大沼四廊代表理事プロフィール NRT自然免疫活性療法とは? 自然治癒の原理とは? 全国の支部・支所のご案内 ナチュラルメディスンホームページ
大沼代表理事の書籍紹介 自然治癒症例一覧 予防医学セミナーのお知らせ 専門家養成講座 大沼四廊代表理事のNRT健康通信


大沼代表理事 大沼四廊代表理事が20年以上にも渡り研究を重ね開発した【NRT自然免疫活性療法】で今までの病院などでは治らないとまで言われた病や、医学の常識を超え、これまで約200種類もの難病を自然治癒力で克服した数々の証明と症例の実績があります。

大沼 四廊代表理事のこれまでの著書はこちら
【『がんの盲点~白血病はがんではない~』その他…】

中部経済新聞掲載の過去記事
(これまでの記事をご覧になるには、こちらをクリック⇒【バックナンバー】

■名古屋予防医学セミナー ⇒【詳細はこちらをクリック】

 (名古屋セミナーでは、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。そして、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)

ブログ内での投稿は、各記事下の日付の横の 「 コメント: 」 部分をクリックしていただければ、投稿画面に変わります。

★どうなるニッポンの医療!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★どうなるニッポンの医療!!!

★混合診療は認めず”、患者側が逆転敗訴

★現状では、保険医療と保険外診療を併用することですべての治療費が保健の対象外となる!!!

★これは保険法に違反するのではないかと患者側が控訴した!!

★結果は従来通り国側が勝った!!!

★それでは、何のために保険をかけてきたのか、その権利はどう保障されるのかという問題が残る!!!

+++++  号外  +++++

2009年09月29日

(2009年9月29日17時40分配信)

 「主文。原判決を取り消す。被控訴人の請求を棄却する。訴訟費用は、1、2審とも被控訴人の負担とする」

 9月29日、東京高裁で腎臓がん患者である清郷伸人氏(62歳)が、混合診療の場合でも、保険の給付を受ける権利があることを求めた裁判で、9月29日、東京高裁はこのような判決を下しました。

「原判決」とは、「被控訴人」である清郷氏が勝訴した、つまり混合診療を認めた一審判決。

一転して控訴審では、一審判決が覆り、清郷氏の敗訴となりました。

 清郷氏は判決後の29日午後3時から開催された記者会見で、「判決には失望したが、予想通りだった。

控訴審の最初から、一審とは明らかに異なる訴訟指揮だった。すぐに上告をする」との感想を述べました。

 清郷氏は2001年1月に左腎臓摘出手術を受けましたが、骨転移が見られたため、同年9月から神奈川県立がんセンターで、保険診療のインターフェロン療法と、保険外診療の活性化自己リンパ球移入療法(LAK療法)の併用療法を受けました。

しかし、混合診療に当たるとされ、治療開始から約4年後の2005年10月、併用療法の中断を余儀なくされました。

このため、清郷氏は、インターフェロン療法については保険給付(療養の給付)の対象であることを求めて、2006年3月に国を相手に提訴。

 2007年11月7日の東京地裁判決では、「(保険外診療の)活性化自己リンパ球移入療法が併用された場合でも、インターフェロン療法については健康保険法の適用がある」と判断、混合診療を認めた判決となりました。もっとも、混合診療の是非そのものについては判断されませんでした。

 この判決が控訴審で覆ったわけです。

代理人弁護士の本田俊雄氏は、「控訴審判決では、一審判決にあまり触れられていない」と断った上で、「一審では保険受給権を奪うには、明文化された規定が必要としている。

一方、控訴審判決では、判決文には明記していないが、1984年の特定療養費制度(現在は保険外併用療養費制度)の反対解釈として、混合診療を禁止していると判断していると読み取ることができる」と説明。

 要は、清郷氏が受けた診療内容をめぐる議論ではなく、特定療養費制度等についての解釈論になっているわけです。

一審と控訴審では、特定療養費制度の解釈などが異なったわけですが、その理由については、判決が出た直後の記者会見であり、本田氏はこれ以上踏み込みませんでした。

 清郷氏は、「私は混合診療の全面解禁を求めているわけではないが、一定の条件の下であれば解禁すべき。

世界的に標準的になっている治療法の場合、インフォームドコンセントが行われ、医師と患者の間で同意が得られれば、混合診療を認めるべき」との見解です。ここで言う「世界的に標準的になっている治療法」とは一般論であり、LAK療法に限定したものではないとのこと。

LAK療法は、2006年3月までは高度先進医療として認定されていましたが、同年4月に認定が取り消されています(そもそも神奈川県立がんセンターは特定承認保険医療機関としての承認を受けていなかったため、LAK療法を高度先進医療として実施せず)。

 清郷氏は前述のように上告するものの、「司法判断が必ずしも正しいとは限らない。行政や立法などにも訴えていくことを考えている」と、姿勢です。

 なお、長妻昭・厚生労働大臣は、本判決に対し、「現時点では、判決の具体的内容を十分把握したものではありませんが、国のこれまでの主張が認められたものと考えている」との談話を公表しています。

+++++ 一言 言いたい +++++

■患者が期待するインターフェロンによる治療では治らず、活性化自己リンパ球移入療法(ALK療法)を併用治療をしたところ
すべての治療費が自己負担になったというものである!!!

■第一の問題はインターフェロンによる治療でも治らなかったことを改めて確認できたことである!!!

■その理由は副作用にあった!!!

■インターフェロンという肝疾患治療薬は薬か毒か???

■重篤な副作用:間質性肺炎、重篤なうつ、自殺企図、糖尿病、自己免疫現象、肝障害、腎障害、溶血性尿毒症症候群、白血球減少、血小板減少、汎血球減少、無顆粒球症、貧血、赤芽球ロウ、敗血症、ショック、心不全、消化管出血、消化性潰瘍、虚血性大腸炎、意識障害、錯乱、脳出血、脳梗塞、網膜症、四肢の筋力低下、難聴、皮膚潰瘍、皮膚壊死、

■その他の副作用:発熱、全身倦怠感、不安、不眠、胸膜炎、胸水、呼吸困難、過敏症、心筋障害、食欲不振、急性膵炎、脱毛、筋肉痛、眼底出血、サルコイドーシスなどとある

※注意:肝炎を治療する薬の副作用に”肝障害”があるのです。
 また、溶血性尿毒症症候群や白血球減少や血小板減少、汎血球 減少や無顆粒球減少や貧血など血液に対して重篤な障害がたくさんある!
 これでどうして病気が治るのか矛盾を感じるのである!!!

+++ 活性化自己リンパ球移入療法(LAK療法)について +++
■活性化自己リンパ球移入療法とは、がん細胞を攻撃するTリンパ球を体外でインターロイキン2、抗CD3抗体により活性化~1000倍に培養した後、体内に戻す非特異的細胞免疫療法で、元来、肝臓がん術後の再発予防に効果が認められるとして始められた治療法です。

肝細胞癌同様その発癌にウイルスの関与が認められている子宮頚がんや、インターフェロンやインターロイキン2などのサイトカイン療法が有効な腎細胞がん、悪性黒色腫などでの効果が期待され、本来の再発予防だけではなく治療として、あるいは進行がんに対するQOL(闘病生活の質)改善効果などを期待して臨床試験が行われています.

しかし、現状では未だ十分な抗腫瘍効果は認められていません。

 また活性化自己リンパ球移入療法はインターフェロンやインターロイキン2などのサイトカイン療法が有効ながん腫に対して、サイトカイン療法の副作用を減弱するためのbiochemicalmodulationでもありますが、Tリンパ球を体外で培養・活性化・保存するための煩雑性や高コスト、さらにはその際使用されるFFP、アルブミン製剤など血液製剤の入手方法や十分量の確保などがネックとなり既に保険適応となっているインターフェロンやインターロイキン2に比べ汎用が困難な状況にもあります。

■活性化自己リンパ球移入療法の限界!!!!!

■なぜ活性化自己リンパ球移入療法ではあまり良好な結果を出すことができないのか???

■その答えは、癌体質を無視した治療法にあるのです!!!

■癌体質とは、健康な人とは異なり、血管や神経やリンパ管が詰まることや、圧迫されて機能していない状態です!!!

■さらに、過剰なストレスと対峙し、体液が強酸性に傾いて免疫系の細胞の機能が低下している状態です!!!

■そのため自己リンパ球を活性化して1000倍に増やして移入しても体内環境は大きく変化せず、時間の経過とともに不活性になり、むしろ移入したリンパ球の出口がふさがっていて腹水や胸水の原因にもなると考えられます!!!

■ここに活性化自己リンパ球移入療法の限界があるのです!!!

■よって、良好な結果を得るには、医学の常識を乗り越えて
 正しい原因について対応しなければなりません!!!

■つまり癌細胞を攻撃することに重点を置くことではなく、癌ができた悪い体質を改善することを優先するべきなのです!!!

■西洋医学に疑問が生じ、予防法や体質の改善方法などを詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
スポンサーサイト

★タミフルの弊害とリレンザの副作用!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★タミフルの弊害とリレンザの副作用!!!

★予防目的では飲まないでWHO!!!

★ WHOがタミフルで新指針!!!

2009年9月28日 提供:共同通信社


+++++ 新着儒お法 +++++

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は25日、新型インフルエンザの主力治療薬であるタミフルなど抗ウイルス剤の処方について「予防目的での使用はWHOとして推奨しない」とする新たな見解を発表した。予防的な使用がタミフルなどに対する耐性のあるウイルスを発生させる危険性が高いためと説明している。

 新型インフルエンザはワクチン普及が遅れているため、タミフルなどの抗ウイルス剤の早期処方が最も有効とされている。日本を含む多くの国で予防的に服用している人は多いとみられ、今後、抗ウイルス剤の処方方針について医療現場などに影響もありそうだ。

 WHOは「症状が出た後の早期の処方は重症化のリスクを減らす」と指摘。

 しかし(1)免疫力が低下し、タミフルを投与されても体内のウイルス活動が収まらない(2)他のインフルエンザ患者に接触した後、タミフルを服用しても症状が重くなる-といった状況の場合、耐性ウイルスが発生している可能性が高いとした。

 既にタミフルを予防服用した患者には、別の抗ウイルス剤であるリレンザの服用を推奨している。

++++++  一言 言いたい ++++++
■耐性ウイルスの正体について

■抗がん剤の場合でも同様であるが、化学薬品で効果が亡くなると耐性がんと呼ぶ!!!

■ういるの場合も同様薬が効かなくなると耐性ウイルスといわれる!!!

■しかし、世の中にもともとそんな癌やウイル歯存在していない!!!

■問題は、過剰なストレスが働き交感神経にスイッチが入りっぱなしの状態の時に耐性癌や耐性ウイルスが発生するのだ!!!

■その原理を明かす!!!

■つまり、過剰な交感神経作用が働くときには、例外なくエネルギーを消耗し続けている!!!

■この状態が続くことで体液が強酸性へと進む!!!

■このためマクロファージやリンパ球の反応が鈍くなる!!!

■さらに、過剰なストレスは全身の筋群を硬直させる!!!

■そのため全身の血管や神経やリンパ管までもが圧迫さ
れる!!!

■さらに過剰なストレスがかかると骨格が歪む!!!

■血管が圧迫されると新陳代謝が悪くな李病変組織がつくられる!!!

■神経が圧迫されると激痛が出る!!!!

■リンパ管が圧迫されると老廃物を処理できずウイルスが発生しやすい環境ができる!!!

■このような状態の時、薬は何の役にも立たない!!!

■風邪薬も痛み止めのステロイドでもモルヒネでも効かない!!!

■循環が悪く薬の成分が患部に届かなくなるからである!!!

■WHOでさえこの事実は知らない!!!

■なぜならば世界中の医者が一人も研究していなかったからである!!!

■したがって耐性の原理から、薬に依存せず、根本的なことから体質を改善することが賢明な判断ということになる!!!

■実際、そのような状況から化学薬品を離脱することで様々な難病が克服できた例もある!!!

■その様な事例が少ないのは、現場で働く医療従事者が真因について理解できていないからである!!!

■医者選びも寿命のうちなどと医者に命を預けるなとはこのようなことからでもわかるはず!!!

■医者は万能ではないし薬も万能ではないのだ!!!

■多くの医者は身体の一部のことしか解ろうととしていないからである!!!

■またどんな病状でも薬で抑えようとして免疫抑制剤を余分に投与する!!!

■細かく選門を縦割りにして学習してきた弊害である!!!

■ゆえに耐性の状態は末期状態と判断され、さらに薬漬けにされ致死量が入り、死に至るのである!!!

■ウイルスが全滅される前に患者が殺されるのだ!!!

■ゆえに今回WHOがタミフルを予防目的に服用しては、弊害ばかりなのでいけないと勧告したのである!

+++++ タミフルの副作用 +++++
■タミフルの副作用!!!
■重大な副作用:ショック、アナフイラキシー様症状(薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること)肝炎、肝機能障害、中毒性表皮壊死症、急性腎不全、白血球減少、血小板減少、
■その他の副作用:腹痛、下痢、嘔気、腹部膨満、便異常、口内炎、頭痛、傾眠、不眠症、めまい、AST,ALT,AI-P上昇、好酸球増多、血中ブドウ糖増加、淡泊尿陽性、背部痛(今日の治療薬)
■ショック、アナフイラキシー様症状(薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること) ジンマ疹、顔面,喉頭浮腫、呼吸困難、動悸、血圧低下、肺炎、肝炎、肝機能障害、黄疸、AST,ALT,γ―ALT,AI-Pの著しい上昇、皮膚粘膜症候群、中毒性表皮壊死症、急性腎不全、白血球減少、血小板減少、意識障害、異常行動、せん妄、幻覚、妄想、痙攣、出血性大腸炎、消化性潰瘍、血便、血性下痢、発疹、紅斑、そう痒感、皮下出血、口唇炎、口内炎、血便、メレナ、嘔吐、消化性潰瘍、腹痛、下痢、嘔気、嘔吐、腹部膨満、便異常、口内不快感、食欲不振、興奮、振戦、しびれ、嗜眠、頭痛、傾眠、不眠症、めまい、上室性頻脈、心室性期外収縮、心電図異常、動機、γ-GTP上昇、血尿、淡泊尿陽性、好酸球増加、気管支炎、咳嗽、視野障害、霧視、複視、眼痛、軟便、鼻出血、嘔血、
その他:疲労、発熱、低体温、浮腫、血中ブドウ糖増加、背部痛、胸痛(治療薬)

※感染症より副作用の方が怖いことが分かる!

+++++ リレンザの副作用 +++++
■リレンザの副作用!!!
■リレンザ:抗ウイルス薬、抗インフルエンザウイルス薬

■重大な副作用:アナフイラキシー様症状、気管支攣縮、呼吸困難。
※アナフイラキシー様症状とは:薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること
■その他の副作用:下痢、嗄声などとある(今日の治療薬)

■重大な副作用:アナフイラキシー様症状、気管支攣縮、呼吸困難。
※アナフイラキシー様症状とは:薬を投与することによって抗原抗体反応として症状が悪化すること
■その他の副作用:下痢、嗄声(今日の治療薬)
アナフイラキシー様症状、口腔咽頭浮腫、気管支攣縮、呼吸困難、過敏症、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、頭痛、手指のしびれ、不眠症、下痢、咽喉乾燥、口渇、口内炎、舌荒れ、食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、嗄声、咽喉刺激感、鼻道刺激感、喘鳴、鼻出血、鼻漏、痰、耳鳴り、嗅覚障害、動機、発汗、発熱、頸部痛、背部痛、失神、視力障害、喘息、気道出血、味覚障害、うつ状態、激越(治療薬)

※リレンザでも失神や呼吸困難という危険な副作用が出ることもあるということである!!!

※リレンザでも絶対安心ということではないのだ!!!

※ゆえに日ごろから正しい予防法を身につけることが重要なのである!!!

■西洋医学の治療に矛盾を感じ安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★免疫抑制と医療過誤!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★免疫抑制と医療過誤!!!

★日本の医療は明治以降130年間にわたり西洋医学が主体です!

★西洋医学は日進月歩の勢いで進歩してきましたが、カテーテルなど手術手技の進歩に比べ、がんや糖尿病や高血圧症などの生活習慣病にはまったく歯が立たないの状態です!

★それどころか解熱鎮痛剤などの免疫抑制剤の乱用から免疫疾患社会ができたと言っても過言ではありません。

★幼児のころから解熱鎮痛剤に依存し、科学薬品常用するケースが少なくなく、免疫力が抑えられ、10年後20年後にはがんなどの免疫疾患が多発しています。

★また、ほかに不妊症やうつ病なども免疫力が低下し、自律神経も不調となって多発しているのです。

★さらに、新型ウイルス対策も同様ですが、感染する人は例外なく自己免疫力が低下している人に限定されています。

★ しかし、日本の医療の常識は遅れていてタミフルやリレンザなど当然のように処方されて、従来の方法で免疫が抑制されるばかりです。

★こどものころから化学薬品に依存する生き方を選択しているのですから、大人になったころには免疫疾患になって当然です。

★免疫力が抑制されることで感染がおこりやすく肺炎など致命的な病気も誘発されるのです。

★このため、近年医療過誤ということで訴訟問題が頻発し医療者側が敗訴するケースが多くなっているのです。

★また、インフルエンザ脳症にり患している場合も、”例外”なく鎖骨が歪み、頭部や頸部の循環が特別悪い人が発症していますが、これが順調に血液が循環せず発熱が長引き、重症化の原因となっているのです。

★しかし、一般の医師には状況判断ができず、あわててタミフルなど強い薬で急激に解熱しようとして処方をします。

★その結果、一時的には解熱という状態はになるが、日ごろから循環の悪い状態からさらに循環が悪くなり呼吸が浅くなり脳症が悪化するのです。

★ゆえにインフルエンザに解熱鎮痛剤は効果がないという見解が国際的な常識なのです。

★しかし、一般の小児科の先生方は視野が狭くせいぜいウイルを殺せば治るという程度しか判断できず、強引に化薬品を投与して呼吸が浅くなり、亡くなるケースももあるのです。

★したがって患者側も発熱や病気のの原理を学び、日ごろから眠りが浅い、呼吸が浅い、咳が出る、ホルモンのバランスが悪い、疲れやすいなどの不調が心配な場合は鎖骨の歪みを疑い確認してみるべきです。

★重症化する人の骨格ははまちがいなく歪みだけでは治まらず癒着まで進行しています。

★そのために、胸骨の裏側で鎖骨下にある血管が圧迫し胸腺の循環が悪化し、免疫の細胞が産生できない状態で感染しているのです。

★ゆえに解熱鎮痛剤に依存する前に鎖骨の歪みを機善するべきなのです。

★私達の健康は、免疫系の細胞の働きで守られていますが、西洋医学では予防医学など無く薬事行政しか選択できず、、日ごろから過剰に行われている免疫抑制が行き過ぎて医療過誤の問題が頻発しているのです。

★現状の医療は、長年続いた自民党政治の目玉として「薬事行政」オンリーだったからです。

★薬事行政とは、病状に病名をつけて薬を用いて免疫を抑制するという対症療法だけを行い、薬の売上を増やすという仕組みです。

★真剣に取り組む患者サイドから見たら原因がわからないというだけで通院することがいやになります。

★日本は、20年後、現状の医療体制では、医療費がかさみ、40兆円とも50兆円とも増大すると試算されています。

★しかし、前代未門の少子高齢化の状態では「高福祉高負担」という政策には無理があります。

★また、福祉の内容が本当に高福祉であればいいのですが、現実は、0,1g:7万円もする抗がん剤治療などが当然のように行われ、庶民感覚では理解できない高額な医療を強要されてることになります。

★従えば副作用が多く、拒否すれば、すぐ死ぬなどと脅かされ、おびえる患者が後を絶たず「がん難民」となって患者は「高リスク高負担」を背負わされているのです。

★このような状態から、今の医療を継続するだけでは医療費が増えて患者も増えるばかりです。

★政権交代を機に、予防医学の実践など安心できる医療内容に転換してほしいものです。

★10兆円規模の節約!!!

★予防医学が浸透することで病人は半減し、国民は健康で安心して働く事が可能となり、国民生産が向上し、その反面医療費は半減することから安定した平和国家がつくられます。

★私の予想では年間10兆円規模の医療費の節約ができる様になります。

★地球規模の環境の整備!!!

★節約できた予算を活用することで地球規模の整備が可能となります。具体的には、積極的な植林など環境汚染対策や地球温暖化対策やさらには有機食材対策などの助成金に充当し、国内産の食材の安全気基準と自給率を高めることが可能となります。

★新政権下では過去の悪習慣を断ち切って「薬事行政」をみなおし、「予防医学」を重視し、医者は病人を治して減らす人という常識を作っていただきたいものである!

★西洋医学の治療に疑問の方安全な代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!


   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★地域医療再生は無駄使い!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★地域医療再生は無駄使い!!!

★東日本税理士法人代表・長隆氏は断言した!!

++++++++

★9月18日午後公立病院は予防医学をやればいい!!!

★河村名古屋市長は断言した!!!

★20年後のことを考え陽子線治療は凍結すると!!!

★命中率は良くても原因は残るからだ!!!

★1回300万円もかけて再発覚悟で何%の市民が利用できるか疑問であるという!!!

★河村市長は勇断した!!

★これからの公的医療は病気にならないように予防医学が大切だと!!!

★したがって新しい施設には市民が参加する「健康増進支援施設」を作る計画があると!!!

★20年先を考えた政策である!!!

★これが実現すれば、病人が半減し、医療費も半減する!!!

★当然市民は負担が少なく健康で幸福になる!!!

★これが本当の政治家のい判断である!!!

★いいことは早くやれと、次は大阪の橋本知事にお願いしたい!!!

+++++ 新着情報 ++++

地域医療再生は無駄使いである!!

地域医療再生基金は壮大な“無駄遣いコンテスト”-東日本税理士法人代表・長隆氏に聞く

基金の凍結か、審議過程の全面的オープンなどの対応が必要

2009年9月25日 聞き手・橋本佳子(m3.com編集長)

 「地域医療再生基金は壮大な“無駄遣いコンテスト”」。

こう指摘するのは、東日本税理士法人代表(公認会計士)であり、総務省の公立病院改革懇談会座長として、「公立病院改革ガイドライン」の取りまとめに当たった長隆氏。


 地域医療再生基金は、救急医療の確保や地域の医師確保などといった地域医療の問題解決のための再生計画を都道府県が作成、その財政的支援を行うために創設された。

計画の対象地域は2次医療圏が基本で、計画期間は5年といった条件がある。

2009年度の厚労省の補正予算で計上され、総額は3100億円。一地域当たり、100億円(最大10カ所)、もしくは30億円を上限に支給する。


 2009年度補正予算の一部凍結を打ち出す民主党。

その候補の一つである地域医療再生基金の扱いが注目される中、長氏に同基金に対する考えなどを聞いた(2009年9月24日にインタビュー)。


--------------------------------------------------------------------------------

「地域医療再生基金は、再生計画の選考過程も不透明」を問題提起する長隆氏。


 ――「地域医療再生基金は税金の無駄遣い」などと問題視されていますが、その理由をお教えください(再生基金の概要は、厚労省のホームページを参照)。

 幾つかの理由があるのですが、
(1)計画募集から提出までの期間が短い、
(2)計画策定に当たって、県の医療審議会、医療対策協議会等を   通すとしている、
(3)補正予算で実施、といった点が挙げられます。

 ――(1)ですが、厚労省から都道府県に通知されたのは6月5日、都道府県から厚労省への計画提出の締め切りは10月16日です。

 例えば、私が知るある市では、4つの基幹病院を2つに再編統合する計画をまとめています。

都道府県はこれを100億円の再生計画として提出すると聞いています。

しかし、実際には4病院の間で具体的な話し合いが進んでいるわけではない上、再編の中心となる市立病院は、他の病院と比べて経営状況が悪い状況にあり、この計画が実現するとは思えません。

9月の定例市議会の議案として提出されたとも聞いていません。

 また、この地域医療再生計画は本来、“ハコモノ”を作るといった話ではなく、2次医療圏単位で、医師確保のための仕組みの構築・運営などのためにお金を出すものです。

しかし、こうした体制を作るには相応の時間がかかるため、結局は計画策定までに時間がなく、“ハコモノ”計画が多く、まっとうな計画はほとんど上がっていないのが現状ではないでしょうか。

 もっとも、公立病院については総務省の「公立病院改革ガイドライン」に基づき、改革が進められていますが、こちらも上がってきている計画を見ると数字合わせのケースが大半です。

こうした現状で、地方自治体が短期間に計画を作れるとも思えません。

過去、そして今回の一連の経緯を見るにつけ、私は、地域医療の崩壊の原因は、地方自治体にあると考えています。

 ――医療審議会を通すことを問題視している理由は。

 都道府県の医療審議会の会長は、その多くが都道府県医師会の役員です。

各地域から都道府県に対しては、いろいろな相談、計画が上がっているでしょうが、都道府県が医師会の意向を無視して計画を絞り込むことは難しいでしょう。

中には、千葉県のように、当初から各2次医療圏からの要望提出を控えるよう求めているケースもあります(東日本税理士法人グループの医療経営財務協会のホームページを参照)。

厚労省の通知では、「管内のすべての2次医療圏における中核的な医療機関の意見を聴いた上で、地域医療再生計画において対象とする地域を選定」としており、これに反しています。

 それ以外の都道府県でも、各地域からどんな計画がどのくらい上がっており、いかなる過程で国に提出する計画を絞り込んだのか、その過程はほとんど明らかではありません。

 今回の再生計画は2次医療圏単位ですが、全国で348ある医療圏のうち、交付対象は限られます(100億円10カ所、30億円70カ所との試算では80カ所)。

地域医療の再生のために、何らかの補助金を付ける必要があるのであれば、より多くの医療圏、あるいは全医療圏を対象にする必要があるのではないでしょうか。

また地域医療の再生という国の重要課題を補正予算で対応したのは、自民党の選挙対策。

予算化するのであれば、本来なら、補正予算ではなく、当初予算で計上すべきです。

もっとも、こうした予算が必要かは疑問が残るところです。

 ――では地域医療再生計画は、すべて凍結すべきだというお考えでしょうか。

財政支援すべき再生計画が出てくる可能性はないのでしょうか。

 全国から数多くの再生計画が出てくることでしょう。全国から出てきた再生計画は、「有識者による協議会」で審議し、基金の対象を決定することになっています。

当初の予定通り10月16日までに再生計画を提出してもらい、すべてをオープンにする形で審議するという方法もあります。

有識者による協議会のメンバーはまだ明らかになっていませんが、審議過程を国民にすべてオープンにすれば、いい加減な再生計画を出している都道府県がいかに多いかが、分かるのではないでしょうか。

 ――その審議過程を明らかにすることで、都道府県の医療への取り組み姿勢を把握できるということですか。

 はい。審議の結果、結果的に公布対象がほとんどない、あるいはゼロという事態も想定されます。

 ――先ほど、「こうした予算が必要かは疑問」とおっしゃいましたが、地域医療再生のために特別な予算は必要ないということですか。

 ほとんどメディアに取り上げられておらず、あまり知られていないのですが、総務省は2008年12月26日に、「公立病院に関する財政措置の改正要綱」を出しています(総務省のホームページを参照)。

公立病院には平均で年間約7億円、957病院あるので、総額約6700億円の財政支援措置が行われています。

 今回の改正により、2009年度から、公立病院と同等の医療機能を有する病院も、財政措置の対象になります。

これを有効に使えば、公立か否かなど経営形態を問わず、地域に必要な病院の再編・充実が可能なはずです。

また、よく「救急医療は不採算」と言われますが、交付税措置がなくても、診療報酬のみで成り立っている病院もあります。

 民主党は、社会保険病院、厚生年金病院の整理合理化を撤回するそうですが、確かにこれらの病院には経営状況がいい病院が少なくありません。

民主党には、公立病院の改革も含め、総合的な観点から、地域医療再生のあり方を検討していただきたいと考えています。

+++++++ 一言 言いたい ++++++
■こんな医療に誰がした!!!

■長期化した自民党政治が医師会と癒着し「薬事行政」を助成し「対症療法」だけを医療とした殻に他ならない!!!

■製薬会社のオーナーも社員も薬を信用していない!!!

■多くの医者も薬を信用していない!!!

■実際に医者の家族にはくすりを飲ませようとしない!!!

■多くの政治家も同様だ!!!

■国際的にみて薬ずけにされておとなしくしている国民は日本だけ!!!

■新型用のワクチンは死んだ鳥に菌を繁殖させてつくる!!!

■一度感染させれば二度と感染しないという!!!

■それならばなぜ毎年季節性のインフルエンザが流行するのか!!!

■それも毎年熱心に予防接種を受けているにもかかわらずである!!!

■頭を冷やせばわかるはず!!!

■季節性のインフルは毎年同じ人が感染しているのはどう説明するのか!!!

■みんな自民党の時代につくられた「薬事行政」が原因である!

■近年、日本でも医療過誤で訴訟問題が急増している!!!

■その結果病院側が敗訴するケースが多くなっている!!!

■その原因は、薬の副作用が調べ安くなった方である!!!

■その結果、タミフルもリレンザも同様の副作用がある!!!

■しかし、日本の多くの医者はまだタミフルもリレンザもインフルに効果があるなどとうそを言う!!!

■これが[薬事行政」の特徴である!!!

■しかし、アメリカ大手のファイザー製薬は薬の課題広告で勝ってないほどの罰金をしはらった!

■そんなことから従業員を10000人解雇した!!!

■その翌年に600人もの開発部の人間を解雇している!!!

■事実上薬の開発から手を引いているのである!!!

■戦後このようなことは無かったことである!!!

■薬事行政はどんどん新薬を開発せよという時代の考え方!!!!

■これからは自己免疫力で予防し回復する時代!!!

■NHKも正しい情報を学び流すようにならなければ国民を欺くことになる!!!

■薬は毒である!!!

■ジェンナーの時代と現代は環境も異なる!!!

■薬だけで治る時代ではないのだ!!!

■よって生活習慣を見直し、自己免疫を高めることが重要なのである!!!

■9割の病気は医師やがいなくても治る!!!

■残りの1割は優秀な医者がいても治せない!!!

■しかし、どの病気にも原因があり予防はできる!!!

■したがって病状を抑えるだけの薬事行政から病気にならない予防行政へと進化することが重要である!!!

■医療の実態や予防医学に関して学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!!!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!
一億総半病人、高血圧の薬代で十一兆円
        こんな日本に誰がした!!!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★自然免疫で医療費半減!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★自然免疫で医療費半減!

★新型インフルでさえ自己免疫力で十分対応できる!

★自己免疫力でワクチンに依存する必要もない!

★キラーT細胞がウイルスを攻撃する!

★健全なキラーT細胞は癌細胞も攻撃する!

★しかし、この現実を医療現場で働く医師や看護師ははほとんど知らない!

★その理由は、医師免許に更新制度がないからである!

★人の命を預かる医者が自己免疫力など最新の研究をしなくてもいいということである!

★30年前でも40年前でも国家医師免許に合格すればいいのだ!

★全国各地の病院で手術や薬や放射腺療法が中心として行われているのも医師の更新制度がなく保険医慮という狭い視野で対応しているからである!

★人は生まれながらにして免疫力を持っている!

★これらの細胞が活性型で遊走脳が健全でさえあれば、自己免疫力も健全で病気にはならないのである!

★しかし、生活習慣の乱れからその機能が低下する!

★生活が乱れ、血液が汚れ、白血球の動きが弱いとウイルスも癌細胞も食菌することができない!!

★このような状況で感染しワクチンに依存して予防することになる!

★この免疫力を化学免疫と言い、自力で防御する自然免疫とは根本的に異なる!

★自然免疫の力を高めるには自然の摂理に基づいた生活習慣を維持する必要がある!

★ワクチンによる化学免疫を得た後でも生活習慣が乱れると発病する!

★化学免疫では本当の健康を維持できないのである!

★自然免疫は健全な生活習慣を維持しているひとにだけ与えられる力である!

★自然免疫はすべての化学薬品を必要としていない!

★化学薬品は「薬事行政が生んだ」製薬会社のための薬である!

★新型対策としてこれからワクチンが出回るが、ワクチンでは解決できない問題が残される!

★ワクチンで二度と同じウイルスに感染しないということは保証できないのだ!

★その理由は季節性のインフルエンザで証明されている!

★季節性の感染者は毎年同じ顔ぶれである!

★予防接種を受けていても感染し亡くなるケースもある!

★ワクチンは絶対ではない!

★絶対は自然免疫だけの持つ力なのである!

★したがって、 輸入ワクチン被害で訴訟費用を肩代わりすることなど無用である!

★これこそ「薬事行政」の延長であり、医療費の無駄遣いである!

★自分の体は自己免疫の力で守れるのだ!

★自然治癒力を理解することで病気とは無縁になれるのだ!

★これが本当の予防である!

+++++++   新着情報 +++++++

★訴訟費用を国が肩代わり 輸入ワクチン被害で検討


2009年9月24日 提供:共同通信社


新型インフルエンザ用ワクチンの副作用被害をめぐる新たな法整備で、輸入ワクチンによる被害で訴訟が起きた場合、製薬会社の訴訟費用や賠償金を国が肩代わりする方向で、厚生労働省が検討を進めていることが21日、分かった。

 同省は、国産ワクチンの場合の対応や、被害補償の拡充についても引き続き検討。

秋の臨時国会への法案提出に向けた準備を進める。

 輸入をめぐり厚労省は、スイスの製薬大手ノバルティスと英グラクソ・スミスクライン社の2社と詰めの交渉中。

副作用に関する免責を契約に盛り込むよう求められており、契約締結に向け、早急に対応を決める必要があった。

 免責条項などを盛り込んだ新たな法整備は、長妻昭厚労相や舛添要一前厚労相らがこれまでに、特別立法を検討する方針を表明している。

 厚労省は、接種対象者を約5400万人と見込んでいるが、年内に製造できる国産ワクチンは、1人2回の接種で1300万~1700万人分と限られ、4千万人分以上を輸入で補う方針だ。

+++++ 一言 言いたい +++++

★日本には約27万人もの医者がいるが、彼らこそ自然免疫で健康を維持するべきである!

★しかし、どれほど医学が進んでも自然免疫を理解できる専門医は少ない!

★医師免許に更新制度がなく、自然免疫の存在すら知らない視野の狭い医者が多いのである!

★日本の医療従事者のほとんどは薬の副作用を知りつつ、妥協している!

★しかし、自分の子供には積極的に進めることはしないのだ!

★この点厚労省の多くの職員や現場の医療従事者の対応は甘い様に思う!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★間違いだらけの新型対策!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】


★間違いだらけの新型対策!

★新型でタミフルの副作用!

★新型インフルエンザの死亡率!

オランダのユトレヒト大学の研究者グループによると、新型インフルエンザが流行した米国とカナダでの致死率は0.5%程度だったと2009年8月18日新聞各紙が報道しています。

この死亡率は1957~58年に世界で200万人が亡くなった「アジア風邪」並みということです。

※病状:発熱、咳、食欲不振、風邪の症状に類似する。

※原因:睡眠不足や過労(ストレス)による免疫の低下、咳が伴う場合は、鎖骨の歪みが大きく、副交感神経(迷走神経)が圧迫され気管支が委縮し、リンパの流れも悪い。

※予防法:手洗い、マスク、うがいだけでは不十分です。

無農薬玄米のおかゆに還元力の高い塩を振りかけ、小食で早寝を心がけ、疲労が蓄積し、風邪のひきかけかなと思ったら、温冷浴を繰り返し、発汗を促すことである。

免疫力や体力の回復には無農薬有機の“焼きにんにく”や“しょうが湯”や“葛湯”など温まるものを摂取するべきです。

※咳を伴う場合には鎖骨が硬直し、迷走神経が圧迫され、気管支が委縮し、リンパの流れも悪化しています。

また、胸腺の循環障害のためキラーT細胞やヘルパーT細胞がつくられませんので、歪んだ鎖骨を改善することが重要です。

■その重要な点に対して感染症学会は認識ゼロです!

■医者に命を預けるなとはこのようなことからです!

■タミフルの効能と副作用

■効能:タミフルの効能は、インフルエンザウイスルのノイラミニダーゼ(NA)を選択的に阻害し、早期回復を促す。

A・B型に強力な阻害作用があることが知られている。

また、タミフルは日本での消費が最も多く国際的にはほとんど使用されておらず、世界の消費量の7割以上も日本で使用されている。

■重大な副作用:”口腔咽頭浮腫”、”気管支攣縮”、”呼吸困難”、過敏症、発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、頭痛、手指のしびれ、”不眠症”、下痢、”咽喉乾燥”、口渇、口内炎、舌荒れ、”食欲不振”、胃部不快感、悪心、嘔吐、嗄声、咽喉刺激感、”鼻道刺激感”、”喘鳴”、”鼻出血”、”鼻漏””、痰””、耳鳴り”、”嗅覚障害””、動機”、”発汗”、”発熱”、頸部痛、背部痛、”失神”、”視力障害”、”喘息”、”気道出血””味覚障害”、”うつ状態”、激越とある。

※決して病気を治す薬ではなく、感染症より副作用の方が怖いことが分かる!

※ゆえに、医者の多くは自身の子供に薬を飲ませないのです!!!


+++++ 新着情報の間違い +++++

■感染症学会の陰謀!!!!

■新型、軽くてもタミフル早めになどと感染症学会はとんでもないことをいっている!!!

新型、軽くてもタミフル早めに…感染症学会

2009年9月16日 提供:読売新聞

日本感染症学会は15日、新型インフルエンザの感染が疑われた場合には、軽症でも、タミフルなどの治療薬を早期に投与すべきだとする提言をまとめた。

 世界保健機関(WHO)は、6歳以上の若年者や64歳以下の成人で、かつ軽症の場合、治療薬の投与は不要とする指針を示している。

これに対して、今回の提言は「WHOの指針は治療薬の備蓄が少ない国々の事情を踏まえたもの。

備蓄が豊富な日本では、感染が少しでも疑われたら、できるかぎり早く治療薬を投与すべきだ」としている。


+++++ とんでもないの一言 +++++
■タミフルの副作用は驚くほどある!

■問題は感染する原因を解決することである!

■その専門家の集まりである感染症学会が矛盾した報告をしている!

■これが国民不在方の「薬事行政」なのだ!

■インフルエンザごときに」薬はいらない!

■賢い動物は自然治癒力で対応している!

■毎年感染する人の多くは生活習慣が特別悪いはず!

■睡眠や呼吸が浅く、夜更かしは当然夜食も当たり前!

■体液は酸化し自己免疫力は異常に弱っている!

■その様無状態で感染しているのだ!

■健全な生活習慣を守っている人には縁のない病気である!

■生活習慣をただすこと!

■これが一番正しい予防法なのである!
 

★名古屋市長「がん施設」の凍結表明!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】
★名古屋市長「がん施設」の凍結表明!

★河村たかし名古屋市長は18日癌施設の凍結を表明した!

★河村たかし名古屋市長は2012年に名古屋市北区平手町に開院の予定だった[クォリティライフ21城北」の建設を凍結すると表明した!

★[クォリティライフ21城北」は総額600億円を投じて「陽子線がん治療施設」として全国で8番目の施設として建設をすすめていた!

★庶民革命を唱える河村市長は、300万円もの治療費をかけて受ける市民が当初の予定で年間800人もいるのかとの疑問を抱き採算性の問題もあるとして凍結を表明した!

★実際に、対象となる患者数は全国でも1000人とも言われているだけに慎重な判断を下したと考えられる!

★また、河村市長は凍結の理由として、本当に必要な施設なのかどうかという!

★さらに、公的医療は予防医学や救急や周産期に集中するべきだとの声もあると説明した!

★陽子線など粒子線治療は従来の放射腺治療より癌病巣に集中して照謝でき副作用も少ないといわれている!

★しかし、従来の手術・抗がん剤・放射腺治療と同様発病の”原因”までは治すことはできず、再発は免れない治療法である!

★現に再発している人も少なくない!

★癌細胞は、血液の新陳代謝が異常になった状態で増える細胞だ!

★無条件で増殖するわけではない!

★寿命の尽きた血液を排泄できず癌化するのである!

★この点、西洋医学の医者はほとんど理解できていない様である!

★陽子線治療の前にストレスで歪んだ身体の歪みを改善し、リンパ管の圧迫を取り除くことを優先するべきである!

★鎖骨の歪みを改善し、胸腺の循環障害を改善することを優先し、さらにリンパ管の圧迫が改善されることでキラーT細胞やNK細胞が癌細胞を除去できるようになるのです!

★西洋医学のがん治療に疑問の方、安全な代替療法をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいちで開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++ 次回予防医学セミナー ++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:医療の選択が生死を決める(Ⅱ)
        インフルエンザはすぐ治る、花粉症の盲点
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


★食用油に発がん性!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★食用油に発がん性!

★一般医療ニュース

エコナ商品を販売自粛 花王、発がん性懸念で

2009年9月17日 提供:共同通信社


 花王は16日、体に脂肪が付きにくいとして人気のある食用油「エコナ クッキングオイル」の関連商品の出荷を17日から一時停止すると発表した。

商品に含まれる「グリシドール脂肪酸エステル」が分解されると発がん性を持つとの懸念が欧州を中心にあるためで、販売を自粛する。

 花王は、現時点で安全性への懸念を明確に示す報告はないとし、既に出荷した分の回収はしないとしているが、希望者への返品には応じる。

同成分の含有量を大幅に減らし、来年2月をめどに販売再開する方針。

 出荷停止はエコナシリーズの全商品と、エコナを原料に使ったペット用の「花王ヘルスラボ ドッグフード」。

 グリシドール脂肪酸エステルは一般の食用油にも少量が含まれる。

3月にドイツで粉ミルクに含まれていることが問題視されたことをきっかけに、花王が自社製品を分析したところ、エコナからは一般の食用油に比べ10~200倍程度の高濃度で検出された。

 花王は製造工程を見直して含有量を一般食用油と同程度に抑えたいという。

問い合わせは花王エコナ消費者相談室

フリーダイヤル(0120)501243。

++++++ 詳しく知る ++++

■グリシドール脂肪酸エステルとは基本的に精製植物油脂を含む全ての食品に含まれる可能性がある。

■これまで最も高濃度が検出されているのはパーム油である。

■グリシドールのがん原性を検索する目的でラットとマウスを用いた吸入による 104 週間の試験を実施による結果では明らかに発がん性があることが証明されている!

■報告は平成 16 年 1 月21 日通産省に提出された研究論文によるものである!

■その内容を原本のまま紹介する!

■試験には F344/DuCrj(Fischer)ラットとCrj:BDF1 マウスを用い、それぞれ被験物質投与群3 群と対照群1 群の計4 群の構成で、各群雌雄各50 匹(合計400 匹)を使用した。

投与はグリシドールを1 日6 時間、1 週5 日間、104 週間、動物に全身暴露することにより行った。

投与濃度は雌雄ともラットは3 ppm、10 ppm、30 ppm、マウスは4 ppm、13ppm、40 ppm とした。

また、観察、検査項目として一般状態の観察、体重及び摂餌量の
測定、血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、剖検、臓器重量測定及び病理組織学的検査を行った。

被験物質の投与の結果、ラットでは雌雄とも 30 ppm 群で生存率が低下し、その生存率の低下は、雄は腹膜の中皮腫と鼻腔腫瘍、雌は子宮腫瘍の発生増加に起因した。

体重は雌雄とも30 ppm 群で対照群に比べやや低値であった。

雄では、鼻腔腫瘍(扁平上皮癌、腺腫、腺癌、基底細胞癌)と腹膜腫瘍(中皮腫)の顕著な発生増加が認められ、また、乳腺腫瘍(線維腺腫)と皮膚腫瘍(扁平上皮乳頭腫)の発生増加も認められた。

雌では、鼻腔腫瘍(腺腫、腺癌、扁平上皮癌)、子宮腫瘍(子宮内膜間質性肉腫)及び乳腺腫瘍(線維腺腫)の発生増加が認められた

。これらの腫瘍が有意な発生増加を示した濃度は、雄の腹膜腫瘍(中皮腫)が10 ppm 以上、鼻腔腫瘍(扁平上皮癌、腺腫)と乳腺腫瘍(線維腺腫)が30 ppm、雌の乳腺腫瘍(線維腺腫)が10 ppm以上、鼻腔腫瘍(腺腫)と子宮腫瘍(子宮内膜間質性肉腫)が30 ppm であった。

鼻腔には腫瘍以外にも、前腫瘍性病変と推察される移行上皮や呼吸上皮の過形成、呼吸上皮の扁平上皮化生、扁平上皮過形成の発生がみられ、これらの所見は異型化を伴っていた。

また、鼻腺に異型化を伴う過形成のみられる動物もあった。その他、呼吸上皮の炎症、甲介骨の肥厚、嗅上皮の萎縮の発生も増加した。

これらの所見は主に30 ppm 群に観察されたが、移行上皮の過形成と甲介骨の肥厚は10 ppm 以上の群で有意な増加が認められた。


マウスでは雌雄とも 13 ppm 以上の群で生存率が低く、特に40 ppm 群で低かった。

その生存率の低下は、雄は鼻腔腫瘍、雌は鼻腔と子宮の腫瘍に起因した。体重は雄の40 ppm群で対照群に比べ低値であった。


腫瘍性病変として、雌雄とも鼻腔腫瘍の顕著な発生増加が認められた。鼻腔腫瘍は血管肉腫と血管腫が多く、腺癌、腺腫、扁平上皮癌、扁平上皮乳頭腫の発生増加もみられた。


また、雄にはハーダー腺(腺腫)、皮下組織(組織球性肉腫)及び末梢神経(組織球性肉腫)の腫瘍、雌にはハーダー腺(腺腫)、子宮(組織球性肉腫)及び乳腺(腺癌)の腫瘍の増加
もみられた。

これらの腫瘍が有意な発生増加を示した濃度は、雌雄の鼻腔の血管肉腫と血管腫が13 ppm 以上、ハーダー腺の腺腫が40 ppm、雄の鼻腔の腺腫/腺癌が40 ppm、雌の子宮腫瘍(組織球性肉腫)が13 ppm 以上、鼻腔の腺腫/腺癌及び扁平上皮乳頭腫/扁平上皮癌が40 ppm であった。


鼻腔には腫瘍の発生以外に、雌雄とも前腫瘍性変化と考えられる異型化を伴う呼吸上皮の扁平上皮化生と扁平上皮過形成、粘膜下の腺及び嗅上皮の呼吸上皮化生の発生増加、雌に移行上皮の過形成がみられた。

これらの病変が有意な発生増加を示した濃度は主に13ppm 以上であったが、雌の粘膜下の腺及び嗅上皮の呼吸上皮化生は4 ppm 群でも有意な発生増加となった。

以上のように、F344/DuCrj(Fischer) ラットではグリシドール投与により、雄では、鼻腔腫瘍(扁平上皮癌、腺腫、腺癌、基底細胞癌)と腹膜腫瘍(中皮腫)の顕著な発生増加が認められ、これらの腫瘍の発生増加はグリシドールの雄ラットに対するがん原性を示す明らかな証拠であると考察された。雌では、鼻腔腫瘍(腺腫、腺癌、扁平上皮癌)と子宮腫瘍(子宮内膜間質性肉腫)の発生増加が認められ、これらの腫瘍の発生増加はグリシドールの雌ラットに対するがん原性を示す明らかな証拠であると考察された。


Crj:BDF1 マウスではグリシドールの投与により、雄では、鼻腔腫瘍(血管肉腫、血管腫、腺癌、腺腫、扁平上皮癌、扁平上皮乳頭腫)と皮下組織及び末梢神経の組織球性肉腫の発生増加が認められ、これらの腫瘍の発生増加は、グリシドールの雄マウスに対するがん原性を示す明らかな証拠であると考察された。

雌でも鼻腔腫瘍(血管肉腫、血管腫、腺癌、腺腫、扁平上皮癌、扁平上皮乳頭腫)、子宮腫瘍(組織球性肉腫)及び乳腺腫瘍(腺癌)の発生増加が認められ、これらの腫瘍の発生増加は、グリシドールの雌マウスに対するがん原性を示す明らかな証拠であると考察された。

++++++ 結論として ++++++
■グリシドールを1 日6 時間、1 週5 日間、104 週間 与えられたラットでは雌雄とも 30 ppm 群で生存率が低下し、その生存率の低下は、雄は腹膜の中皮腫と鼻腔腫瘍、雌は子宮腫瘍の発生増加に起因したということである。

■食用油は重要な働きもありますが精製したものは発がんがあるということです。

■また、油は熱にも弱く酸化が早い食品です。

■特に外食やジャンクフードには悪い油が使われている確率が高いものです。

■健康を維持するためには安全な油を安全な方法で抽出した物を選択する必要があるのです。

■なお癌細胞はTリンパ球やNK細胞が攻撃しリンパ管より排泄できるものです!

■と0ころが一般に癌にり患した人の場合は例外なく過剰なストレスが関わり、全身の骨格が大きく歪んでいるものです!

■このため、ソケイブや頸部でリンパ管が圧迫され解毒できておりません!

■このような状態で孫陳代謝が悪化し、癌細胞が増殖すると考えるべきです!

■すでに癌は不治の病ではありません!

■国際的には様々な代替療法でたくさんの症例!が出ています!

■主治医の視野を確認して選択するべきです!

■西洋医学の治療に疑問を感じて、代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
※ 酒匂先生の講義は都合によりお休みいたします。
  
      講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ1:医療の選択が生死を決める!
      2:塩をとるべきか否か?  
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★血液製剤の盲点!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★血液製剤の盲点!

★献血後に感染発覚!

★血液製剤を回収!

★献血後に新型インフルエンザ感染判明

★ 疑い含め2人、日赤が製剤回収

2009年9月15日 提供:毎日新聞社


新型インフルエンザ:献血後に感染判明 疑い含め2人、日赤が製剤回収



 献血後に新型インフルエンザの感染が判明した献血から作られた血液製剤を日本赤十字社(本社・東京都)が回収していたことが14日、分かった。

感染者の血液から作られた血液製剤が使用された場合、感染の危険性が否定できない。

日赤品質保証課は「献血後に新型の感染や疑いが判明した場合は、すぐに連絡してほしい」と呼び掛けている。

 日赤によると、8月上旬ごろ、千葉県内で400ミリリットルの全血を献血した人から「新型インフルエンザと診断された」と連絡があった。

調査の結果、この献血者から製造した赤血球の血液製剤が14日に医療機関に出荷されていたため、21日に回収した。

 8月中旬ごろ、近畿圏内で400ミリリットルの全血を献血した人から「新型インフルエンザの疑いと診断された」と連絡があった。

20日に医療機関に出荷された赤血球の血液製剤を26日に回収。いずれも未使用で、他の人への健康被害はない。

 献血前には、献血者本人が体調などを問診票に記入するほか、医師による問診もある。

しかし、新型インフルエンザには潜伏期間が1週間程度あり、献血者本人には感染の有無が分からない期間がある。

 新型のウイルスが献血などを通して体内に侵入すると、新型を発症する危険性が低いながらもある。

欧州の一部では献血中のウイルスを殺す不活化技術が導入されている。日本は不活化技術を使っておらず、献血者の自己申告に頼っている。

 信州大病院先端細胞治療センターの下平滋隆・副センター長(細胞療法学)は「輸血を必要とする患者を輸血感染から守るためにも、国や日赤は早急に不活化技術を導入すべきだ」と話している。【河内敏康】

++++++ 一言 言いたい +++++
■献血した人がすべて健康であるという保証は無い!

■今回のように献血した後に新型インフルエンザに感染していたことが判明することもある!

■大切なことは、輸血に依存しない健康づくりを心がけたいもの!

■実際に感染したときには自己免疫を抑制するのではなく逆に高めることです!

■しかし、西洋医学の常識では風邪薬やタミフルや、リレンザを処方し、免疫を抑制することが常識です!

■感染時には例外なくストレスで血液が汚れ、免疫力が弱っているところへ、さらに化学薬品で免疫を叩くわけですから、体調が狂うのは当然です!

■また、欧米の報告では新型ばかりではなくインフルエンザ全体にタミフルは効かないというのが常識です!

■薬に依存する前に、早く寝ることやニンニクを食べるなど自己免疫を高める生活に切り替えることです!

■自宅のお風呂で発刊するまで入浴することも重要です!

■咳が出る場合には鎖骨の歪みを改善することです!

■また、輸血を大量に行うことで、ウイルスが混入し、解毒のため発熱をおこします!

■さらに輸血の大量投与は腹水や胸水の原因にもなることが知られています!

■健康で楽しい生活を維持するためにはNHKの放送だけにこだわらず、日ごろから正しい情報を入手する努力が必要です!


■自己免疫の問題や予防医学について学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■西洋医学の治療に疑問を感じて、代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

※酒匂先生の講義は都合によりお休みさせていただきます。
  
    講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマⅠ:医療の選択で生死が決まる!
   テーマⅡ:塩は取るべきか否か!
         
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★ワクチン問題で医療現場は混乱の恐れ!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ワクチン問題で医療現場は混乱の恐れ!

2009年09月07日

 厚生労働省は「新型インフルエンザ(A/H1N1)ワクチンの接種について」を9月4日に公表、昨日(9月6日)から13日12時までパブリックコメントを募集しています

ワクチンの優先接種対象者は以下の通りです。


【優先接種対象者】
・インフルエンザ患者診療に従事する医療従事者(約100万人)
・妊婦(約100万人)
・基礎疾患を有する者(約900万人)
・1歳から就学前の小児(約600万人)
・1歳未満の小児の両親(約200万人)

 上記を合計すると約1900万人。次の候補になるのが、小中高校生(約1400万人)、高齢者(65歳以上)(約2100万人)。

総合計は約5400万人となります。医療従事者が第一優先ですが、「一つのカテゴリーの接種が終了してから、次のカテゴリーの接種を開始するわけではなく、ワクチンの出荷状況に応じて各カテゴリーの接種を開始する」となっています。

 今回のワクチン接種について、(1)接種対象者、(2)接種の体制、の二つが問題になりますが、現行の案を考えると医療現場の混乱が予想されます。

 「医師・歯科医師・薬剤師調査」(2006年)によると、病医院・薬局勤務の医師・歯科医師・薬剤師は、50万人強。

病医院勤務の看護師・准看護師は100万人強(2006年度保健・衛生行政業務報告)。

そのほかのコメディカル、事務職員等も含めると、「約100万人」は優に超えます。

これらの中からどんな形で限定されるか、「インフルエンザ患者診療に従事する医療従事者」の定義が分かり次第、またご報告します。

 基礎疾患とは、呼吸器疾患(喘息を含む)、心疾患(高血圧を除く)、腎疾患、肝疾患、神経疾患、神経筋疾患、血液疾患、代謝性疾患(糖尿病を含む)、免疫抑制状態(HIV、悪性腫瘍を含む)です。

 ワクチンの国内生産量は、当初予定より下方修正され、2010年3月末までに約1800万人分。10月下旬から順次出荷される予定。

一方、輸入ワクチンの確保量は未定ですが、「早ければ12月下旬以降に使用可能」(厚労省案)。

つまり、約1900万人の優先接種対象者に今年中には行き渡らない可能性があります。

 そこで問題になるのが、ワクチンの接種体制。あくまで現時点での検討案ですが、

(1)国は、医師会や市町村の協力を得つつ、受託医療機関と予防接種に関する委託契約を締結、

(2)医療機関は、国との委託契約に基づき、卸売業者からワクチンを購入し、ワクチンの接種を希望する優先接種対象者を、母子保健手帳や被保険者証等で確認して接種、

(3)基礎疾患を有する者への接種は、かかりつけの医療機関が行うことを基本とするが、当該医療機関以外の医師が行う場合は、主治医が発行した優先接種対象者証明書で確認した上で、接種を行う、といった体制が想定されています。

 つまり、ワクチン接種は現場の医療機関が行う想定です。

優先接種対象者以外からも希望が上がることが考えられ、ワクチン供給不足の中、医療機関は説明などの対応に追われることが容易に想像されます。保健所など、実施施設を集約化する選択肢はないのでしょうか。

 さらに、副反応が起きた場合の補償の問題もあります。厚労省は「安全性情報等の収集・評価を迅速に実施する」「万が一、副反応による健康被害が生じた場合には適切な救済措置を講じる」としていますが、現時点では具体策は未定です。


フランスや米国などでは、ワクチン接種について無過失補償・免責制度が確立しています。ワクチン接種に伴い、副反応が生じた場合には国・社会として補償するが、それは「免責」とセットであり、補償金を基に裁判をすることはしないという仕組みです。

 今回のパブコメは「優先対象者」についての意見募集ですが、この機会に現場からの様々な意見・懸念をパブコメとして上げる必要があると考えられます。

++++ ワクチンの限界 +++++
■ワクチンによる予防だけでは限界がある!

■ワクチンがが出回るころにはさらに新型に移行する可能性が大きいからである!

■問題はなぜインフルエンザに感染するのかという現点から克服することである!

■感染症の原因は例外なく免疫細胞の不調である!

■免疫細胞の不調時にワクチンを摂取しても学習されず抗体は出ない!

■また、免疫の細胞が活性型であれば感染はしない!

■感染しても軽症で終わる!

■体質によって病状が異なるわけはそのためである!

■自己免疫の問題や予防医学について学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■西洋医学の治療に疑問を感じて、代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
 ※ 酒匂先生の講義は都合によりお休みいたします。

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療地獄ニッポン!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療地獄ニッポン!

★民主党の医療政策について!

★建物重視から人命へ重視へ!

★「官僚主導から政治主導へ」!

★しかし、新型にはワクチンを!

★免疫の機能を知らない専門医を増やす!

★マクガバンレポートを軽視した政策!

★9割の病気は自己治癒力で治る!

★これでいいのか日本の医療!

+++++ 新着情報 ++++

民主党・鈴木議員 vs.山形大・嘉山医学部長

「コンクリートから人の命へ」が政策の基本◆Vol.1

医療の中でも「人」の投資へのプライオリティーが一番

2009年9月13日 まとめ・橋本佳子(m3.com編集長)

 「官僚主導から政治主導へ」。

「官僚主導から政治主導へ」。民主党の政権運営の特徴は、この点にある。

特に官僚統制色が強い医療分野で、中医協をはじめ、政策決定プロセスはどのように変わるのかが注目される点だ。

また「INDEX2009医療政策<詳細版>」では医療改革の項目が並んでいるが、そもそも医療保険・医療提供体制の基本ポリシーを民主党はどう考えているのか――。

 大学の立場から積極的発言・行動を続ける山形大学医学部長の嘉山孝正氏に、「INDEX2009医療政策<詳細版>」の作成に尽力した、民主党参議院議員の鈴木寛氏にインタビューしていただいた(2009年9月10日に実施。計3回に分けて連載)。


--------------------------------------------------------------------------------

 嘉山 「INDEX2009医療政策<詳細版>」は理解しているので、今日お聞きしたいのは、その中身ではなく、医療政策のプリンシプル、基本的な考え方です。

医療は最低保障でいいのか、あるいは十分な保障を担保するのか、フリーアクセス堅持か否か、といった点についてどのようにお考えなのでしょうか。

 鈴木 「国民に安心を与える」という形で医療を活性化すれば、内需拡大にもつながるでしょう。

では今の国民皆保険ですが、堅持という理解でいいですか。

 嘉山 米国のように、「お金の有無が人の命を左右する」仕組みの導入、つまり「金持ちは別の医療を受けてもいいのではないか」などと主張される方もいます。

しかし、われわれ医療者からすれば、病気の患者さんを目の前にした時は、「治したい」という一心なので、お金の有無による差別は問題だと私自身は考えています。

民主党は、セーフティーネットの一つとして医療を守るということですか。

鈴木寛氏(左)と嘉山孝正氏(右)は1時間近く、民主党の医療の基本施策、政策決定プロセス、教育論など多岐にわたるテーマでディスカッションした。

 鈴木 米国のような仕組みは全然考えていません。「ヒポクラテスの誓い」が医療の基本でしょう。

 混合診療ですが、これまでの「混合診療が是か非か」という論争の組み立て方、あるいは議論のプロセス自体が非常に不毛だと思います。

患者さんの命、健康を守るためにベストな医療を行うことは当然ですから、その医療をよりやりやすくするには、どうすればいいかという視点から考えればいいのです。

目指すのは、患者さんが必要とする医療が、医薬品なども含めて、手に届く仕組みの構築です。

 嘉山 高価な抗がん剤、高いと言っても今の制度で高価なので、違う制度を作れば安くなるわけですが、従来利用しにくかった医薬品でも、必要であれば国民に提供するような仕組みを作る。

今までの前提とは全く違う仕組みになるということですね。

 鈴木 要するに医薬品審査をもっと早くする、保険適用の議論が適切に行えば、後は高額療養費の負担の議論をすればいいだけの話です。

それを今はわざわざ混合診療の話にしている。

 嘉山 では医療を日本の社会の中でどう位置づけようとお考えですか。「医療は産業」とも言われます。

私自身は昔から「医療は奉仕」だと思っていましたので、「産業」という言葉があまりフィットしないのですが、医療を活性化すれば、現場で雇用も生まれます。

また今は高価な医療機器・材料を海外から輸入していますが、日本の技術を持ってすれば、これらは日本で十分に開発できるものです。

この辺りはどうお考えでしょうか。

 鈴木 私の専門領域で言えば、医療はプライベートビジネスではなく、「ソーシャルビジネス」であり、「ソーシャル・ヒューマンサービス」です。

医療の目的は「ソーシャル」、つまり医療は社会性、公共性を伴うサービスです。

そのガバナンスはサステナブルなものである必要があります。

 つまり、医療は、ハードウエアとソフトウエア、そしてヒューマンウエアがインテグレーションしたものです。

医療機器はハードウエア、薬は知的技術の固まりのようなものですからソフトウエア、ヒューマンウエアは現場の医療者のスキル、判断力、人間力も含めた意味です。

いずれもが高い水準であることが重要で、それを高めていく社会的メソッド(方法)は少しずつ違いますから、それに適したメソドロジーを導入していくことが必要。

 嘉山 私は、日本は自動車産業をメーンに産業育成し対外的に外貨を得て、潤ってきた。

他の産業はなるべく発展させないという方向で自民党はやってきたと認識しています。

これから医療分野の産業育成も進めていきたいとお考えですか。

 鈴木 もちろん、「日本発」、かつ世界最高水準のテクノロジーとヒューマンスキルを目指すべきだと思います。

 嘉山 医療についても、インダストリアルな成長を促していただけるということですね。

自民党政権時代は、こうした発想が全然なかったですから。

 また、日本の“医療崩壊”の原因として医師不足が挙げられますが、それ以外にも看護師などのコメディカル不足、事務員不足があります。

医師はもちろんのこと、こうした医療に携わる人を増やすことは内需拡大にもつながると思うのですが、雇用、そして人の教育面も充実していくお考えでしょうか。

 鈴木 もちろんです。

「人」の投資へのプライオリティーが一番高いと思います。

われわれは人員を増強する地域中核病院の診療報酬を増やしていく方針です。

これは緊急度としては一番高いと思います。

 嘉山 大学病院も来年は約8割が赤字になると予想され、自治体病院も7-8割が赤字です。

この辺りはどう対応されるのでしょうか。一つは、今お話になったように、地域の中核病院には医療費を投じるということですか。

 鈴木 今は、地域中核病院が担っている外科や小児科、産科や救急などの診療報酬の水準が、実際に要する手間、コストに見合っていないだけの話です。

見合った水準にしていけば、当然赤字も解消されていきます。

【掲載スケジュール】
Vol.1◆「コンクリートから人の命へ」が政策の基本
医療の中でも「人」の投資へのプライオリティーが一番

Vol2◆“名ばかり”審議会から現場の声を直接聞く仕組みに
医療制度を3段階に分けて改革、来春改定は"瀕死"分野を再建

Vol3◆若い人がチャレンジできる社会を目指す
高等教育を充実、医療者の自律・医療界の自浄作用も必要


+++++ 一言 言いたい +++++
■民主党の鈴木議員は、医療の目的は「ソーシャル」、つまり医療は社会性、公共性を伴うサービスであるという!

■本質はボランティアであるともいう!

■問題は、自己治癒力の存在を知らないことにある!

■ゆえに、抗がん剤を安くするなどというような発想が出る!

■医療費34兆円の3分の1が血圧抗圧剤の薬代であるという現実や、これらの薬の副作用でで再生不良性貧血や白血病が作られていることを知らないようである!

■医療費が安く、病院へ行きやすい環境だけを作っても患者は増えるばかりで減少しない!

■患者を半減するには、マクガバンレポートを参照し、生活習慣を見治す「患者教育」から始めるべきである!

■マクガバンレポートでは、肉も卵も牛乳もできるだけ食べない様にと公表されている!

■しかし、これまでの政策では完全に無視されてきた!

■重大な問題は「医師の更新制度」がないことや、処方箋の内容を正しく記載していない状態で出されているところにある!

■また、カイロや整体など効果が顕著な療法は認定し積極的に取り入れるべきである!

■薬に依存しているだけの医者をふやしたところで医療問題は解決しない!

■患者が求める安全で確かな医療を提供できる様に改革する必要がある!

■さらに重要なことは病気にならないように予防医学の講座を国家の戦略として推進することである!

■西洋医学の治療に疑問を感じて、代替医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
※酒匂先生の講義は都合によりお休みいたします。

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★痛みどめの限界!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★痛みどめの限界!

★痛みの原因は神経の圧迫か循環障害である!

★肉体はストレスを受けて骨盤が歪む!

★骨盤が歪むことで全身が歪む!

★歪みによって神経が圧迫され痛みが出る!

★これが神経痛である!

★痛み止めは神経を殺す!

★さまざまな副作用が出る!

★問題はしびれを伴う痛みである!

★しびれは循環障害によって起こる病状である!

★ゆえに、痛み止めでは治らない!

★痛み止めで循環障害が進行するからである!

★痛み止めに限界を感じた製薬会社が運動療法を推進した!

+++++ 新着情報 ++++++

★痛み止めは限界と製薬会社が運動療法を推進!


★乳がん治療時の関節痛解消する運動を動画配信!


2009年9月11日 提供:毎日新聞社


乳がん:治療時の関節痛解消する運動を動画配信--アストラゼネカ

製薬会社「アストラゼネカ」(大阪市)は、乳がんのホルモン剤治療に伴う関節痛を解消するストレッチ運動の動画配信をインターネットで始めた。

ホルモン剤治療による副作用として関節痛を訴える患者が多く、論文などで効果があると報告された運動をまとめた。

医師らが監修しており、どこでもできる簡単な運動、肩から指まで使うストレッチなど。「

乳がんjp」(http://nyugan.jp)でみることができる。

+++++ 一言 言いたい  +++++

■痛みに限らず病気の原因は例外なく循環障害である!

■解熱鎮痛剤など痛み止めは血液の機能を抑制する!

■抑制された血液は機能を失い毛細血管に付着する!

■付着した血液は酸化し老廃物となる!

■LDHが異常に上昇する背景には化学薬品との因果関係が少なくない!

■上昇したLDHを下げるためにステロイドを使用する!

■投与後一時下がるが治ることではない!

■ステロイド剤は血管を閉じるホルモン剤だからである!

■循環が悪化し、酸素不足でしびれや痛みが増大する!

■この問題は化学療法では限界である!

■ゆえに整形外科ではリハビリーとしてマッサージを取り入れている!

■下手なマッサージの方が鎮痛剤より効くからである!

■乳癌は大胸筋が硬直し鎖骨下で血管が圧迫されている!

■どれだけ薬を飲んでも圧迫は取れない!

■むしろ薬の副作用で循環障害が悪化する!

■その結果体調も崩れ病態も悪化する!

■循環が良くなれば新陳代謝も良くなる!

■新陳代謝が良くなれば病変組織も改善されるのだ!

■問題は老廃物を処理するリンパ管の圧迫である!

■とくに左肩で静脈の還流する胸管の圧迫が致命傷となっていおる!

■ところがこの問題を知る専門医は少ない!

■乳癌と言えば外科医が担当し手術することが常識となっているからである!

■医学部の教育が外科的対応を中心とし、治すことから逸脱しているからである!

■しかし、人間の体には病変組織を除去する免疫の細胞が働く様になっている!

■とくに鎖骨の障害が改善されることでキラーT細胞を産生する胸腺の循環も改善する!

■胸腺の回復できらーT細胞が産生される!

■きらーT細胞はウイルスや癌細胞を攻撃する!

■攻撃された癌細胞はリンパ球によって運ばれる!

■リンパ管から左の肩の下で静脈に解毒する!

■静脈から腎臓・膀胱へ流れ体外へ排泄されてゆく!

■これが自然治癒の原理である!

■日本の不幸はこの原理を医者も患者も知らないことである!

■欧米ではハーバード大学を筆頭に研究されていて常識になりつつある!

■日本の医療が30年遅れているといわれるのはこうした要因からである!

■西洋医学に疑問を感じ安全な医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
 
  ※酒匂先生の講義は都合によりお休みします。

   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★糖尿病・筋トレマシンで弊害!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★糖尿病・筋トレマシンで弊害!

★糖尿病は血液が汚れ流れにくくなる病気!

★ドロドロと流れにくい血液を改善せず、ただ運動するだけでは悪化することがわかった!

★飲むな食べるな運動せいだけでは逆効果!

★糖尿病の原因は過労である!

★過労による血液の汚れと骨格の歪みによる膵臓の神経が圧迫されることに起因する!

★ゆえに、運動の前に、歪んだ骨格を改善し、膵臓の働きを高めることである!

★この方法で改善されるとインスリンをたくさん使ってきた人でも打つ必要が無くなります!

++++  新着情報  ++++

一般医療ニュース

糖尿病高齢者の生活の質、筋トレマシンで低下も

2009年9月10日 提供:毎日新聞社


糖尿病:高齢者の生活の質、筋トレマシンで低下も /岡山

 ◇玉利・吉備国際大准教授が調査

高齢者の健康作りのために取り入れる筋力トレーニングマシン・プログラムを糖尿病患者が利用した場合、生活の質(QOL)が落ちてしまう危険性が、糖尿病患者でない高齢者に比べて約4倍高くなることが、吉備国際大(高梁市)保健科学部の玉利光太郎准教授(保健科学)の調査でわかった。【山本麻美子】

 玉利准教授は、07年1月-08年3月、東京都内4カ所の介護予防教室(3カ月間開催)で、参加者79人を対象に調査。

受講後、マシンを使った運動機能向上プログラムの効果の程度を、QOLを測る質問用紙を使いアンケート調査した。

 調査はプログラム受講後の日常生活で、歩行距離や体の痛みなどの身体状態と、集中力や活力感など精神状態の心身両面からの8項目計36問に答えてもらう方式。

回答を分析した結果、体の痛みや精神機能には効果が見られたが、活力感などについては、20%以上の参加者が教室終了後に低下していたという。

 さらに低下の原因を分析したところ、糖尿病のある高齢者は、ない場合に比べて4・4倍低下リスクが高く、体の痛みや精神機能を改善できる可能性も低かったという。

 玉利准教授は「運動療法は糖尿病の有効な治療法だが、配慮が必要。マシンを使ったトレーニングでは、理学療法士など専門家のサポートが必要」と指摘している。

 調査結果はオーストラリアの専門誌「Australian Journal of Physiotherapy」9月発売号で発表される

++++++ 一言 言いたい +++++++
■糖尿病は予備軍も含めて1800万人ともいわれている国民病です!

■平安時代には豊かな暮らしをしていた公家様だけの病気で庶民には関係のない病気でした!

■それが現在では国民病です!

■国民の誰もがなりやすい病気になったということです!

■初期には飲むな食べるな運動せいでも安定するケースがあるが、満性期には運動しても改善されません。

■公家様方の糖尿病の原因は高カロリー食の食べすぎで運動不足の上夜な夜な遊びまわり睡眠不足しでした!

■そのような糖尿病では身体を動かすことでも回復できたかも知れません!

■しかし、庶民の糖尿病は、働きすぎて、身体が硬く、ストレスを過剰に受けて背骨が癒着していて膵臓の支配神経が圧迫されているところにあるのです!

■この違いのため運動した程度では改善できないのです!

■当然ながら薬を使うだけでも治りません!

■むしろ薬の副作用で血管が退化し、目や腎臓にも障害が出るのです。

■インスリンの副作用を調べましたのでご参照ください!


+++++ 糖尿病治療薬の副作用 +++++

■薬品名 イスジリン(インスリン)糖尿病治療薬{劇薬}

※重大な副作用:低血糖、アナフィラキシーショック(呼吸障害など)
※その他の副作用:過敏症、神経痛、注射部位の腫脹、浮腫などとある。

■ジアベン:スルホニル尿素、糖尿病治療薬{劇薬}

重大な副作用:低血糖、無顆粒球症、溶血性貧血、再生不良性貧血、

その他の副作用:血小板減少、肝機能障害、胃腸障害、発疹、光線過敏症、アルコール耐性低下、甲状腺機能障害などとある。


■最大の副作用は依存することで体質を改善しないことにある!

■そのため、生涯、治りきらず薬漬けとなって重篤な貧血や血小板減少症や肝機能障害などに進行するケースが少なくない!

■薬で治ればそんな楽なことはない!

■やはり薬は毒である!

■安全な医療をお探しの方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!



府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために

 (酒匂先生の講義はお休みです)
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:医療の選択が生死を決める!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療の選択が生死を決める!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療の選択が生死を決め!

★医療地獄ニッポン!

★休校など772施設、医療地獄ニッポン!

★保証できないワクチンに依存!

★39年前アメリカで発症した際、ワクチンの使用で短期間で500人も亡くなっている!

★国産だから安全という保証はない!

★本当の予防は、身体を冷やさず、小食で早寝、熟睡である!

★無農薬のニンニクやネギ類は薬以上に信頼できる!

★さらにマッサージは疲れを癒し免疫を高める!

★民間医療で十分対応できるのだ!

+++++ 新着情報 ++++++

★ワクチン被害で特別立法へ!

★ 新型対策で民主など3党 臨時国会に共同提出

2009年9月8日 提供:共同通信社


 民主党の直嶋正行政調会長は8日、新型インフルエンザ用ワクチンの副作用で被害が生じた場合に備え、補償について定めた特別措置法案を秋の臨時国会に社民、国民新党と共同で提出する方針を明らかにした。

 新型インフルエンザ対策に関する舛添要一厚生労働相との会談後、同席した社民党の阿部知子政審会長、国民新党の自見庄三郎政審会長とともに報道陣の取材に答えた。

 厚労省は、国内メーカーが製造するワクチンで足りない分を輸入で賄う方針だが、海外メーカーからは副作用被害が生じた場合の免責を求められており、交渉上の課題となっている。

 また、新型用ワクチンは、接種するかどうかを個人の判断に委ねる「任意接種」となる見込みだが、任意接種の被害救済は、死亡した場合の遺族一時金の上限が約700万円にすぎないなどの課題が指摘されている。

 このため特別立法では、メーカー側の免責条項や、補償上限額の大幅な引き上げを盛り込むとみられる。

 直嶋氏は「(輸入という)ワクチンの手配にもかかわる問題なので、手遅れにならないように対応しなければならない。必要性は(3党で)同じ認識だ」と述べた。

 舛添厚労相は従来、法整備が必要との考えを示しており、この日の会談でも「長期的に感染症法や予防接種法を抜本的に見直す必要があるが、今の危機に対応しなければいけないので特別立法も必要だ」と述べた。

 厚労省は新型用ワクチンに関し、患者を診る医療従事者、妊婦、基礎疾患(持病)のある人などの優先対象者には10月下旬にも出荷が始まる国産ワクチンを使い、接種が望ましい小中高校生や持病のない高齢者には原則として輸入ワクチンを使う方針。副作用による健康被害が生じた場合には適切な救済措置を講じるとしている。

+++++ 一言 言いたい +++++

■予防というと日本国中でマスク、手洗い、うがいしか報道されないのはなぜか!

■本当に風邪をひきやすい人は夜更かしをしているはず!

■また日ごろから予防医学を意識していないはず!

■食べものにも気を使っていないはず!

■睡眠不足でも気がついていないはず!

■自らの健康を真剣に考えていないはず!

■病気になれば医者が治してくれると勘違いしているはず!

■感染症でさえ自己コントロールできることを医者も患者も知らない!

■報道陣も知らない!

■ワクチンは弱毒性だが体調が悪いと発症する!

■体調がいい人はワクチンなしでも発症しない!

■結論からワクチンで守られるという保証はない!

■新型インフルエンザなど心配な方は予防医学セミナーにご参加ください。

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
(酒匂先生の講義は都合によりお休みとなります。)
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:医療の選択が生死を決める!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★「うつ」勤務医の12人に1人!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★勤務医の12人に1人が「うつ」であるという!

★勤勉で真面目な医者ほどうつになる!

★うつ病の原因は深夜の勤務など過酷な条件!

★患者側からの苦情など精神的負担に耐えられなくなること!

★過剰なストレスが血液を汚し骨格を歪める!

★特に鎖骨のゆがみが頭部の循環障害を招く!

★そのため眠りは浅く呼吸も浅い!

★疲れが残ってもまた働く!

★何のために働くのか迷いが出る!

★医療従事者の不幸のもとは対症療法にある!

★病気の原因も分からず薬漬けにする!

★薬漬けにされた患者は苦情をいう!

★苦情を言われた医師は自身を失う!

★それがうつ病の始まりである!

++++++新着情報++++++

★休日「月4日以下」46% 医師会調査

2009年9月5日 提供:毎日新聞社


勤務医:「うつ」12人に1人 休日「月4日以下」46%--医師会調査


★日本医師会は、勤務医1万人を対象にした健康に関するアンケートで、勤務医の12人に1人が精神面の支援を要する「うつ状態」にあるとの分析結果をまとめた。

★休日や睡眠時間の少なさに加え、患者からのクレームなどの矢面に立たされることへのストレスが大きいとして、医療機関に医療事故や患者とのトラブルでは組織的な対応を取るよう求めていく。

★過酷な勤務実態を受けて、医師の健康面に特化した大規模な調査は初めてという。

★今年2-3月、男性勤務医8000人、女性勤務医2000人に調査票を送り、3879人から回答を得た。

★最近1カ月の休日は46%が4日以下で、9%は「なし」。睡眠時間は6時間未満が41%を占め、20代では63%に上る。

★当直は45%が一度もなかった一方で、10%は1カ月で6回以上あった。

★患者対応では、46%が「半年以内に患者ら家族から不当なクレームを受けたことがある」と答えた。

★また、勤務医のメンタルヘルスについて「死や自殺を考えた」「自分を責めがち」など約30項目の質問の答えを点数化したところ、8・7%が「メンタルサポートの必要がある」と判定され、若い世代ほど割合が高かった。

★調査結果を受け、日医は近く、業務の効率化や院内暴力防止策などを促す冊子を作成して病院団体などに配布する。【清水健二】

++++++ 一言言いたい +++++

■医者も人間である!

■心に傷を負うこともある!

■うつ病になっても診療を行う!

■心療内科がうつ病を治せないことは周知のとおりである!

■心療内科は1961年九州大学医学部に我が国で初めて創設された精神身体医学研究施設が母体となり、2年後に開設された診療科である!

■うつ病が診療内科で治る病気ならば患者はとっつくに減少していなくてはならない!

■むしろがんなどと同様に増えているのである!

■それも、年々弱年齢化の傾向にある!

■少子化で子供にかかるストレスが多くなったことが真因かも知れない!

■食材の汚染が原因かも知れない!

■特に、幼少のころより化学薬品に依存することが原因かも知れない!

■薬の副作用で体調が狂いやすくなるからである!

■うつ病の患者は例外なく不眠を訴えている!

■そこで、診療内科を受診し安定剤や抗うつ剤や睡眠薬が投与される!

■当初は薬の効果で安定することもあるが、慢性化することで重症になる!

■安定在の副作用で「幻覚」が見えるのだ!

■睡眠薬で覚醒され自殺を企てるという副作用のある薬もある!

■医者は本当の副作用を伝えてはくれない!

■全国にこのような状態の患者は蔓延している!

■当然だが患者の不満が爆発する!

■苦情の処理能力がない医者は心に傷を負い退職する!

■これもまた医師不足の一因である!

■ゆえに医者を増やせば済むということではない!

■患者が求める安全な医療を提供できる医者を育てなくてはならないのだ!

■病気は根本的に治すべきである!

■うつ病始めあらゆる病気の自然治癒について学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
         講師:酒向 猛  医学博士 
            
 ※ 酒匂先生の都合でお休みのためこの講義はありません
    
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
             文字色
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、医療の選択が精子を決める!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★人口呼吸器より自発呼吸が重要!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★人口呼吸器より自発呼吸が重要!

★新型インフルエンザで人口呼吸機が不足!

★不足の原因は自発呼吸の不調である!

★自発呼吸の条件は自律神経の伝達で決まる!

★自律神経の伝達は血液の汚れで悪くなる!

★自律神経は骨格の歪みで圧迫される!

★ストレスが血液を汚し、骨格をゆがめる!

★血液の汚れれや骨格の歪みは過剰なストレスを持続して受けることで起こる生体反応である!

★究極は鎖骨が歪むことで副交感神経の迷走神経が圧迫される!

★迷走神経は気管支の拡張を支え、呼吸に直接働く神経である!

★鎖骨が歪み迷走神経が障害されることで気管支は委縮する!

★呼吸をコントロールしている大胸筋や僧坊筋などが硬直する!

★このような状態で胸腺の循環が障害され、キラーT細胞やヘルパーT細胞をつくることができず感染している!

★医療地獄の実態はこの事実をほとんどの医者が知らないことにある!

★医学部では、国家医師免許に合格するための学習に明け暮れて病気を治すための実質的な授業がなく弊害となっている!

★病気の原因は過剰なストレスである!

★ストレスがつくる血液の変化と血管や筋肉の委縮が相まって発病しているのだ!

★その他、骨格のの歪みも一因である!

★どんな病気にも必ずこれらの問題が深くかかわって発病しているのである!

★ゆえに人口呼吸器の前にストレスで歪んだ鎖骨をほぐすなど病気の真因から解決しなくてはならないのである!

★日ごろからの対策が重要なのである!

★鎖骨が改善されることで副交感神経が働き呼吸が深くなるからである!

★また、鎖骨が改善されることで胸腺の循環が回復し、自己免疫力が高まる!

★活性型のリンパ球はどんな薬よりも高い確率で自己を守るのだ!

★これが自己免疫力の偉大なる力である!

★これらの問題を一挙に解決する方法が「総合免疫療法」であり、自然医学総合研究所で開発した健康法である!

★自己免疫力で予防したい、あるいは治したいという方は予防医学セミナーにご参加ください。

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★ぜんそくはすぐ治る!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★ぜんそくはすぐ治る!

★ぜんそくにも原因はある!

★気管支の不調は自律神経の不調である!

★例外なく左側の鎖骨が歪み、迷走神経が圧迫されている!

★鎖骨を改善し、迷走神経の圧迫が取れることで気管支が拡張してリンパの働きが回復する!

★たんが出だすと解毒され時期に治る!

★ぜんそくの子どもたちは例外なく姿勢が悪い!

★その原因は睡眠障害のためストレスに過敏となり、右側の骨盤が大きく歪んでいる!

★しかし、この問題を知る小児科医は少ない!

★医学部で学習していないからだ!

★日本の医療は国際的にみて30年は遅れている!

★その原因は医者の更新制度がないからだ!

★欧米では総合医療教育が常識になりつつある!

★歪みを改善することは中枢神経の伝達を改善する手段である!

★中枢神経が不調で健康はあり得ない!

★ゆえに日本では対症療法に明け暮れて病状は悪化する!

★病気が悪くなるのではなくステロイド剤や気管支拡張剤の副作用が出てくるのだ!

★ぜんそくをしっかり治すためには骨格の歪みを改善することである!

★とくに鎖骨の歪みは重視するべきである!

★鎖骨の歪みが改善されると即効性が得られるのだ!

+++++++ 新着情報 +++++

■子の死亡、5歳以上に集中

新型インフルで米保健当局

2009年9月4日 提供:共同通信社


【ワシントン共同】新型インフルエンザで死亡した子どもは、5歳以上の年齢層やぜんそくなどの基礎疾患を持ったケースに集中していることが米疾病対策センター(CDC)のまとめで3日、分かった。

5歳未満の死亡が多い、通常の季節性インフルエンザとは異なる傾向という。

 CDCによると、8月上旬までに米国では477人が新型インフルエンザで死亡。このうち36人が18歳未満だった。

 この36人を詳しく調べると、3分の2に当たる24人がぜんそくなどの基礎疾患があるか、脳性まひなどの障害を抱えていたという。

年齢別では8割に当たる29人が5~17歳で、死者の半数が5歳未満の季節性インフルエンザとは特徴が異なる。

 基礎疾患がない子どもで重症化するのは、インフルエンザと同時に別の細菌に感染した場合が多く、CDCは、こうした別の細菌に感染した子どももハイリスク群として対処するよう求めている

+++++ 一言言いたい +++++

■どんな病気にも必ず原因はある!

■新型インフルエンザで死亡している子供たちの多くはぜんそくを持ちながら対症療法を受けてて治せないケースである!

■ゆえに鎖骨の歪みを改善することは新型対策としても態変重要なのである!

■鎖骨の歪みが改善されることで胸腺の働きが高まりキラーT細胞やヘルパーT細胞がつくられる!

■キラーT細胞はウイルスも癌細胞も攻撃する!

■攻撃されたウイルスはリンパ球によってリンパ管から静脈へと捨てられる!

■静脈に乗った老廃物は腎臓で必要な栄養素が吸収され不要な部分は膀胱から排泄される!

■ゆえにぜんそく患者は排せつも異常に悪いものだ!

■骨盤の歪みが災いしているからである!

■歪みを治せばぜんそくも新型も怖くはない!


■病気は根本的に治すべきである!

■ぜんそく始めあらゆる病気自然治癒について学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療は変わる!!!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療は変わる!!!

★民主党の政策に統合医療が盛り込まれている!!!

★民主党のHPより代替医療の項目を紹介する!!!

■本文より

統合医療の確率並びに推進!

漢方、健康補助食品やハーブ療法、食餌療法、アンマ、マッサージ、指圧、鍼灸、柔道整復、音楽療法といった「相補、代替医療について、予防の観点から統合医療として科学的根拠を確立します。
アジアの東玄関という地理的要件をいかし、日本の特色ある医療を推進するために、専門的な医療従事者の養成を図るとともに、調査、研究の機関の設置を検討します。

■民主党マニフェストの詳細版。

http://www.dpj.or.jp/policy/koseirodou/index2009_medic.html


■以上がマニュフェストに書かれた統合医療政策に関する全文でです!!!

★今後急激な改革が進むことになります!!!

★西洋医学だけでは対症療法が中心で原因を見落としてきたからです!!!

★また、長年自民党政治の下で薬事行政オンリーの対症療法で患者は副作用で増されてきたからです!!!

★しかし、統合医療では伝統医学や代替医療を取り込むことで、患者の希望する療法を選択することができるようになります!!!

★事実上の医療改革です!!!

★次期に参議院選挙があるが民主党に勝って頂き、マニュフェストの実現を早急にしていただきたいものです!!!

+++++++ 新着情報 ++++++


★知られざる医薬品副作用被害救済制度!!!


★医師の認知36% 被害者放置の恐れ


★医薬品副作用被害救済制度

2009年10月6日 提供:毎日新聞社


医薬品副作用被害救済制度:医師の認知36% 被害者放置の恐れ

 医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について、運営主体の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)が認知度を初めて調査したところ、制度を「知っている」と答えた医療従事者が37%にとどまった。

 約半数は、書類を作るのが面倒などの理由で、被害者に申請を勧めようと考えていないことも判明。

 医療者側の認識や説明の不足で、救済されるはずの被害が放置されている可能性が浮かんだ。【清水健二】

 健康被害救済制度は、適切に薬を使用したのに入院以上の副作用が出た場合、製薬会社や医療機関に過失がなくても、製薬会社の拠出金から一定額(死亡一時金の場合は約713万円)が支払われる仕組み。

 80年にスタートし、04年には輸血に伴う感染症なども対象に加わった。08年度には690人の被害に計約18億円が給付された。

 PMDAは7-8月、インターネットで一般国民3119人、医療従事者(医師、薬剤師、看護師ら)3438人に制度の認識を調査。

「知っている」とした医療従事者は37%で、43%は「名前は聞いたことがある」にとどまり、20%は「知らない」と答えた。

 薬剤師の7割近くが制度を知っていた半面、医師は36%、看護師は12%しか知らなかった。

 制度の運営主体も41%が厚生労働省だと誤認していた。

 給付を受けるには、診断書作成など医師の協力が必要だが「制度利用を患者に勧めたい」とした医療従事者は半数以下の49%。

 勧めたくない理由は▽書類作成が複雑・面倒▽時間を取られる▽不支給になると患者から責任を問われる--などが多かった。

 一般国民は84%が「副作用被害に遭ったら利用したい」と答えていた。

 PMDAは「医師や看護師の教育課程に救済制度が入っていないことが、医療従事者に十分に浸透していない原因ではないか」とみている。

 全国薬害被害者団体連絡協議会世話人で、PMDA救済業務委員の栗原敦さんは「患者が申請するかどうかは、医療機関の対応に左右される。

 医療機関は多忙な医師に任せず、薬剤師らも活用して組織的に対応してほしい」と指摘している。


+++++++ 一言 言いたい +++++

■医療は誰のためにあるのか!!!

■医薬品の副作用などに関する国の健康被害救済制度について6割以上の医師が対応していないという!!!

■忙しいということでは理由にならない!!!

■医療は患者を元気にして社会復帰させるたにあるはず!!!

■新しい制度とはいえあまりにも無責任な対応である!!!

■副作用による健康被害に対して保障をしていただくことは患者にとって大変ありがたい仕組みです!!!

■しかし、病気にならないに越したことはありません!!!

■同じ時間を費やすならば予防医学に時間を費やし病気にならない生き方を選択したいものである!!!

■名古屋の河村市長は9月18日の午後に北区に建設中のがんの最先端治療の施設として「クオリティライフ21城北」の建設を凍結し注目を浴びた!!!

■河村市長は凍結後予防医学に力を入れ、健康増進施設に肢体という希望を述べていた!!!

■しかし、その後自民党などの反発を受けている!!!

■箱もの行政が主体の日本から人命を尊重する行政に代わることを期待したいものである!!!

+++++++++++++++++ 給付内容 +++++++++++++++++

●給付内容
(1) 症状に応じて次の3段階の給付金

① 慢性C型肝炎が進行して、肝硬変若しくは肝がんに罹患し、又  は死亡した者 4000万円
② 慢性C型肝炎に罹患した者 2000万円
③ ①、②以外の者(無症候性キャリア) 1200万円

(2) 給付金の支給を受けた後10年以内に症状が進行した場合、追加給付金を支給します。

症状進行の判断は、医師の診断書(別紙様式第三号)により行います。

症状が進行した区分の額から、既に支給された給付金を除いた額を支給することになります。

(例)慢性C型肝炎に罹患し、2000万円の給付金を受け取っていた方が、症状が進行し、肝がんとなった場合
(肝がんの場合の給付金額) (既に給付を受けた
金額
(慢性肝炎の場合))  (追加給付金額)
4000万円 - 2000万円 =    2000万円

6.請求手続
(1) [裁判所で和解・調停が成立または判決が確定し、給付金を請  求する場合に必要な書類]
① 本人または相続人が給付金支給請求書(様式第一号(PDF形    式))により、直接、当機構に請求してください。(こちらか  らダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.裁判所の確定判決若しくは和解・調停の正本または謄本
  (その他確定判決と同一の効力を有するもの)
イ.住民票の写しその他の給付金支給請求書に記載した事実を証   明する書類
(2) [給付金の支給後に症状が進行し、追加給付金を請求する場   合に必要な書類]
① 本人または相続人が追加給付金支給請求書(様式第四号(PDF形  式))により、直接、当機構に請求してください。(症状が進  行したことを知った日から3年以内)
 (こちらからダウンロードしていただいても結構です。)
② 添付書類
  次のいずれの書類も必要となります。
ア.症状が進行したことを証明する医師の診断書(様式第三号(PDF形式))
イ.住民票の写しその他の追加給付金支給請求書に記載した事実を証明する書類

※ 親権者または相続人の方が請求する場合は、戸籍抄本または謄本や遺言書等が必要となる場合がありますので、ご相談ください。

(3) 請求先
給付金支給請求書(追加給付金支給請求書)及び上記添付書類を添えて、下記の住所に郵送してください。

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル10階
(独)医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 特定救済課 宛

(4) 給付金の支払い
請求書類等を受付、必要事項等を確認後、給付金支給通知書(追加給付金支給通知書)及びご希望により振込通知書を発送いたします。

支払い方法につきましては、請求書に記載された指定の口座にお振り込みいたします。

7.請求期限
(1) 給付金の請求は、(2)の場合を除き、法施行後5年以内です。(平成20年1月16日から平成25年1月15日まで)
(2) 給付金の請求は、法施行後5年が経過した時点で裁判中の場合には、その終了後1月以内です。

特定フィブリノゲン製剤又は特定血液凝固第Ⅸ因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染したことを原因とする損害賠償についての訴えの提起又は和解若しくは調停の申立てを平成25年1月15日以前にした場合においては、当該損害賠償について判決が確定した日又は和解・調停の成立した日から起算して1月以内に請求を行ってください。

(3) 追加給付金の請求は、請求される方が、症状が進行したことを知った日から3年以内です。

8.問い合わせ先
給付金の請求手続等につきまして、ご不明な点等がございましたら、下記の給付金支給相談窓口までお気軽にご相談ください。

  給付金支給相談窓口

電話番号
 0120-780-400 (フリーダイヤル)
受付時間
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)
午前9時から午後6時まで
***********************************************************
■医薬品副作用被害救済制度が始まったということは、これまでの薬事行政の見直しが行われたということである!!!

■その理由は、医療過誤などで訴訟問題が頻発し、病院側が敗訴するケー^スが多くなってきたことです!!!

■この制度が有効になることでますます薬事行政にブレーキがかかります!!!

■被害額が年々増える可能性があるからです!!!

■従って、予防医学に移行し、病気になる前の手当てを施し、国民を健康長寿の状態で管理する方向へと推移するはずです!!!

■つまり、これからの公的医療の目的の半分は予防医学で後の半分は救急医療や周産期医療に重点を置いたものとなる幡豆です!!!

■いずれにせよ西洋医学だけでは満足できなかったということで医療改革が行われたのです!!!

■西洋医学に疑問を感じ他の安全な代替医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。


■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■予防医学セミナーは一歩先をゆくセミナーです!

■次回の予防医学セミナーは10月18日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、10月18日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 10月18日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2::医療地獄ニッポン!

   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療費34,1兆円、過去最高!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療費34,1兆円、過去最高!

★07年度の医療費34,1兆円!

★なんと医療費の3分の1は血圧坑圧剤の薬代である!

★その薬の副作用に再生不良性貧血や脳内出血がある!

★医者は重篤な副作用を知らせず処方箋を出す!

★患者は本当の副作用を知らずに依存する!

★そんな患者が日本国中にいる!

★鎖骨のゆがみを改善し血管の圧迫を改善することでほとんどの血圧は正常になる!

★それだけで11兆円ほど削減できることになる!

★これを新政権がやらないのはおかしい!

★新政権は国民の目線で患者寄りの立場で対応するべきだからである!

★医者に命を預けるな!

★医療地獄ニッポンの行方!

★医療の選択が生死を決める!

++++++新着情報+++++

一般医療ニュース

過去最高の34・1兆円 07年度の国民医療費

2009年9月3日 提供:共同通信社


 厚生労働省は2日、2007年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費の総額(国民医療費)が34兆1360億円。

国民1人当たりでは26万7200円だったと発表した。

いずれも過去最高。

 診療報酬の引き下げで4年ぶりに減少した06年度に比べ、全体では1兆84億円、1人当たりでは7900円のいずれも3%増となった。

国民所得比は06年度の8・87%から9・11%に上昇、2年ぶりに9%台に乗った。

 厚労省は「高齢化や医療の高度化に伴う自然増」としている。

 年齢別では65歳以上の医療費は17兆7439億円で全体の52%を占めた。

70歳以上では41・5%、75歳以上は29・6%。

 1人当たり医療費は65歳未満の16万3400円に対し、65歳以上は64万6100円、70歳以上は72万2200円、75歳以上では79万4200円で、高齢者は現役世代の約4~5倍だった。

 医療費を賄う財源の内訳は、患者の自己負担が14・1%で、国と地方自治体による公費負担が36・7%、保険料が49・2%で、06年度とほぼ同じ構成比となった。

 厚労省は7月、08年度の概算医療費を34兆1千億円で過去最高だったと発表している。

医療費の動向を迅速に把握する概算医療費は労災分などを含まず、医療費全体を示す国民医療費の97~98%程度とされる。

++++++ 一言言いたい +++++++

■医療地獄の状態では医者を増やせば患者は増える!

■病気の原因を解明することが賢明な選択である!

■しかし、医者の多くは病気の原因が分からない!

■病状を診て病状に病名をつけて対症療法を行う!

■欧米では生活習慣の見直しで病気は未然にふぜぐことができると公表されている!

■ところが正しい情報を提供する医者は日本ではほんの一部だけに限られている!

■医療費の大半が薬事行政で使われるからである!

■病気を原因から治したい、自然で安全な治し方を学びたいという方は予防医学セミナーにご参加ください!

■■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症や糖尿病やアレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
(都合により酒匂先生の講義はお休みです)

          元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★薬の宣伝でファイザーが違法!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★薬の宣伝でファイザーが違法!

+++++  新着情報  ++++++

★鎮痛薬やコレステロール低下薬、抗うつ剤などの宣伝で!

★ファイザー製薬が違法広告!

★アメリカで最大ファイザー2千億円支払い!

★罰金など、製薬で米最大

2009年9月3日 提供:共同通信社

 【ワシントン共同】米司法省は2日、製薬業界で世界最大手の米ファイザーが処方薬の違法な宣伝をめぐり罰金など計約23億ドル(約2100億円)を支払うことで合意したと発表した。

 ロイター通信によると、製薬業界では米国で過去最大の支払いという。

鎮痛薬「ベクストラ」やコレステロール低下薬「リピトール」、抗うつ剤「ゾロフト」などの宣伝が違法と見なされた。

+++++ 日医会長民主より発言 +++++

★民主党に「おめでとうございます」と日医会長!

★医者を1,5倍に増やすと公約した民主党に挨拶!

★日医会長の言葉!

★国民が安心して通院することができる医療を維持してほしいと要請!

★しかし、対症療法しかできない医者を増やしても患者は増えるばかり!

★救急医療と産婦人科を優先して増やし、あとの薬漬けにして副作用で重篤な病人を増やすような耳鼻科や内科医や心療内科などは減少させたほうが患者は安心して病院へ行くことができるのではないか!

+++++++ 日医会長の言葉 +++++++

2009年09月02日

 「民主党が衆議院第1党となりました。おめでとうございます」

 9月2日の午後3時30分から開催された日本医師会の記者会見で、唐沢祥人会長はこう切り出し、「新政権にのぞむ」という声明を発表しました。

その内容は下記です。出席した記者たちの多くの関心は、従来「政権与党を支持する」と明言してきた日医が、今後、民主党支持に変えるのか、あるいはこれまで通り自民党なのかにありました。

質問もそこに集中したのですが、唐沢会長は「日本医師会と日本医師連盟は違う」とし、明確なスタンスは示されませんでした。

 また、「政権与党に対しては、医療の現場の声を伝えていく」としながらも、「選挙中、選挙後、この9月に入ってからも」(唐沢会長)、まだ民主党とは協議の場を持っていないとのこと。

 記者とのやり取りの一つをご紹介します。それ以外の内容は、医療維新のコーナーで詳報します(「“政権与党”とは話をする」と日医・唐沢会長)。

【記者からの質問と唐沢会長の回答】
質問:これまで自民党政権が長く続いてきたが、今後、民主党を中心とした新政権になった後に、自民党とどう向き合っていくのか。

何か変化が生じるのか。それともこれまでと変わらないのか。

唐沢会長:政権与党は、政権与党としての政策立案と実行という面では、格段の実現力の差がある。

したがって、十二分にわれわれのスタンスで医療の現場を反映するように意見を申し上げたいと思っている。

自民党与党の時代にも、私どもは2006年4月からこの体制でやってきたが、当初からできるだけ政権与党に対して申し上げてきた。

われわれの意見と違うものは、できるだけ修正をお願いしたいと思っている。今後、こうした姿勢で行きたい。

質問:今、会長が「政権与党」と言ったのは、自民党のことを指しているのか。それとも民主党のことか。

唐沢会長:前段は民主党、後段は自民党に対する姿勢と変わらずに意見を申して上げていきたいということだ。


【新政権にのぞむ】
 8月30日に行われた第45回衆議院議員選挙において民主党が衆議院第1党となりました。


日本医師会は新政権に対して、今後、国民が真に安心できる充実した医療政策を進めることを期待しています。


 さて、今回の衆議院議員選挙は、医療に関しては、地域医療の崩壊が現実化した状況を政治がどのように方向転換させるのかを問う選挙であったと言えます。


 そして、今回の選挙結果は、国民一人ひとりが、医療を含めた社会保障制度をより充実したものにすることを強く求めた結果であると考えます。

 政府は、国民の生命と生計を守る社会保障に対して、明確な理念を示し、国民に対し安心を保障する責務があります。

 日本医師会は、このために、医療のグランドデザインの発表をはじめ様々な形で、政府に対して医療における政策提言を行って参りました。


 新たに発足する政権与党に対し、国民が安心して健康な生活を送れるよう、充実した医療提供体制の確立を目指し、今後一層強力な政策提言を行ってまいる所存であります。

 平成21年9月2日 
  日本医師会長
    唐沢祥人

++++++ 一言言いたい ++++++

■日本医師会は、自然治癒の研究を軽視してきた!

■その背景には「薬事行政」が絡んでいる!

■また、国民皆保健医療も、患者自身の負担が少なく自己責任を負う習慣がない!

■尊い命を原因も知らない医者に委ねることになる!

■医者と患者がこのような関係で医者を増やすだけでよくなることはない!

■医者を増やす前に、自然治癒の原理を医者も患者も学び予防医学を行うことである!

■しかし、患者が減少すると医者は青くなる!

■患者が増えるように医者は患者に生涯薬を飲ませようとする!

■これが保健医療で行われている薬事行政の実態である!

■病気を治すために9割以上の薬は必要ない!
■痛み止めのステロイドも抗がん剤も体内で作られる!
■血液の汚れを取り除く食べ物や生薬があれば済む!

■あとはストレスで歪んだ骨格を改善することである!

■胸腺の循環が改善され活性型の白血球が産生されることでウイルスも癌細胞も攻撃して除去される!

■そのためには解熱鎮痛剤も、抗コレステロール薬も抗うつ剤も使用しないほうがいいのだ!

■なぜならば、免疫を抑制することは自らの血液の力を弱くして役に立たない様にすることになるからだ!

■そのため、血液の代謝は悪化し新陳代謝が狂うことになる!

■新陳代謝が狂うことでがんやリウマチや高血圧症や糖尿病や難病など様々な病気が増えるているのだ!

■病気の9割が生活習慣病ならほとんどの病気を治すために医者にも薬にも依存しない方が賢明である!

■ただし、クスリをやめるだけではなく、病気の原因である血液を浄化し、歪みを改善し血管や神経やリンパ管の圧迫を改善することである!

■これを総合免疫療法と呼ぶ!

■自然治癒とはなんとなく治るのではない!

■歴然とした原理があるのだ!

■自然治癒の原理を学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは自己療法や薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!

 




府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症や糖尿病やアレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:(酒匂先生の講義は都合によりお休みいたします。)
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ1:医療の選択が生死を決める!
       2:医療地獄ニッポンの行方!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★間違いだらけの新型対策!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★間違いだらけの新型対策!

★新政権のインフルエンザ対策は十分ではない!
 
★免疫学の祖イギリスのジェンナーの真似では遅い!

★自己免疫力で感染症はま逃れられる!

★感染しない人の免疫力を探れ!

★例外なく白血球は活性型である!

★ゆえにウイルスが侵入しても防御できるのだ!

★日頃から解熱鎮痛剤の常用など自己免疫を抑制する治療が感染症を蔓延させている一因である!

★これでいいのか日本の医療!

★医療地獄からの生還を果たせ!

+++++ 新着情報 ++++++


【新型インフルエンザ対策】

★新政権の新型インフルエンザは待ったなしの課題だ。

★特に、海外からのワクチン輸入に関して、副作用に関する免責と無過失補償の問題が浮上している。

★マスメディアでは報道されないが、この問題を解決しなければ、十分量のワクチンを入手できない可能性が高い。

★ 新型インフルエンザ問題に関しては、医系技官の暴走が繰り返し、報道されてきた。

★舛添要一厚労大臣と医系技官の軋轢は有名で、医系技官と民主党議員の関係は最悪だと見ている。

 
★このような背景を考慮してか、政権交代が決まり舛添厚労大臣の影響力が低下している現在、医系技官は矢継ぎ早に対策を打ち出している。

★例えば、新政権が軌道に乗る前に、ワクチン輸入についてパブコメを募集し、議論を終えるつもりだ。

★鬼の居ぬ間の洗濯、あるいは火事場泥棒。

★これは、議会制民主主義を無視した、厚労省の暴走だ。

★決して許してはならない。

 
★新型インフルエンザ対策に関する、医系技官の一連の主張は、マニフェストに掲げた民主党の政策と相容れない。

★例えば、医系技官は副作用の免責についての議論を避け、財政法を改正することで、被害者救済を目指すようだが、無制限の補償などに財務省が応じる可能性は低い。

★一方、無過失救済・免責については、民主党の足立信也議員が長年にわたり取り組んできた課題だ。

★民主党の「政策INDEX2009」にも明記されている。この機会に徹底的な議論が望まれる。

★また、医系技官の新型インフルエンザに関する概算要求は207億円。

★一方、民主党はがん対策などを含めて、3000億円を考えている。

★この多くは、ワクチン購入、副作用補償、病院の体制整備に使用される。

★このように、新型インフルエンザ関連予算は、厚労省と民主党では大きな隔たりがある。

★全面的に見直さざるを得ない。

★また、民主党は検疫法、行動計画の全面的な見直し、輸血不活化技術の導入を訴えているが、これまで医系技官は繰り返し否定してきた。

★この分野でも、医系技官と民主党の衝突は避けられない。


【自民党はどう動くか】

 野党に転落した自民党は、医療問題に関する限り、民主党をサポートすると考えられる。

なぜなら、総選挙後の自民党厚労族の最大実力者は舛添氏になり、彼の主張は民主党と重なるからだ。

 過去2年の舛添改革の多くは、民主党の「バックアップ」があってなされたものだ。

舛添ビジョン会議(「安心と希望の医療確保ビジョン」具体化に関する検討会)の売りである「医学部定員50%増員」を、マニフェストに掲げたのは、自民党でなく、民主党であったことは示唆に富む。

両者の主張が似ている以上、「国民のために」協力するのは当然であるが、既存のメディアは、このような関係を表現するスコープを持っていない。

国民は、与野党は必ず対立すると思ってしまう。実は、舛添氏は、厚労大臣在任中に、繰り返し「超党派での解決」を明言している。今秋以降、両者は与野党立場を変えるだけかもしれない。

★一方政権与党の民主党は、保険の一元化、後期高齢者医療制度の撤廃、中医協見直しなどに本格的に取り組むのは、来年夏以降になる。

 【医療政策は民主党の“ウリ”】
 民主党のマニフェストの中で最も評価が高かった領域は医療だ。

マニフェスト評価で有名な言論NPOは、自民党と民主党の医療分野のマニフェストを、およそ「20点 vs. 60点」と採点している。

医療分野は、民主党が最も点数が稼げる領域であり、党内の期待も高い。

 しかしながら、与党になれば様々ななしがらみが生じるだろうし、マスコミの視点も厳しくなるだろう。

また、今回の選挙で倍増した400人以上の国会議員のコンセンサスを形成するのは並大抵ではない。

民主党内の医療政策形成過程は、従来とは変わらざるを得ない。お手並み拝見である。と上 昌広氏は述べている。


上 昌広(かみ まさひろ)氏
1993年東京大学医学部卒。97年同大学院修了。医学博士。
虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床研究に従事。
2005年より東大医科研探索医療ヒューマンネットワークシステムを主宰し、医療ガバナンスを研究。
帝京大学医療情報システム研究センター客員教授、コラボクリニック顧問、周産期医療の崩壊をくい止める会事務局長、現場からの医療改革推進協議会事務局長を務める。


++++++ 一言言いたい ++++++
■勝てば官軍負ければ続軍!

■官軍となった民主党にも問題がある!

■それは来夏に参議院議員選挙があることだ!

■この選挙で、民主党が敗北した場合、国会はねじれ状態になる!

■したがって、民主党は参議院選挙までの短期間に業績を挙げなければならず、マニフェストの中で早期に結果が出る問題に取り組まざるを得ない!

■具体的にはがん患者の経済負担軽減や、レセプトオンライン請求の見直しなど、解決可能な課題から始めなくてはならない!

■成果が上がれば再び民主王国となり民主党が主体の政治が機能するようになる!

■問題は医者を増やすだけでは医療問題は解決できないということに政治家の皆さんは気がついていないということである!

■人は豊かな自然環境があれば天寿を全うできる動物である!

■しかし、日本人の不幸は、私たちには生まれながらにして大変素晴らしい治癒力を与えられて誕生しているということについて国家的に研究されていないことである!

■国際的には常識となっているほとんどの病気は生活習慣病であるとした米国の「マクガバンレポート」を追試していないのである!

■追試を無視したことは、当時の厚労省の事務次官レベルの主導による考えと思われるが、日本の医療の主体が「薬事行政」であることを強く印象づける問題である!

■生活習慣を変えるだけで病気が治るというアメリカ発のレポートの存在は、国民に知られない方が得と無視したに違いないからである!

■この問題は、医療経済を悪用した犯罪の可能性を含む問題である!

■国民の信頼を損ねるような政策を維持していては民主党もいずれ崩壊するが社民党の福島瑞穂党首から正しい情報を提供する方が早く解決されるかもしれない!

■社民党のコンセプトは国民の平和と幸せであり、有機農業などを推進している!

■医療改革のポイントは社民党に自然治癒の情報を提供すること
のようである!

■自然治癒の原理など学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください。

■■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■また安全な医療をお求めの方も予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症や糖尿病やアレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★新型で40代保健師が死亡!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★新型で40代女性保健師が死亡!
 
★医療従事者初!

★集団感染の調査担当 新型インフルエンザで死亡!

★守りきれないインフルエンザ!

★新型対策に疑問!

★ワクチン待ちでは不十分で、安全性が確認されていない!

★自己免疫を高めることを優先すべきである!

+++++  新着情報 +++++++

2009年9月1日 提供:毎日新聞社

新型インフルエンザ:40代女性保健師が死亡

 医療従事者初、集団感染の調査担当

 北海道は31日、新型インフルエンザに感染した稚内保健所利尻支所(利尻町)に勤める40代の女性保健師が死亡したと発表した。

女性は新型インフルエンザ患者の聞き取り調査などに従事していたが、感染経路などは不明。

感染者の死者は国内8人目。

医療従事者の死者は初めて。

道によると、女性には高血圧症の基礎疾患があったが、高血圧症は厚生労働省が注意を呼び掛けている「重症化しやすい疾病」には含まれていない。

新型インフルエンザと死亡との因果関係も不明という。

 女性は29日に稚内市内の医療機関でインフルエンザA型と診断された。

女性は同日、稚内のホテルに宿泊したが、30日午後2時ごろ、意識不明の状態で倒れているのをホテル従業員が発見。

その後、医師が死亡を確認した。

死因は急性心不全だった。

道は31日の検査で女性の新型インフルエンザ感染を確認した。

 女性は21日、利尻町の隣の利尻富士町の公立中学校で新型インフルエンザの集団感染が確認された際、マスクなどを着用したうえで患者から聞き取り調査をしていた。

患者との接触時はマニュアル通りに防護措置が取られ、道は「問題はなかった」とみている。【鈴木勝一、仲田力行

++++++ 一言いいたいi++++++++
■新型対策の過ち!

■手あらい、うがい、マスク、ワクチンでは不十分である!

■本当に守るものは自己免疫である!

■血液を徐化し、歪みの改善が重要である!

■それだけで熟睡ができるて疲れが取れる!

■疲れがとれれば免疫力が活性化する!

■さらに、鎖骨の歪みを改善することで胸腺が働く!

■胸腺の循環が回復することでキラーT細胞が産生され、ウイルスを攻撃する!

■ワクチンでの対策ではウイルスの変化についてゆけず、同じことの繰り返しで解決はしない!

■自己免疫の存在に気が付き、正しい対応を選択するべきである!

■自己免疫に関して詳しく学びたい方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■■安全な医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、6月21日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:高血圧症や糖尿病やアレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症なども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★不妊治療の盲点・医療地獄ニッポン!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★不妊治療の盲点・医療地獄ニッポン!

★不妊に悩む男女は50万組を大きく上回る!

★不妊症の原因は食べ物を含めた環境の悪化!

★環境ホルモンの影響から男性の女性化!

★さらに、ストレスによる骨盤の歪み!

★歪みによる内臓の循環障害!

★生活習慣が悪く自律神経失調!

★精神的ストレスから体液の酸化!

★精子減少症や精子不活性が少なくない!

★男性の骨盤が歪めば前立腺の循環が障害される!

★前立腺が障害されると精子不活性となる!

★つまり、男性型の不妊症の原因であるが、医学的には知られていない!

★また、女性型では例外無く低体温が多い!

★血管が緊張し細く深部が冷えている!

★卵巣や子宮の循環が悪いのだ!

★骨盤内の循環障害が原因となって人口受精でも成功率が15%程度である!

★化学物質を排除し、男性の前立腺と女性の冷えを改善すれば子供は自然にできる!

★助成金を増やせば済むという問題ではない!

★高福祉高負担!

★このままではホルモン剤の副作用で「がん」などの腫瘍がつくられ高額な医療費ばかりか命までもとられることになる!

★無知な国民は医療地獄の犠牲となっている!

★政府関係者はホルモン障害の原因から対応するべきである!

***** 新着情報 *****

★不妊治療の助成、過去最多!

★不妊治療の助成08年度、7万2千件に !

★半数以上が依然適用外 「暮らし大国」 《1》

2009年8月31日 提供:共同通信社


 体外受精などの不妊治療を行った人に対する2008年度の公的助成の支給件数が前年度より2割増え、過去最多の約7万2千件に達し、支給額が約72億円に上ったことが29日、厚生労働省の調査で分かった。

 晩婚化やストレス増加の影響で不妊に悩む男女は50万組を大きく上回るとされ、助成金利用は急増。しかし助成は年2回までで申請者の所得制限もある。

実際の治療件数は14万件を超えているとみられ、専門家は「半数以上は助成を受けられていない」としている。

 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で不妊治療への医療保険適用を検討するとしており、公的支援の拡充をめぐる議論が高まりそうだ。

 1回の助成額は10万円。平均的な治療費は約30万円とされ、助成を受けても20万円分は自己負担になる。

不妊治療は、一部の薬物療法などは保険が適用されるが、体外受精の医療費は全額患者負担。成功して出産に至るのは約15%と低く、年に何度も治療する人も少なくない。

 公的助成制度は少子化対策として04年度から開始。

対象は体外受精などの「特定不妊治療」で、体内で受精させる人工授精は含まれない。

09年度は補正予算で1回15万円に引き上げられた。申請は地元の都道府県や政令指定都市などに行い、国が助成額の半額を負担する。

 支給件数は初年度の約1万7600件から年々増加。

07年度は、所得制限の上限が夫婦合算で650万円から730万円に緩められたことなどから、助成は約6万500件と前年度から倍増。08年度も国の予測を上回った。

 民主党案通り保険が適用されると、患者の負担は治療費の3割に低下する。

ただ、増大する保険財源については同党内でも十分議論されておらず、遅れている患者数や治療費の実態把握も課題だ。

▽不妊治療

 不妊治療 子どもができにくい男女に医学的な処置を行い妊娠、出産を助ける治療。

排卵を促す薬物療法のほか、卵子と精子を培養器で受精させ子宮に戻す「体外受精」、精子を直接子宮に注入する「人工授精」などがある。

加齢とともに妊娠しにくくなるため、晩婚化も患者増加の一因とされる。

医療機関の調査では国内には体外受精の実施施設が600弱あり、治療による出生児数は年間約2万人。

統計が残る1983年から2006年までの累計で、約17万4500人が誕生しているという。

+++++++ 一言言いたい  +++++++
■不妊症は体質の問題である!

■体質を変えれば済む問題である!

■しかし、産婦人科医の多くは体質改善の指導ができない!

■むしろ、不妊治療を高額医療として位置付けで利用している!

■成功立15%の人口受精では85%が流産で苦しんでいる!

■10回中8回以上が流産である!

■それでも子供ができないのである!

■流産を繰り返す女性の体はボロボロになる!

■しかし、不妊症は病気ではない!

■体質の問題なのである!

■血液を浄化することでホルモンのバランスが正常になる!

■鎖骨の歪みを改善することで頭部の循環が正常になる!

■後は骨盤の内臓が正しく働くように血流をただすことである!

■不妊症は病気ではない!

■よって、病院で薬で解決するはずがない!

■子供がほしい、西洋医学の治療に疑問や限界を感じている方は予防医学セミナーにご参加ください!

■予防医学セミナーでは免疫の専門医にもできない「総合免疫療法」を学ぶことができます!

■■安全な医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。

★医療地獄ニッポン!

一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

他の医学ランキングの記事も読む⇒【医学ブログランキングへ移動】

★医療地獄ニッポン!

★高血圧症と医療過誤!

★血圧抗圧剤の副作用!

★無理して働き血圧が上昇!

★血液が汚れて血圧が上昇!

★骨格が歪んで血圧が上昇!

★血管が圧迫されて血圧が上昇!

★鎖骨が狂って血圧が上昇!

★眠りが浅くなって慢性疲労で血圧が上昇!

★それでも働いて血圧が上昇!

★ついに、病院を受信し薬漬けが始まる!

★薬漬けが始まると生涯飲ませられ、終わりはない!

★血圧抗圧剤に依存する!


★薬の副作用を確認せずに医者の言いなりに服用を始める!

★だんだん不調になる!

★不安になる!

★医者は抗不安薬を処方する!

★患者は薬に依存する!

★どんどん病状が悪化する!

★まったく薬物中毒と同じである!

★薬の副作用を詳しく調べてみた!

★恐ろしいほどの副作用があることを医者は隠している!

★の医療地獄は薬で病気がつくられていることである!

+++  ある男性患者に出された薬の副作用です。+++

①オパルモン:血管拡張薬
●副作用:血小板減少、肝機能障害、心悸亢進、腹部不快感、腹痛、食欲不振、胸やけ、頭痛、ほてり、めまい、発疹、下痢、悪心、そう痒感、など

②アムロジン:(アムロジピン)血圧高圧剤
●重大な副作用
肝機能障害、黄疸、血小板減少、白血球減少(白血病)、房室ブロック
●その他の副作用
ほてり、めまい、ふらつき、動機、嘔吐、心膏部痛、下痢、軟便、発疹、頭痛、頭重、全身倦怠感、BUN,クレアチニン上昇(糖尿病)、眠気、口渇など、 

③パキシル:抗精神病薬、抗躁うつ薬、精神刺激薬
●重大な副作用
セロトニン症候群(自律神経失調症、腸炎、視床下部障害、血小板減少など )、悪性症候群(発がん)、錯乱、痙攣(けいれん)、SIADH(ホルモン障害 )、重篤な肝機能障害
●その他の副作用
傾眠、めまい、頭痛、嘔気、口渇、便秘、ALT( 肝機能障害 )の上昇など

④パルギン:精神安定薬
●重大な副作用
(1)薬物依存、けいれん発作,せん妄,ふるえ,不眠,不安,幻覚,妄想などの禁断症状、
(2)悪性症候群(発がん)発熱,強度の筋強剛,嚥下困難,頻脈,血圧の変動,発汗、
(3)呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス(二酸化炭素中毒症・呼吸困難)
(4)AST・ALT・γ-GTP・LDH・AL-P・ビリルビンの上昇などを伴う肝機能障害,黄疸、
(5)筋肉痛,脱力感,CK上昇,血中・尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋(おうもんきん)融解症、
(6)発熱,せき,呼吸困難などを伴う間質性肺炎、

●その他の副作用●
(1)アレルギー症状(発疹,じん麻疹,かゆみ)
(2)眼瞼けいれん,瞬目過多,羞明感,眼乾燥感などの目の症状
(3)眠け,ふらつき,めまい,歩行失調,頭痛・頭重,言語障害,不眠,酩酊感,興奮,焦躁,振戦,眼症状(霧視,調節障害),健忘,刺激興奮,錯乱/呼吸困難感/動悸,立ちくらみ/口渇,悪心・吐きけ・嘔吐,食欲不振,胃・腹部不快感,腹痛,便秘,下痢/倦怠感,脱力感/疲労しやすい,筋弛緩などの筋緊張低下症状/発汗,排尿障害,浮腫,鼻閉/乳汁分泌,女性化乳房
(4)高プロラクチン血症など

※このままでは完全に白血病か、あるいはうつ病か、それとも肺炎などの重篤な病気に進行するはずです!

■日本の医療は対症療法が主体で、中でも化学療法が主役の治療をしています。

■たかが腰痛や高血圧などでも、医者の言うう通り薬漬けになることは恐ろしい結果につながります。

■安全な医療をお求めの方は予防医学セミナーにご参加ください。

■予防医学セミナーでは薬の正しい副作用を学ぶことができます。

■また、あらゆる病気の原因も学ぶことができます!

■さらに、さまざまな病気の治癒例も学ぶことができます!

■その上、治し方まで学ぶことができるのです!

■次回の予防医学セミナーは9月20日名古屋市東区のウイルあいちにて午前10時より行います!

■お問い合わせは:shizen@nrt.ne.jp

■お電話でのお申し込みは052-801-7063までお気軽に!!!


府省共同研究開発管理システム登録研究機関
   自然医学総合研究所 所長 大沼 四廊


一日一回の投票クリックをお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】←ここをクリック
【FC2ブログランキングへ投票】←ここをクリック

 《***■次回の予防医学セミナー予定■***》

◆毎月第三日曜日 名古屋予防医学セミナー
 (詳しくはこちらをクリック⇒名古屋予防医学セミナー

●次回の名古屋予防医学セミナーは、9月20日(日)名古屋市東区 ウィルあいち「特別会議室」で開催されます。

◆◆◆モニター募集説明会のお知らせ◆◆◆

◆22年3月31日まで 全国から1000名

◆対症:アレルギー体質の方、アトピー性皮膚炎。鼻炎・喘息などでお悩みの方に加えて椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎狭窄症、不妊症、不眠症、うなども募集しています。

◆参加者が未成年者の場合は保護者同伴でお願いいたします。

◆各会場共先着20様限定で参加費は無料です。

◆得点としてモニターの方には施術料が30%から最大70%まで割引されます。

++++++++++++++++++++++予防医学セミナー++++++++++++++++++++++
 9月20日 名古屋市東区 ウイルあいち にて午前10時より行います。
 午後は相談会と体験会も行います。
            
   
 ◆テーマ1:がんを克服するために
   講師:酒向 猛  医学博士 
            
             元岐阜県立多治見病院外科部長
             千葉セントマーガレット病院外科医師 
            
          著書」癌を克服するために(書店にはございません)


 ◆テーマ2:感染症の盲点、鎖骨をほぐせば病気は治る!
   講師:大沼 四廊 TVや壮快3月5月7月号で紹介!
             自然医学総合研究所所長 
             平成11年社会文化功労賞受賞
             25年間であらゆる病の自然治癒の原理を解明
             「総合免疫療法」は海外からも注目を浴びている
著書:ガン・リウマチ・ヘルニア自然治癒を化学する
             椎間板ヘルニアは確実に治る
             がんの盲点 白血病はがんではない
         執筆中:医者に命をあずけるな
              病の9割は自然療法で治る治せる
              医療を超えた総合免疫療法



**************◆◆◆午後体験会 ◆◆◆ ***************

  見るだけで安心・聞くだけで安心・体験することで絶対の確信がもてる!
  
 ●午後からは実技指導及び体験会と健康相談会を行います。

*****************************************
 (名古屋セミナーでは、大沼所長の研究してきた自然治癒の原理を学ぶことができるほか、現役の医師をお招きし、無料で健康相談を受けて頂けます。また、参加者からの質問に本音でお答え頂けますので患者様のみならず、医療関係者の皆様も是非ご参加ください。)


 お医者様でも患者様でも、あらゆる病気・難病にお困りの方は、下記連絡先までお気軽にご相談ください。【自然医学総合研究所】のホームページにて「NRT自然免疫活性療法」によって自然治癒した症例の一部を公開しております。
最新記事
最新コメント
ナチュラルメディスン
☆当ブログを多くの方へお知らせする
為に皆様のご協力をお願いいたします。
【人気ブログランキングへ投票】
【FC2ブログランキングへ投票】
ranking
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
真実の医療を広める為、クリックしてランキングにご協力ください!!
自然治癒参考書籍のご紹介

自然医学』推薦書籍

がんの盲点
白血病はがんではない


椎間板ヘルニアは確実に治る


ガン・リウマチ・ヘルニア
自然治癒を科学する
がん自然治癒


自然治癒症例検索

ナチュラルメディスンリンク
管理用メニュー
RSSフィード