薬の登場などにより、ますます複雑化・個別化される。

そのような状況下では、医療者の負担を減らすためにも、がん治療はキャンサーサバイバー(患者および家族や支援者)や行政と協業して進めていく必要がある」と述べ、「がん患者・支援者プログラム」の意義を強調した。

 ちなみにキャンサーサバイバーとは、米国のがん患者支援団体(National Coalition for Cancer Survivorship)により「がんの告知を受けた個人がその生涯を全うするまでを意味する。

また、その家族、友人、ケアに当たる人々なども、その影響を受け、彼らもサバイバーに含まれるべきである」と定義されている。

医療者・患者・行政の目線を取り入れた特別企画シンポジウム

医療者・患者(キャンサーサバイバー)・行政の目線を取り入れて、多岐にわたる特別企画シンポジウムが行われる予定だ。

特別企画シンポジウム1は「がん対策基本法、がんプロ養成プランはがん診療の質と均点化をどこまで達成しているか?

 その検証と提言!」(10月22日)と題し、がん対策基本法およびがんプロフェッショナル養成プランについて、中間報告が行われる。

 特別企画シンポジウム1は、Part1とPart2に分けられ、Part1ではがん対策基本法、Part2ではがんプロフェッショナル養成プランについて、メディアも交えて幅広い議論が行われる予定。

シンポジストの一人には、仙谷由人・行政刷新担当相も名を連ねている。シンポジウム終了後には、ディスカッション内容をまとめ提言として発表される。

 特別企画シンポジウム2「がん医療改革に向け、学会と患者が共にできること」(10月23日)では、総合司会をTBSニュースキャスター膳場貴子氏が務め、患者主体のシンポジウムが行われる。

このシンポジウムでも、患者目線を中心に提言をまとめ、終了後に発表する予定になっている。

 その他の特別企画シンポジウムでは、がん治療をめぐる社会的な問題である国際共同治験の現状や分子標的治療薬の功罪などについてのディスカッションが計画されている。

 さらに、現在、がん患者の生存率向上に伴い、がんとともに生きるという視点が必要とされている。

その際に重要性が増しつつある「サイコオンコロジー」に関して教育シンポジウムで取り上げ、精神腫瘍科や緩和ケアに従事する医療者で議論が行われる。

 最後に杉山氏は今学会のポイントとして、インターナショナルセッションの充実を取り上げた。

ハブ空港の例えを用いながら、アジア・世界における日本の存在感に危機感を示し、学会等を通じて世界に向けて発信することが重要であると述べ、インターナショナルセッションの重要性を指摘した。

+++++++ 一言 言いたい +++++++
■政権の交代から1か月が過ぎ、ようやく医学のほうにも改革の波押し寄せ始めたようです。

■民衆党のマニュフェストに統合医療によるエビデンスの作成が入り、音楽療法も認められるようになります。

■患者は治れば何でもいいのです!

■問題は、自然治癒の研究が国公立大学の医学部でも正式に始まっていないことです!

■今から始めてもすぐには答えは出ませんので早急にマニュフェストの実現に向けて努力していただきたいと願うものです!

■健康は、国民全員の願いです!

■手術や薬に依存していたのでは本当の健康体になることはできません!

■怪我や傷や骨折が治るように自己治癒力が健全でなければならないのです!

■自己治癒力を高めるためには、たくさんの方法が研究されています!

■しかし、効率よく高めるためには「総合的な視野」に立ってアプローチをする必要があります。

■そのために「総合免疫療法」を開発し他のです!

■総合免疫療法とは生活習慣の見直しから血液の浄化や骨格の歪みを改善し、血管や神経やリンパ管の圧迫を取り除区ことで自己免疫力が最大限に高められる方法で、自然医学総合研究所の商標です。

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日 東京 五反田ゆうぽうと 5F

 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★三大疾患の裏側!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★三大疾患の裏側!!!

★日本人の死因の60%以上は「がん・心筋梗塞・脳卒中」である!!!

★その原因について考えてみた!!!

★がんは、1955年以降、早期発見早期治療を国が奨励し始めてからウナギ登りに増えてきた!!!

★早期発見はいいが早期手術、早期抗がん剤治療、早期放射線治療という患者にとってはダメージの大きいい治療を受けなくてはならず、5年以内に亡くなるケースが大半である!!!

★その背景には、環境の劣化もあるが、子供のころから風邪や生理痛などで「解熱鎮痛剤」に依存する人が多く、10年20年と時を経て自己免疫力が低下し、究極自己免疫疾患という状態になり、がん細胞を攻撃できなくなることで発症しているのです!!!

★第二の心筋梗塞の原因は、無理な生活をし続けて体に負担をかけ、背中が硬直し、すい臓など内臓の働きが低下することにも関係しています!!!

★その原因とは、糖尿病の治療薬の副作用に「心筋梗塞」とあるからです!!!

★つまり、血糖値もなぜ上がるか分からないという診断を受け、矛盾を感じつつも障害薬漬けになる人が大半だからです!!!

★その結果、日本人の死因の第二は「心筋梗塞」となっているのです!!!

★さらに第3の死因である脳卒中の原因には、高血圧の薬の副作用がかかわっています!!!

★つまり、血圧を下げるための薬の副作用には「脳内出血」を伴うものもあるということです!!!

★日本人は勤勉で真面目な努力家が多いといわれています!!!

★その勤勉で真面目な日本人が病院から出されている「解熱鎮痛剤や糖尿病治療薬や血圧坑圧在」の副作用も加わって増えているのです!!!

★したがって、風邪や生理痛でも手薬に頼らず自然療法を選択することでがんの発生率は下がります!!!

★また、糖尿病の原因は背中の硬直によるすい臓の支配神経の電動障害ですから背中をゆるめて神経の伝達を正常にすることで安定させ薬の依存を中止することです。

★このような方法で糖尿病をコントロールすることができると
心筋梗塞の発生率も減少することになります!!!

★さらに、第3の死因である脳卒中の原因として血圧坑圧在の副作用もありますので、血圧の上がる原因である、血管や神経やリンパ管の圧迫を改善することで、薬をやめることができますので
脳卒中で亡くなる人も減少するのです!!!

★その経済効果は、年間約10兆円規模にもなります。

★したがって、医者の言うう通りに薬漬けになることではなく、正しい薬の副作用を確かめてから服用を決断するべきです!!!

★また、どんな病気にも必ず原因があるものです!!!

★その点、西洋医学の考え方は古すぎます!!!

★戦後64年が過ぎた今も、薬で病気を治すなど無理な計画を立てて、患者にダメージを与えることが多いのです!!!

★どんな病気にも必ず過剰なストレスがかかわっています!!!

★ストレスで汚れた血液を浄化し、ストレスで歪んだ骨格を改善し、血管や神経やリンパ管の圧迫を改善することです!!!

★特に重症化する場合には内臓や骨格の人体の骨化症などの難解な問題がかかわりますが、この人体の骨化でさせ、酵素・温熱・光線・近赤外線・手技なを総合的に対応することで、体は細胞ごと生まれ変わるのです!!!

★そこに自然治癒の原理があるのです!!!

★西洋医学の治療に疑問をお持ちの方!!!


★安全で確かな代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください!!!

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

s■■■次回の予防医学セミナーのお知らせ■■■

■11月1日 東京五反田 ゆうぽうと5Fにてam10ji よりおこないます。

午後は体験会を行います。予約が必要です。

■11月23日(祝日)午前10時より12時まで 東京青山 国連大学にて記念講演会

記念講演会と祝賀会を行います。万象送り上げの上皆様のご参加をお待ちしております。

会場:国連大学 5F エリザベス・ローズ会議場 (定員100名)
 参加費;無料ですが、国連大学は厳重な管理のため予約名簿以外は入場できません。
 定員が100名のため、早めの申し込みが必要です。
 詳細はパンフレットを入手してください。

時間:午前10時より顕彰式と記念講演をと祝賀会を行います!

〒150-8925
東京都渋谷区神宮前 

12時30分:近くの自然食レストラン「我や」で懇親会を予定しています。(要予約)

青山学院大学 西門横 国連大学から徒歩3分

参加費:3500円 定員30~40名

■11月15日の名古屋セミナーは、日本統合医療学会や国際連合より顕彰の準備などのためお休みさせていただきます。

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11月1日(日)東京五反田ゆうぽうと 5Fにて開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

+++++++++++++++++++++ 国連顕彰を祝う会 ++++++++++++++++++++++
 
■11月23日(祝日) 大沼先生の国連顕彰を祝う会
 
 国連大学にて申し込み中
            
 午前10時~12時  参加費無料 定員100名
 12時30分より 自然触レストラン「我や」にて祝賀会 
  定員30~40名参加費3500円 要予約

+++++++++++予防医学セミナー +++++++++++

■11月1日日 東京五反田 ゆうぽうと 5F にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。


 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::三大疾患の裏側!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★糖尿病と心筋梗塞!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★糖尿病と心筋梗塞!!!

★心筋梗塞は三大疾患の一つ!!!

★なぜ、心筋梗塞が多いのか!!!

★その原因を調べた!!!

★その結果、糖尿病の薬の副作用も一因となることが解った!

+++++++ 体験版+++++

ご承知の通り化学薬品はからなず副作用が伴います!!!

例えば、抗菌薬として開発された抗生物質は洗剤のクレゾールから作られているものもあります!!!

日本では近年高血圧症や糖尿病が年々増えています!!!

血圧を下げる薬の利尿剤系の薬には「再生不良性貧血」という白血病を誘発する副作用があることが知られています!!!

また、糖尿病の治療薬で「グルファスト錠」という薬が処方されていますが、この薬には「心筋梗塞」という心臓病という重篤な副作用があることが知られています!!!


しかし、これまでの調査では、国公立大学病院でもまた、他の大病院でも正しい副作用は記載されておりません!!!

ほとんどの医療機関は患者をごまかしているのです!!!

そのために生涯薬漬けにされ、さらに重篤な病気を発症している方も少なくはありません!!!


+++++++++ 症例 ++++++++

具体的な例として糖尿病の患者の例を述べます。

患者は名古屋市内に住む72歳の男性で長年糖尿病を患い糖尿病治療薬として グルファスト錠を投与されていました。

ところが、病院からの処方箋には、正しい副作用が記載されておりませんでした。

次に、実際の内容と同じものをお伝えします。

※処方箋の内容

膵臓に作用してインスリンの分泌を促し、食後の血液の上昇を抑える即効、短時間型の薬です。

■副作用: 腹部膨満、便秘、下痢、空腹感など消火器の症状、頭痛など まれに、発疹、皮疹荷続く食欲不振、だんだん強くなる吐き気、  白目が黄色くなるなどの症状。

と言う内容でしたが、副作用を薬剤師の利用している本で調べると恐ろしいほど重篤な副作用がある事が確認されます。


■本当の副作用を述べます。

•低血糖、低血糖症状、眩暈、空腹感、振戦、脱力感、冷汗、意識消失 、著しいAST上昇、著しいGOT上昇、著しいALT上昇、著しいGPT上昇、著しいγ-GTP上昇、

”肝機能障害” ”心筋梗塞””歩行困難”

、倦怠感、動悸、頭重感、眼のしょぼしょぼ感、嘔気、気分不良、しびれ感、眠気、あくび、ピルビン酸上昇、BNP上昇

その他の副作用です。

口内炎、口渇、胸やけ、嘔気、嘔吐、胃不快感、胃炎、胃痛、胃潰瘍、胃腸炎、腹部膨満、腹痛、放屁増加、下痢、軟便、便秘、空腹感、食欲不振、食欲亢進、湿疹、皮膚そう痒、皮膚乾燥、背部痛、筋肉痛、関節痛、下肢痙直、頭痛、眩暈、眠気、不眠、しびれ感、緊張亢進、耳痛、胆嚢ポリープ、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇、心拡大、動悸、心室性期外収縮、高血圧悪化、血圧上昇、咳、咽頭違和感、かぜ症候群、腎嚢胞、頻尿、尿蛋白、尿潜血、倦怠感、脱力感、冷汗、ほてり、浮腫、脱毛、眼のしょぼしょぼ感、胸部不快感、胸痛、右季肋部痛、四肢痛、体重増加、乳酸上昇、遊離脂肪酸上昇、総コレステロール上昇、LDL-コレステロール上昇、トリグリセリド上昇、尿酸上昇、CK上昇、CPK上昇、カリウム上昇

以上が本当の副作用ですが病院から出されている処方箋には事実は記載されておりません。

処方箋の偽装は他の医療機関を調べてみても同じ事が行われています。


患者は、医者を信用し、長年薬を服用してきました。

その結果、狭心症と心筋梗塞、 右冠動脈#3が50%動脈硬化と診断され生きる望みを無くし、さらに下痢が1カ月もなおらず相談にきました。。


そこで、患者に、糖尿病の薬の副作用を全て伝え、心筋梗塞も副作用として記載されている事を伝えました。

その結果、薬の服用を1週間休み、総合免疫療法を1回受けたところ、下痢は止まり、体が楽になったのです。この薬には下痢という副作用もあるからです。

■糖尿病の原因について

薬をやめることは重要ですが、薬を中止するだけでは、安定しない場合があるということです。

つまり、病気には必ず原因があり、薬をやめただけでは、病気の原因が残るからです。

糖尿病とは、血液中の血糖をコントロールできなくなる病気です。

その原因は、本体性として不明として扱かわれています。

しかし、原因のない病気などは存在していません。

私の25年間に渡る研究では、例外なく無理をして働き、背中の筋肉が硬直し、すい臓の支配神経が伝道障害を起こしています。


その結果として、すい臓の働きが不安定になり、インスリンの分泌が悪くなっているのです。


しかし、内科医が担当しているため、この様な原因がわからないのです。

現在内科は内科
内科(循環器)
内科(消化器)
内科(内分泌代謝)
内科(呼吸器)
内科(血液)
内科(神経)
内科(心療内科)
内科(リウマチ膠原病)
内科(腫瘍内科)
内科(癌専門医)
内科(老年)

と細分化されています。
このため、受け持つ範囲が狭く、原因が解らず、対症療法のみに関わる医師が多く、無責任になりやすいのです。

この様な問題は他の全ての内科にもあてはまります。


そもそも、病状に病名をつけ、対症療法のみを行い、薬屋が暴利をむさぼる仕組みを自民党が医師会と癒着して作ってきたのです。

これを「薬事行政」といい「箱モノ行政」と同じことを医療の中でも行ってきたのです。


政権が変わった以上、本気で国民のための医療改革を国家の戦略として断行してit抱きたいものです。


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

s■■■次回の予防医学セミナーのお知らせ■■■

■11月1日 東京五反田 ゆうぽうと5Fにてam10ji よりおこないます。

午後は体験会を行います。

■11月23日(祝日) 東京青山 国連大学にて国際連合より顕彰および祝賀会

会場:国連大学 エリザベス・ローズ会議場(定員100名)

時間:午前10時より顕彰式と記念講演をと祝賀会を行います!

〒150-8925
東京都渋谷区神宮前 青山学院大学の近く

12時30分:自然食レストランで懇親会を予定しています。(要予約)

※■11月15日の名古屋セミナーは、日本統合医療学会や国際連合より顕彰の準備などのためお休みさせていただきます。

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■電話でのご相談やお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、11月1日(日)東京 五反田 ゆうぽうと 5Fで開催されます。

●11月23日(祝日) 東京 青山 国連大学 にて 国際連合より顕彰および祝賀会
    
午前10時より国際連合より顕彰およびと記念講演会をおこないます。

12時30分より自然触レストランで祝賀会を行います。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 11月1日(日)

 東京 五反田 融ぽうと 5F 午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
      代替医療の現状について
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!
        薬事行政の実態!
        病気の原因と対予防策!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自己治癒力治る
               医療を超えた免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★ 多数がICUに収容 新型インフルで!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ 多数がICUに収容 新型インフルで!

★オーストラリアや米国などの研究チームの調査でわかった!

★米医学誌にて!!!

2009年10月9日 提供:共同通信社


【ワシントン共同】新型インフルエンザに感染した患者は症状が悪化して、集中治療室(ICU)に収容されるケースが多いことがオーストラリアや米国などの研究チームの調査で分かり、8日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(電子版)に発表された。

 ICUの収容能力に大きな影響があることを示す結果で、日本国内でも本格流行に備え、態勢整備が求められそうだ。

 オーストラリアとニュージーランドの共同研究チームは、両地域の冬にあたる6月から8月にかけてICUがある187の病院を調査。

新型インフルエンザが悪化して722人がICUに収容され、ピーク時にはICUのベッド数の8・9~19・0%を新型インフルエンザ患者が占めたことが分かった。

 収容された患者数は、同期間中、季節性インフルエンザで収容された人数の約20倍。

毎年、風邪をこじらせるなどウイルス性の肺炎で収容される人の約15倍に上った。

 米疾病対策センター(CDC)も、4月から6月に米国で新型インフルエンザで入院した272人のうち、25%がICUに収容されたとの調査結果を同誌に発表した。

+++++++ 一言 言いたい +++++
■世界各国で新型対策が行われていますが、毒性は季節性と大差なく、恐れる必要がありません!!!

■しかし、連日の様にマスコミで驚異という言葉で放映されると一般人はやはり驚異に感じるのだと思います!!!

■問題は、いつ感染するのかという心境で生活を行うことで、必要以上にエネルギーを消耗し血液を汚し、かつ免疫力を下げることになります!!!

■そのような状況下で感染すると、悪循環となり、病状は必要以上に悪化し、重症化することになります!!!

■ストイレスは骨盤を歪め、鎖骨まで歪めるからです!!!

■そのため、頭部の循環は悪化し、呼吸も浅く、睡眠も浅く、ホルモンの分のいつもふなんていになり、腸内では腐敗しやすく
病状も悪くなるのです!!!

■ゆえに、本当の対策は、本来の健康対

+++++++++ 新着情報 ++++++++
第32回 日本高血圧学会総会 (10月1日〜3日)

ガイドラインから大きく逸脱する治療には説明責任あり

◆Vol.3

シンポジウム「JSH2009ガイドラインを検証する」

Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」とVol.2「CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則」では、5つのテーマから発表された内容を紹介したが、Vol.3ではそれに引き続き行われたディスカッションの様子をまとめた。


会長インタビュー(全1件)
『疫学』の視点から組まれた初のプログラムに注目−第32回日本高血圧学会総会会長・上島弘嗣氏に聞く

来る10月1日−3日、滋賀県大津市にて『第32回日本高血圧学会総会』が開催される。

今学会では、長年、疫学者として生活習慣病の予防・治療につながる臨床試験を率いてきた滋賀医科大学生...続きを読む
シンポジウム(全3件)


高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透◆Vol.1
10月3日、第32回日本高血圧学会総会の最終日にガイドラインシンポジウム「JSH2009ガイドラインを検証する」が行われた。

座長は、大阪府立急性期・総合医療センターの荻原俊男氏と札幌医科大学医学部内科学第二講座の島本和明氏...続きを読む
CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則

◆Vol.2
Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」に続き、Vol.2では「CKDを伴う高血圧の治療」「高齢者高血圧の治療」に関する発表をまとめた。


ガイドラインから大きく逸脱する治療には説明責任あり

◆Vol.3
Vol.1「高血圧治療における家庭血圧の重要性は医師にほぼ浸透」とVol.2「CKD合併高血圧ではRA系抑制薬の漸増が原則」では、5つのテーマから発表された内容を紹介したが、Vol.3ではそれに引き続き行われたディスカッションの様子をまとめた。

JSH2009 TOP10(全1件)
JSH2004、JSH2009に基づく高血圧診療が臨床現場に普及

第32回日本高血圧学会総会の演題の中で、選考委員より最も高い評価を受けた10演題が「JSH2009TOP10」である。

その一つで、高血圧治療ガイドライン(JSH2004、JSH2009)に関するアンケート調査の結果を...


高得点演題(全2件)

外来高血圧患者の約3割が仮面高血圧

10月1日の高得点演題において、国立病院機構九州医療センター高血圧内科の大田祐子氏が外来高血圧患者における仮面高血圧の実態について発表し、JSH2009(高血圧治療ガイドライン2009)の降圧目標達成に向けて、利尿薬を含めた併用療法の重要性を指摘した。

24時間自由行動下血圧測定で判明した慢性腎臓病のリスク

第32回日本高血圧学会総会の高得点演題において、東北大学大学院臨床薬学分野の菅野厚博氏が一般住民を対象とし、24時間自由行動下血圧測定(ABPM)と随時血圧(CBP)によって定義された仮面高血圧、白衣高血圧と慢性腎臓病(CKD)との関係について...

一般口演(全2件)

糖尿病合併高血圧では就寝前血圧のコントロールも重要

10月2日の一般口演で、自治医科大学循環器内科の江口和男氏がJapan Morning Surge-1(JMS-1)研究のサブ解析を発表。

糖尿病合併高血圧では、降圧治療の効果判定に外来血圧よりも...

ステージ4/5の慢性腎臓病(CKD)でバルサルタンが腎複合エンドポイント抑制

第32回日本高血圧学会総会の一般口演で、慢性腎臓病(CKD)患者を対象にARB(バルサルタン)の長期的な上乗せ効果を検討した試験KVT(Kanagawa Valsartan Trial)の結果が・・・

ポスター発表(全1件)

ロサルタン/HCTZ合剤はNon-dipper型夜間高血圧に有用

10月2日のポスター発表で、日本医科大学千葉北総病院循環器内科の雪吹周生氏が、ロサルタン/利尿薬(HCTZ)合剤(商品名プレミネント)が24時間 血圧変動に及ぼす影響および心・腎等の臓器保護作用を検討した...

+++++++ 研究と結果 +++++++
■一般社会では、車や機械などが故障した場合、構造や原理に基づき、原因を明らかにすることから着手して成果を上げます!!!

■そのほうが確実に改善できるからです!!!

■しかし、こと医療の世界となるとその対応は大きく異なります!!!

■戦後64年も過ぎているのに、未だ原因不明と先に聞かされます!!!

■患者は素人ですから、医者から原因不明と言われるとほとんどの場合諦めるようです!!!

■しかし、その中でも最近は徐々に根本的な対応を求める患者さんが増えてきたように思います!!!

■抗がん剤治療や薬害肝炎の問題からも薬の副作用から命を落とすことや俳人になることを学習させられてきたからだと思います!!!


■一方で、免疫学が発達し、病気を治す仕組みがあることも一般に知られてきたからでもあると思います!!!

■民主党に政権が移った現在、代替医療の見直しも始まっています!!!

■問題は、現場の医療従事者に自然治癒の存在を理解していただくための制度を早く確立することです!!!

■それによって箱ものからソフトへと医療改革もシフトするのです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療は激変する!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療は激変する!!!

★民主党の政策に統合医療が盛り込まれている!!!

★民主党のHPより代替医療の項目を紹介する!!!

■本文より

統合医療の確率並びに推進!

漢方、健康補助食品やハーブ療法、食餌療法、アンマ、マッサージ、指圧、鍼灸、柔道整復、音楽療法といった「相補、代替医療について、予防の観点から統合医療として科学的根拠を確立します。
アジアの東玄関という地理的要件をいかし、日本の特色ある医療を推進するために、専門的な医療従事者の養成を図るとともに、調査、研究の機関の設置を検討します。

■民主党マニフェストの詳細版。

http://www.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html


■以上がマニュフェストに書かれた統合医療政策に関する全文でです!!!

★今後急激な改革が進むことになります!!!

★西洋医学だけでは対症療法が中心で原因を見落としてきたからです!!!

★また、長年自民党政治の下で薬事行政オンリーの対症療法で患者は副作用で増されてきたからです!!!

★しかし、統合医療では伝統医学や代替医療を取り込むことで、患者の希望する療法を選択することができるようになります!!!

★歴史に残る事実上の医療改革です!!!

★次期に参議院選挙があるが民主党に勝って頂き、マニュフェストの実現を早急にしていただきたいものです!!!

+++++++ 新着情報 ++++++


★知られざる医薬品副作用被害救済制度!!!


★医師の認知36% 被害者放置の恐れ


★医薬品副作用被害救済制度

2009年10月6日 提供:毎日新聞社


医薬品副作用被害救済制度:医師の認知36% 被害者放置の恐れ

 医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について、運営主体の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)が認知度を初めて調査したところ、制度を「知っている」と答えた医療従事者が37%にとどまった。

 約半数は、書類を作るのが面倒などの理由で、被害者に申請を勧めようと考えていないことも判明。

 医療者側の認識や説明の不足で、救済されるはずの被害が放置されている可能性が浮かんだ。【清水健二】

 健康被害救済制度は、適切に薬を使用したのに入院以上の副作用が出た場合、製薬会社や医療機関に過失がなくても、製薬会社の拠出金から一定額(死亡一時金の場合は約713万円)が支払われる仕組み。

 80年にスタートし、04年には輸血に伴う感染症なども対象に加わった。08年度には690人の被害に計約18億円が給付された。

 PMDAは7-8月、インターネットで一般国民3119人、医療従事者(医師、薬剤師、看護師ら)3438人に制度の認識を調査。

「知っている」とした医療従事者は37%で、43%は「名前は聞いたことがある」にとどまり、20%は「知らない」と答えた。

 薬剤師の7割近くが制度を知っていた半面、医師は36%、看護師は12%しか知らなかった。

 制度の運営主体も41%が厚生労働省だと誤認していた。

 給付を受けるには、診断書作成など医師の協力が必要だが「制度利用を患者に勧めたい」とした医療従事者は半数以下の49%。

 勧めたくない理由は▽書類作成が複雑・面倒▽時間を取られる▽不支給になると患者から責任を問われる--などが多かった。

 一般国民は84%が「副作用被害に遭ったら利用したい」と答えていた。

 PMDAは「医師や看護師の教育課程に救済制度が入っていないことが、医療従事者に十分に浸透していない原因ではないか」とみている。

 全国薬害被害者団体連絡協議会世話人で、PMDA救済業務委員の栗原敦さんは「患者が申請するかどうかは、医療機関の対応に左右される。

 医療機関は多忙な医師に任せず、薬剤師らも活用して組織的に対応してほしい」と指摘している。


+++++++ 一言 言いたい +++++

■医療は誰のためにあるのか!!!

■医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について6割以上の医師が対応していないという!!!

■忙しいということでは理由にならない!!!

■医療は患者を元気にして社会復帰させるたにあるはず!!!

■新しい制度とはいえあまりにも無責任な対応である!!!

■副作用による健康被害に対して保障をしていただくことは患者にとって大変ありがたい仕組みです!!!

■しかし、病気にならないに越したことはありません!!!

■同じ時間を費やすならば予防医学に時間を費やし病気にならない生き方を選択したいものである!!!

■名古屋の河村市長は9月18日の午後に北区に建設中のがんの最先端治療の施設として「クオリティライフ21城北」の建設を凍結し注目を浴びた!!!

■河村市長は凍結後予防医学に力を入れ、健康増進施設に肢体という希望を述べていた!!!

■しかし、その後自民党などの反発を受けている!!!

■箱もの行政が主体の日本から人命を尊重する行政に代わることを期待したいものである!!!

+++++++++++++++++ 給付内容 +++++++++++++++++

●給付内容
(1) 症状に応じて次の3段階の給付金

① 慢性C型肝炎が進行して、肝硬変若しくは肝がんに罹患し、又  は死亡した者 4000万円
② 慢性C型肝炎に罹患した者 2000万円
③ ①、②以外の者(無症候性キャリア) 1200万円

(2) 給付金の支給を受けた後10年以内に症状が進行した場合、追加給付金を支給します。

症状進行の判断は、医師の診断書(別紙様式第三号)により行います。

症状が進行した区分の額から、既に支給された給付金を除いた額を支給することになります。

(例)慢性C型肝炎に罹患し、2000万円の給付金を受け取っていた方が、症状が進行し、肝がんとなった場合
(肝がんの場合の給付金額) (既に給付を受けた
金額
(慢性肝炎の場合))  (追加給付金額)
4000万円 - 2000万円 =    2000万円

6.請求手続
(1) [裁判所で和解・調停が成立または判決が確定し、給付金を請  求する場合に必要な書類]
① 本人または相続人が給付金支給請求書(様式第一号(PDF形    式))により、直接、当機構に請求してください。(こちらか  らダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.裁判所の確定判決若しくは和解・調停の正本または謄本
  (その他確定判決と同一の効力を有するもの)
イ.住民票の写しその他の給付金支給請求書に記載した事実を証   明する書類
(2) [給付金の支給後に症状が進行し、追加給付金を請求する場   合に必要な書類]
① 本人または相続人が追加給付金支給請求書(様式第四号(PDF形  式))により、直接、当機構に請求してください。(症状が進  行したことを知った日から3年以内)
 (こちらからダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.症状が進行したことを証明する医師の診断書(様式第三号(PDF形式))
イ.住民票の写しその他の追加給付金支給請求書に記載した事実を証明する書類

※ 親権者または相続人の方が請求する場合は、戸籍抄本または謄本や遺言書等が必要となる場合がありますので、ご相談ください。

(3) 請求先
給付金支給請求書(追加給付金支給請求書)及び上記添付書類を添えて、下記の住所に郵送してください。

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル10階
(独)医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 特定救済課 宛

(4) 給付金の支払い
請求書類等を受付、必要事項等を確認後、給付金支給通知書(追加給付金支給通知書)及びご希望により振込通知書を発送いたします。

支払い方法につきましては、請求書に記載された指定の口座にお振り込みいたします。

7.請求期限
(1) 給付金の請求は、(2)の場合を除き、法施行後5年以内です。(平成20年1月16日から平成25年1月15日まで)
(2) 給付金の請求は、法施行後5年が経過した時点で裁判中の場合には、その終了後1月以内です。

特定フィブリノゲン製剤又は特定血液凝固第Ⅸ因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染したことを原因とする損害賠償についての訴えの提起又は和解若しくは調停の申立てを平成25年1月15日以前にした場合においては、当該損害賠償について判決が確定した日又は和解・調停の成立した日から起算して1月以内に請求を行ってください。

(3) 追加給付金の請求は、請求される方が、症状が進行したことを知った日から3年以内です。

8.問い合わせ先
給付金の請求手続等につきまして、ご不明な点等がございましたら、下記の給付金支給相談窓口までお気軽にご相談ください。

  給付金支給相談窓口

電話番号
 0120-780-400 (フリーダイヤル)
受付時間
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前9時から午後6時まで
++++++++++++++++++++++++++++++++
■医薬品副作用被害救済制度が執行されたということはそれだけ薬の副作用で医療過誤の問題が後を絶たず、訴訟問題が頻発するようになったからです!!!

■しかし、救済制度を設けたから良いという問題ではなく、政府としては国民が病気にならないように
予防医学に方向転換していくはずです!!!

■予防医学を行うことで病人が半減され、国民は健康で長寿社会が創造されるからです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療危機の原因!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療危機の原因!!!

★医師増だけでは崩壊する!!!

★「医師を増やせば患者も増える」

★慢性疾患(生活習慣病)に被害多発!!!

★高血圧症や糖尿病や乳癌や肺がんや前立腺がんや脳腫瘍やリウマチや花粉症やぜんそくなどの病気は過剰なストレスを受けて発症しています!!!

★ストレスは全身を硬直させ骨格をゆがめます!!!

★そのため、血管や神経やリンパ管も圧迫されます!!!

★血管が圧迫されると血流が悪くなり、細胞に栄養を帆子部ことができなくなります!!!

★また、神経が圧迫されることで腰痛や坐骨神経痛や肋間神経痛や三叉神経痛など様々な痛みが出ます!!!

★さらにリンパ管が圧迫されることで老廃物を処理できず腫瘍の材料が滞留し癌体質になります!!!

★患者を一人の人間として、一人の医師がトータル的な視野で診断できればすぐに理解できることですが、現状では細分化された狭い視野の専門医が担当し、正しい診断を期待できません!!!


★その欠点を補うために、チーム医療を行うという!!!

★このチームに視野の狭い医師だけでチームを組んでも見落とす点が多い!!!

★その原因は、診断を機械任せにし、触疹のできる医師がほとんどいなくなった点にある!!!

★病気の診断は画像検査や血液のデーターだけでは不十分だからである!!!

★また、多くの医者は病理学を診断の基準にしているため、病状に病名をつけて診断する!!!

★しかし、病状とは、身体の歪みや血液の滞りによって出る生体反応であり、病状そのものは病気ではない!!!

★よって、解熱鎮痛剤や免疫抑制剤で病状を抑制しても病気は治らないのだ!!!

★それどころか、血圧降圧剤にも糖尿病治療薬に抗コレステロール薬にも抗生物質にも抗がん剤にも重大な副作用があり、素直な患者ほど病状は複雑になる!!!

★複雑な病状を消すために新たな抑制剤を投与する!!!

★まさしく「モグラタタキ」であり「イタチゴッコ」である!!!

★よって、現状のままで医者を増やしたところで医者は楽にならないどころか、薬の副作用で新たなb様気がつくられることを知る患者は日増しに多くなり、今後は訴訟問題が頻発する!!!

★また、ファイザー製薬の課題広告の違反問題の様に多額な違反金が支払われるケースも増えるはず!!!

★薬の処方箋は薬剤師に任せるなど法整備を行う必要がある!!!

★現状では、薬剤の知識がない医者でも処方箋を出すことができる!!!

★ここに、欧米との開きがある!!!

★欧米では、医師も薬剤師も整体師もみなそれぞれの専門の   立場で診断に関わっている!!!

★しかし、日本では整体に知識のない医者が堂々と批判する!!!

★それを多くの患者は信用する!!!

★日本では医者はなんでも知っているというイメージができているからだ!!!

★病状は病気ではない!!!

★狂った身体を元に戻そうとして出ている生体反応なのである!!!

★ゆえに、生体反応の謎を知れば病気は予防できるのである!!!

++++++ 新着情報 +++++

チーム医療の推進に関する検討会

「医師さえ増やせば問題解決、との考えは単純すぎる」◆Vol.2

国立国際医療センター総長・桐野氏、医師と看護師の役割分担の必要性強調

2009年10月6日 橋本佳子(m3.com編集長)

 厚生労働省の「チーム医療の推進に関する検討会」の第2回会議が10月5日開催され、国立国際医療センター総長の桐野高明氏と、近大姫路大学学長(前国際看護師協会会長)の南裕子氏へのヒアリングが行われた(会議の配布資料は検討会の資料は厚労省のホームページに掲載)。

2人とも異口同音にチーム医療の推進、中でも看護師の役割・業務範囲を見直す必要性を指摘した。

 桐野氏は、「医師不足であることは確か。

しかし、養成数さえ増やせば、診療科あるいは地域による医師の偏在が解決すると考えるのは、誤りではないが、単純すぎる」と指摘。

その上で、問題解決には、専門医制度の確立と、チーム医療の推進が必要であると指摘した。

「これまで医師の業務は増大してきたが、将来的にも医師だけで担っていこうという考え方は非現実的であり、副作用が大きい」とした。

「副作用」とは、詳細は後述するが「医師の専門性の希釈」という意味だ。

 それに続くディスカッションでも、医師と看護師の業務分担を中心に進められた。座長の東京大学大学院医学研究科教授の永井良三氏は、「今日はインテンシブ・ケア(手術、ICU、術後管理など)に関する議論を行う」と述べ、ナースプラクティショナーをめぐる議論にも発展、諸外国で活躍している現状が紹介された。

 もっとも、本検討会の着地点は、今日の議論でも見えず、ナースプラクティショナーという新しい資格制度を作るのか、あるいは通知等による看護師の業務範囲の拡大にとどまるのか、さらには看護師以外の職種も含めたチーム医療の実践を支える制度作りを提言するのか、といった点は不明だ。

 次回の会議は10月13日。今年内は月2 - 3回という早いペースで、検討会を開催する予定になっている。

 「臨床研修制度は“積み将棋”の最後の駒」

 桐野氏は、今の医療崩壊、特に病院医療の危機の原因について、「2004年の臨床研修制度が原因と指摘されるが、"積み将棋"の最後の駒にすぎない。

研修制度は病院医療の混乱を招く結果となったが、それまでの積み方が悪く、『何とか立っている状態』だった。つまり崩壊の根本原因は脆弱な医療基盤にある」との見解を示した。

 その上で、自らの専門である脳神経外科を例に挙げ、「他の先進諸国と比べて、脳神経外科医が多いことは事実だが、複合的要因がある」とした。

「複合的要因」として、桐野氏は、先導者が後進の育成に熱心だった、隆盛期にあり、若手の関心が強かった、救急や脳卒中の現場で診療を担当できる医師は脳神経外科医しかいなかったといった事情のほか、「患者への説明や書類作成なども含め、増加し続ける業務に対して、努力して若手医師の増員を図り対応することが最も有効な解決法だった」を挙げた。

 その結果、生じたのが「医師の専門性の希釈」だ。医師の全体業務は増えるものの、手術など専門的な業務は、それに比例するほどには増えない。

多数の脳神経外科医が専門的業務を切り分けて行うようになっているのが現実であり、一人当たりの専門的業務量は減少するという論理だ。

「特に外科系では、チーム医療は必然であり、それを行わずに医師を増やすと、結果的にその診療科の魅力を失ってしまう。欧米の制度がいいとは限らないが、専門性の高い業務を他の職種に委譲している。

こうした業務分担には、医師の専門性を希釈させないためにどうするか、という判断が入っている」(桐野氏)。

 「医師、コメディカル」の代わりに「ヘルス・ケア・ワーカー」

 もう一つのヒアリング対象者、南氏は、「医師とコメディカルという言い方をされているが、すべての職種を含めて『ヘルス・ケア・ワーカー』(ヘルス・ワーカー)と呼ぶのが世界的な動き」と指摘した上で、相互の協働と連携で、チーム医療を進めていくことが現在の問題解決につながるとした。

ヘルス・ワーカー(health worker)とは、WHO(世界保健機関)の「World Health Report 2006」では、「健康を強化することを第一義の目的にしているすべての従事者」と定義され、専門職以外も広く含まれるという。

 その上で、南氏は、「看護師は、キュアとケア、診療上の補助と療養上の世話の両方の機能を兼ね備えた職種」であることを強調。

医療需要が、患者への医療に加えて、患者予備軍、さらには健康な人に対する予防医療などの比重が増している現状を踏まえ、「医師の仕事を肩代わりするのではなく、国民のニーズの変化に、キュアとケアの両面から看護師が対応することが適切という発想が必要」とした。

 南氏は、ナースプラクティショナーが世界的に広がっている現状、専門看護師・認定看護師制度にも触れ、日本学術会議「医療のイノベーション検討委員会」が2008年6月26日にまとめた「要望」で、「現在、医師のみが実施し得るとされている医療行為の一部について、看護師など、適切な教育を受け、必要な知識と能力を有する他の職種に委譲していくことについて、速やかに検討すべきである」と提言していることを紹介した。

 医師法、保助看法の制度疲労を指摘する声が多数

 チーム医療の実践の必要性は誰もが認めるところ。そこで問題になるのが、どの職種が、どこまで実施するか、その法的根拠は何か、さらには安全性の担保や責任の所在をどうするかという点だ。

 座長の永井氏は、桐野氏に対して、「看護師に業務を担ってもらう場合、(保助看法で定める)『診療の補助』で対応可能なのか、ナースプラクティショナーなどが必要なのか」と質問

 これに対し、桐野氏は、「手術、ICU管理、救急医療などでのチーム医療では、法律の読み替えで対応できる範囲を超える処置などを要求する場面が出てくる。

現状の医師法、保助看法では、限界が生じる場面が出てくると思う。本格的な見直しをやるのであれば、欧米諸国のような、資格制度を導入する必要ではないか」と答えた。

 そのほか、「医師法、保助看法は約60年前に制定されたものであり、これまで読み替えで対応してきたが、パラダイムシフトも必要なのではないか」(朔元則・国立病院機構九州医療センター名誉院長)など、通知等での対応の限界を指摘する声が上がった。

 一方で、昭和大学救急医療教授の有賀徹氏は、「医療現場では、医師とスタッフの信頼関係で判断しながら、相当程度、チーム医療は進んでいる。

『診療の補助』と『療養上の世話』で、相当程度、対応できるのではないか。

チーム医療のトップランナーに検討会に来てもらい、現状ではどうしても対応できないことを議論してもらえばいいのではないか」とコメント。

法体系等で精密なルール作りを進めると、かえってやりにくくなる側面があるという意見とも受け取れる。

もっとも、チーム医療の必要性は有賀氏も認めるところであり、「こうした議論はもっと以前からやるべきだった。

また、薬剤師や管理栄養士など、様々な職種が関係してくる問題」と述べ、幅広い視点からの「チーム医療」の議論を求めた。

***** 一言 言いたい *****
■チーム医療も重要ではあるが、患者自身が自分でできることは自分で治せる方がもっと良い!!!

■さらに、病気の原因を解明し、予防をすることで病気にならない方が患者側にとってもっと良いはずだ!!!

■政権も変わったこともあり、この辺で半世紀以上にわたって維持してきた医療にかかわる法律も見直すことが大切だと思うのは私だけではない様である!!!

■現に、長妻厚生労働大臣は、実力を重視し、民間の感覚である「成果主義」を初めて導入すると発言している!!!

■医者に遠慮せず思い切った改革を断行していただきたいものである!!!

■病気を治すのは医者ではなく、患者自身の回復力で決まるからである!!

■ゆえに、病状を抑えることで免疫力や血液循環までも悪化される前に、血液を浄化し、歪みを改善することを選択するべきなのである!!!

■これが最も早く確実に病気を防ぐ方法だからである!!!

■従って、この様な制度に反対する医者はリストラの対象とするべきである!!!


■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★テロメア解明でノーベル賞受賞!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★テロメア解明でノーベル生理学・医学賞、米国の3氏が受賞!!!

★「テロメアとテロメアーゼ酵素の解明で!!!

 【パリ=古谷茂久】スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2009年のノーベル生理学医学賞を、米カリフォルニア大サンフランシスコ校のエリザベス・ブラックバーン教授(60)と米ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グライダー教授(48)、米ハーバード大のジャック・ショスタク教授(56)の3氏に贈ると発表した。


 授賞理由は「テロメアとテロメラーゼ酵素によって染色体が保護される仕組みの発見」。

生物の細胞は老いるとなぜ自発的に死ぬのかなどの解明に役立ち、抗がん剤などの開発にもつながる成果として評価された。


 細胞の中には遺伝情報を書き込んだひも状の染色体がある。

3氏は染色体の末端にある「テロメア」という部分の働きを解明。

テロメアが染色体を保護し、細胞の寿命をつかさどっていることがわかった。

細胞が分裂を繰り返すとテロメアは少しずつ短くなり、ついには分裂できなくなって細胞は死んでしまう。(05日 22:47)

+++++++ 細胞の寿命と人間の寿命 +++++

■今回のノーベル賞の受賞で、細胞死の原因が解明された!!!

■鳥取大学医学部の押村光雄教授らの研究グループは、人間の腎ガンの培養細胞に三番目の染色体の一部を注入するとテロメラーゼ酵素の働きが抑えられることを発見している!!!

■テロメラーゼが働かなくなったガン細胞は老化して死滅したという!!!

■しかし、細胞死がそのまま人間の寿命にはならない!!!

■死んだ細胞が怪我が治るように新しい細胞に代謝できるからである!!!

■なぜ細胞が早く死ぬか、なぜ細胞の中でテロメアの働きに変化が起きるのかという視点からみると毛細血管の退化との関連が浮き出てくる!!!

■つまり、過剰なストレスとのかかわりで、毛細血管が委縮し、細胞内でガス交換ができず二酸化炭素が充満する!!!

■授賞理由である「テロメアとテロメラーゼ酵素によって染色体が保護される仕組みの発見」も、毛細血管の機能如何で変わる!!!

■毛細血管が委縮し閉塞状態ではテロメラーゼ酵素という酵素反応も妨げされる!!!

■問題はストレス反射に関する対応を十分行うことで100まで健康で生きられるのである!!!

■毛細血管の寿命が人間の寿命であるからだ!!!

■毛細血管の働きが正常であれば、クエン酸回路も働きエネルギーがつくられ、ガス交換もできる!!!

■また、皮膚呼吸や発汗も正常になる!!!

■犬や猫には汗腺がなく彼らは舌で発汗の代わりをしている!!!

■人間も皮膚呼吸が悪化し汗腺が詰まると口呼吸が盛んになる!!!

■口呼吸は、犬や猫と同じように皮膚での呼吸や発汗ができず、細胞内の環境が悪いことの表れであり、テロメアとテロメラーゼ酵素の働きも悪い状態を表している!!!


■ゆえに、人の健康も長寿も薬ではなく、心身とみに健全でなければならない!!!

■それが金さん銀さんに象徴されている!!!

■金さんも銀さんも無長生き舌がテロメアもテロメラーゼ酵素の働きも知らずに昔ながらの生活をしてきただけ!!!

■感謝の気持ちで毎日楽しく暮らすことが健康の基である!!!

■リラックスすることで末端まで酸素が回りガス交換もできるからである!!!

■ゆえに皮膚は寿命を表すとい言い、血色は命そのものなのである!!!

■血色のいい人はテロメアもテロメアーゼの働きも健全なのである!!!

■重要なことは、ストレスで汚れた血液や歪んだ骨格が大血管やリンパ胸管を圧迫し、循環障害の原因であることに気がついていないことである!!!

■ゆえに、鎖骨の歪みは、大血管を圧迫し、大循環を悪くするので、全身に行き渡らず、多くの細胞が壊死する原因となる!!!

■クエン酸回路と同様にテロメアもテロメアーゼ酵素も正常に働くには鎖骨や骨盤の歪みを改善しなくてはならないのだ!!!

■しかし、今回の受賞の様に、重箱の隅ばかりの研究にスポットが当たり、全体の大きな障害には当たらない!!!

■これが、そのまま薬の開発に依存する体質をつくり、原因を見落とす要因となっているのだ!!!

■毎年10月にはたくさんの研究発表が行われている!!!

■しかし、多くの研究は、研究者のための研究であり、病気を治すことや病人を助けられる様な論文は少ないのが現状である!!!

******** 新着その2 *************

★元財務・金融相の中川昭一氏(56)の死因!!!

★中川氏は9月の衆議院選で落選した後不眠症になり深酒と睡眠薬に依存していた!!!

★3日自宅で亡くなったが、外傷はなく、死因を病理解剖で追及している!!!

★中川氏は最近、不眠を訴えて通院しており、睡眠薬を処方されていたことが既に判明している。

★睡眠薬とみられる錠剤が寝室の机の上や引き出しの中から見つかり、ベッドの上には嘔吐(おうと)した跡があったという。

★同庁は睡眠薬の服用と死亡との因果関係についても調べている。(05日 21:01)


********* 新着その3 *********
★新型インフルエンザ致死率!!

★季節性並み 従来の10分の1 米チーム解析

★アジアかぜ」並みの0・5%から0・045%に変更!!!

2009年9月30日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:致死率、季節性並み 従来の10分の1--米チーム解析


 新型インフルエンザの致死率は毎年流行する季節性インフルエンザと同程度の0・045%とする分析を、米ハーバード大などの研究チームがまとめ、米医学サイト「PLoS Currents」に発表した。

これまでは、1957年から流行した「アジアかぜ」並みの0・5%程度とみられていた。

 研究チームは、4-7月、米ミルウォーキーなど2市で入院した感染者、入院していない感染者のデータをもとに、通院しなかった人も含めた発症者を推計した。従来の解析では、確定診断を受けた患者に対する死者の割合を致死率として計算していた。【永山悦子】

+++++ 一言 言いたい +++++
■死亡率が変更となったことはそれだけで安心の材料である!!!

■問題は、確率が低くても亡くなる人があるということです!!!

■その点生活習慣から見直すことや骨格も含めた予防対策を行うことは心がけた分だけ安長生きできるのです!!!

■その点統計学では不十分ですし、誰が亡くなるのか誰が長生きするのかも解りません!!!

■重要なことは、それぞれが命を守ることが重要なのであり、そのために必要な情報を提供することを期待御したいものです!!!


■西洋医学の対応に疑問を感じ、他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!
ストレスとの関わりが病をつくる!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★糖尿病治療薬で心筋梗塞になる!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★糖尿病治療薬で心筋梗塞になる!!!

★日本では戦後生活の洋風化にともない、糖尿病患者が急増している!!!

★西洋医学では対症療法としてグルファスト錠を糖尿病治療薬として処方することがある!!、

★その副作用で心筋梗塞が5%の割合で発症していることが明らかになっている.

★しかし、正しい副作用を知らされずに服用するケースが後を絶たないでいる!!!

★実際、病院から処方されている内容と薬剤師が用いている辞書に書かれている副作用を調べてみると重篤な副作用が記載されておらず、その違いが大きいことが解る!!!

■ある病院から出された処方箋の記載内容*****

 ①膵臓に作用してインスリンの分泌を促し、食後の血液の上昇を抑える即効、短時間型の薬です。

 ②副作用:腹部膨満、便秘、下痢、空腹感など消火器の症状、頭痛など
 
 ③まれに、発疹、皮疹荷続く食欲不振、だんだん強くなる吐き気、白目が黄色くなるなどの症状とある。

※しかし、実際に辞書を調べるととんでもないほど重大な副作用があることが知られているのだ!!!

■重大な副作用;低血糖、低血糖症状、眩暈、空腹感、振戦、脱力感、冷汗、意識消失著しいAST・GOT・ALT・GPT上昇、GTP上昇など、肝機能障害 ”心筋梗塞”低血糖症状、眩暈、空腹感、振戦、脱力感、冷汗、発汗、悪寒、意識低下、倦怠感、動悸、頭重感、眼のしょぼしょぼ感、嘔気、気分不良、しびれ感、眠気、歩行困難、あくび、ピルビン酸上昇、BNP上昇

■その他の副作用:口内炎、口渇、胸やけ、嘔気、嘔吐、胃不快感、胃炎、胃痛、胃潰瘍、胃腸炎、腹部膨満、腹痛、放屁増加、下痢、軟便、便秘、空腹感、食欲不振、食欲亢進、湿疹、皮膚そう痒、皮膚乾燥、背部痛、筋肉痛、関節痛、下肢痙直、頭痛、眩暈、眠気、不眠、しびれ感、緊張亢進、耳痛、胆嚢ポリープ、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、総ビリルビン上昇、心拡大、動悸、心室性期外収縮、高血圧悪化、血圧上昇、咳、咽頭違和感、かぜ症候群、腎嚢胞、頻尿、尿蛋白、尿潜血、倦怠感、脱力感、冷汗、ほてり、浮腫、脱毛、眼のしょぼしょぼ感、胸部不快感、胸痛、右季肋部痛、四肢痛、体重増加、乳酸上昇、遊離脂肪酸上昇、総コレステロール上昇、LDL-コレステロール上昇、トリグリセリド上昇、尿酸上昇、CK上昇、CPK上昇、カリウム上昇

++++++ 一言 言いたい +++++

■日本人は勤勉でまじめで努力家が多い!!!

■そんな、まじめな日本人を病院がごまかして処方していることが明らかになっている!!!

■患者はそれでも医者を信じて病院へ行く!!!

■糖尿病の治療をしているはずが、いつの間にか心筋梗塞になる人が5%も出る。

■5%というと100人中5人も出ることである決して少ない数字ではは無い!!!

■その原因は処方箋に真実が記載されていないため、内容を信じて薬を服用する人が多いからである!!!

■これが明治以降続いてきた「薬事行政」のやり方である!!!

■従って、患者は、処方箋の内容を客観的に確認してから服用を始めてほしいものである!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★治せない医者は空しい!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★治せない医者は空しい!!!

★ 医療関係団体のぼやき!!!

「開業医も過重労働」日医調査、苦悩・不安など明らかに

開業して労働時間「過重になった」が4割、医療水準への満足度も低い傾向

2009年10月1日 村山みのり(m3.com編集部)

★日本の医療は、長年続いた自民党政策の下で原因から治す治療ではなく、ひたすら薬漬けにする対症療法を中心に習慣化しています!!!

★病状に病名を付けては対症療法で免疫を抑制するという治療です!!!

★免疫を抑制される患者はいずれ免疫疾患となって感染症やがんなど重篤な病気にかかりやすくなります!!!

★このままの医療では医者を増やし医療費を増やしても患者は増えるばかりです!!!

★風邪薬でも人を殺す力があるのです!!!

★菌を殺すということは悪い菌ばかりが殺されている訳では無く善玉の腸内細菌も殺されるのです!!!

★解熱鎮痛剤でも同様です!!!

★したがって医者の言いなりになって早期発見早期治療ではなく、なぜ病気になるのかを学び病気にならない生き方を選択するべきなのです!!!

★その点、名古屋河村市長は力説しています!!!

★1日、乳癌の検診と早期治療を呼び掛ける「名古屋城ピンクリボンライトアップ」の記者発表にて「がんにかかっている人も大事だが、ならんようにしたらもっといい。予防に力を入れる曲がり角。わしはそこに力を入れたい」と予防医療を進める考えを示しました!!!

★さて、時代は変わって乳癌の治療にも最先端の技術が取り入れられています!!!

★一部の病院ではドーム型のベッドに横になった状態で画像検査を行い、癌細胞が見つかったらその場で超音波を照射して焼くという治療法が行われるようになりました!!!

★従来のように手術・抗がん剤・放射線という3大療法の時代から活性化リンパ移入療法という時代を経て、今超音波でB焼くという時代になったのです!!!

★確かに便利になったこの超音波療法ですが、9月18日に名古屋河村市長が凍結を表明した「陽子線治療」と同様できた原因までは治巣ことはできず再発を繰り返すことになるのです!!!

★その割に費用は超音波療法で1回150万~180万円で大きさは2cmまでで、陽子線治療は1回300万円と保険も効かず高額である!!!

★どんな病気にも必ず原因はあるものです!!!

★医者に余命半年といわれても10年も20年も元気で生きている人もたくさんおります!!!

★あわてず確かな方法を選択することです!!!

★確かな方法とは、病気にならない生活を維持することです!!!

★具体的には、血液が汚れやすい肉、魚、卵、牛乳、砂糖などはできるだけ食べない様にすることです!!!

★また発病の陰には必ず過剰なストレスが関わっています!!!

★そのストレスで全身の筋群は硬直し、血管や神経やリンパ管までが圧迫されています!!!

★そのため、全身の骨格にもストレスがかかり、全身が歪みます!!!

★歪んだ骨格がさらに大血管や大神経やリンパ節や胸管など大リンパ管を圧迫します!!!

★この様な状態で新陳代謝が狂い病変組織がつくられ、病変組織を除去するために免疫反応として病状が出てくるのす!!!

★従って、免疫抑制剤で病状を止めることは除去反応を止めることにもなるのです!!!

★除去反応がとまると病状が消えるなど位置的に楽にはなりますが、病変組織は除去されず滞留するようになります!!!

★その結果、新たな病変組織がつくられます!!!

★これが癌では、耐性癌とよばれ敬遠されています!!!

★偶然できる病気など存在しません!!!

★どんな病気にも必ずストレスが関わっているのです!!!

★従って、できた病気にばかり気をとらわれるのではなく、根本的な対応を選択するべきなのです!!!

★名古屋河村市長の先見性に期待したいものです!!!

★西洋医学の治療に疑問を感じ、安全なだお鯛医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!!!

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

+++++ 新着情報 +++++
■治せない病院は崩壊する!!!

■治せない医者は苦労する!!!

■病気を原因から対応し、患者を減らせば楽しくなるはず!!!

■本当の医者はそう思うはず!!!

■しかし、実際、理想的な医者はほとんどいない!!!

■医療の中には、病気は治らないものとする悪い習慣がある!!!

■明治以降続いた伝統ある対症療法では薬の副作用で長くかかわるほど病状は複雑になり、薬の数も増える!!!

■医者が熱心に対症療法を行いと製薬会社が努力せずに儲かる!!!

■新たな病状を抑えるために次々と薬が盛られていくばかりである!!!

■この仕組みを「薬事行政」といい、薬を売って医療経済を高めることが目的で、患者を減らすことが目的ではない!!!

■政権が変わった現在、矛盾だらけの医療にメスを入れ、治せる医者をほめたたえ、治せない医者をリストラする程度の成果主義の市場原理を導入し、患者を半減する様な判断を下してほしいものです!!!

*************************

「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」
(担当常任理事:中川俊男氏)

 日本医師会は、財政制度等審議会の「病院勤務医の厳しい勤務環境およびそれを背景とした医師の病院離れ(開業医志向)」があるとの指摘等を受け、「開業動機と開業医(開設者)の実情に関するアンケート調査」を実施した。

病院勤務医が過重労働を主な理由として開業を志向しているのか、また開業医が病院勤務医に比べて時間的・精神的・経済的に恵まれていると言えるのかについて、実態の把握を目的としたもの。

調査期間は2009年7月28日-8月28日、有効回答数は1984(診療所1861、病院123)。

 回答結果のうち、開業動機については「自らの理想の医療を追求するため」が42.4%で最も多く、次いで「勤務医または研究者としての将来に限界を感じた」が35.1%、「経営も含めてやり甲斐を感じた」26.3%、「精神的ストレスに疲弊」21.0%、「過重労働に疲弊」18.6%、「家族の事情」が17.7%だった。診療日数については、全体の平均では無床診療所(n=1622)は4.95日、有床診療所(n=212)では5.25日。

なお、年齢が50歳代以下の回答者では、無床診療所は5.03-5.07日、有床診療所5.29-5.75日だった。

中川氏は、「開業医は通常の診療に加えて、夜間診療や往診、地域医療活動も行っている」と指摘した。

 開業後の業務負担の変化について、労働時間が「過重になった」とする回答は41.6%。

「同じくらい」は17.5% 、「軽減した」は35.6%だった。また、精神的ストレスについては54.4%が「強くなった」と回答し、「同じくらい」は17.8% 、「軽減した」は22.2%だった。

なお、勤務医時代より開業後に負担が増した業務の内訳としては、診療面ではレセプトの作成・チェック(52.2%)、自身の医療水準維持(49.5%)、レセプト以外の書類作成(38.3%)、管理面ではスタッフの採用(65.1%)、機器等のメンテナンス(48.5%)、スタッフの教育・育成(48.3%)が上がった。

 開業後の達成感・満足度について、診療における達成感は「高い」が48.1%、業務全般については53.3%とおおむね半数程度だった。

一方、自身の医療水準への満足度は「高い」は24.0%に留まり、「低い」の38.6%を下回った。

また、自身の今後への不安について、経営全般に対しては「不安」とする回答が66.5%だった。「休業時の収入確保」については83.1%、「引退後の収入確保」については72.8%が「不安」と回答した。

経営状態については、診療所の56.9%が「患者数が減少した」とし、また院長給与も個人診療所の57.8%、医療法人診療所の47.9%が「減少した」と回答している。

 中川氏は、「回答結果や自由記述欄から、開業医が勤務医にはない経営責任を負い、過重労働、精神的ストレスにさいなまれており、経営状態の悪化がこれに追い討ちをかけていることが明らかになった」と指摘。

また自身の医療水準への満足度において「低い」が「高い」を上回ったことを問題視し、開業医が研修に参加する際のバックアップ体制も含めた環境づくりの必要性を強調した。

日医生涯教育制度実施要綱の改正:認定証に3年の有効期限表記
(担当常任理事:飯沼雅朗氏)

 日本医師会は、生涯教育制度実施要綱の改正を行った。新制度は来年4月から実施される。

 会見の冒頭、飯沼氏は朝日新聞の記事『開業医の認定制、医師会が来春導入 3年更新で質底上げ』(2009/09/27)について、「誤解を招く表現。不審に思った会員も多いのでは。

日医が開業の可否を認定することはないし、また同制度は開業医のみではなく、医師全体を対象とした制度。正確な報道を心がけてほしい」とコメントした。

 改訂後の制度では、生涯教育カリキュラム<2009>のうち30単位以上かつ30カリキュラムコード以上の取得者に認定書が発行される。認定書には3年間の有効期限が表記される。

なお、従来1年毎に発行していた修了書は発行せず、代わりに単位取得証を発行する。

更新の期間を3年間、必要取得カリキュラムコードを30とした理由として、飯沼氏は「自分で選択して学習する量として妥当かと考えられるため」と説明した。

 単位は(1)日本医師会雑誌を利用した回答(アセスメント付)、(2)日本医師会e-ラーニング、(3)講習会・講演会・ワークショップ・学会等、(4)医師国家試験問題作成、(5)臨床実習・臨床研修生度における指導、(6)体験学習(共同診療、病理解剖見学、手術見学等の病診・診診連携の中での学習)、(7)医学学術論文・医学著書の執筆、に対し付与される。

カリキュラムコードは全84種(専門職としての使命感、医療制度と法律、発熱、急性中毒、外傷、腰痛、気分の障害(うつ)、糖尿病、終末期ケアなど)から選択する。

 なお、制度変更に伴う暫定措置として、2009年度の修了証(2010年10月1日付)を発行した医師全員に認定書(2010年12月1日付、有効期限2013年11月30日)が発行される。

+++++ 原因を知れば予防ができる +++++
■予防をできるということは原因を理解しているから可能となる!!
■その点、医師の研修内容に問題があるし、患者が本当に必要としている治療法は原因から改善する方法である!!!

■発病の原理やその背景に潜むストレスにどのように対応するかで医者の能力が決まることになる!!!

■しかし、各科ごとに分かれての対応ではそれも満足に学習できない状態である!!!

■古い常識やしがらみを断ち切り、焼くに立つ新たな医学を求めたいものである!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::予防医学で救われる!!!


   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード